目次
×
個人用フォルダー (Outlook データ ファイル) を作成して使用する
個人用フォルダー (Outlook データ ファイル) を作成して使用する

個人用フォルダーを作成して使用する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

フォルダーを使って電子メールを管理する場合は、個人用フォルダーについて理解する必要があります。 フォルダーを作成する場合、Outlook データ ファイルからスタートします。

情報を保存する Outlook データ ファイル (.pst) を作成する

Outlook を初めて起動したときに、必要なデータ ファイルが自動的に作成されます。

場合によっては、追加のデータ ファイルが必要になります。 たとえば、通常は使用しない古いメッセージやアイテムを、Outlook データ ファイル (.pst) にアーカイブできます。 または、オンラインメールボックスが記憶域のクォータに近づいている場合は、Outlook データファイル (.pst) でいくつかのアイテムを移動できます。

  1. [ ホーム] をクリックします。

  2. [ 新規作成 ] で [ 新しいアイテム] をクリックし、[ その他のアイテム] をポイントして、[ Outlook データファイル] をクリックします。

  3. [ Outlook データファイルを作成または開く ] ダイアログボックスの [ ファイル名 ] ボックスに、Outlook フォルダー ウィンドウに表示する名前を入力し、[ OK]をクリックします。

  4. 既定では、データファイルはパスワードで保護されません。 データファイルにパスワードを追加するには、[パスワード] の下で、パスワードとパスワードの確認のテキストボックスに使用するパスワードを入力します。

    パスワードを設定した場合は、データファイルを開くたびにパスワードを入力する必要があります。 たとえば、 Outlook が開始されたときや、 Outlookでデータファイルを開いたときなどです。

    重要:  Microsoft、インターネットサービスプロバイダー (ISP)、またはメール管理者は、パスワードにアクセスできません。また、パスワードを忘れた場合は、Outlook データファイル (.pst) の内容を復元することもできません。

複数のコンピューターまたはデバイスからメールアカウントにアクセスする場合は、メッセージが Outlook データファイル (.pst) に移動された場合、そのファイルが保存されているコンピューターでのみ使用できることを知っておくことが重要です。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×