メイン コンテンツへスキップ
サポート
Microsoft アカウントでサインイン
サインインまたはアカウントを作成してください。
こんにちは、
別のアカウントを選択してください。
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。
障碍のある方のためにアクセシビリティの高い Excel 文書を作成する

このトピックでは、障闭のあるユーザーを含むすべてのユーザーに Excel スプレッドシートをアクセスし、コンテンツのロックを解除するための手順とベスト プラクティスについて説明します。

たとえば、スプレッドシートの作成中にアクセシビリティチェックを使用してアクセシビリティの問題に対処する方法について説明します。 また、スクリーン リーダーを使用しているユーザーが画像の内容を聞くことができるように、代替テキストを画像に追加する方法についても説明します。 また、アクセシビリティ対応のテーブルを作成する方法と、テンプレート、フォント、色を使用してスプレッドシートを他のユーザーと共有する前に、スプレッドシートの包括性を最大化する方法についても説明します。

この記事の内容

Excelスプレッドシートにアクセスできるようにするためのベスト プラクティス

次の表に、障疵のあるユーザーがアクセスできる Excel スプレッドシートを作成するための主要なベスト プラクティスを示します。

修正する内容

探す方法

修正が必要な理由

解決方法

代替テキスト (代替テキスト) の欠落やコントラストの低い色など、アクセシビリティに関する一般的な問題を回避します。

アクセシビリティ チェックを使用します。

すべてのユーザーがスプレッドシートを簡単に読み取るようにします。

Excel での作業中にアクセシビリティを確認する

データに対してのみ単純なテーブル構造を使用し、列ヘッダー情報を指定します。

テーブルに分割セル、結合セル、または入れ子になったテーブルが含まれていないことを確認するには、 アクセシビリティ チェックを使用します。

テーブルを視覚的にスキャンして、完全に空白の行や列がないことをチェックします。

スクリーン リーダーは、表のセルをカウントすることによって、表内での位置を追跡します。

また、スクリーン リーダーは行と列を識別するためにヘッダー情報を使用します。

アクセシビリティ対応の表を作成する

セル A1 にテキストを追加します。

セル A1 にテキストがあることを確認します。

スクリーン リーダーは、セル A1 からワークシートの読み取りを開始します。

セル A1 にテキストを追加する

すべてのビジュアルに代替テキストを含めます。

不足している代替テキストのすべてのインスタンスを検索するには、 アクセシビリティ チェックを使用します。

代替テキストは、画面を見ることができない、画像や他のビジュアルで何が重要であるかを確認できないユーザーの役に立ちます。

代替テキストをビジュアルに追加する

意味のあるハイパーリンク テキストとヒントを追加します。

ハイパーリンク テキストに独立した情報として意味があり、ユーザーにリンク先についての正確な情報を提供しているかどうかを判断するには、ブックを目視で確認します。

スクリーン リーダーを使用するユーザーは、リンクの一覧を調べることがあります。

アクセシビリティ対応のハイパーリンク テキストとヒントを追加する

テキストと背景の色に十分なコントラストを付けます。

色のコントラストが不十分な場合は、 アクセシビリティ チェックを使用します。

また、スプレッドシート内で、読みにくいテキストや背景との区別が難しいテキストを探すこともできます。

スプレッドシートのテキストと背景のコントラストの差を大きくすると、より多くのユーザーにとって見やすく、使いやすいコンテンツになります。

アクセシビリティ対応のフォント形式と色を使用する

アクセシビリティ対応テンプレートを使用する

すべてのワークシートに一意の名前を付け、空白のワークシートを削除します。

ブック内のコンテンツが含まれるすべてのシートにわかりやすい名前が付いているかどうか、および空白のシートがあるかどうかを調べるには、アクセシビリティ チェックを使用します。

スクリーン リーダーはシート名を読み上げるので、シート名で、シート上に記載されていることについての情報を提供し、ブックの内容の理解やブック内の移動が容易に行えるようにします。

ワークシートの名前を変更する

空白のワークシートを削除する

セルと範囲に名前を付けます。

ブックを視覚的にスキャンして、名前を付けるメリットがあるセルと範囲を確認します。

セルと範囲に名前を付けると、スクリーン リーダー ユーザーはセルと範囲の目的をすばやく特定できます。

セルまたはセル範囲に名前をつける

ページの先頭へ

Excelでの作業中にアクセシビリティを確認する  

アクセシビリティ チェッカーは、コンテンツをレビューし、アクセシビリティの問題にフラグを設定するツールです。 各問題が障害を持つ人にとって潜在的な問題である可能性がある理由について説明します。 アクセシビリティ チェックでは、表示される問題を解決する方法も示されています。

Excelでは、ドキュメントを作成するときに、アクセシビリティ チェックがバックグラウンドで自動的に実行されます。 アクセシビリティ チェックでアクセシビリティの問題が検出されると、ステータス バーにアラームが表示されます。

アクセシビリティ チェックを手動で起動するには、[ 確認 ]> [ アクセシビリティの確認] を選択します。 [ アクセシビリティ ] ウィンドウと [アクセシビリティ ] リボンが開き、アクセシビリティの問題を確認して修正できるようになりました。 アクセシビリティ リボンには、アクセシビリティ対応スプレッドシートを 1 か所で作成するために必要なすべてのツールが含まれています。 詳細については、「アクセシビリティ リボン」と「アクセシビリティ チェックを使用してアクセシビリティを向上させる」を参照してください。

ページの先頭へ

アクセシビリティ対応の表を作成する

テーブルは、一連のデータを名前で識別するのに役立ち、データを目立たせるスタイルを使用してテーブルを書式設定できます。 テーブルに名前を付け、書式を設定すると、すべてのユーザーがデータを理解できるようになります。

また、列ヘッダー情報を指定し、単純なテーブル構造を使用して、スクリーン リーダー ユーザーがテーブルを簡単に移動できるようにすることも重要です。 

テーブルに名前を付ける

既定では、 Excelは、作成したテーブルに Table1、Table2、Table3 などの名前を付けます。 テーブルを参照しやすくするには、各テーブルにわかりやすい名前を付けます。 "EmployeeList" のような意味のあるテーブル名は、汎用の "Table1" よりも役立ちます。 

わかりやすい名前を使用すると、たとえば、[ 移動 ] コマンド (Ctrl + G) または [名前マネージャー] ダイアログ ボックスを使用してテーブルにすばやく移動できます。 数式でテーブルを簡単に参照することもできます。

  1. 表内の任意の場所にカーソルを置きます。

  2. [ テーブル デザイン ] タブの [ テーブル名] で、"Table1" などの既定の名前をよりわかりやすい名前に置き換えます。

Excel の数式バーの [名前ボックス] でテーブルの名前を変更する画像

注: テーブル名は、文字、アンダースコア (_)、または円記号 (\) で始まる必要があり、スペースを含めることはできません。 詳細については、「 Excel テーブルの名前変更」の「名前に関する重要な注意事項」セクションを参照してください。

アクセシビリティ対応のテーブル スタイルを選択する

コントラストが低い明るい色のテーブルは読みにくい場合があります。 テーブルにアクセスしやすくするには、コントラストの強い色を持つテーブル スタイルを選択します。 たとえば、白と濃い色 (黒、濃い灰色、濃い青色など) を交互に使用するスタイルを選択します。

  1. 表内の任意の場所にカーソルを置きます。

  2. [ テーブル デザイン ] タブの [ テーブル スタイル] グループで、目的のスタイルを選択します。

テーブルに見出しを使用する

スクリーン リーダーは、ヘッダー情報を使用して行と列を識別します。 テーブル ヘッダーをクリアすると、コンテキストが提供され、テーブル コンテンツの移動が容易になります。

  1. テーブル内の任意の場所にカーソルを置きます。

  2. [ テーブル デザイン ] タブの [ テーブル スタイル オプション] グループで、[ ヘッダー行 ] チェック ボックスをオンにします。

  3. 列見出しを入力します。

新しいテーブルにヘッダーを追加する方法については、「テーブルの作成」を参照 してください

回避するテーブル構造体

次の点に注意してテーブルを設計します。

  • 空白のセル、列、行は使用しないでください。 キーボードを使用して移動する場合、空白のセル、列、または行を使用すると、スクリーン リーダー ユーザーはテーブルにそれ以上何もないと考える可能性があります。

    • 空白のセル、列、または行が不要な場合は、削除することを検討してください。

    • 空白のセル、列、または行を避けられない場合は、空白であることを説明するテキストを入力します。 たとえば、「 N/A」または「 意図的に空白」と入力します

  • セルの分割や結合を避ける: スクリーン リーダーは、テーブル セルをカウントすることで、テーブル内の位置を追跡します。 表が入れ子になっていたり、セルが結合または分割されていると、スクリーン リーダーはカウントがわからなくなり、その位置以降の表について有用な情報を提供できなくなります。 セルをマージまたは分割すると、支援技術を使用してテーブル Excel移動するのが非常に困難になる可能性があります。不可能ではないにしてもです。 テーブルは常に単純でシンプルに保ちます。 テーブルに分割セル、結合セル、または入れ子になったテーブルが含まれていないことを確認するには、アクセシビリティ チェックを使用します。

ページの先頭へ

アクセシビリティ対応テンプレートを使用する

アクセシビリティ対応の Excelテンプレートのいずれかを使用して、スプレッドシートのデザイン、色、コントラスト、フォントにすべての対象ユーザーがアクセスできるようにします。 テンプレートは、スクリーン リーダーがスプレッドシートコンテンツをより簡単に読み取ることができるように設計されています。

テンプレートを選択するときは、アクセシビリティをサポートするいくつかの機能を持つテンプレートを探します。 次に例を示します。

  • 十分な空白を使用すると、スプレッドシートが読みやすくなります。

  • コントラストを持つ色は、視覚障穣と色覚障穣の読者にとって区別しやすくなります。

  • より大きなフォントは、ロービジョン ユーザーにとって簡単です。

  • 説明的な見出しとラベルを事前に設定すると、スクリーン リーダーを使用してスプレッドシートを移動するユーザーがスプレッドシートを理解しやすくなります。

アクセシビリティ対応テンプレートを使用する方法の詳細な手順については、「 ビデオ: アクセシビリティ対応の Excel テンプレートから開始する」を参照してください。

ページの先頭へ

セル A1 にテキストを追加する

スクリーン リーダーは、セル A1 からワークシートの読み取りを開始します。 ワークシートにテーブルがある場合は、A1 がテーブルのタイトルであることが望ましいです。

シートが長い場合や複雑な場合は、セル A1 にシートの手順または概要を追加します。 これにより、視覚障碍のあるユーザーに、ワークシートに表示されている内容とその使用方法が通知されます。 この説明テキストは背景色と一致します。 これにより、閲覧できるユーザーからは非表示になりますが、スクリーン リーダーが読み取ることができます。

ページの先頭へ

代替テキストをビジュアルに追加する

代替テキストは、画面を見ることができないユーザーがビジュアル コンテンツで重要な内容を理解するのに役立ちます。 ビジュアル コンテンツには、画像、SmartArt グラフィックス、図形、グループ、グラフ、ピボット グラフ、埋め込みオブジェクト、インク、ビデオが含まれます。 代替テキストで、画像を簡単に説明し、その意図をメンションします。 スクリーン リーダーはテキストを読み、画像を表示できないユーザーに画像を説明します。

重要な情報を伝達する唯一の方法として、画像にテキストを使用するのは避けてください。 テキストを含む画像を使用する必要がある場合、文書内でそのテキストを繰り返します。 代替テキストで、画像について簡単に説明し、テキストがあることとその目的を説明します。

ヒント: 適切な代替テキストを記述するには、画像の内容と目的を簡潔かつ明確に伝えるようにしてください。 代替テキストは短い文または 2 文字より長くしないでください。ほとんどの場合、慎重に選択した単語がいくつか行われます。 代替テキストでは文脈を繰り返し説明しないでください。"~のグラフィック" や "~の画像" といった言い回しを使わないでください。 代替テキストを記述する方法の詳細については、「有効な代替テキストを 記述するために知っておくべきことすべて」を参照してください。

代替テキストを追加する手順については、「 図形、図、グラフ、SmartArt グラフィック、またはその他のオブジェクトに代替テキストを追加する」を参照してください。

代替テキストが見つからない場合は、アクセシビリティ チェックを使用します。

注: オーディオおよびビデオ コンテンツの場合は、代替テキストに加えて、聴覚障碍のあるユーザーや聴覚障碍のあるユーザー向けのクローズド キャプションが含まれます。

ページの先頭へ

アクセシビリティ対応のフォント形式と色を使用する

アクセシビリティ対応のフォントは、視覚障碍のある人や視覚障碍のある人、視覚障碍のある人など、スプレッドシートを読む人の読み取り速度を除外したり遅くしたりすることはありません。 適切なフォントを使用すると、スプレッドシートの読みやすさと読みやすさが向上します。

既定のフォントを変更する方法については、フォント サイズの変更に関するページを参照してください。

アクセシビリティの高いフォント書式を使用する

いくつかのアイデアを紹介します。

  • 読み取り負荷を軽減するには、Arial や Calibri などの使い慣れた sans serif フォントを選択します。 すべて大文字にしたり、過剰な斜体または下線を使用したりしないでください。

  • 視覚障害を持つ人は、特定の色によって伝えられる意味を見逃す可能性があります。 たとえば、色覚障碍のある方が、色がわからない場合でも、リンクされたテキストがあることがわかるように、色が使用されたハイパーリンク テキストに下線を追加します。

  • 見出しには、太字の追加または大きなフォントの使用を検討してください。

アクセシビリティの高いフォントの色を使用する

スプレッドシート内のテキストはハイ コントラスト モードで読み取り可能である必要があります。 たとえば、明るい色、または色スペクトルの反対側にある高コントラストの配色を使用します。 白黒の配色は、色覚障碍のある方にテキストと図形を区別しやすくします。

いくつかのアイデアを紹介します。

  • ハイ コントラスト モードでテキストが適切に表示されるようにするには、フォントの色の 自動 設定を使用します。 フォントの色を変更する方法については、セル内のテキストの書式設定に関するページを参照してください。

  • アクセシビリティ チェックを使用してスプレッドシートを分析し、色のコントラストが不十分な場合。 ツールによって、ページの色、表のセルの背景、強調表示、テキスト ボックスの塗りつぶしの色、段落の網かけ、図形と SmartArt の塗りつぶし、ヘッダーとフッター、リンクに対するテキストの色が適切かどうかについて文書が調べられるようになりました。

  • アクセシビリティ対応のテンプレートを使用します。

ページの先頭へ

アクセシビリティ対応のグラフを作成する

グラフを使用すると、複雑な情報を理解しやすくなります。 グラフにアクセスできるようにするには、グラフのタイトル、軸のタイトル、データ ラベルなど、グラフ要素に明確でわかりやすい言語を使用します。 また、書式設定にアクセスできることを確認します。

グラフ要素をグラフに追加してアクセスできるようにする手順については、「 ビデオ: Excel でアクセシビリティ対応のグラフを作成する」を参照してください。

グラフ要素の書式設定

  1. グラフのタイトルやデータ ラベルなど、書式設定するグラフ要素を選択します。

  2. [ 書式 ] タブを選択します。

  3. [ 現在の選択] グループで 、[書式の選択] を 選択します。 右側に [ 書式 ] ウィンドウが開きます。

  4. 大きなフォントやコントラストの良い色など、グラフ要素にアクセスできるようにする書式設定オプションを選択します。

ページの先頭へ

ワークシートの名前を変更する

スクリーン リーダーはワークシート名を読み取るので、それらのラベルが明確でわかりやすいものになっていることを確認してください。 ワークシートに一意の名前を使用すると、ブックを簡単に移動できます。

既定では、ワークシート Excel Sheet1、Sheet2、Sheet3 などの名前を付けますが、名前は簡単に変更できます。 ワークシートの名前を変更する方法については、「ワークシートの 名前を変更する」を参照してください。

ページの先頭へ

空白のワークシートを削除する

スクリーン リーダーはワークシート名を読み取るので、空白のワークシートがわかりにくい場合があります。 ブックに空白のシートを含めないでください。

ワークシートを削除する方法については、「ワークシートの 挿入または削除」を参照してください。

ページの先頭へ

セルまたはセル範囲に名前をつける

スクリーン リーダーユーザーがワークシート内のセルと範囲の目的をすばやく識別できるように、セルと範囲に名前 Excel付けます。 ユーザーは [移動 ] コマンド (Ctrl + G) を使用して、定義されたすべての名前を一覧表示するダイアログ ボックスを開くことができます。 名前を選択すると、ユーザーはすぐに名前付きの場所に移動できます。

  1. 名前を付けるセルまたはセルの範囲を選択します。

  2. [ 数式] > [名前の定義] を選択します

  3. 名前を入力し、[ OK] を選択します

注: 名前は、文字、アンダースコア (_)、または円記号 (\) で始まる必要があり、スペースを含めることはできません。

ページの先頭へ

ワークシートのアクセシビリティをテストする

スプレッドシートの準備が整い、アクセシビリティ チェックを実行して包括的であることを確認したら、スクリーン リーダー (ナレーターなど) を使用してスプレッドシートを移動してみてください。 ナレーターには Windowsが付属しているため、何もインストールする必要はありません。 これは、たとえば、ナビゲーションで問題を見つけるもう 1 つの方法です。

  1. スクリーン リーダーを起動します。 たとえば、ナレーターを起動するには、Ctrl キーを押しながら Windows ロゴ キーを押しながら Enter キーを押します。

  2. フォーカスが青い四角形になるまで F6 キーを押します。

  3. ワークシートをテストするには、次の操作を行います。

    1. 矢印キーを使用して、テーブル グリッド内のセル間を移動します。

    2. スプレッドシート内のワークシート名をチェックするには、フォーカスが現在のワークシートの名前になるまで F6 キーを押し、左方向キーと右方向キーを使用して他のワークシート名を読み上げます。

    3. ワークシートにこのような画像の浮動図形が含まれている場合は、Ctrl キーを押しながら Alt キーを押しながら 5 キーを押します。 次に、フローティング シェイプを切り替えるには、Tab キーを押します。 標準のナビゲーションに戻るには、Esc キーを押します。

  4. スクリーン リーダーを使用して移動するときに見つけたアクセシビリティの問題を修正します。

  5. スクリーン リーダーを終了します。 たとえば、ナレーターを終了するには、Ctrl キーを押しながら Windows ロゴ キーを押しながら Enter キーを押します。

注: また、携帯電話でワークシートを簡単に読み取ることができることも確認してください。 これは、視力が低く、拡大率を使用する人々に利益をもたらすだけでなく、携帯電話ユーザーの非常に広いセットにも利益をもたらします。

ページの先頭へ

関連項目

アクセシビリティ チェックのルール

有効な代替テキストを作成するために知っておくべきこと

障碍のある方のためにアクセシビリティの高い Word 文書を作成する

障碍のある方のためにアクセシビリティの高い PowerPoint プレゼンテーションを作成する

障碍のある方に対する、Outlook メールのアクセシビリティを高める

障碍のある方に対する、OneNote ノートブックのアクセシビリティを高める

Excel ヘルプ & 学習

この記事の内容

Excel スプレッドシートにアクセスできるようにするためのベスト プラクティス

次の表に、障疵のあるユーザーがアクセスできる Excel スプレッドシートを作成するための主要なベスト プラクティスを示します。

修正する内容

探す方法

修正が必要な理由

解決方法

代替テキスト (代替テキスト) の欠落やコントラストの低い色など、アクセシビリティに関する一般的な問題を回避します。

アクセシビリティ チェックを使用します。

すべてのユーザーがスプレッドシートを簡単に読み取るようにします。

Excel での作業中にアクセシビリティを確認する

データに対してのみ単純なテーブル構造を使用し、列ヘッダー情報を指定します。

テーブルに分割セル、結合セル、または入れ子になったテーブルが含まれていないことを確認するには、 アクセシビリティ チェックを使用します。

テーブルを視覚的にスキャンして、完全に空白の行や列がないことをチェックします。

スクリーン リーダーは、表のセルをカウントすることによって、表内での位置を追跡します。

また、スクリーン リーダーは行と列を識別するためにヘッダー情報を使用します。

アクセシビリティ対応の表を作成する

セル A1 にテキストを追加します。

セル A1 にテキストがあることを確認します。

スクリーン リーダーは、セル A1 からワークシートの読み取りを開始します。

セル A1 にテキストを追加する

すべてのビジュアルに代替テキストを含めます。

不足している代替テキストのすべてのインスタンスを検索するには、 アクセシビリティ チェックを使用します。

代替テキストは、画面を見ることができない、画像や他のビジュアルで何が重要であるかを確認できないユーザーの役に立ちます。

代替テキストをビジュアルに追加する

意味のあるハイパーリンク テキストとヒントを追加します。

ハイパーリンク テキストに独立した情報として意味があり、ユーザーにリンク先についての正確な情報を提供しているかどうかを判断するには、ブックを目視で確認します。

スクリーン リーダーを使用するユーザーは、リンクの一覧を調べることがあります。

アクセシビリティ対応のハイパーリンク テキストとヒントを追加する

テキストと背景の色に十分なコントラストを付けます。

色のコントラストが不十分な場合は、 アクセシビリティ チェックを使用します。

また、スプレッドシート内で、読みにくいテキストや背景との区別が難しいテキストを探すこともできます。

スプレッドシートのテキストと背景のコントラストの差を大きくすると、より多くのユーザーにとって見やすく、使いやすいコンテンツになります。

アクセシビリティ対応のフォント形式と色を使用する

アクセシビリティ対応テンプレートを使用する

すべてのワークシートに一意の名前を付け、空白のワークシートを削除します。

ブック内のコンテンツが含まれるすべてのシートにわかりやすい名前が付いているかどうか、および空白のシートがあるかどうかを調べるには、アクセシビリティ チェックを使用します。

スクリーン リーダーはシート名を読み上げるので、シート名で、シート上に記載されていることについての情報を提供し、ブックの内容の理解やブック内の移動が容易に行えるようにします。

ワークシートの名前を変更する

空白のワークシートを削除する

セルと範囲に名前を付けます。

ブックを視覚的にスキャンして、名前を付けるメリットがあるセルと範囲を確認します。

セルと範囲に名前を付けると、スクリーン リーダー ユーザーはセルと範囲の目的をすばやく特定できます。

セルまたはセル範囲に名前をつける

ページの先頭へ

Excelでの作業中にアクセシビリティを確認する

アクセシビリティ チェッカーは、コンテンツをレビューし、アクセシビリティの問題にフラグを設定するツールです。 各問題が障害を持つ人にとって潜在的な問題である可能性がある理由について説明します。 アクセシビリティ チェックでは、表示される問題を解決する方法も示されています。

Excelでは、ドキュメントを作成するときに、アクセシビリティ チェックがバックグラウンドで自動的に実行されます。 アクセシビリティ チェックでアクセシビリティの問題が検出されると、ステータス バーにアラームが表示されます。

アクセシビリティ チェックを手動で起動するには、[ 確認 ]> [ アクセシビリティの確認] を選択します。 [ アクセシビリティ ] ウィンドウと [アクセシビリティ ] リボンが開き、アクセシビリティの問題を確認して修正できるようになりました。 アクセシビリティ リボンには、アクセシビリティ対応スプレッドシートを 1 か所で作成するために必要なすべてのツールが含まれています。 詳細については、「 アクセシビリティ リボン 」と「アクセシビリティ チェックを使用してアクセシビリティを向上させる」を参照してください。

ページの先頭へ

アクセシビリティ対応の表を作成する

テーブルは、一連のデータを名前で識別するのに役立ち、データを目立たせるスタイルを使用してテーブルを書式設定できます。 テーブルに名前を付け、書式を設定すると、すべてのユーザーがデータを理解できるようになります。

また、列ヘッダー情報を指定し、単純なテーブル構造を使用して、スクリーン リーダー ユーザーがテーブルを簡単に移動できるようにすることも重要です。

テーブルに名前を付ける

既定では、 Excel は、作成したテーブルに Table1、Table2、Table3 などの名前を付けます。 テーブルを参照しやすくするには、各テーブルにわかりやすい名前を付けます。 "EmployeeList" のような意味のあるテーブル名は、汎用の "Table1" よりも役立ちます。

わかりやすい名前を使用すると、たとえば、[ 移動 ] コマンド (Control + G) または [名前マネージャー ] ダイアログ ボックスを使用してテーブルにすばやく移動できます。 数式でテーブルを簡単に参照することもできます。

  1. 表内の任意の場所にカーソルを置きます。

  2. [ テーブル] タブの [ テーブル名] で、"Table1" などの既定の名前をよりわかりやすい名前に置き換えます。

Excel for Macの [テーブル名] フィールド

注: テーブル名は、文字、アンダースコア (_)、または円記号 (\) で始まる必要があり、スペースを含めることはできません。 詳細については、「 Excel テーブルの名前変更」の「名前に関する重要な注意事項」セクションを参照してください。

アクセシビリティ対応のテーブル スタイルを選択する

コントラストが低い明るい色のテーブルは読みにくい場合があります。 テーブルにアクセスしやすくするには、コントラストの強い色を持つテーブル スタイルを選択します。 たとえば、白と濃い色 (黒、濃い灰色、濃い青色など) を交互に使用するスタイルを選択します。

  1. 表内の任意の場所にカーソルを置きます。

  2. [ テーブル] タブの [テーブル スタイル] グループで、目的のスタイルを選択します。

Excel for Macの [テーブル スタイル] グループ

テーブルに見出しを使用する

スクリーン リーダーは、ヘッダー情報を使用して行と列を識別します。 テーブル ヘッダーをクリアすると、コンテキストが提供され、テーブル コンテンツの移動が容易になります。

  1. テーブル内の任意の場所にカーソルを置きます。

  2. [ テーブル] タブの [テーブル スタイル] グループで、[ ヘッダー行 ] チェック ボックスをオンにします。

  3. 列見出しを入力します。

Excel for Macの [テーブル スタイル] グループで [ヘッダー行] チェック ボックスをオンにする

新しいテーブルにヘッダーを追加する方法については、「テーブルの作成」を参照 してください

回避するテーブル構造体

次の点に注意してテーブルを設計します。

  • 空白のセル、列、行は使用しないでください。 キーボードを使用して移動する場合、空白のセル、列、または行を使用すると、スクリーン リーダー ユーザーはテーブルにそれ以上何もないと考える可能性があります。

    • 空白のセル、列、または行が不要な場合は、削除することを検討してください。

    • 空白のセル、列、または行を避けられない場合は、空白であることを説明するテキストを入力します。 たとえば、「 N/A 」または「 意図的に空白」と入力します

  • セルの分割や結合を避ける: スクリーン リーダーは、テーブル セルをカウントすることで、テーブル内の位置を追跡します。 表が入れ子になっていたり、セルが結合または分割されていると、スクリーン リーダーはカウントがわからなくなり、その位置以降の表について有用な情報を提供できなくなります。 セルをマージまたは分割すると、支援技術を使用してテーブル Excel 移動するのが非常に困難になる可能性があります。不可能ではないにしてもです。 テーブルは常に単純でシンプルに保ちます。 テーブルに分割セル、結合セル、または入れ子になったテーブルが含まれていないことを確認するには、 アクセシビリティ チェックを使用します。

ページの先頭へ

アクセシビリティ対応テンプレートを使用する

アクセシビリティ対応の Excel テンプレートのいずれかを使用して、スプレッドシートのデザイン、色、コントラスト、フォントにすべての対象ユーザーがアクセスできるようにします。 テンプレートは、スクリーン リーダーがスプレッドシートコンテンツをより簡単に読み取ることができるように設計されています。

テンプレートを選択するときは、アクセシビリティをサポートするいくつかの機能を持つテンプレートを探します。 次に例を示します。

  • 十分な空白を使用すると、スプレッドシートが読みやすくなります。

  • コントラストを持つ色は、視覚障穣と色覚障穣の読者にとって区別しやすくなります。

  • より大きなフォントは、ロービジョン ユーザーにとって簡単です。

  • 説明的な見出しとラベルを事前に設定すると、スクリーン リーダーを使用してスプレッドシートを移動するユーザーがスプレッドシートを理解しやすくなります。

  1. アクセス可能なテンプレートを見つけるには、[ ファイル ] > [ テンプレートから新規作成] を選択します。

  2. [ 検索 テキスト] フィールドに「 アクセシビリティ対応テンプレート 」と入力し、Return キーを押します。

  3. 検索結果で、適切なテンプレートを選択します。

ページの先頭へ

セル A1 にテキストを追加する

スクリーン リーダーは、セル A1 からワークシートの読み取りを開始します。 ワークシートにテーブルがある場合は、A1 がテーブルのタイトルであることが望ましいです。

シートが長い場合や複雑な場合は、セル A1 にシートの手順または概要を追加します。 これにより、視覚障碍のあるユーザーに、ワークシートに表示されている内容とその使用方法が通知されます。 この説明テキストは背景色と一致します。 これにより、閲覧できるユーザーからは非表示になりますが、スクリーン リーダーが読み取ることができます。

ページの先頭へ

代替テキストをビジュアルに追加する

代替テキストは、画面を見ることができないユーザーがビジュアル コンテンツで重要な内容を理解するのに役立ちます。 ビジュアル コンテンツには、画像、SmartArt グラフィックス、図形、グループ、グラフ、ピボット グラフ、埋め込みオブジェクト、インク、ビデオが含まれます。 代替テキストで、画像を簡単に説明し、その意図をメンションします。 スクリーン リーダーはテキストを読み、画像を表示できないユーザーに画像を説明します。

重要な情報を伝達する唯一の方法として、画像にテキストを使用するのは避けてください。 テキストを含む画像を使用する必要がある場合、文書内でそのテキストを繰り返します。 代替テキストで、画像について簡単に説明し、テキストがあることとその目的を説明します。

ヒント: 適切な代替テキストを記述するには、画像の内容と目的を簡潔かつ明確に伝えるようにしてください。 代替テキストは短い文または 2 文字より長くしないでください。ほとんどの場合、慎重に選択した単語がいくつか行われます。 代替テキストでは文脈を繰り返し説明しないでください。"~のグラフィック" や "~の画像" といった言い回しを使わないでください。 代替テキストを記述する方法の詳細については、「有効な代替テキストを 記述するために知っておくべきことすべて」を参照してください。

代替テキストを追加する手順については、「 図形、図、グラフ、SmartArt グラフィック、またはその他のオブジェクトに代替テキストを追加する」を参照してください。

代替テキストが見つからない場合は、 アクセシビリティ チェックを使用します。

注: オーディオおよびビデオ コンテンツの場合は、代替テキストに加えて、聴覚障碍のあるユーザーや聴覚障碍のあるユーザー向けのクローズド キャプションが含まれます。

ページの先頭へ

アクセシビリティ対応のフォント形式と色を使用する

アクセシビリティ対応のフォントは、視覚障碍のある人や視覚障碍のある人、視覚障碍のある人など、スプレッドシートを読む人の読み取り速度を除外したり遅くしたりすることはありません。 適切なフォントを使用すると、スプレッドシートの読みやすさと読みやすさが向上します。

既定のフォントを変更する方法については、「Excel for Macで既定のフォントを変更する」を参照してください。

アクセシビリティの高いフォント書式を使用する

いくつかのアイデアを紹介します。

  • 読み取り負荷を軽減するには、Arial や Calibri などの使い慣れた sans serif フォントを選択します。 すべて大文字にしたり、過剰な斜体または下線を使用したりしないでください。

  • 視覚障害を持つ人は、特定の色によって伝えられる意味を見逃す可能性があります。 たとえば、色覚障碍のある方が、色がわからない場合でも、リンクされたテキストがあることがわかるように、色が使用されたハイパーリンク テキストに下線を追加します。

  • 見出しには、太字の追加または大きなフォントの使用を検討してください。

アクセシビリティの高いフォントの色を使用する

スプレッドシート内のテキストはハイ コントラスト モードで読み取り可能である必要があります。 たとえば、明るい色、または色スペクトルの反対側にある高コントラストの配色を使用します。 白黒の配色は、色覚障碍のある方にテキストと図形を区別しやすくします。

いくつかのアイデアを紹介します。

  • ハイ コントラスト モードでテキストが適切に表示されるようにするには、フォントの色の 自動 設定を使用します。 フォントの色を変更する方法については、 セル内のテキストの書式設定に関するページを参照してください。

  • アクセシビリティ チェックを使用してスプレッドシートを分析し、色のコントラストが不十分な場合。 ツールによって、ページの色、表のセルの背景、強調表示、テキスト ボックスの塗りつぶしの色、段落の網かけ、図形と SmartArt の塗りつぶし、ヘッダーとフッター、リンクに対するテキストの色が適切かどうかについて文書が調べられるようになりました。

  • アクセシビリティ対応のテンプレートを使用します。

ページの先頭へ

アクセシビリティ対応のグラフを作成する

グラフを使用すると、複雑な情報を理解しやすくなります。 グラフにアクセスできるようにするには、グラフのタイトル、軸のタイトル、データ ラベルなど、グラフ要素に明確でわかりやすい言語を使用します。 また、書式設定にアクセスできることを確認します。

グラフ要素をグラフに追加してアクセスできるようにする方法については、「Excel for Macでグラフを作成する」および「ビデオ: Excel でアクセス可能なグラフを作成する」を参照してください。

グラフ要素の書式設定

  1. グラフのタイトルやデータ ラベルなど、書式設定するグラフ要素を選択します。

  2. [ 書式 ] タブを選択します。

  3. [ 書式] ウィンドウを選択します。 ウィンドウが右側に開きます。

  4. コントラストの良い色など、グラフ要素にアクセスできるようにする書式設定オプションを選択します。

ページの先頭へ

ワークシートの名前を変更する

スクリーン リーダーはワークシート名を読み取るので、それらのラベルが明確でわかりやすいものになっていることを確認してください。 ワークシートに一意の名前を使用すると、ブックを簡単に移動できます。

既定では、ワークシート Excel Sheet1、Sheet2、Sheet3 などの名前を付けますが、名前は簡単に変更できます。

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • シート タブをダブルクリックし、新しい名前を入力します。

    • [ ホーム ] タブで、[ 書式 ] > [ シート名の変更] を選択し、新しい名前を入力します。

ページの先頭へ

空白のワークシートを削除する

スクリーン リーダーはワークシート名を読み取るので、空白のワークシートがわかりにくい場合があります。 ブックに空白のシートを含めないでください。

  1. 削除するワークシートに移動します。

  2. [ ホーム ] タブで、[ 削除 ]> [ シートの削除] を選択し、[ 削除 ] を選択して削除を確定します。

ページの先頭へ

セルまたはセル範囲に名前をつける

スクリーン リーダーユーザーがワークシート内のセルと範囲の目的をすばやく識別できるように、セルと範囲に名前 Excel 付けます。 ユーザーは、[移動] コマンド (Control + G) 使用して、定義されたすべての名前を一覧表示するダイアログ ボックスを開くことができます。 名前を選択すると、ユーザーはすぐに名前付きの場所に移動できます。

  1. 名前を付けるセルまたはセルの範囲を選択します。

  2. [ 数式] > [名前の定義] を選択します

  3. 名前を入力し、[ OK] を選択します

注: 名前は、文字、アンダースコア (_)、または円記号 (\) で始まる必要があり、スペースを含めることはできません。

ページの先頭へ

ワークシートのアクセシビリティをテストする

スプレッドシートの準備が整い、アクセシビリティ チェックを実行して包括的であることを確認したら、組み込みの macOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使用してスプレッドシートを移動してみてください。 これは、たとえば、ナビゲーションで問題を見つけるもう 1 つの方法です。

  1. VoiceOver を開始するには、次のいずれかの操作を行います。

    • Command キーを押しながら F5 キーを押します。

    • アップル メニューの [システム環境設定] を選びます。 [ VoiceOver> アクセシビリティ ] を選択し、[ VoiceOver有効にする ] チェック ボックスをオンにします。

  2. ワークシートのテーブル グリッドにフォーカスを置きます。

  3. ワークシートをテストするには、次の操作を行います。

    1. 矢印キーを使用して、テーブル グリッド内のセル間を移動します。

    2. スプレッドシート内のワークシート名をチェックするには、Option キーを押しながら右方向キーまたは左方向キーを押して、次または前のワークシートに移動し、その名前を読み上げます。 空白のシートがないことを確認します。

    3. ワークシート内のすべてのテーブルと重要なセルにわかりやすい便利な名前を定義したことをチェックするには、Control キーを押しながら G キーを押し、[移動] ダイアログ ボックスの一覧確認します。

  4. スクリーン リーダーを使用して移動するときに見つけたアクセシビリティの問題を修正します。

  5. VoiceOver を終了するには、次のいずれかの操作を行います。

    • Command キーを押しながら F5 キーを押します。

    • アップル メニューの [システム環境設定] を選びます。 [ VoiceOver> アクセシビリティ ] を選択し、[ VoiceOver有効にする] チェック ボックスをオフにします。

注: また、携帯電話でワークシートを簡単に読み取ることができることも確認してください。 これは、視力が低く、拡大率を使用する人々に利益をもたらすだけでなく、携帯電話ユーザーの非常に広いセットにも利益をもたらします。

ページの先頭へ

関連項目

アクセシビリティ チェックのルール

有効な代替テキストを作成するために知っておくべきこと

障碍のある方のためにアクセシビリティの高い Word 文書を作成する

障碍のある方のためにアクセシビリティの高い PowerPoint プレゼンテーションを作成する

障碍のある方に対する、Outlook メールのアクセシビリティを高める

障碍のある方に対する、OneNote ノートブックのアクセシビリティを高める

Excel ヘルプ & 学習

この記事の内容

Excel スプレッドシートにアクセスできるようにするためのベスト プラクティス

次の表に、障疵のあるユーザーがアクセスできる Excel スプレッドシートを作成するための主要なベスト プラクティスを示します。

修正する内容

修正が必要な理由

解決方法

データに対してのみ単純なテーブル構造を使用し、列ヘッダー情報を指定します。

スクリーン リーダーは、表のセルをカウントすることによって、表内での位置を追跡します。

また、スクリーン リーダーは行と列を識別するためにヘッダー情報を使用します。

アクセシビリティ対応の表を作成する

セル A1 にテキストを追加します。

スクリーン リーダーは、セル A1 からワークシートの読み取りを開始します。

セル A1 にテキストを追加する

すべてのビジュアルに代替テキスト (代替テキスト) を含めます。

代替テキストは、画面を見ることができない、画像や他のビジュアルで何が重要であるかを確認できないユーザーの役に立ちます。

代替テキストをビジュアルに追加する

わかりやすいハイパーリンク テキストを追加します。

スクリーン リーダーを使用するユーザーは、リンクの一覧を調べることがあります。

アクセシビリティ対応のハイパーリンク テキストを追加する

テキストと背景の色に十分なコントラストを付けます。

スプレッドシートのテキストと背景のコントラストの差を大きくすると、より多くのユーザーにとって見やすく、使いやすいコンテンツになります。

アクセシビリティ対応のフォント形式と色を使用する

すべてのワークシートに一意の名前を付け、空白のワークシートを削除します。

スクリーン リーダーはシート名を読み上げるので、シート名で、シート上に記載されていることについての情報を提供し、ブックの内容の理解やブック内の移動が容易に行えるようにします。

ワークシートの名前を変更する

空白のワークシートを削除する

ページの先頭へ

アクセシビリティ対応の表を作成する

テーブルは、一連のデータを名前で識別するのに役立ち、データを目立たせるスタイルを使用してテーブルを書式設定できます。 テーブルに名前を付け、書式を設定すると、すべてのユーザーがデータを理解できるようになります。

また、列ヘッダー情報を指定し、単純なテーブル構造を使用して、スクリーン リーダー ユーザーがテーブルを簡単に移動できるようにすることも重要です。

テーブルに名前を付ける

既定では、 Excel は、作成したテーブルに Table1、Table2、Table3 などの名前を付けます。 テーブルを参照しやすくするには、各テーブルにわかりやすい名前を付けます。 "EmployeeList" のような意味のあるテーブル名は、汎用の "Table1" よりも役立ちます。

わかりやすい名前を使用すると、たとえば、数式内のテーブルを簡単に参照できます。 テーブル名を使用する場合は、 Excelデスクトップ アプリの [Go To]\(移動 \) コマンドを使用してテーブルにすばやく移動することもできます。

  1. 表内の任意の場所にカーソルを置きます。

  2. 画面の下部にあるツール バーで、[Excel for iOS の [カードの表示] ボタン。 (カード ビュー)] を選択します。

  3. 右上隅にある [ Excel の [テーブル設定] ボタン。(テーブル設定)] を選択します。

  4. 既定のテーブル名をタップし、わかりやすい名前に置き換えます。

Excel のテーブル名のテキスト フィールド。

注: テーブル名は、文字、アンダースコア (_)、または円記号 (\) で始まる必要があり、スペースを含めることはできません。 詳細については、「 Excel テーブルの名前変更」の「名前に関する重要な注意事項」セクションを参照してください。

アクセシビリティ対応のテーブル スタイルを選択する

コントラストが低い明るい色のテーブルは読みにくい場合があります。 テーブルにアクセスしやすくするには、コントラストの強い色を持つテーブル スタイルを選択します。 たとえば、白と濃い色 (黒、濃い灰色、濃い青色など) を交互に使用するスタイルを選択します。

  1. 表内の任意の場所にカーソルを置きます。

  2. 画面の下部にあるツール バーで、[iOS の M365 アプリの [リボンの表示] ボタン。(リボンを表示)] を選択します。

  3. タブ メニューを開き、[ テーブル ] タブを選択します。

  4. [ テーブル スタイル] を選択し、目的のスタイルを選択します。

テーブルに見出しを使用する

スクリーン リーダーは、ヘッダー情報を使用して行と列を識別します。 テーブル ヘッダーをクリアすると、コンテキストが提供され、テーブル コンテンツの移動が容易になります。

既存のテーブルにヘッダーを追加する

  1. テーブル内の任意の場所にカーソルを置きます。

  2. 画面の下部にあるツール バーで、[iOS の M365 アプリの [リボンの表示] ボタン。(リボンを表示)] を選択します。

  3. タブ メニューを開き、[ テーブル ] タブを選択します。

  4. [ スタイル オプション] を選択し、[ ヘッダー行] を選択します。

    [スタイル オプション] コマンド。ヘッダー行が選択されています。
  5. 列見出しを入力します。

新しいテーブルに見出しを追加する

  1. テーブルに含めるセルを選択します。

  2. 画面の下部にあるツール バーで、[iOS の M365 アプリの [リボンの表示] ボタン。(リボンを表示)] を選択します。

  3. タブ メニューを開き、[ 挿入 ] タブを選択します。

  4. [ テーブル] を選択します。

  5. [テーブルに ヘッダーがある ] スイッチをオンにします。

Excel for iOS で [テーブルにヘッダー] オプションが選択されています。

回避するテーブル構造体

次の点に注意してテーブルを設計します。

  • 空白のセル、列、行は使用しないでください。 キーボードを使用して移動する場合、空白のセル、列、または行を使用すると、スクリーン リーダー ユーザーはテーブルにそれ以上何もないと考える可能性があります。

    • 空白のセル、列、または行が不要な場合は、削除することを検討してください。

    • 空白のセル、列、または行を避けられない場合は、空白であることを説明するテキストを入力します。 たとえば、「 N/A 」または「 意図的に空白」と入力します

  • セルの分割や結合を避ける: スクリーン リーダーは、テーブル セルをカウントすることで、テーブル内の位置を追跡します。 表が入れ子になっていたり、セルが結合または分割されていると、スクリーン リーダーはカウントがわからなくなり、その位置以降の表について有用な情報を提供できなくなります。 セルをマージまたは分割すると、支援技術を使用してテーブル Excel 移動するのが非常に困難になる可能性があります。不可能ではないにしてもです。 テーブルは常に単純でシンプルに保ちます。

ページの先頭へ

セル A1 にテキストを追加する

スクリーン リーダーは、セル A1 からワークシートの読み取りを開始します。 ワークシートにテーブルがある場合は、A1 がテーブルのタイトルであることが望ましいです。

シートが長い場合や複雑な場合は、セル A1 にシートの手順または概要を追加します。 これにより、視覚障碍のあるユーザーに、ワークシートに表示されている内容とその使用方法が通知されます。 この説明テキストは背景色と一致します。 これにより、閲覧できるユーザーからは非表示になりますが、スクリーン リーダーが読み取ることができます。

ページの先頭へ

代替テキストをビジュアルに追加する

代替テキストは、画面を見ることができないユーザーがビジュアル コンテンツで重要な内容を理解するのに役立ちます。 ビジュアル コンテンツには、画像、図形、グループ、グラフ、埋め込みオブジェクト、インク、ビデオが含まれます。 代替テキストで、画像を簡単に説明し、その意図をメンションします。 スクリーン リーダーはテキストを読み、画像を表示できないユーザーに画像を説明します。

重要な情報を伝達する唯一の方法として、画像にテキストを使用するのは避けてください。 テキストを含む画像を使用する必要がある場合、文書内でそのテキストを繰り返します。 代替テキストで、画像について簡単に説明し、テキストがあることとその目的を説明します。

ヒント: 適切な代替テキストを記述するには、画像の内容と目的を簡潔かつ明確に伝えるようにしてください。 代替テキストは短い文または 2 文字より長くしないでください。ほとんどの場合、慎重に選択した単語がいくつか行われます。 代替テキストでは文脈を繰り返し説明しないでください。"~のグラフィック" や "~の画像" といった言い回しを使わないでください。 代替テキストを記述する方法の詳細については、「有効な代替テキストを 記述するために知っておくべきことすべて」を参照してください。

注: オーディオおよびビデオ コンテンツの場合は、代替テキストに加えて、聴覚障碍のあるユーザーや聴覚障碍のあるユーザー向けのクローズド キャプションが含まれます。

  1. ビジュアルを選択します。

  2. [図]、[図形]、または [グラフ] タブを開くには、画面の下部にあるツール バーの [iOS の M365 アプリの [リボンの表示] ボタン。(リボンを表示)] を選択します。

  3. [代替テキスト] を選択します。

  4. [説明] フィールドに代替テキストを入力します。

    Excel for iOS の [代替テキスト] ダイアログ ボックス。

  5. [Done] (完了) をクリックします。

ページの先頭へ

アクセシビリティ対応のフォント形式と色を使用する

アクセシビリティ対応のフォントは、視覚障碍のある人や視覚障碍のある人、視覚障碍のある人など、スプレッドシートを読む人の読み取り速度を除外したり遅くしたりすることはありません。 適切なフォントを使用すると、スプレッドシートの読みやすさと読みやすさが向上します。

アクセシビリティの高いフォント書式を使用する

いくつかのアイデアを紹介します。

  • 読み取り負荷を軽減するには、Arial や Calibri などの使い慣れた sans serif フォントを選択します。 すべて大文字にしたり、過剰な斜体または下線を使用したりしないでください。

  • 視覚障害を持つ人は、特定の色によって伝えられる意味を見逃す可能性があります。 たとえば、色覚障碍のある方が、色がわからない場合でも、リンクされたテキストがあることがわかるように、色が使用されたハイパーリンク テキストに下線を追加します。

  • 見出しには、太字の追加または大きなフォントの使用を検討してください。

  1. 形式設定するセルを選びます。

  2. 画面の下部にあるツール バーで、[iOS の M365 アプリの [リボンの表示] ボタン。(リボンを表示)] を選択します。

  3. タブ メニューを開き、[ ホーム ] タブを選択します。

  4. 現在のフォントの種類を選択してフォント メニューを開き、目的のフォントの種類を選択するか、好みに合わせてフォント サイズを調整します。

Excel for iOS のフォント書式設定オプション。

アクセシビリティの高いフォントの色を使用する

スプレッドシート内のテキストはハイ コントラスト モードで読み取り可能である必要があります。 たとえば、明るい色、または色スペクトルの反対側にある高コントラストの配色を使用します。 白黒の配色は、色覚障碍のある方にテキストと図形を区別しやすくします。

  1. 形式設定するセルを選びます。

  2. 画面の下部にあるツール バーで、[iOS の M365 アプリの [リボンの表示] ボタン。(リボンを表示)] を選択します。

  3. タブ メニューを開き、[ ホーム ] タブを選択します。

  4. [ フォントの色] を選択し、目的のフォントの色を選択します。

ページの先頭へ

アクセシビリティ対応のグラフを作成する

グラフを使用すると、複雑な情報を理解しやすくなります。 グラフにアクセスできるようにするには、グラフのタイトル、軸のタイトル、データ ラベルなど、グラフ要素に明確でわかりやすい言語を使用します。 また、書式設定にアクセスできることを確認します。

グラフ要素の書式設定

  1. グラフのタイトルなど、書式設定するグラフ要素を選択します。

  2. 画面の下部にあるツール バーで、[iOS の M365 アプリの [リボンの表示] ボタン。(リボンを表示)] を選択します。

  3. タブ メニューを開き、[ ホーム ] タブを選択します。

  4. 大きなフォントやコントラストの良い色など、グラフ要素にアクセスできるようにする書式設定オプションを選択します。

ページの先頭へ

ワークシートの名前を変更する

スクリーン リーダーはワークシート名を読み取るので、それらのラベルが明確でわかりやすいものになっていることを確認してください。 ワークシートに一意の名前を使用すると、ブックを簡単に移動できます。

既定では、ワークシート Excel Sheet1、Sheet2、Sheet3 などの名前を付けますが、名前は簡単に変更できます。

  1. シート タブをタップし、[名前の 変更] を選択します。

    Excel for iOS でシートの名前を変更するオプション。

  2. シートの簡単で固有の名前を入力します。

ページの先頭へ

空白のワークシートを削除する

スクリーン リーダーはワークシート名を読み取るので、空白のワークシートがわかりにくい場合があります。 ブックに空白のシートを含めないでください。

  1. シート タブをタップします。

  2. コンテキスト メニューで左にスワイプし、[シートの 削除] を選択します。

  3. [ 削除] を選択 して削除を確認します。

ページの先頭へ

ワークシートのアクセシビリティをテストする

スプレッドシートの準備ができたら、いくつかのことを試してアクセスできることを確認できます。

  • Excelの完全なデスクトップまたは Web バージョンに切り替え、アクセシビリティ チェックを実行します。 アクセシビリティ チェッカーは、コンテンツをレビューし、アクセシビリティの問題にフラグを設定するツールです。 各問題が障害を持つ人にとって潜在的な問題である可能性がある理由について説明します。 アクセシビリティ チェックでは、表示される問題を解決する方法も示されています。 手順については、「 アクセシビリティ チェックを使用してアクセシビリティを向上させる」を参照してください。

  • Excel for iOSアプリでは、組み込みのスクリーン リーダーである VoiceOver を使用してページの移動を試すことができます。

    1. VoiceOver を有効にするには、[ 設定] > [アクセシビリティ ]> [VoiceOver] を選択し、[ VoiceOver] スイッチをオンにします。

    2. スプレッドシート上のコンテンツを移動するには、左または右にスワイプします。

    3. スクリーン リーダーを使用して移動するときに見つけたアクセシビリティの問題を修正します。

ページの先頭へ

関連項目

有効な代替テキストを作成するために知っておくべきこと

障碍のある方のためにアクセシビリティの高い Word 文書を作成する

障碍のある方のためにアクセシビリティの高い PowerPoint プレゼンテーションを作成する

障碍のある方に対する、Outlook メールのアクセシビリティを高める

障碍のある方に対する、OneNote ノートブックのアクセシビリティを高める

Excel ヘルプ & 学習

この記事の内容

Excel スプレッドシートにアクセスできるようにするためのベスト プラクティス

次の表に、障疵のあるユーザーがアクセスできる Excel スプレッドシートを作成するための主要なベスト プラクティスを示します。

修正する内容

修正が必要な理由

解決方法

データに対してのみ単純なテーブル構造を使用し、列ヘッダー情報を指定します。

スクリーン リーダーは、表のセルをカウントすることによって、表内での位置を追跡します。

また、スクリーン リーダーは行と列を識別するためにヘッダー情報を使用します。

アクセシビリティ対応の表を作成する

セル A1 にテキストを追加します。

スクリーン リーダーは、セル A1 からワークシートの読み取りを開始します。

セル A1 にテキストを追加する

すべてのビジュアルに代替テキスト (代替テキスト) を含めます。

代替テキストは、画面を見ることができない、画像や他のビジュアルで何が重要であるかを確認できないユーザーの役に立ちます。

代替テキストをビジュアルに追加する

わかりやすいハイパーリンク テキストを追加します。

スクリーン リーダーを使用するユーザーは、リンクの一覧を調べることがあります。

アクセシビリティ対応のハイパーリンク テキストを追加する

テキストと背景の色に十分なコントラストを付けます。

スプレッドシートのテキストと背景のコントラストの差を大きくすると、より多くのユーザーにとって見やすく、使いやすいコンテンツになります。

アクセシビリティ対応のフォント形式と色を使用する

すべてのワークシートに一意の名前を付け、空白のワークシートを削除します。

スクリーン リーダーはシート名を読み上げるので、シート名で、シート上に記載されていることについての情報を提供し、ブックの内容の理解やブック内の移動が容易に行えるようにします。

ワークシートの名前を変更する

空白のワークシートを削除する

ページの先頭へ

アクセシビリティ対応の表を作成する

テーブルは、一連のデータを名前で識別するのに役立ち、データを目立たせるスタイルを使用してテーブルを書式設定できます。 テーブルに名前を付け、書式を設定すると、すべてのユーザーがデータを理解できるようになります。

また、列ヘッダー情報を指定し、単純なテーブル構造を使用して、スクリーン リーダー ユーザーがテーブルを簡単に移動できるようにすることも重要です。

テーブルに名前を付ける

既定では、 Excel は、作成したテーブルに Table1、Table2、Table3 などの名前を付けます。 テーブルを参照しやすくするには、各テーブルにわかりやすい名前を付けます。 "EmployeeList" のような意味のあるテーブル名は、汎用の "Table1" よりも役立ちます。

わかりやすい名前を使用すると、たとえば、数式内のテーブルを簡単に参照できます。 テーブル名を使用する場合は、Excelデスクトップ アプリの [Go To]\(移動 \) コマンドを使用してテーブルにすばやく移動することもできます。

  1. 表内の任意の場所にカーソルを置きます。

  2. 画面の下部にあるツール バーで、[ Excel for Androidの [カードの表示] ボタン。 (カード ビュー)] を選択します。

  3. 右上隅にある [ Excel の [テーブル設定] ボタン。(テーブル設定)] を選択します。

  4. 既定のテーブル名をタップし、わかりやすい名前に置き換えます。

Excel のテーブル名のテキスト フィールド。

注: テーブル名は、文字、アンダースコア (_)、または円記号 (\) で始まる必要があり、スペースを含めることはできません。 詳細については、「 Excel テーブルの名前変更」の「名前に関する重要な注意事項」セクションを参照してください。

アクセシビリティ対応のテーブル スタイルを選択する

コントラストが低い明るい色のテーブルは読みにくい場合があります。 テーブルにアクセスしやすくするには、コントラストの強い色を持つテーブル スタイルを選択します。 たとえば、白と濃い色 (黒、濃い灰色、濃い青色など) を交互に使用するスタイルを選択します。

  1. 表内の任意の場所にカーソルを置きます。

  2. 画面の下部にあるツール バーで、[ Excel for Androidの [その他のオプション] ボタン。(その他のオプション)] を選択します。

  3. タブ メニューを開き、[ テーブル ] タブを選択します。

  4. [テーブル スタイル] を選択し、目的のスタイルを選択します。

テーブルに見出しを使用する

スクリーン リーダーは、ヘッダー情報を使用して行と列を識別します。 テーブル ヘッダーをクリアすると、コンテキストが提供され、テーブル コンテンツの移動が容易になります。

既存のテーブルにヘッダーを追加する

  1. テーブル内の任意の場所にカーソルを置きます。

  2. 画面の下部にあるツール バーで、[ Excel for Androidの [その他のオプション] ボタン。(その他のオプション)] を選択します。

  3. タブ メニューを開き、[ テーブル ] タブを選択します。

  4. [ ヘッダー行 ] オプションを選択します。

    ヒント: オプションは選択されている場合、灰色です。

    Excel for Androidのテーブルに対して選択されたヘッダー行オプション。

  5. 列見出しを入力します。

新しいテーブルに見出しを追加する

  1. テーブルに含めるセルを選択します。

  2. 画面の下部にあるツール バーで、[ Excel for Androidの [その他のオプション] ボタン。(その他のオプション)] を選択します。

  3. タブ メニューを開き、[挿入] タブを選択します。

  4. [ テーブル] を選択します。

  5. [ テーブルにヘッダーがある ] チェック ボックスをオンにします。

[テーブルにヘッダーがある] チェック ボックスがオンになっているテーブル。

回避するテーブル構造体

次の点に注意してテーブルを設計します。

  • 空白のセル、列、行は使用しないでください。 キーボードを使用して移動する場合、空白のセル、列、または行を使用すると、スクリーン リーダー ユーザーはテーブルにそれ以上何もないと考える可能性があります。

    • 空白のセル、列、または行が不要な場合は、削除することを検討してください。

    • 空白のセル、列、または行を避けられない場合は、空白であることを説明するテキストを入力します。 たとえば、「 N/A 」または「 意図的に空白」と入力します

  • セルの分割や結合を避ける: スクリーン リーダーは、テーブル セルをカウントすることで、テーブル内の位置を追跡します。 表が入れ子になっていたり、セルが結合または分割されていると、スクリーン リーダーはカウントがわからなくなり、その位置以降の表について有用な情報を提供できなくなります。 セルをマージまたは分割すると、支援技術を使用してテーブル Excel 移動するのが非常に困難になる可能性があります。不可能ではないにしてもです。 テーブルは常に単純でシンプルに保ちます。

ページの先頭へ

セル A1 にテキストを追加する

スクリーン リーダーは、セル A1 からワークシートの読み取りを開始します。 ワークシートにテーブルがある場合は、A1 がテーブルのタイトルであることが望ましいです。

シートが長い場合や複雑な場合は、セル A1 にシートの手順または概要を追加します。 これにより、視覚障碍のあるユーザーに、ワークシートに表示されている内容とその使用方法が通知されます。 この説明テキストは背景色と一致します。 これにより、閲覧できるユーザーからは非表示になりますが、スクリーン リーダーが読み取ることができます。

ページの先頭へ

代替テキストをビジュアルに追加する

代替テキストは、画面を見ることができないユーザーがビジュアル コンテンツで重要な内容を理解するのに役立ちます。 ビジュアル コンテンツには、画像、グラフィックス、図形、グループ、グラフ、埋め込みオブジェクト、インク、ビデオが含まれます。 代替テキストで、画像を簡単に説明し、その意図をメンションします。 スクリーン リーダーはテキストを読み、画像を表示できないユーザーに画像を説明します。

重要な情報を伝達する唯一の方法として、画像にテキストを使用するのは避けてください。 テキストを含む画像を使用する必要がある場合、文書内でそのテキストを繰り返します。 代替テキストで、画像について簡単に説明し、テキストがあることとその目的を説明します。

ヒント: 適切な代替テキストを記述するには、画像の内容と目的を簡潔かつ明確に伝えるようにしてください。 代替テキストは短い文または 2 文字より長くしないでください。ほとんどの場合、慎重に選択した単語がいくつか行われます。 代替テキストでは文脈を繰り返し説明しないでください。"~のグラフィック" や "~の画像" といった言い回しを使わないでください。 代替テキストを記述する方法の詳細については、「有効な代替テキストを 記述するために知っておくべきことすべて」を参照してください。

注: オーディオおよびビデオ コンテンツの場合は、代替テキストに加えて、聴覚障碍のあるユーザーや聴覚障碍のあるユーザー向けのクローズド キャプションが含まれます。

  1. ビジュアルを選択します。

  2. [図]、[図形]、または [グラフ] タブを開くには、画面の下部にあるツール バーの [ Excel for Androidの [その他のオプション] ボタン。(その他のオプション)] を選択します。

  3. [代替テキスト] を選択します。

  4. 説明を入力します。

Excel for Androidの [代替テキスト] ダイアログ ボックス。

ページの先頭へ

アクセシビリティ対応のフォント形式と色を使用する

アクセシビリティ対応のフォントは、視覚障碍のある人や視覚障碍のある人、視覚障碍のある人など、スプレッドシートを読む人の読み取り速度を除外したり遅くしたりすることはありません。 適切なフォントを使用すると、スプレッドシートの読みやすさと読みやすさが向上します。

アクセシビリティの高いフォント書式を使用する

いくつかのアイデアを紹介します。

  • 読み取り負荷を軽減するには、Arial や Calibri などの使い慣れた sans serif フォントを選択します。 すべて大文字にしたり、過剰な斜体または下線を使用したりしないでください。

  • 視覚障害を持つ人は、特定の色によって伝えられる意味を見逃す可能性があります。 たとえば、色覚障碍のある方が、色がわからない場合でも、リンクされたテキストがあることがわかるように、色が使用されたハイパーリンク テキストに下線を追加します。

  • 見出しには、太字の追加または大きなフォントの使用を検討してください。

  1. 形式設定するセルを選びます。

  2. 画面の下部にあるツール バーで、[ Excel for Androidの [その他のオプション] ボタン。(その他のオプション)] を選択します。

  3. タブ メニューを開き、[ホーム] タブを選択します。

  4. 現在のフォントの種類を選択してフォント メニューを開き、目的のフォントの種類を選択するか、好みに合わせてフォント サイズを調整します。

Excel for Androidのフォント書式設定オプション。

アクセシビリティの高いフォントの色を使用する

スプレッドシート内のテキストはハイ コントラスト モードで読み取り可能である必要があります。 たとえば、明るい色、または色スペクトルの反対側にある高コントラストの配色を使用します。 白黒の配色は、色覚障碍のある方にテキストと図形を区別しやすくします。

  1. 形式設定するセルを選びます。

  2. 画面の下部にあるツール バーで、[ Excel for Androidの [その他のオプション] ボタン。(その他のオプション)] を選択します。

  3. タブ メニューを開き、[ホーム] タブを選択します。

  4. [ フォントの色] を選択し、目的のフォントの色を選択します。

ページの先頭へ

アクセシビリティ対応のグラフを作成する

グラフを使用すると、複雑な情報を理解しやすくなります。 グラフにアクセスできるようにするには、グラフのタイトル、軸のタイトル、データ ラベルなど、グラフ要素に明確でわかりやすい言語を使用します。 また、書式設定にアクセスできることを確認します。

グラフ要素の書式設定

  1. グラフのタイトルなど、書式設定するグラフ要素を選択します。

  2. コンテキスト メニューの [ テキストの編集] を選択します。

  3. 大きなフォントやコントラストの良い色など、グラフ要素にアクセスできるようにする書式設定オプションを選択します。

ページの先頭へ

ワークシートの名前を変更する

スクリーン リーダーはワークシート名を読み取るので、それらのラベルが明確でわかりやすいものになっていることを確認してください。 ワークシートに一意の名前を使用すると、ブックを簡単に移動できます。

既定では、ワークシート Excel Sheet1、Sheet2、Sheet3 などの名前を付けますが、名前は簡単に変更できます。

  1. シートのタブを長押しして、[名前の変更] を選択します。

  2. シートの簡単で固有の名前を入力します。

[名前の変更] コマンドが表示されている [シートの選択] タブ。

ページの先頭へ

空白のワークシートを削除する

スクリーン リーダーはワークシート名を読み取るので、空白のワークシートがわかりにくい場合があります。 ブックに空白のシートを含めないでください。

  1. シート タブを長押しし、[シートの 削除] を選択します。

  2. [ 削除] を選択 して削除を確認します。

ページの先頭へ

ワークシートのアクセシビリティをテストする

スプレッドシートの準備ができたら、いくつかのことを試してアクセスできることを確認できます。

  • Excelの完全なデスクトップまたは Web バージョンに切り替え、アクセシビリティ チェックを実行します。 アクセシビリティ チェッカーは、コンテンツをレビューし、アクセシビリティの問題にフラグを設定するツールです。 各問題が障害を持つ人にとって潜在的な問題である可能性がある理由について説明します。 アクセシビリティ チェックでは、表示される問題を解決する方法も示されています。 手順については、「 アクセシビリティ チェックを使用してアクセシビリティを向上させる」を参照してください。

  • Excel for Androidアプリでは、組み込みのスクリーン リーダー TalkBack を使用して、ページの移動を試すことができます。

    1. Talkback を有効にするには、[ 設定] > [アクセシビリティ ]> [TalkBack] を選択し、[ サービスの使用 ] スイッチをオンにします。

    2. スプレッドシート上のコンテンツを移動するには、左または右にスワイプします。

    3. スクリーン リーダーを使用して移動するときに見つけたアクセシビリティの問題を修正します。

ページの先頭へ

関連項目

有効な代替テキストを作成するために知っておくべきこと

障碍のある方のためにアクセシビリティの高い Word 文書を作成する

障碍のある方のためにアクセシビリティの高い PowerPoint プレゼンテーションを作成する

障碍のある方に対する、Outlook メールのアクセシビリティを高める

障碍のある方に対する、OneNote ノートブックのアクセシビリティを高める

Excel ヘルプ & 学習

このトピックの内容は以下のとおりです。

Web 用 Excel スプレッドシートにアクセスできるようにするためのベスト プラクティス

次の表に、障疵のあるユーザーがアクセスできる Web 用 Excel スプレッドシートを作成するための主要なベスト プラクティスを示します。

修正する内容

探す方法

修正が必要な理由

解決方法

代替テキスト (代替テキスト) の欠落やコントラストの低い色など、アクセシビリティに関する一般的な問題を回避します。

アクセシビリティ チェックを使用します。

すべてのユーザーがスプレッドシートを簡単に読み取るようにします。

Excel での作業中にアクセシビリティを確認する

データに対してのみ単純なテーブル構造を使用し、列ヘッダー情報を指定します。

テーブルに分割セル、結合セル、または入れ子になったテーブルが含まれていないことを確認するには、 アクセシビリティ チェックを使用します。

テーブルを視覚的にスキャンして、完全に空白の行や列がないことをチェックします。

スクリーン リーダーは、表のセルをカウントすることによって、表内での位置を追跡します。

また、スクリーン リーダーは行と列を識別するためにヘッダー情報を使用します。

アクセシビリティ対応の表を作成する

セル A1 にテキストを追加します。

セル A1 にテキストがあることを確認します。

スクリーン リーダーは、セル A1 からワークシートの読み取りを開始します。

セル A1 にテキストを追加する

すべてのビジュアルに代替テキストを含めます。

不足している代替テキストのすべてのインスタンスを検索するには、 アクセシビリティ チェックを使用します。

代替テキストは、画面を見ることができない、画像や他のビジュアルで何が重要であるかを確認できないユーザーの役に立ちます。

代替テキストをビジュアルに追加する

わかりやすいハイパーリンク テキストを追加します。

ハイパーリンク テキストに独立した情報として意味があり、ユーザーにリンク先についての正確な情報を提供しているかどうかを判断するには、ブックを目視で確認します。

スクリーン リーダーを使用するユーザーは、リンクの一覧を調べることがあります。

アクセシビリティ対応のハイパーリンク テキストを追加する

テキストと背景の色に十分なコントラストを付けます。

色のコントラストが不十分な場合は、 アクセシビリティ チェックを使用します。

また、スプレッドシート内で、読みにくいテキストや背景との区別が難しいテキストを探すこともできます。

スプレッドシートのテキストと背景のコントラストの差を大きくすると、より多くのユーザーにとって見やすく、使いやすいコンテンツになります。

アクセシビリティ対応のフォント形式と色を使用する

アクセシビリティ対応テンプレートを使用する

すべてのワークシートに一意の名前を付け、空白のワークシートを削除します。

ブック内のコンテンツが含まれるすべてのシートにわかりやすい名前が付いているかどうか、および空白のシートがあるかどうかを調べるには、アクセシビリティ チェックを使用します。

スクリーン リーダーはシート名を読み上げるので、シート名で、シート上に記載されていることについての情報を提供し、ブックの内容の理解やブック内の移動が容易に行えるようにします。

ワークシートの名前を変更する

空白のワークシートを削除する

ページの先頭へ

Excelでの作業中にアクセシビリティを確認する

アクセシビリティ チェッカーは、コンテンツをレビューし、アクセシビリティの問題にフラグを設定するツールです。 各問題が障害を持つ人にとって潜在的な問題である可能性がある理由について説明します。 アクセシビリティ チェックでは、表示される問題を解決する方法も示されています。

アクセシビリティ チェックを起動するには、[ 確認 ]> [ アクセシビリティの確認] を選択します。 [ アクセシビリティ ] ウィンドウが開き、アクセシビリティの問題を確認して修正できるようになりました。 詳細については、「 アクセシビリティ チェックを使用してアクセシビリティを向上させる」を参照してください。

ページの先頭へ

アクセシビリティ対応の表を作成する

テーブルは、一連のデータを名前で識別するのに役立ち、データを目立たせるスタイルを使用してテーブルを書式設定できます。 テーブルに名前を付け、書式を設定すると、すべてのユーザーがデータを理解できるようになります。

また、列ヘッダー情報を指定し、単純なテーブル構造を使用して、スクリーン リーダー ユーザーがテーブルを簡単に移動できるようにすることも重要です。

テーブルに名前を付ける

既定では、 Excel は、作成したテーブルに Table1、Table2、Table3 などの名前を付けます。 テーブルを参照しやすくするには、各テーブルにわかりやすい名前を付けます。 "EmployeeList" のような意味のあるテーブル名は、汎用の "Table1" よりも役立ちます。

わかりやすい名前を使用すると、たとえば、 Go To コマンド (Ctrl + G) を使用してテーブルにすばやくジャンプできます。 数式でテーブルを簡単に参照することもできます。

注: テーブル名は、文字、アンダースコア (_)、または円記号 (\) で始まる必要があり、スペースを含めることはできません。

テーブルに名前を付ける方法の詳細な手順については、「Excel テーブルの 名前を変更する」を参照してください。

アクセシビリティ対応のテーブル スタイルを選択する

コントラストが低い明るい色のテーブルは読みにくい場合があります。 テーブルにアクセスしやすくするには、コントラストの強い色を持つテーブル スタイルを選択します。 たとえば、白と濃い色 (黒、濃い灰色、濃い青色など) を交互に使用するスタイルを選択します。

  1. 表内の任意の場所にカーソルを置きます。

  2. [ テーブル デザイン ] タブの [ テーブル スタイル ] グループで、目的のスタイルを選択します。

テーブルに見出しを使用する

スクリーン リーダーは、ヘッダー情報を使用して行と列を識別します。 テーブル ヘッダーをクリアすると、コンテキストが提供され、テーブル コンテンツの移動が容易になります。

新しいテーブルに見出しを追加する

  1. テーブルに含めるセルを選択します。

  2. [ 挿入 ] タブを選択し、[テーブル] を 選択します

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • 選択したセル範囲にテーブル ヘッダーとして表示するデータが含まれている場合 は、[My table has headers]\(テーブルにヘッダーがある \) チェック ボックスをオンにします。

    • 選択したセル範囲にテーブル ヘッダーとして表示するデータが含まれていない場合 は、[My table has headers ]\(テーブルにヘッダーがある\) チェック ボックスをオンにしないでください。 Excelは、既定のヘッダー名 (Column1Column2 など) を使用して、選択したセルの上に新しいヘッダー行を作成します。

  4. [OK] を選択します。

    [テーブルの作成] ダイアログ ボックスで、[マイ テーブルにヘッダーがあります] オプションのチェック ボックスがオンになっています。

  5. 既定のヘッダー名を、わかりやすい新しい名前に置き換えます。

既存のテーブルにヘッダーを追加する

  1. テーブル内の任意の場所にカーソルを置きます。

  2. [ テーブル デザイン ] タブの [ テーブル スタイル オプション] グループで、[ ヘッダー行 ] チェック ボックスをオンにします。

  3. 列見出しを入力します。

回避するテーブル構造体

次の点に注意してテーブルを設計します。

  • 空白のセル、列、行は使用しないでください。 キーボードを使用して移動する場合、空白のセル、列、または行を使用すると、スクリーン リーダー ユーザーはテーブルにそれ以上何もないと考える可能性があります。

    • 空白のセル、列、または行が不要な場合は、削除することを検討してください。

    • 空白のセル、列、または行を避けられない場合は、空白であることを説明するテキストを入力します。 たとえば、「 N/A 」または「 意図的に空白」と入力します

  • セルの分割や結合を避ける: スクリーン リーダーは、テーブル セルをカウントすることで、テーブル内の位置を追跡します。 表が入れ子になっていたり、セルが結合または分割されていると、スクリーン リーダーはカウントがわからなくなり、その位置以降の表について有用な情報を提供できなくなります。 セルをマージまたは分割すると、支援技術を使用してテーブル Excel 移動するのが非常に困難になる可能性があります。不可能ではないにしてもです。 テーブルは常に単純でシンプルに保ちます。 テーブルに分割セル、結合セル、または入れ子になったテーブルが含まれていないことを確認するには、 アクセシビリティ チェックを使用します。

ページの先頭へ

アクセシビリティ対応テンプレートを使用する

アクセシビリティ対応の Excel テンプレートのいずれかを使用して、スプレッドシートのデザイン、色、コントラスト、フォントにすべての対象ユーザーがアクセスできるようにします。 テンプレートは、スクリーン リーダーがスプレッドシートコンテンツをより簡単に読み取ることができるように設計されています。

テンプレートを選択するときは、アクセシビリティをサポートするいくつかの機能を持つテンプレートを探します。 次に例を示します。

  • 十分な空白を使用すると、スプレッドシートが読みやすくなります。

  • コントラストを持つ色は、視覚障穣と色覚障穣の読者にとって区別しやすくなります。

  • より大きなフォントは、ロービジョン ユーザーにとって簡単です。

  • 説明的な見出しとラベルを事前に設定すると、スクリーン リーダーを使用してスプレッドシートを移動するユーザーがスプレッドシートを理解しやすくなります。

  1. ブラウザーで、アクセス可能な Excel テンプレートを選択します。

  2. [ダウンロード] を選択します。 テンプレート サンプラーがデバイスにダウンロードされます。

  3. Excel デスクトップ アプリでサンプラーを開き、使用するテンプレートを選択し、[ テンプレートのダウンロード] を選択します。

  4. テンプレートの Web ページが開きます。 Web 用 Excelで選択したテンプレートを使用して新しいブックを開くには、[ Excel でカスタマイズ] を選択します。

ページの先頭へ

セル A1 にテキストを追加する

スクリーン リーダーは、セル A1 からワークシートの読み取りを開始します。 ワークシートにテーブルがある場合は、A1 がテーブルのタイトルであることが望ましいです。

シートが長い場合や複雑な場合は、セル A1 にシートの手順または概要を追加します。 これにより、視覚障碍のあるユーザーに、ワークシートに表示されている内容とその使用方法が通知されます。 この説明テキストは背景色と一致します。 これにより、閲覧できるユーザーからは非表示になりますが、スクリーン リーダーが読み取ることができます。

ページの先頭へ

代替テキストをビジュアルに追加する

代替テキストは、画面を見ることができないユーザーがビジュアル コンテンツで重要な内容を理解するのに役立ちます。 ビジュアル コンテンツには、画像、図形、グラフ、ピボット グラフ、インク、ビデオが含まれます。 代替テキストで、画像を簡単に説明し、その意図をメンションします。 スクリーン リーダーはテキストを読み、画像を表示できないユーザーに画像を説明します。

重要な情報を伝達する唯一の方法として、画像にテキストを使用するのは避けてください。 テキストを含む画像を使用する必要がある場合、文書内でそのテキストを繰り返します。 代替テキストで、画像について簡単に説明し、テキストがあることとその目的を説明します。

ヒント: 適切な代替テキストを記述するには、画像の内容と目的を簡潔かつ明確に伝えるようにしてください。 代替テキストは短い文または 2 文字より長くしないでください。ほとんどの場合、慎重に選択した単語がいくつか行われます。 代替テキストでは文脈を繰り返し説明しないでください。"~のグラフィック" や "~の画像" といった言い回しを使わないでください。 代替テキストを記述する方法の詳細については、「有効な代替テキストを 記述するために知っておくべきことすべて」を参照してください。

代替テキストが見つからない場合は、 アクセシビリティ チェックを使用します。

注: オーディオおよびビデオ コンテンツの場合は、代替テキストに加えて、聴覚障碍のあるユーザーや聴覚障碍のあるユーザー向けのクローズド キャプションが含まれます。

  1. ビジュアルを右クリックし、[ 代替テキスト ] を選択して [ 代替テキスト ] ダイアログ ボックスを開きます。

  2. [ 説明 ] テキスト ボックスに「1-2 文」と入力して、ビジュアルとそのコンテキストを表示できないユーザーに説明します。

    注: [説明] フィールドにのみテキストを入力し、[タイトル] フィールドは空白のままにしておくことをお勧めします。 これにより、ナレーターを含むほとんどの主要なスクリーン リーダーで最適な操作性が得られます。

    ヒント: 入力した単語チェックスペルを入力して修正するには、単語を右クリックし、推奨される代替候補から選択します。

  3. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

アクセシビリティ対応のフォント形式と色を使用する

アクセシビリティ対応のフォントは、視覚障碍のある人や視覚障碍のある人、視覚障碍のある人など、スプレッドシートを読む人の読み取り速度を除外したり遅くしたりすることはありません。 適切なフォントを使用すると、スプレッドシートの読みやすさと読みやすさが向上します。

アクセシビリティの高いフォント書式を使用する

いくつかのアイデアを紹介します。

  • 読み取り負荷を軽減するには、Arial や Calibri などの使い慣れた sans serif フォントを選択します。 すべて大文字にしたり、過剰な斜体または下線を使用したりしないでください。

  • 視覚障害を持つ人は、特定の色によって伝えられる意味を見逃す可能性があります。 たとえば、色覚障碍のある方が、色がわからない場合でも、リンクされたテキストがあることがわかるように、色が使用されたハイパーリンク テキストに下線を追加します。

  • 見出しには、太字の追加または大きなフォントの使用を検討してください。

フォントのスタイルとサイズを変更する方法の詳細な手順については、「 ワークシートのフォント スタイルとサイズを変更する」を参照してください。

アクセシビリティの高いフォントの色を使用する

スプレッドシート内のテキストはハイ コントラスト モードで読み取り可能である必要があります。 たとえば、明るい色、または色スペクトルの反対側にある高コントラストの配色を使用します。 白黒の配色は、色覚障碍のある方にテキストと図形を区別しやすくします。

いくつかのアイデアを紹介します。

  • ハイ コントラスト モードでテキストが適切に表示されるようにするには、フォントの色の 自動 設定を使用します。 フォントの色を変更する方法の詳細な手順については、 セル内のテキストの書式設定に関するページを参照してください。

  • アクセシビリティ チェックを使用してスプレッドシートを分析し、色のコントラストが不十分な場合。 ツールによって、ページの色、表のセルの背景、強調表示、テキスト ボックスの塗りつぶしの色、段落の網かけ、図形と SmartArt の塗りつぶし、ヘッダーとフッター、リンクに対するテキストの色が適切かどうかについて文書が調べられるようになりました。

  • アクセシビリティ対応のテンプレートを使用します。

ページの先頭へ

アクセシビリティ対応のグラフを作成する

グラフを使用すると、複雑な情報を理解しやすくなります。 グラフにアクセスできるようにするには、グラフのタイトル、軸のタイトル、データ ラベルなど、グラフ要素に明確でわかりやすい言語を使用します。 また、書式設定にアクセスできることを確認します。

グラフ要素をグラフに追加してアクセスできるようにする手順については、「グラフに タイトルを追加または削除する」および「ビデオ: Excel でアクセス可能なグラフを作成する」を参照してください。

グラフ要素の書式設定

  1. グラフのタイトルやデータ ラベルなど、書式設定するグラフ要素を選択します。

  2. [ グラフ ] タブで、[ 書式] を選択します。 [ グラフ ] ウィンドウが右側に開き、選択したグラフ要素で使用できるオプションが表示されます。

  3. 大きなフォントやコントラストの良い色など、グラフ要素にアクセスできるようにする書式設定オプションを選択します。

ページの先頭へ

ワークシートの名前を変更する

スクリーン リーダーはワークシート名を読み取るので、それらのラベルが明確でわかりやすいものになっていることを確認してください。 ワークシートに一意の名前を使用すると、ブックを簡単に移動できます。

既定では、ワークシート Excel Sheet1、Sheet2、Sheet3 などの名前を付けますが、名前は簡単に変更できます。 ワークシートの名前を変更する方法の詳細な手順については、「ワークシートの名前の 変更」を参照してください。

ページの先頭へ

空白のワークシートを削除する

スクリーン リーダーはワークシート名を読み取るので、空白のワークシートがわかりにくい場合があります。 ブックに空白のシートを含めないでください。

ワークシートを削除する方法の詳細な手順については、「ワークシートの 挿入または削除」を参照してください。

ページの先頭へ

ワークシートのアクセシビリティをテストする

スプレッドシートの準備が整い、アクセシビリティ チェックを実行して包括的であることを確認したら、スクリーン リーダー (ナレーターなど) を使用してスプレッドシートを移動してみてください。 ナレーターには Windowsが付属しているため、何もインストールする必要はありません。 これは、たとえば、ナビゲーションで問題を見つけるもう 1 つの方法です。

  1. スクリーン リーダーを起動します。 たとえば、ナレーターを起動するには、Ctrl キーを押しながら Windows ロゴ キーを押しながら Enter キーを押します。

  2. ワークシートをテストするには、次の操作を行います。

    • フォーカスが青い四角形になるまで Ctrl キーを押しながら F6 キーを押します。 矢印キーを使用して、テーブル グリッド内のセル間を移動します。

    • ワークシートにこのような画像の浮動図形が含まれている場合は、フォーカスがワークシートのテーブル グリッドに配置されるまで Ctrl キーを押しながら F6 キーを押し、Ctrl キーを押しながら F6 キーをもう 1 回押します。 "グリッド" と読み上げられると、フォーカスは浮動図形のいずれかになります。 次に、浮動図形を順番に移動するには、Tab キーまたは Shift + Tab キーを押します。 標準のナビゲーションに戻るには、Esc キーを押します。

    • スプレッドシート内のワークシート名をチェックするには、フォーカスが現在のワークシートの名前になるまで Ctrl + F6 キーを押し、Tab キーと Shift + Tab キーを使用して他のワークシート名を読み上げます。

  3. スクリーン リーダーを使用して移動するときに見つけたアクセシビリティの問題を修正します。

  4. スクリーン リーダーを終了します。 たとえば、ナレーターを終了するには、Ctrl キーを押しながら Windows ロゴ キーを押しながら Enter キーを押します。

注: また、携帯電話でワークシートを簡単に読み取ることができることも確認してください。 これは、視力が低く、拡大率を使用する人々に利益をもたらすだけでなく、携帯電話ユーザーの非常に広いセットにも利益をもたらします。

ページの先頭へ

関連項目

アクセシビリティ チェックのルール

有効な代替テキストを作成するために知っておくべきこと

障碍のある方のためにアクセシビリティの高い Word 文書を作成する

障碍のある方のためにアクセシビリティの高い PowerPoint プレゼンテーションを作成する

障碍のある方に対する、Outlook メールのアクセシビリティを高める

障碍のある方に対する、OneNote ノートブックのアクセシビリティを高める

Excel ヘルプ & 学習

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

ヘルプを表示

その他のオプションが必要ですか?

サブスクリプションの特典の参照、トレーニング コースの閲覧、デバイスのセキュリティ保護方法などについて説明します。

コミュニティは、質問をしたり質問の答えを得たり、フィードバックを提供したり、豊富な知識を持つ専門家の意見を聞いたりするのに役立ちます。

一般的な問題の解決策を見つけるか、サポート エージェントからサポートを受けます。

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?
[送信] を押すと、Microsoft の製品とサービスの改善にフィードバックが使用されます。 IT 管理者はこのデータを収集できます。 プライバシーに関する声明。

フィードバックをいただき、ありがとうございます。

×