目次
×
Gmail から Outlook on the web に切り替える
Gmail から Outlook on the web に切り替える

メールの作成と送信

メールを作成して送信することは、どのようなメールアプリや Outlook on the web の基盤であるため、どこにいてもどこにいても接続できます。 Gmail から Outlook に切り替えると、Outlook の 優先受信トレイ や OneDrive を使ってファイルを共有する方法など、注意すべきいくつかの違いがあります。 詳細については、以下を参照してください。

メールを作成する

  1. [新規メッセージ] を選択します。

  2. 受信者、件名を追加して、メッセージを入力します。

  3. ファイルを送信する場合は、[ 添付] を選択します。

  4. [送信] を選択します。

    注: メールの下書きは、作業に合わせて自動的に保存されます。 メッセージを削除する場合は、[ 破棄 ] を選択します。

Outlook on the web で新しいメールを作成する

メールを読む

  • 未読メッセージは 太字です。 メッセージを選択すると、閲覧ウィンドウに表示されます。

  • 優先受信トレイを使用すると、Outlook ではメッセージが [優先] タブと [その他] タブに並べ替えられ、重要なことに焦点を絞っています。

    注: メッセージを 優先 するか 他のメッセージにするかを Outlook に知らせることができます。 優先受信トレイを無効にするには、[設定] を選択し、[優先受信トレイ] の横にある切り替えを選択します。 詳細については、「Outlook の優先受信トレイ」を参照してください。

  • メッセージは スレッドビューにグループ化されます。 これにより、元のメールとすべての返信が一緒に維持されます。 [ 設定] では、 最新のメッセージを上部に表示したり、 下部に最新のメッセージを表示したり、スレッドビューを オフにすることができます。

Outlook on the web の受信トレイビュー Outlook on the web の閲覧ウィンドウ

メールに返信する

  1. 返信するメールまたはスレッドを選択します。

  2. 閲覧ウィンドウで、[返信返信 ]、[全員に 返信 ]全員に返信、または [ 転送 ]転送を選択します。

  3. 返信を入力して、[ 送信] を選択します。

Outlook on the web の [返信] オプション

@Mention で他のユーザーの注意を引く

  1. メールの本文に、@ 記号と、他のユーザーの名前の最初の数文字を入力します。

  2. Outlook によって提供される候補のいずれかを選択します。 名前が強調表示され、そのユーザーがメールの [ 宛先 ] 行に追加されます。

Outlook on the web の @メンション

ファイルを添付ファイルとして共有する

Outlook には、コンピューターまたは OneDrive や SharePoint などのクラウドの場所からファイルを添付するオプションが用意されています。

  1. [添付添付 ] を選びます。

  2. 候補の 添付ファイルを選択するか、 コンピューターを参照するか、 クラウドの場所を参照します。

  3. 共有するファイルを選びます。

  4. クラウド上の場所からファイルを選ぶ場合は、[ OneDrive リンクとして共有 ] または [ コピーとして添付] を選択します。

[添付] メニューの [このコンピューターを参照] のオプションのスクリーンショット

注: 本ガイドで説明する機能と情報は、 Microsoft 365で利用できる Outlook on the web に適用されます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×