Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。
Word でスクリーン リーダーを使用してスペル チェックと文章校正を行う

この記事は、Microsoft のナレーター、JAWS、Microsoft 365 製品で NVDA などのスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚障碍または認知障碍のあるユーザーを対象としています。 この記事は、Microsoft 365 スクリーン リーダー サポート コンテンツ セットの一部であり、アプリのアクセシビリティに関する詳細情報を見つけることができます。 一般的なヘルプについては、「Microsoft サポート ホーム」または「最近の Office の問題の修正または回避策」を参照してください。

キーボードとスクリーン リーダーで Wordを使用して、文書内のスペル、文法、書き込みスタイルのエラーを確認して修正します。 ナレーター、JAWS および NVDA でテストしていますが、他のスクリーン リーダーでも、一般的なアクセシビリティの標準と技法に準拠していれば、機能する可能性があります。 また、以前に無視した問題についてドキュメントを再確認し、スペル、文法、書き方の間違いの自動チェックをオンまたはオフにする方法についても説明します。

装飾アイコン Wordでスペル チェックと文章校正を行う手順が必要ですが、スクリーン リーダーは使用しませんか? 「Word のスペル チェックと文章校正」を参照してください。

注: 

この記事の内容

スペル、文法、スタイルを確認して修正する

Word入力時にスペル、文法、スタイルのエラーが自動的にチェックされます。 [ エディター ] ウィンドウを使用して、間違いを 1 つずつ実行できます。 または、ドキュメントの読み取り中にエラーをすばやく確認して修正するには、キーボード ショートカットを使用して提案メニューを表示し、目的の修正を選択します。

[エディター] ウィンドウでスペル、文法、スタイルを確認して修正する

  1. ドキュメントで F7 キーを押します。 [ エディター] ウィンドウが開きます。 "エディター" と読み上げられます。その後に結果の合計数が続きます。

    ヒント: 文章または段落だけでスペルと文法を確認するには、チェックするテキストを選択し、F7 キーを押します。

  2. エラーを確認するには、次のいずれかの操作を行います。

    • すべてのスペル、文法、および書き込みスタイルの問題を確認するには、Enter キーを押します。

    • スペル チェックのエラーのみを確認するには、"修正、スペル チェック" と読み上げられるまで Tab キーまたは Shift + Tab キーを押し、その後に結果の数を入力し、Enter キーを押します。

    • 文法エラーのみを確認するには、"修正、文法" と読み上げられるまで Tab キーまたは Shift + Tab キーを押し、その後に結果の数を入力し、Enter キーを押します。

    • 書き込みスタイルの問題のみを確認するには、"絞り込み" と読み上げられるまで Tab キーを押し、フォーカスの絞り込みカテゴリが続く場合は、目的のカテゴリ ("簡潔さ" など) が読み上げられるまで下方向キーを押し、Enter キーを押します。

  3. 問題にエラーとしてフラグが設定された理由と、文内のエラーの場所、スペル、文法、またはスタイル エラーが含まれる元の文が読み上げられます。 "提案" と読み上げられるまで Tab キーを押し、エラーを修正する方法に関する最初の提案を入力します。

    ヒント: 元の文をもう一度読み上げるには、[元の文を 読み取る ] ボタンに達するまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。

  4. 次のいずれかを実行してください:

    • フォーカスのエラーを修正するには、使用する候補が読み上げられるまで下方向キーを押し、Enter キーを押します。 エラーが修正され、 Word 次のエラーに移動します。

    • 現在のドキュメントで発生したすべてのエラーを修正するには、使用する候補が読み上げられるまで下方向キーを押し、A キーを押します。提案が 1 つだけの場合、このオプションは使用できません。 エラーが修正され、 Word 次のエラーに移動します。

    • 特定 Word問題がエラーではなく、ドキュメント内のすべての場所で無視する場合は、G キーを押します。結果は修正されず、 Word リストの次のエラーに移動します。

    • 検索を 1 回だけ無視する場合は、I キーを押します。結果は修正されず、 Word リストの次のエラーに移動します。

  5. Word でドキュメントの確認が完了すると、"エディターの提案の確認が完了しました" と読み上げられます。 文書にフォーカスを戻すには、Enter キーを押します。

文書の読み取り中にスペル、文法、スタイルを確認して修正する

注: ドキュメントの読み取り中にすべての間違いを確認することは、ナレーターで最も効果的です。 NVDA を使用すると、スペル ミスを確認できます。 JAWS では、[ エディター ] ウィンドウを使用して、スペル、文法、および間違いの確認と修正を行います。

  1. スクリーン リーダーを使用して、スペル、文法、またはスタイルの間違いを確認するドキュメントの読み取りを開始します。 テキストの読み取りに頻繁に使用されるキーボード ショートカットについては、「Word でスクリーン リーダーを使用する基本的なタスク」を参照してください。

  2. スクリーン リーダーがスペル、文法、スタイルの間違いを見つけた場合は、ナレーターの "スペルミス"、"文法エラー"、または "高度な校正の問題" と読み上げられます。 NVDA では、スペル ミスが "スペル エラー" と読み上げられます。 Ctrl キーを押して読み取りを停止します。 必要に応じて、テキストの間違いに戻ります。

  3. 間違った場合は、Alt キーを押しながら下方向キーを押します。 修正候補の一覧が開き、"選択する候補" と読み上げられます。 NVDA では、Alt キーを押しながら下方向キーを押す前に、SR キーを押しながら Space キーを押してナビゲーション モードを変更しなければならない場合があります。

  4. 次のいずれかを実行してください:

    • フォーカスのエラーを修正するには、使用する候補が読み上げられるまで下方向キーを押し、Enter キーを押します。 エラーが修正され、 Word 次のエラーに移動します。

    • 現在の文書のすべてのエラーを修正するには、使用する候補が読み上げられるまで下方向キーを押し、Alt キーを押しながら下方向キーを押し、"すべて変更" と読み上げられるまで下方向キーを押し、Enter キーを押します。 提案が 1 つだけの場合、このオプションは使用できません。 エラーが修正され、 Word 次のエラーに移動します。

    • 特定 Word問題がエラーではなく、ドキュメント内のすべての場所で無視する場合は、"すべて無視" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。 結果は修正されず、 Word リストの次のエラーに移動します。

    • 検索を 1 回だけ無視するには、"その他のオプション、メニュー項目" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Space キーを押します。 "無視" と読み上げられます。 Enter キーを押します。 結果は修正されず、 Word リストの次のエラーに移動します。

ドキュメント内のすべてのエラーを確認すると、「エディターの提案の確認が完了しました」と読み上げられます。

エディター ウィンドウのショートカット キー

次の表は、修正候補が表示されたときの エディター ウィンドウのキーボード ショートカットをまとめたものです。

目的

キー

検出された単語を 1 回無視しますが、またチェックします。

I

文書全体で検出された単語を無視する。

G

プログラムの辞書で検出された単語を追加します。

A

変更を元に戻します。 前の修正を繰り返します。

Ctrl + Z

[Word のオプション] ウィンドウで [文章校正​​] ウィンドウを開き、プログラムがすべての文書のスペル チェックと文書校正を行って修正する方法を選択して変更します。

S

無視するために以前に選択した問題を再確認する

ドキュメント内の一部の結果を無視することを選択した場合は、ドキュメントのチェックが完了した後でも無視された結果に戻ることができます。

  1. 以前に無視されたエラーを再確認するドキュメントで、Alt キーを押しながら F キー、T キー、P キーを押します。[Word オプション] ウィンドウの [校正] ウィンドウが開きます。

  2. Tab キーを 1 回押します。 フォーカスが [校正 ] ウィンドウに移動します。

  3. ドキュメントを再確認するには、K キーを押します。再確認を確認するメッセージが表示されます。 Enter キーを押して、以前に無視したエラーのチェックを開始します。

文法とスペル チェックのオプションを変更するためのキーボード ショートカット

次の表に、 Word ドキュメントの文章校正とスペル チェックに役立つキーボード ショートカットの概要を示します。

目的

キー

Word の [オプション] ウィンドウで [校正] ウィンドウを開きます。

Alt + F、T、P、Tab キー

[ 校正 ] ウィンドウで、[ オートコレクト ] ダイアログ ボックスを開きます。

A

[ オートコレクト ] ダイアログ ボックスで、[ オートコレクトの例外 ] ダイアログ ボックスを開きます。

E

[ 校正 ] ウィンドウで、スペル チェックと文法の再確認を開始します。

K

[ 校正 ] ウィンドウで、[ 入力時にスペル チェック ] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

P

[ 校正 ] ウィンドウで、[スペル チェックを行う] チェック ボックスに移動します。

M 2 回

[ 校正 ] ウィンドウで、[ このドキュメントのスペル ミスのみを非表示にする ] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

S

[ 校正 ] ウィンドウで、[ このドキュメントの文法エラーのみを非表示にする ] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

D

スペル チェック、文章校正、スタイルの自動チェックをオンまたはオフにする

文書の作業中に自動スペル チェック、文法チェック、スタイル チェックをオフにしてから、もう一度オンにして、完了後にドキュメントを確認できます。 文書内のすべてのスペル、文法、スタイルを同時にチェックすることは、テキストをすばやく証明する場合に便利です。

  1. ドキュメントで Alt キーを押しながら F キー、T キー、P キーを押します。[Word オプション] ウィンドウの [校正] ウィンドウが開きます。

  2. Tab キーを 1 回押します。 フォーカスが [校正 ] ウィンドウに移動します。 次のいずれか、または両方の操作を行います。

    • [自動スペル チェック] チェック ボックスをオンまたはオフにするには、P キーを押します。

    • [入力時に 文法エラーをマーク する] チェック ボックスにフォーカスを移動するには、M キーを 2 回押します。 このチェック ボックスをオンまたはオフにするには、Space キーを押します。

  3. 変更を適用して [Word のオプション] ウィンドウを閉じるには、[OK] ボタンが表示されるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。 フォーカスは文書に戻ります。

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使用してテキストを挿入および変更する

スクリーン リーダーを使用して、Word 文書の変更を追跡およびレビューする

Word のキーボード ショートカット

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

Microsoft 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーン リーダーを使用して Word の中を移動する

Microsoft 365 の新機能: 現在のチャネルのリリース ノート

キーボードと MacOS の組み込みスクリーン リーダーである VoiceOver でWord for Macを使用して、文書内のスペル、文法、書き込みスタイルのエラーを確認して修正します。 また、以前に無視した問題がないかドキュメントを再確認し、スペル チェックと文章校正の自動チェックをオンまたはオフにする方法についても説明します。

装飾アイコン Wordでスペル チェックと文章校正を行う手順が必要ですが、スクリーン リーダーは使用しませんか? 「Word のスペル チェックと文章校正」を参照してください。 

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、組み込みの macOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「VoiceOver スタートアップガイド」をご覧ください。

この記事の内容

スペル チェック、文章校正、スタイルの確認

Word for Mac 入力時にスペル、文法、および書き込みスタイルのエラーが自動的にチェックされます。 [ エディター ] ウィンドウを使用して、間違いを 1 つずつ実行できます。 または、ドキュメントの読み取り中にエラーをすばやく確認して修正するには、キーボード ショートカットを使用して修正候補メニューを表示し、目的の修正を選択します。

[エディター] ウィンドウでスペル、文法、スタイルを確認して修正する

  1. ドキュメントで、F7 キーまたは Option キーを押しながら Command キーを押しながら L キーを押します。 [ エディター] ウィンドウが開きます。 "エディター ウィンドウが開きました" と読み上げられます。その後に見つかった問題の合計数が続きます。

    ヒント: 文書内の文または段落だけでスペル、文法、スタイルを確認するには、チェックするテキストを選択し、F7 キーまたは Option キーを押しながら Command キーを押しながら L キーを押します。

  2. 次のいずれかを実行してください:

    • すべてのスペル、文法、および書き込みスタイルの問題を確認するには、Control + Option + Space キーを押します。

    • スペル チェックエラーのみを確認するには、"スペル チェック" と読み上げられるまで Tab キーを押し、続いてスペルの問題の数を入力し、Control + Option + Space キーを押します。 "修正、文法" と読み上げられる場合は、"スペル チェック" と読み上げられるまで Control キーを押しながら Option キーを押しながら左方向キーを押し、Control キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。 

    • 文法エラーのみを確認するには、"修正、文法" と読み上げられるまで Tab キーを押し、続いて文法の問題の数を確認し、Control + Option + Space キーを押します。 "修正、スペル チェック" と読み上げられる場合は、"文章校正" と読み上げられるまで Control キーを押しながら Option キーを押しながら右方向キーを押し、Control キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。 

    • スタイルの問題の記述のみを確認するには、"簡潔さ" などのスタイル カテゴリが読み上げられるまで Tab キーを押します。 カテゴリを選択するには、Control キーを押しながら Option キーを押しながら Space キーを押します。 カテゴリの一覧を参照するには、目的のカテゴリが読み上げられるまで Control + Option + 上方向キーまたは下方向キーを押し、Control + Option + Space キーを押します。

  3. 修正候補の一覧がドキュメント本文で開きます。 問題に間違いとしてフラグが設定された理由が聞こえます。 次のいずれかを実行してください:

    • フォーカスのエラーを修正するには、Ctrl キーを押しながら Option キーを押しながら右方向キーを 1 回押します。 "選択する候補" と読み上げられます。 Ctrl キーを押しながら Option キーを押しながら Shift キーを押しながら下方向キーを押します。 最初の修正候補が読み上げられます。 候補の一覧を参照するには、必要な候補が読み上げられるまで Control キーを押しながら Option キーを押しながら右方向キーを押します。 正しい提案が表示されたら、Control キーを押しながら Option キーを押しながら Space キーを押して修正を適用します。 エラーは修正され、 Word 次のエラーに移動します。

    • 現在の文書で発生したすべてのエラーを修正するには、Control キーを押しながら Option キーを押しながら右方向キーを 1 回押します。 "選択する候補" と読み上げられます。 Ctrl キーを押しながら Option キーを押しながら Shift キーを押しながら下方向キーを押します。 最初の修正候補が読み上げられます。 候補の一覧を参照するには、必要な候補が読み上げられるまで Control キーを押しながら Option キーを押しながら右方向キーを押します。 正しい候補が表示されたら、Control + Option + Shift + M キーを押します。 コンテキスト メニューが開きます。 "すべて変更" と読み上げられるまで下方向キーを押し、Control + Option + Space キーを押します。 提案が 1 つだけの場合、このオプションは使用できません。 エラーが修正され、 Word 次のエラーに移動します。

    • 結果がエラーではなく、文書内のどこにでも無視したい場合は、"すべて無視" と読み上げられるまで Control キーを押しながら Option キーを押しながら右方向キーを押し、Control + Option + Space キーを押します。 結果は修正されず、 Word は次のエラーに移動します。

    • 検索を 1 回だけ無視する場合は、"その他のオプション、ボタン" と読み上げられるまで Control キーを押しながら Option キーを押しながら右方向キーを押し、Control + Option + Space キーを押します。 "メニュー項目、無視" と読み上げられます。 " Ctrl キーを押しながら Option キーを押しながら Space キーを押します。 または、"無視" と読み上げられるまで Control キーを押しながら Option キーを押しながら右方向キーを押し、Control キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。 結果は修正されず、 Word は次のエラーに移動します。

  4. すべての結果を確認したかどうかを確認するには、"エディター、選択済み" と読み上げられるまで F6 キーを押し、"スクロール領域の入力" と読み上げられるまで Tab キーを押してから、残りの問題の数を押します。 "問題が見つかりません" と読み上げられると、すべての問題を確認して対処しました。 [エディター] ウィンドウを閉じるには、"スクロール領域を離れる、エディターを閉じるボタン" と読み上げられるまで Shift キーを押しながら Tab キーを押し、Control + Option + Space キーを押します。

文書の読み取り中にスペル、文法、スタイルを確認して修正する 

  1. スクリーン リーダーを使用して、スペル、文法、またはスタイルの間違いを確認するドキュメントの読み取りを開始します。 テキストの読み取りに頻繁に使用されるキーボード ショートカットについては、「Word でスクリーン リーダーを使用する基本的なタスク」を参照してください。

  2. スクリーン リーダーがスペル、文法、または書き方の間違いを見つけた場合は、"スペルミス" または "注釈" と読み上げられます。続いて "文法エラー" または "問題の記述" が読み上げられます。 Control キーを押して読み取りを停止します。 必要に応じて、テキストの間違いに戻ります。

  3. Option + ↓ キーまたは Fn + Option + F7 キーを押します。 修正候補の一覧が表示されます。 次のいずれかを実行してください:

    • フォーカスのエラーを修正するには、Ctrl キーを押しながら Option キーを押しながら右方向キーを 1 回押します。 "選択する候補" と読み上げられます。 Ctrl キーを押しながら Option キーを押しながら Shift キーを押しながら下方向キーを押します。 最初の修正候補が読み上げられます。 候補の一覧を参照するには、必要な候補が読み上げられるまで Control キーを押しながら Option キーを押しながら右方向キーを押します。 正しい提案が表示されたら、Control キーを押しながら Option キーを押しながら Space キーを押して修正を適用します。 エラーは修正され、 Word 次のエラーに移動します。

    • 現在の文書で発生したすべてのエラーを修正するには、Control キーを押しながら Option キーを押しながら右方向キーを 1 回押します。 "選択する候補" と読み上げられます。 Ctrl キーを押しながら Option キーを押しながら Shift キーを押しながら下方向キーを押します。 最初の修正候補が読み上げられます。 候補の一覧を参照するには、必要な候補が読み上げられるまで Control キーを押しながら Option キーを押しながら右方向キーを押します。 正しい候補が表示されたら、Control + Option + Shift + M キーを押します。 コンテキスト メニューが開きます。 "すべて変更" と読み上げられるまで下方向キーを押し、Control + Option + Space キーを押します。 提案が 1 つだけの場合、このオプションは使用できません。 エラーが修正され、 Word 次のエラーに移動します。

    • 結果がエラーではなく、文書内のどこにでも無視したい場合は、"すべて無視" と読み上げられるまで Control キーを押しながら Option キーを押しながら右方向キーを押し、Control + Option + Space キーを押します。 結果は修正されず、 Word は次のエラーに移動します。

    • 検索を 1 回だけ無視する場合は、"その他のオプション、ボタン" と読み上げられるまで Control キーを押しながら Option キーを押しながら右方向キーを押し、Control + Option + Space キーを押します。 "メニュー項目、無視" と読み上げられます。 " Ctrl キーを押しながら Option キーを押しながら Space キーを押します。 または、"無視" と読み上げられるまで Control キーを押しながら Option キーを押しながら右方向キーを押し、Control キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。 結果は修正されず、 Word は次のエラーに移動します。

以前に無視するように選んだ単語と文法を再確認する

ドキュメント内の一部の結果を無視することを選択した場合は、ドキュメントのチェックが完了した後でも無視された結果に戻ることができます。

注: 無視された単語と文法の一覧をリセットすると、現在開いているドキュメントに対してのみリストがクリアされます。 他の Word ドキュメントでスキップしたスペルや文法の問題は影響を受けることはありません。

  1. 再チェックする Word ドキュメントで、Control + Option + M キーを押します。 "メニュー バー、Apple" と読み上げられます。

  2. "ツール" と読み上げられるまで Control キーを押しながら Option キーを押しながら右方向キーを押し、"スペル チェックと文章校正、サブメニュー" と読み上げられるまで Control キーと Option キーを押しながら右方向キーを押し、Control + Option + Space キーを押します。

  3. "無視された単語と文法をリセットする" と読み上げられるまで Control + Option + 右方向キーを押し、Control + Option + Space キーを押します。

  4. リセットを確認するメッセージが表示されます。 "はい、既定のボタン" と読み上げられるまで Control + Option + 右方向キーを押し、Control + Option + Space キーを押します。

  5. スペル チェックと文法を再確認するには、F7 キーまたは Option キーを押しながら Command キーを押しながら L キーを押します。

スペル チェック、文法、スタイルのチェックに関連するキーボード ショートカット

次の表に、 Word ドキュメントのスペル、文法、スタイルを確認するのに役立つキーボード ショートカットの概要を示します。

注:  Word for Mac では、一般的なコマンドとアクションに関数キーを使用します。 キーボードの種類によっては、VoiceOver コマンドでファンクション キーを使用するには、Fn キーを押す必要がある場合もあります。 Word for Macでファンクション キーを使用する方法の詳細については、「 Word のキーボード ショートカット」の「ファンクション キー ショートカットを使用する」セクションを参照してください。

目的

キー

[Word 環境設定] ダイアログ ボックスを開きます。

Command + コンマ (,)

[エディター] ウィンドウを開きます。

F7 または Option + Command + L

ドキュメント本文でエラーが発生した場合は、修正候補の一覧を表示します。

Option + ↓ キーまたは Option + F7

選んだ単語について [類義語辞典] 作業ウィンドウで検索する。

Shift キー + F7 キー

インターネット上で選択したテキストを検索します。

Command + Shift + L

スペル チェック、文章校正、スタイルの自動チェックをオンまたはオフにする

文書の作業中に自動スペル チェック、文法チェック、スタイル チェックをオフにしてから、もう一度オンにして、完了後にドキュメントを確認できます。 文書内のすべてのスペル、文法、スタイルを同時にチェックすることは、テキストをすばやく証明する場合に便利です。

  1. ドキュメントで、Command + Comma (,) キーを押します。 "Word基本設定" と読み上げられます。

  2. "スペル チェックと文章校正、ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Control キーを押しながら Option キーを押しながら Space キーを押して選択します。

  3. 次のいずれか 1 つまたは複数の操作を行います。

    • スペル チェックの自動チェックをオンまたはオフにするには、"入力時にスペル チェック、チェック ボックス" と読み上げられるまで Tab キーを押します。 チェック ボックスがオンかオフかを読み上げる。 チェック ボックスをオンまたはオフにするには、Control + Option + Space キーを押します。

    • 自動文章校正をオンまたはオフにするには、"自動文章校正、チェックボックス" と読み上げられるまで Tab キーを押します。 チェック ボックスがオンかオフかを読み上げる。 チェック ボックスをオンまたはオフにするには、Control + Option + Space キーを押します。

    • 文法と書き込みの両方のスタイルの自動チェックをオンまたはオフにするには、"エディター ウィンドウで文法と絞り込みを確認する、 チェックボックス" と読み上げられるまで Tab キーを押します。 チェック ボックスがオンかオフかを読み上げる。 チェック ボックスをオンまたはオフにするには、Control + Option + Space キーを押します。

  4. 文書に戻るには、Esc キーを押します。

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使用してテキストを挿入および変更する

スクリーン リーダーを使用して、Word 文書の変更を追跡およびレビューする

Word のキーボード ショートカット

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

Microsoft 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーン リーダーを使用して Word の中を移動する

Microsoft 365 の新機能: 現在のチャネルのリリース ノート

Word for iOS、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使用して、ドキュメント内のスペル ミスを確認して修正します。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

この記事の内容

文書のスペル チェック

 Word for iOS 入力すると、スペル ミスの可能性が自動的にチェックされます。

  1. ドキュメントで、4 本指で画面の上部付近をタップし、"ページ 1 のコンテンツ" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 "ページ 1、テキスト フィールド、編集中" と読み上げられます。

  2. VoiceOver がスペルミスの単語を読み上げるまで、1 本の指で画面を下にスライドしてコンテンツを確認します。

  3. VoiceOver ローターを [単語] に切り替え、スペルミスの単語に到達するまで下にスワイプします。 フォーカスはその単語にあります。

  4. 1 回上にスワイプし、2 本指で画面をダブルタップします。 コンテキスト メニューが開きます。 "他のアイテムを表示する" と読み上げられます。

  5. "選択、メニュー項目" と読み上げられるまで左にスワイプし、画面をダブルタップします。 スペルミスの単語が選択されています。

  6. 2 本の指で画面をダブルタップします。 コンテキスト メニューが開きます。 "他のアイテムを表示する" と読み上げられます。

  7. 画面をダブル タップします。 修正候補の一覧が表示されます。 画面の右側の近くで 1 本の指をスライドし、"他の項目を表示する" と読み上げられるまで左にスワイプし、使用する修正候補が読み上げられるまで左にスワイプし、画面をダブルタップして修正を適用します。

スペル チェックの自動チェックをオンまたはオフにする

文書で作業しているときは、自動スペル チェックを無効にできます。 完了したら、自動スペル チェックをオンに戻し、文書全体のスペルをチェックできます。

  1. ドキュメントで、4 本指で画面上部をタップし、"リボンの表示" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 現在選択されているタブ ("ホーム タブ" など) と読み上げられます。

  2. 画面をダブルタップし、"レビュー タブ" と読み上げられるまで左または右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  3. "校正​​ツール ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  4. "スペル チェック、スイッチ ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプします。

  5. 次のいずれかを実行してください:

    • 自動スペル チェックがオンの場合は、"オン" と読み上げられます。 オフにするには、画面をダブルタップします。

    • 自動スペルチェックがオフの場合は、"オフ" と読み上げられます。 オンにするには、画面をダブルタップします。

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使用してテキストを挿入および変更する

Word でスクリーン リーダーを使用して文書を共有する

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

Microsoft 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーン リーダーを使用して Word の中を移動する

Microsoft 365 の新機能: 現在のチャネルのリリース ノート

組み込みの Android スクリーン リーダーである TalkBack でWord for Android を使用して、ドキュメント内のスペル チェックと文法のエラーを確認して修正します。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、Android の組み込みのスクリーン リーダーである、TalkBack を使用していることを前提としています。 TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

この記事の内容

文書のスペル チェック

Word for Android は、入力時にスペル ミスや文章校正エラーの可能性を自動的にチェックします。 

  1. ドキュメントで、"その他のオプション ボタン" と読み上げられるまで右または左にスワイプし、画面をダブルタップします。 "タブ メニュー" と読み上げられます。その後に、現在選択されているタブ ("ホーム タブ" など) が続きます。

  2. 画面をダブルタップし、"レビュー タブ" と読み上げられるまで左または右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  3. "ドキュメントの確認" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 [ エディター ] ウィンドウが開き、検出された問題の合計数が読み上げられます。

  4. 次のいずれかを実行してください:

    • スペル ミスと文章校正の間違いを確認するには、画面をダブルタップします。

    • スペル ミスのみを確認するには、スペルの問題の数が読み上げられるまで右にスワイプし、続いて "スペル カテゴリ内" と入力し、画面をダブルタップします。

    • 文法の間違いのみを確認するには、文法の問題の数が読み上げられるまで右にスワイプし、[文法カテゴリ] と続いて画面をダブルタップします。

  5. 修正候補の一覧が開きます。 最初の提案に焦点を当てます。 次のいずれかを実行してください:

    • 最初の提案を使用してエラーを修正する場合は、画面をダブルタップします。 それ以外の場合は、候補の一覧を参照するには、目的の候補が読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 エラーは修正され、Word次のエラーに移動します。

    • 特定 Word問題がエラーではなく、ドキュメント内のすべての場所で見つかったことを無視する場合は、"すべて無視" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 結果は修正されず、 Wordは次のエラーに移動します。

    • フォーカスの結果のみを無視する場合は、"1 回無視" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 結果は修正されず、 Wordは次のエラーに移動します。

  6. ドキュメントまたは選択したカテゴリのすべての問題を確認すると、フォーカスが [エディター ] ウィンドウに戻り、"問題が残っていない" と読み上げられます。 [エディター] ウィンドウを閉じ、フォーカスをドキュメント本文に戻すには、下から左にスワイプします。

校正マークを非表示にして表示する

校正マークを非表示にして、文書での作業時に TalkBack がスペル ミスを読み上げないようにすることができます。 完了したら、マークを表示し、TalkBack でスペルチェックを行うことができます。

  1. "その他のオプション ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプした後、画面をダブルタップします。 "タブ メニュー" と読み上げられます。その後に、現在選択されているタブ ("ホーム タブ" など) が続きます。

  2. 画面をダブルタップし、"レビュー タブ" と読み上げられるまで左または右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  3. "校正と言語メニュー" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  4. 次のいずれかを実行してください:

    • 文書内のすべての校正マークを非表示にするには、"チェックされていない、すべての校正マークを非表示にする" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

    • マークを表示するには、"オン、すべての校正マークを非表示にする" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使用してテキストを挿入および変更する

Word でスクリーン リーダーを使用して文書を共有する

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

Microsoft 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーン リーダーを使用して Word の中を移動する

Microsoft 365 の新機能: 現在のチャネルのリリース ノート

キーボードとスクリーン リーダーで Web 用 Wordを使用して、文書内のスペル、文法、書き込みスタイルのエラーを確認して修正します。 Microsoft Edgeのナレーターと Chrome の JAWS と NVDA でテストしましたが、一般的なアクセシビリティ標準と手法に従っている限り、他のスクリーン リーダーや Web ブラウザーで動作する可能性があります。

装飾アイコン Wordでスペル チェックと文章校正を行う手順が必要ですが、スクリーン リーダーは使用しませんか? 「Word のスペル チェックと文章校正」を参照してください。

注: 

  • Windows 10 Fall Creators Update でナレーターを使用する場合、Web版 Microsoft 365 でドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションを編集するには、スキャン モードをオフにする必要があります。 詳細については、「Turn off virtual or browse mode in screen readers in Windows 10 Fall Creators Update」 (Windows 10 Fall Creators Update のスクリーン リーダーで仮想モードまたはブラウズ モードをオフにする) を参照してください。

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft 365 でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

  • Web 用 Word を使用する場合は、Web ブラウザーとして Microsoft Edge を使用することをお勧めします。 Web 用 Word は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットはデスクトップ プログラムとは異なります。 たとえば、コマンドの外部から内部へ、および内部から外部へ移動するには、F6 キーではなく Ctrl + F6 を使用します。 また、F1 (ヘルプ) や Ctrl + O (開く) のような共通のショートカットは Web ブラウザーには適用されますが、Web 用 Word には適用されません。

この記事の内容

スペル、文法、スタイルを確認して修正する

Web 用 Word入力時にスペル、文法、スタイルのエラーが自動的にチェックされます。 [ エディター ] ウィンドウを使用して、間違いを 1 つずつ実行できます。 または、ドキュメントの読み取り中にエラーをすばやく確認して修正するには、キーボード ショートカットを使用して提案メニューを表示し、目的の修正を選択します。

[エディター] ウィンドウを使用して、スペル、文法、スタイルを確認して修正する

  1. ドキュメントで F7 キーを押します。 [ エディター] ウィンドウが開きます。 "エディター スコア" と読み上げられます。

    ヒント: 文章または段落だけでスペルと文法を確認するには、チェックするテキストを選択し、F7 キーを押します。

  2. 次のいずれかを実行してください:

    • スペル ミスのみを確認するには、"修正の書き込み" と読み上げられるまで Tab キーを押し、続いて問題の総数とフォーカスのカテゴリを押します。 "スペル チェック" と読み上げられる場合は、Space キーを押します。 ナレーターまたは JAWS で "文章校正" と読み上げられる場合は、"スペル チェック" と読み上げられるまで上方向キーを押し、スペルの問題の数を続けて Space キーを押します。 NVDA で、"スペル チェック" と読み上げられるまで Shift キーを押しながら I キーを押し、Space キーを押します。

    • 文法エラーのみを確認するには、"修正の書き込み" と読み上げられるまで Tab キーを押し、続いて問題の合計数とフォーカスのカテゴリを押します。 "文法" と読み上げられる場合は、Space キーを押します。 ナレーターまたは JAWS で "スペル チェック" と読み上げられる場合は、"文法" と読み上げられるまで下方向キーを押し、続いて文法の問題の数を聞き、Space キーを押します。 NVDA を使用して、"文法" と読み上げられるまで I キーを押し、Space キーを押します。

    • スタイルの問題の記述のみを確認するには、"絞り込みの作成" と読み上げられるまで Tab キーを押し、続いて問題の総数とフォーカスのカテゴリを確認します。 ナレーターまたは JAWS で、目的のカテゴリ ("簡潔さ" など) が読み上げられるまで上方向キーまたは下方向キーを押し、Space キーを押します。 NVDA を使用して、目的のカテゴリが読み上げられるまで I キーまたは Shift キーを押しながら I キーを押し、Space キーを押します。

  3. "推奨されるアクション" と読み上げられます。 フォーカスは、ドキュメント本文の修正候補の一覧に移動します。 次のいずれかを実行してください:

    • 推奨される修正を使用してフォーカスのエラーを修正するには、使用する候補が読み上げられるまで下方向キーを押し、Enter キーを押します。 エラーが修正され、 Word 次のエラーに移動します。

    • 特定 Word問題がエラーではなく、ドキュメント内のすべての場所で無視する場合は、"すべて無視" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。 結果は修正されず、 Wordは次のエラーに移動します。

    • フォーカスのエラーのみを無視する場合は、"その他のオプション" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Space キーを押します。 "無視" と読み上げられます。 Enter キーを押します。 または、"無視" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。 結果は修正されず、 Wordは次のエラーに移動します。

問題ごとに手順 3 を繰り返します。

文書の読み取り中にスペル、文法、スタイルを確認して修正する

  1. スクリーン リーダーを使用して、スペル、文法、またはスタイルの間違いを確認するドキュメントの読み取りを開始します。 テキストの読み取りに頻繁に使用されるキーボード ショートカットについては、「Word でスクリーン リーダーを使用する基本的なタスク」を参照してください。

  2. スクリーン リーダーでスペル、文法、スタイルの間違いが発生する可能性がある場合は、ナレーターの "スペル ミス"、"文法エラー"、または "絞り込み" と読み上げられます。 JAWS と NVDA は、スタイルの問題を "事前の証明の問題" として発表します。 Ctrl キーを押して読み取りを停止します。 必要に応じて、テキストの間違いに戻ります。

  3. 間違った場合は、Alt キーを押しながら下方向キーを押します。 修正候補の一覧が開き、"選択する候補" と読み上げられます。 次のいずれかを実行してください:

    • 推奨される修正を使用してフォーカスのエラーを修正するには、使用する候補が読み上げられるまで下方向キーを押し、Enter キーを押します。 エラーが修正され、 Word 次のエラーに移動します。

    • 特定 Word問題がエラーではなく、ドキュメント内のすべての場所で無視する場合は、"すべて無視" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。 結果は修正されず、 Wordは次のエラーに移動します。

    • フォーカスの結果のみを無視する場合は、"その他のオプション" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Space キーを押します。 "無視" と読み上げられます。 Enter キーを押します。 または、"無視" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。 結果は修正されず、 Wordは次のエラーに移動します。

問題ごとに手順 3 を繰り返します。 

校正マークを非表示にして表示する

文書の作業中に、スクリーン リーダーがスペル、文法、スタイルのエラーを読み上げないように、校正マークを非表示にすることができます。 完了したら、マークを表示し、スクリーン リーダーでスペル チェックを行うことができます。

  1. コンテキスト メニューを開くには、文書内の任意の場所で Shift キーを押しながら F10 キーを押します。 "校正言語の設定" と読み上げられるまで下方向キーを押し、Space キーを押します。 [ 言語 ] ダイアログ ボックスが開きます。

  2. 次のいずれかを実行してください:

    • 校正マークを非表示にするには、"オフ、スペル チェック を行わない" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Space キーを押します。 "オン" と聞こえます。

    • 校正マークを表示するには、"チェック、スペル チェック を行わない" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Space キーを押します。 "オフ" と聞こえます。

  3. ダイアログ ボックスを閉じてフォーカスを文書に移動するには、"OK ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押して Enter キーを押します。

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使用してテキストを挿入および変更する

Word でスクリーン リーダーを使用して文書を共有する

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

Word のキーボード ショートカット

スクリーン リーダーを使用して Word の中を移動する

Microsoft 365 の新機能: 現在のチャネルのリリース ノート

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×