Microsoft Teams でスクリーンリーダーを使用して会議をスケジュールする

スクリーン リーダーのコンテンツ スクリーン リーダーのコンテンツ

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚に障碍のある方を対象としています。 一般的なヘルプについては、「Microsoft サポート ホーム」を参照してください。

キーボードとスクリーンリーダーを使用して、 Microsoft Teamsの会議にユーザーをスケジュールして招待します。 JAWS と NVDA を使ってテストしましたが、一般的なアクセシビリティ標準と手法に従う限り、他のスクリーンリーダーと連携する可能性があります。 会議をキャンセルする方法と、招待状を送信せずにインスタント会議を開催する方法について説明します。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

  • 最新バージョンの JAWS には、Microsoft Teams の既定値として設定された仮想 PC カーソル モードはなくなりました。 仮想 PC カーソル モードをオンにする方法については、「JAWS 仮想カーソルを有効にする」を参照してください。

この記事の内容

会議を設定する

  1. Microsoft Teamsで、Ctrl キーを押しながら4キーを押して予定表ビューに移動し、[新しい会議の分割] ボタンに移動するまで Shift キーを押しながら Tab キーを押し、enter キーを押します。

  2. [新しい会議] ダイアログが開き、[タイトルの追加] フィールドにフォーカスが移動します。 タイトルを入力します。

  3. Tab キーを1回押して、[必須出席者の追加] フィールドに移動します。 チャネル会議を作成していて、個別の招待状を送信したくない場合は、この手順をスキップできます。 プライベート会議にユーザーを招待する場合や、だれかが自分の会議出席依頼を受け取ったことを確認したい場合は、この手順に進みます。

    招待するユーザーの名前を入力します。 入力中に検索が実行され、入力を停止した後に最初の結果が読み上げられます。 検索結果の一覧内を移動するには、下方向キーを使用します。 結果を選択するには、Enter キーを押します。 フォーカスはフィールドにとどまります。そのため、必要なすべてのユーザーを追加するまで、この手順を繰り返すことができます。

    ヒント: 組織外のユーザーを招待するには、そのユーザーのメールアドレスを入力して、enter キーを押します。

  4. Tab キーを1回押して、[開始日] フィールドに移動します。 今日の日付が選択されています。 後で会議をスケジュールする場合は、Enter キーを押し、方向キーを使用して目的の日付を見つけ、Enter キーを押して選択します。

  5. Tab キーを押して、[開始時刻] フィールドにフォーカスを移動します。 Enter キーを押してメニューを開き、下方向キーまたは上方向キーを使用して目的の時刻を探し、Enter キーを押して選択します。

  6. Tab キーを1回押して [終了日] フィールドに移動します。 開始日として選択した日付が既に選択されています。 後で会議をスケジュールする場合は、Enter キーを押し、方向キーを使用して目的の日付を見つけ、Enter キーを押して選択します。

  7. Tab キーを押して、[終了時刻] フィールドにフォーカスを移動します。 Enter キーを押してメニューを開き、下方向キーまたは上方向キーを使用して目的の時刻を探し、Enter キーを押して選択します。

  8. "繰り返しない" と読み上げられるまで、Tab キーを押します。 会議を繰り返す必要がある場合は、Enter キーを押してメニューを開き、下方向キーまたは上方向キーを使用して目的の繰り返しオプションを見つけ、Enter キーを押して選択します。

  9. Tab キーを 1 回押します。 フォーカスは [チャネルの追加] フィールドにあります。 ここでチャネルを選択すると、チームの全員が参加できるチャネル会議が作成されます。 チャネルを選択しない場合は、招待された出席者だけが参加できるプライベートな会議を作成します。

    自分が属しているすべてのチームが自動的に一覧表示されMicrosoft Teams ます。 チームとチャネルを参照するには、下方向キーを押して適切なチームを見つけ、右方向キーを押してチャネルの一覧を展開します。 次に、下方向キーを押して適切なチャンネルを見つけ、Enter キーを押して選択します。

  10. Tab キーを1回押して、[場所の追加] フィールドに移動します。 場所を入力するか、Enter キーを押して、利用可能な場所の一覧を開きます。 リスト内を移動するには、下方向キーを押します。 場所を選択するには、Enter キーを押します。 会議室の一覧が開きます。 下方向キーを押してリスト内を移動し、enter キーを押して会議室を選択します。

    ヒント: 場所を選択する必要はありません。 使用していない場合、会議は Microsoft Teams の会議として保存されます。

  11. "この新しい会議の詳細を入力してください" という音声が聞こえるまで Tab キーを押し、会議の出席依頼を入力します。

  12. 招待状を送信する準備ができたら、[送信] ボタンに移動するまで tab キーを繰り返し押し、enter キーを押します。

注: NVDA では、これは参照モードと呼ばれます。 JAWS では仮想カーソル モードと呼ばれます。

  1. Microsoft Teamsで、Ctrl キーを押しながら4キーを押して予定表ビューに移動し、[新しい会議の分割] ボタンに移動するまで Shift キーを押しながら Tab キーを押し、enter キーを押します。

  2. [新しい会議] ダイアログが開き、[タイトルの追加] フィールドにフォーカスが移動します。 タイトルを入力します。

  3. Tab キーを1回押して、[必須出席者の追加] フィールドに移動します。 チャネル会議を作成していて、個別の招待状を送信したくない場合は、この手順をスキップできます。 プライベート会議にユーザーを招待する場合や、だれかが自分の会議出席依頼を受け取ったことを確認したい場合は、この手順に進みます。

    招待するユーザーの名前を入力します。 入力中に検索が実行され、入力を停止した後に最初の結果が読み上げられます。 検索結果の一覧内を移動するには、下方向キーを使用します。 結果を選択するには、Enter キーを押します。 フォーカスはフィールドにとどまります。そのため、必要なすべてのユーザーを追加するまで、この手順を繰り返すことができます。

    ヒント: 組織外のユーザーを招待するには、そのユーザーのメールアドレスを入力して、enter キーを押します。

  4. Tab キーを1回押して、[開始日] フィールドに移動します。 今日の日付が選択されています。 後で会議をスケジュールする場合は、Enter キーを押し、方向キーを使用して目的の日付を見つけ、Enter キーを押して選択します。

  5. Tab キーを押して、[開始時刻] フィールドにフォーカスを移動します。 Enter キーを押してメニューを開き、下方向キーまたは上方向キーを使用して目的の時刻を探し、Enter キーを押して選択します。

  6. Tab キーを1回押して [終了日] フィールドに移動します。 開始日として選択した日付が既に選択されています。 後で会議をスケジュールする場合は、Enter キーを押し、方向キーを使用して目的の日付を見つけ、Enter キーを押して選択します。

  7. Tab キーを押して、[終了時刻] フィールドにフォーカスを移動します。 Enter キーを押してメニューを開き、下方向キーまたは上方向キーを使用して目的の時刻を探し、Enter キーを押して選択します。

  8. "繰り返しない" と読み上げられるまで、Tab キーを押します。 会議を繰り返す必要がある場合は、Enter キーを押してメニューを開き、下方向キーまたは上方向キーを使用して目的の繰り返しオプションを見つけ、Enter キーを押して選択します。

  9. Tab キーを 1 回押します。 フォーカスは [チャネルの追加] フィールドにあります。 ここでチャネルを選択すると、チームの全員が参加できるチャネル会議が作成されます。 チャネルを選択しない場合は、招待された出席者だけが参加できるプライベートな会議を作成します。

    自分が属しているすべてのチームが自動的に一覧表示されMicrosoft Teams ます。 チームとチャネルを参照するには、下方向キーを押して適切なチームを見つけ、右方向キーを押してチャネルの一覧を展開します。 次に、下方向キーを押して適切なチャンネルを見つけ、Enter キーを押して選択します。

  10. Tab キーを1回押して、[場所の追加] フィールドに移動します。 場所を入力するか、Enter キーを押して、利用可能な場所の一覧を開きます。 リスト内を移動するには、下方向キーを押します。 場所を選択するには、Enter キーを押します。 会議室の一覧が開きます。 下方向キーを押してリスト内を移動し、enter キーを押して会議室を選択します。

    ヒント: 場所を選択する必要はありません。 使用していない場合、会議は Microsoft Teams の会議として保存されます。

  11. "この新しい会議の詳細を入力してください" という音声が聞こえるまで Tab キーを押し、会議の出席依頼を入力します。

  12. NVDA を使用して招待状を送信する準備ができたら、SR + Space キーを押して、[送信] ボタンに移動するまで Shift キーを押しながら B キーを繰り返し押し、enter キーを押します。 JAWS で、[送信] ボタンに移動するまで tab キーを繰り返し押し、enter キーを押します。

招待状のない会議

  1. Microsoft Teamsで、Ctrl キーを押しながら4キーを押して [会議] ビューに移動し、[今すぐ会議] ボタンに移動するまで Shift キーを押しながら Tab キーを押し、enter キーを押します。 会議ビューが開き、[会議名] フィールドにフォーカスが表示されます。

  2. 会議を開始する前に、ビデオ設定を選択するには、[ビデオを有効にする] トグルボタンに移動するまで Tab キーを押し、Space キーを押して設定をオンまたはオフに切り替えます。

  3. オーディオ設定を選択するには、[マイクを有効にする] トグルボタンに移動するまで Tab キーを押し、Space キーを押して設定をオンまたはオフに切り替えます。

  4. Shift キーを押しながら Tab キーを押して [会議に参加] ボタンに移動し、enter キーを押します。 会議は、通話コントロールの領域にフォーカスが置かれた状態で開始されます。

  5. 会議にユーザーを追加するには、[参加者の表示] ボタンに移動するまで右方向キーを押し、enter キーを押します。 [名前を入力する] または [電話番号をダイヤルする] フィールドにフォーカスが移動します。

  6. 招待するユーザーの名前を入力します。 入力中に検索が実行され、入力を停止した後に最初の結果が読み上げられます。 検索結果の一覧内を移動するには、下方向キーを押します。 結果を選択するには、Enter キーを押します。 ユーザーが会議に追加されます。 フォーカスはフィールドにとどまります。そのため、必要なすべてのユーザーを追加するまで、この手順を繰り返すことができます。

    ヒント: 

    • 組織外のユーザーを招待するには、そのユーザーのメールアドレスを入力して、enter キーを押します。

    • Microsoft Teamsを使用していない組織外のユーザーを追加するには、電話番号を入力して、enter キーを押します。

  7. ユーザーの追加を停止するには、Shift キーを押しながら Tab キーを押して [右揃え] ボタンに移動し、Enter キーを押します。

注: NVDA では、これは参照モードと呼ばれます。 JAWS では仮想カーソル モードと呼ばれます。

  1. Microsoft Teamsで、Ctrl キーを押しながら4キーを押して [会議] ビューに移動し、[今すぐ会議] ボタンに移動するまで Shift キーを押しながら Tab キーを押し、enter キーを押します。 会議ビューが開き、[会議名] フィールドにフォーカスが表示されます。

  2. NVDA 付きのビデオ設定を選択するには、SR + Space キーを押して、[ビデオを有効にする] トグルボタンに移動するまで B キーを押し、Space キーを押して設定をオンまたはオフに切り替えます。 JAWS で、[ビデオを有効にする] トグルボタンに移動するまで Tab キーを押し、Space キーを押して設定をオンまたはオフに切り替えます。

  3. NVDA でオーディオ設定を選択するには、SR キー + Space キーを押して、[マイクを有効にする] トグルボタンに移動するまで B キーを押し、Space キーを押して設定をオンまたはオフに切り替えます。 JAWS で、[マイクを有効にする] トグルボタンに移動するまで Tab キーを押し、Space キーを押して設定をオンまたはオフに切り替えます。

  4. NVDA との会議を開始するには、Shift キーを押しながら B キーを押して [会議に参加] ボタンに移動し、enter キーを押します。 JAWS で、[会議への参加] ボタンに移動するまで Shift キーを押しながら Tab キーを押し、enter キーを押します。

    会議は、通話コントロールの領域にフォーカスが置かれた状態で開始されます。

  5. 会議にユーザーを追加するには、[参加者の表示] ボタンに移動するまで右方向キーを押し、enter キーを押します。 [名前を入力する] または [電話番号をダイヤルする] フィールドにフォーカスが移動します。

  6. 招待するユーザーの名前を入力します。 入力中に検索が実行され、入力を停止した後に最初の結果が読み上げられます。 検索結果の一覧内を移動するには、下方向キーを押します。 結果を選択するには、Enter キーを押します。 ユーザーが会議に追加されます。 フォーカスはフィールドにとどまります。そのため、必要なすべてのユーザーを追加するまで、この手順を繰り返すことができます。

    ヒント: 

    • 組織外のユーザーを招待するには、そのユーザーのメールアドレスを入力して、enter キーを押します。

    • Microsoft Teamsを使用していない組織外のユーザーを追加するには、電話番号を入力して、enter キーを押します。

  7. ユーザーの追加を停止するには、Shift キーを押しながら Tab キーを押して [右揃え] ボタンに移動し、Enter キーを押します。

会議を編集またはキャンセルする

  1. Microsoft Teamsで、Ctrl キーを押しながら4キーを押して、[予定表] ビューに移動します。

  2. 目的の会議に到達するまで Tab キーを押し、次に enter キーを押して開きます。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • 会議を編集するには、Tab キーを使用してダイアログのフィールド間を移動し、必要に応じて編集します。 詳細については、「会議のスケジュールを設定する」を参照してください。 完了したら、Shift キーを押しながら Tab キーを押して [更新内容の送信] ボタンに移動し、enter キーを押します。 会議が更新され、予定表ビューに戻ります。

      注: 既に開始している会議は編集できない場合があります。

    • 会議をキャンセルするには、"削除" と読み上げられるまで Shift キーを押しながら Tab キーを押し、聞こえたら enter キーを押します。 確認のダイアログが開きます。 会議の取り消しを確認するには、enter キーを押します。 会議がキャンセルされ、予定表ビューに戻ります。

注: NVDA では、これは参照モードと呼ばれます。 JAWS では仮想カーソル モードと呼ばれます。

  1. Microsoft Teamsで、Ctrl キーを押しながら4キーを押して [会議] ビューに移動します。

  2. 目的の会議に到達するまで Tab キーを押し、次に enter キーを押して開きます。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • 会議を編集するには、Tab キーを使用してダイアログのフィールド間を移動し、必要に応じて編集します。 詳細については、「会議のスケジュールを設定する」を参照してください。 完了したら、NVDA を使用して SR + Space キーを押し、[更新内容の送信] ボタンに移動するまで Shift キーを押しながら B キーを押し、enter キーを押します。 JAWS で、[更新内容の送信] ボタンに移動するまで Shift キーを押しながら tab キーを押し、enter キーを押します。 会議が更新され、予定表ビューに戻ります。

      注: 既に開始している会議は編集できない場合があります。

    • 会議をキャンセルするには、"削除" と読み上げられるまで Shift キーを押しながら Tab キーを押し、聞こえたら enter キーを押します。 確認のダイアログが開きます。 会議の取り消しを確認するには、enter キーを押します。 会議がキャンセルされ、予定表ビューに戻ります。

関連項目

Microsoft Teams でスクリーンリーダーを使用して会議に参加する

Microsoft Teams でスクリーンリーダーを使用して通話の発信と応答を行う

Microsoft Teams で使用するショートカット キー

Microsoft Teams でスクリーンリーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーン リーダーを使用して Microsoft Teams を参照、ナビゲートする

Microsoft Teamsで、キーボードと、macOS 内蔵のスクリーンリーダーである VoiceOver を使用して、ユーザーをスケジュールし、会議に招待します。 会議をキャンセルする方法と、招待状を送信せずにインスタント会議を開催する方法について説明します。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、組み込みの macOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「VoiceOver スタートアップガイド」をご覧ください。

この記事の内容

会議を設定する

  1. Microsoft Teamsで、Command + 4 キーを押して予定表ビューに移動し、[新しい会議] ボタンに移動するまで Shift キーを押しながら Tab キーを押して、Return キーを押します。

  2. [新しい会議] ダイアログが開き、[タイトル] フィールドにフォーカスが移動します。 タイトルを入力します。

  3. Tab キーを1回押して、[場所] フィールドに移動します。 場所を入力するか、Return キーを押して、利用可能な場所の一覧を開きます。 リスト内を移動するには、下方向キーを押します。 場所を選択するには、Return キーを押します。 会議室の一覧が開きます。 下方向キーを押してリスト内を移動し、Return キーを押して会議室を選択します。

    ヒント: 場所を選択する必要はありません。 使用していない場合、会議は Microsoft Teams の会議として保存されます。

  4. Tab キーを1回押して [開始] フィールドに移動します。 今日の日付が選択されています。 後で会議をスケジュールする場合は、右方向キーを押して移動します。 選択内容を確認するには、Return キーを押します。

  5. フォーカスが [開始時刻] フィールドに移動します。 リスト内を移動するには、下方向キーまたは上方向キーを押します。 時刻を選択するには、Return キーを押します。

  6. Tab キーを 2 回押します。 フォーカスが [終了] フィールドに移動します。 前の手順で開始日として選択した日付は、既に選択されています。 指定した日付より後の日付に変更するには、右方向キーを押します。 選択内容を確認するには、Return キーを押します。

  7. フォーカスが [終了時刻] フィールドに移動します。 リスト内を移動するには、下方向キーまたは上方向キーを押します。 時刻を選択するには、Return キーを押します。

  8. [タイムゾーン] メニューに到達するまで tab キーを押します。 VoiceOver は、現在選択されているタイムゾーンを読み取ります。 この設定を変更するには、Control + Option + Space キーを押してメニューを開きます。上下の方向キーを使用して適切なタイムゾーンを見つけ、Return キーを押して選択します。

  9. "この新しい会議の詳細を入力してください" という音声が聞こえるまで Tab キーを押し、会議の出席依頼を入力します。

  10. 招待するユーザーの名前を入力します。 入力中に検索が実行され、入力を停止した後に最初の結果が読み上げられます。 検索結果の一覧内を移動するには、下方向キーを使用します。 結果を選択するには、Return キーを押します。 フォーカスはフィールドにとどまります。そのため、必要なすべてのユーザーを追加するまで、この手順を繰り返すことができます。

    ヒント: 組織外のユーザーを招待するには、そのユーザーのメールアドレスを入力して、Return キーを押します。

  11. 招待状を送信する準備ができたら、[スケジュール] ボタンに移動するまで tab キーを繰り返し押し、Return キーを押します。

招待状のない会議

  1. Microsoft Teamsで、Command + 4 キーを押して予定表ビューに移動し、[今すぐ会議] ボタンに移動するまで Shift + Tab キーを押して、Return キーを押します。 会議ビューが開き、[会議名] フィールドにフォーカスが表示されます。

  2. 会議を開始する前に、ビデオ設定を選択するには、[ビデオを有効にする] トグルボタンに移動するまで Tab キーを押し、Space キーを押して設定をオンまたはオフに切り替えます。

  3. オーディオ設定を選択するには、[マイクを有効にする] トグルボタンに移動するまで Tab キーを押し、Space キーを押して設定をオンまたはオフに切り替えます。

  4. Shift キーを押しながら Tab キーを押して [会議に参加] ボタンに移動し、enter キーを押します。 会議は、通話コントロールの領域にフォーカスが置かれた状態で開始されます。

  5. [他の人を招待] フィールドに移動するまで Tab キーを押します。 招待するユーザーの名前を入力します。 入力中に検索が実行され、入力を停止した後に最初の結果が読み上げられます。 検索結果の一覧内を移動するには、下方向キーを使用します。 結果を選択するには、Return キーを押します。 フォーカスはフィールドにとどまります。そのため、必要なすべてのユーザーを追加するまで、この手順を繰り返すことができます。

    ヒント: 組織外のユーザーを招待するには、そのユーザーのメールアドレスを入力して、Return キーを押します。

  6. ユーザーの追加を停止するには、Shift キーを押しながら Tab キーを押して [右揃え] ボタンに移動し、Return キーを押します。

会議を編集またはキャンセルする

  1. Microsoft Teamsで、Command + 4 キーを押して、予定表ビューに移動します。

  2. 目的の会議に到達するまで Tab キーを押し、enter キーを押して開きます。 フォーカスは [編集] ボタンにあります。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • 会議を編集するには、Return キーを押し、Tab キーを使用してダイアログのフィールド間を移動し、必要に応じて編集します。 詳細については、「会議のスケジュールを設定する」を参照してください。 完了したら、[更新] ボタンに移動するまで Shift キーを押しながら Tab キーを押し、enter キーを押します。 会議が更新され、予定表ビューに戻ります。

      注: 既に開始している会議は編集できない場合があります。

    • 会議をキャンセルするには、"会議のキャンセル" と読み上げられるまで Shift キーを押しながら Tab キーを押し、読み上げられたら Return キーを押します。 確認のダイアログが開きます。 会議の取り消しを確認するには、Return キーを押します。 会議がキャンセルされ、予定表ビューに戻ります。

関連項目

Microsoft Teams でスクリーンリーダーを使用して通話の発信と応答を行う

Microsoft Teams で使用するショートカット キー

Microsoft Teams でスクリーンリーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーン リーダーを使用して Microsoft Teams を参照、ナビゲートする

キーボードとスクリーンリーダーを使用してブラウザーの Microsoft Teams を使って、会議に出席者をスケジュールして招待します。 ここでは、ナレーター、JAWS、および NVDA でテストしていますが、他のスクリーンリーダーと共に使用できるのは、一般的なアクセシビリティ標準と手法に準拠しているためです。 会議を更新したり、キャンセルしたりする方法について説明します。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

  • 最新バージョンの JAWS には、Microsoft Teams の既定値として設定された仮想 PC カーソル モードはなくなりました。 仮想 PC カーソル モードをオンにする方法については、「JAWS 仮想カーソルを有効にする」を参照してください。

この記事の内容

会議を設定する

ブラウザーで Microsoft Teams を使用するときに、特定のユーザーを招待する会議を作成することができます。 Microsoft Teams チャネル全体の会議を作成する場合は、デスクトップ版の完全版を使用してください。

注: 会議の場所や招待するユーザーを検索するときなど、検索結果の一覧を移動すると、スクリーンリーダーで最初の結果が自動的に読み上げられないことがあります。 リストが開いたときに読み上げられるようにするには、下方向キーを押してから上方向キーを押して、最初の結果に戻ります。

  1. ブラウザーで Microsoft Teams 開いている状態で、Ctrl キーと Shift キーを押しながら4キーを押して、[会議] ビューに移動します。 "会議のスケジュール、ボタン" と読み上げられます。 Enter キーを押します。

    他の音声が聞こえたら、[会議のスケジュール] ボタンに移動するまで tab キーを押し、enter キーを押します。

  2. [新しい会議] ダイアログが開き、[タイトル] フィールドにフォーカスが移動します。 タイトルを入力します。

  3. Tab キーを1回押して、[場所] フィールドに移動します。 場所を入力するか、Enter キーを押して、利用可能な場所の一覧を開きます。 リスト内を移動するには、下方向キーを押します。 場所を選択するには、Enter キーを押します。 会議室の一覧が開きます。 下方向キーを押してリスト内を移動し、enter キーを押して会議室を選択します。

    ヒント: 場所を選択する必要はありません。 使用していない場合、会議は Microsoft Teams の会議として保存されます。

  4. Tab キーを1回押して [開始] フィールドに移動します。 今日の日付が選択されています。 後で会議をスケジュールする場合は、右方向キーを押して移動します。 選択内容を確認するには、Enter キーを押します。

  5. フォーカスが [開始時刻] フィールドに移動します。 リスト内を移動するには、下方向キーまたは上方向キーを押します。 時刻を選択するには、Enter キーを押します。

  6. Tab キーを 2 回押します。 フォーカスが [終了] フィールドに移動します。 前の手順で開始日として選択した日付は、既に選択されています。 指定した日付より後の日付に変更するには、右方向キーを押します。 選択内容を確認するには、Enter キーを押します。

  7. フォーカスが [終了時刻] フィールドに移動します。 リスト内を移動するには、下方向キーまたは上方向キーを押します。 時刻を選択するには、Enter キーを押します。

  8. "この新しい会議の詳細を入力してください" という音声が聞こえるまで Tab キーを繰り返し押し、会議の出席依頼を入力します。

  9. [ユーザーの招待] フィールドに到達するまで tab キーを押します。 招待するユーザーの名前を入力します。 入力中に検索が実行されます。 検索結果の一覧を移動するには、上下の方向キーを使用します。 選択するには、Enter キーを押します。 ユーザーが出席者として会議に追加されます。

    ヒント: 組織外のユーザーを招待するには、そのユーザーのメールアドレスを入力して、enter キーを押します。

    他のユーザーを招待するには、名前を入力し、上下の方向キーを使用して検索結果の一覧を移動し、Enter キーを押して選択します。

  10. 招待状を送信する準備ができたら、[スケジュール] ボタンに移動するまで tab キーを繰り返し押し、enter キーを押します。

注: NVDA では、これは参照モードと呼ばれ、JAWS では仮想カーソル モードと呼ばれ、ナレーターではスキャン モードと呼ばれます。

  1. ブラウザーで Microsoft Teams 開いている状態で、Ctrl キーと Shift キーを押しながら4キーを押して、[会議] ビューに移動します。 "会議のスケジュール、ボタン" と読み上げられます。 Enter キーを押します。

    他に問題がある場合は、B キーを押して [会議の予約] ボタンに移動し、enter キーを押します。

  2. [新しい会議] ダイアログが開き、[タイトル] フィールドにフォーカスが移動します。 タイトルを入力します。

    注: ナレーターと Microsoft Edge を使用している場合、この時点でスキャンモードをオフにするには、SR + Space キーを押す必要があります。

  3. Tab キーを1回押して、[場所] フィールドに移動します。 場所を入力するか、Enter キーを押して、利用可能な場所の一覧を開きます。 リスト内を移動するには、下方向キーを押します。 場所を選択するには、Enter キーを押します。 会議室の一覧が開きます。 下方向キーを押してリスト内を移動し、enter キーを押して会議室を選択します。

    ヒント: 場所を選択する必要はありません。 使用していない場合、会議は Microsoft Teams の会議として保存されます。

  4. Tab キーを1回押して [開始] フィールドに移動します。 今日の日付が選択されています。 後で会議をスケジュールする場合は、右方向キーを押して移動します。 選択内容を確認するには、Enter キーを押します。

  5. フォーカスが [開始時刻] フィールドに移動します。 リスト内を移動するには、下方向キーまたは上方向キーを押します。 時刻を選択するには、Enter キーを押します。

  6. Tab キーを 2 回押します。 フォーカスが [終了] フィールドに移動します。 前の手順で開始日として選択した日付は、既に選択されています。 指定した日付より後の日付に変更するには、右方向キーを押します。 選択内容を確認するには、Enter キーを押します。

  7. フォーカスが [終了時刻] フィールドに移動します。 リスト内を移動するには、下方向キーまたは上方向キーを押します。 時刻を選択するには、Enter キーを押します。

  8. "この新しい会議の詳細を入力してください" という音声が聞こえるまで Tab キーを繰り返し押し、会議の出席依頼を入力します。

  9. [ユーザーの招待] フィールドに到達するまで tab キーを押します。 招待するユーザーの名前を入力します。 入力中に検索が実行されます。 検索結果の一覧を移動するには、上下の方向キーを使用します。 選択するには、Enter キーを押します。 ユーザーが出席者として会議に追加されます。

    ヒント: 組織外のユーザーを招待するには、そのユーザーのメールアドレスを入力して、enter キーを押します。

    他のユーザーを招待するには、名前を入力し、上下の方向キーを使用して検索結果の一覧を移動し、Enter キーを押して選択します。

  10. NVDA またはナレーターを使用して招待状を送信する準備ができたら、SR + Space キーを押して、[スケジュール] ボタンに移動するまで B キーを繰り返し押し、enter キーを押します。 JAWS で、[スケジュール] ボタンに移動するまで tab キーを押し、enter キーを押します。

会議を編集またはキャンセルする

  1. ブラウザーで Microsoft Teams 開いている状態で、Ctrl キーと Shift キーを押しながら4キーを押して、[会議] ビューに移動します。

  2. 編集またはキャンセルする会議がスケジュールで現在の会議または次の会議のいずれかになっている場合は、既に [コンテンツ] ウィンドウに表示されています。

    編集またはキャンセルする会議が、スケジュールの後に表示される場合は、tab キーを押して [予定一覧] ボタンに移動し、enter キーを押します。 ([日] ビューボタンが表示されている場合は、enter キーを押してビューを変更する必要はありません)。 Tab キーを1回押してから、下方向キーを押して、今後の会議の一覧を下に移動します。 目的の会議が聞こえたら、enter キーを押します。 会議が [コンテンツ] ウィンドウに表示されます。

  3. [会議のキャンセル] または [編集] ボタンが表示されるまで、tab キーを繰り返し押します。 目的のボタンが表示されたら、enter キーを押します。

    • 会議を編集するには、Tab キーを使用してダイアログ内のフィールド間を移動し、下方向キーまたは上方向キーを押してオプションの一覧を移動し、Enter キーを押してオプションを選択します。 完了したら、[更新] ボタンに移動するまで tab キーを押し、enter キーを押します。 会議が更新され、[会議] ビューに戻ります。

      注: 既に開始している会議は編集できない場合があります。

    • [キャンセル] を選択すると、確認のダイアログが開きます。 会議の取り消しを確認するには、enter キーを押します。 会議がキャンセルされ、[会議] ビューに戻ります。

注: NVDA では、これは参照モードと呼ばれ、JAWS では仮想カーソル モードと呼ばれ、ナレーターではスキャン モードと呼ばれます。

  1. ブラウザーで Microsoft Teams 開いている状態で、Ctrl キーと Shift キーを押しながら4キーを押して、[会議] ビューに移動します。

  2. 編集またはキャンセルする会議がスケジュールで現在の会議または次の会議のいずれかになっている場合は、既に [コンテンツ] ウィンドウに表示されています。

    編集またはキャンセルする会議が、スケジュールの後に表示されている場合は、B キーを押して [予定表ビュー ] ボタンに移動し、enter キーを押します。 ([日] ビューボタンが表示されている場合は、enter キーを押してビューを変更する必要はありません)。 Tab キーを1回押してから、下方向キーを押して、今後の会議の一覧を下に移動します。 目的の会議が聞こえたら、enter キーを押します。 会議が [コンテンツ] ウィンドウに表示されます。

  3. B キーを押して[会議のキャンセル] または [編集] ボタンに移動します。 NVDA と Chrome を使用している場合は、B キーを押す前に SR + Space キーを押す必要があります。目的のボタンが表示されたら、enter キーを押します。

    • 会議を編集するには、Tab キーを使用してダイアログ内のフィールド間を移動し、下方向キーまたは上方向キーを押してオプションの一覧を移動し、Enter キーを押してオプションを選択します。 完了後、NVDA またはナレーターを使用して、SR + Space キーを押し、[更新] ボタンに移動するまで B キーを押し、enter キーを押します。 JAWS では、[更新] ボタンに移動するまで tab キーを押し、enter キーを押します。 会議が更新され、[会議] ビューに戻ります。

      注: 既に開始している会議は編集できない場合があります。

    • [キャンセル] を選択すると、確認のダイアログが開きます。 会議の取り消しを確認するには、enter キーを押します。 会議がキャンセルされ、[会議] ビューに戻ります。

関連項目

Microsoft Teams でスクリーンリーダーを使用して会議に参加する

Microsoft Teams でスクリーンリーダーを使用して通話の発信と応答を行う

Microsoft Teams で使用するショートカット キー

Microsoft Teams でスクリーンリーダーを利用する基本的な作業

スクリーン リーダーを使用して Microsoft Teams を参照、ナビゲートする

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×