Microsoft Teams の Insights に関する教師向けガイド

Microsoft Teams の Insights では、一目でわかるデータ ビューを使用して、課題の提出からクラスの会話への参加まで、生徒のすべての Teams アクティビティを把握できます。 Insights ダッシュボードは、生徒のアクティビティの重要な傾向にスポットライトを当てて、計画、生徒へのフィードバック、および必要に応じて支援を提供する時間を節約できます。

Insights は、クラス チームのタブとして、アプリ バーにアプリとして追加できます。 

重要: アカウントが Insights からオプト アウトしたというメッセージが表示された場合は、IT管理者がアカウントをオフにしています。 IT 管理者に問い合わせ、ここでインサイトを有効にしてください。

Insights タブを追加する 

注: 

  • Insights は、クラス チーム内のすべてのチャネルのアクティビティ データを表示しますが、パブリック チャネルにはタブとしてのみ追加できます。

  • Insights はクラス チームでのみ使用でき、スタッフまたは PLC チームに追加することはできません。

  1. Teams で、Insights を追加するクラス チームに移動します。 新しいタブを追加するには、[追加] ボタン を選択します。

  2. 表示されたオプションから Insights を選択するか、検索バーから Insights を検索します。

  3. [追加] を選びます。    

  4. 生徒は Insights にアクセスできないため、[タブに関するチャンネルに投稿する] オプションのチェックボックスをオフにして、[保存] を選択します。 

  5. 新しい Insights タブに移動すると、最初のビューは クラスの概要ページ になり、さまざまなデータ カテゴリを探索してドリル ダウンできます。 

    ヒント: 

    • しばらくアクティブになっているクラスに Insights タブを追加する場合、過去のクラス アクティビティから収集されたデータが表示されることがあります。

    • 新しいクラスは最初は多くのデータを反映しませんが、クラスが Teams でよりアクティブになるため、Insights でより多くのデータが表示されます。 

Insights を選択して、新しいタブに追加します

[新しいタブについてチャネルに投稿する] オプションをオフにします

Insights アプリを追加する 

Insights アプリを使用すると、すべてのクラス チームのデータに 1 つのビューでアクセスできます。 学生の Teams アクティビティに関するレポートにアクセスして、そのクラスの詳細な概要を確認するには、クラス名のいずれかを選択します。 

Insights を アプリとして追加する方法について学習します

アプリ バーの Insights アプリ

Insights でデータを保護する

データは Insights で保護されています。 各レポートはクラスの所有者だけが利用できます。また、Microsoft Teams 内の学生の学習アクティビティだけが含まれます。

  • プライベート チャット、OneDriveファイル、サインイン情報などからデータを収集する必要があります。 INSIGHTS が満たすプライバシー標準の詳細 (GDPR、Family Education Rights and Privacy Act (FERPA) など) をご覧ください。

  • 重要 学習アクティビティ (課題、チャネルの投稿、会議出席、クラス ファイルの編集など) に関連するデータを収集しています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×