Microsoft Defender ウイルス対策、Microsoft Security Essentials、またはその他の Microsoft マルウェア対策ソリューションを使用してマルウェアの検出と削除を行うときに次のいずれかの問題が発生している場合は、このトピックのトラブルシューティング情報が役立つ可能性があります。

トピックを選択して展開する

スキャンに時間がかかりすぎている場合、または進行速度が非常に遅い場合は、次の解決策を試してみてください。

十分な空きディスク領域があることを確認する

Microsoft Defender ウイルス対策では、マルウェア ファイルの削除および検疫を行うために、ディスク領域を必要とします。 PC、特にシステム ドライブ (通常はドライブ C) に十分な空き容量がない場合、脅威を完全に取り除くことができない場合があります。 以下を参考にして空き領域を増やしてください。

領域をいくらか空けたら、更新してスキャンをもう一度実行します。

多数のファイルを含む大容量のディスクでは、フル スキャンに長時間かかる場合があります。 大きいサイズのファイル、特に ZIP ファイルなどのアーカイブは、スキャンに時間がかかります。

PC がアイドル状態のときにその他のすべてのプログラムを閉じてスキャンを実行する

スキャンには、プロセッサやメモリなどのシステム リソースが必要です。 他のプログラムを実行している場合は、それらを積極的に使用していなくても、マルウェア スキャンの速度を低下させる渋滞が発生している可能性があります。 スキャンの実行中に不要なアプリを閉じてみてください。

ヒント: 最適な結果を得るには、他のアプリを開く前に、コンピューターを再起動してすぐにスキャンを実行してみてください。

スキャン中またはマルウェアの削除中に Microsoft Defender ウイルス対策で継続的にエラーが発生する場合は、次の解決策を試してください。

  • できるだけ早く修正を提供できるように、フィードバックをお送りください。 既定では、Windows がエラー情報を自動的に収集しますが、フィードバック Hub アプリでエラーの内容を説明していただくと、Microsoft はより効率的にエラーに対処することができます。
     

    ヒント: Windows ロゴ キー + F キーを押すと、Windows 10 または 11 で Windows フィードバック Hub アプリをすばやく起動できます。

  • Windows Update を実行して修正を適用し、最新のコンポーネントがあることを確認します。

  • 更新中に Microsoft Defender ウイルス対策で継続的にエラーが発生する場合は、最新の保護の更新を手動でインストールしてみてください

最新の脅威を検出するためには、Windows に組み込まれている Microsoft Defender ウイルス対策など、強力なマルウェア対策製品を使用します。 スキャンする前に、重要なセキュリティ機能がオンになっていることと、Microsoft Defender ウイルス対策が完全に更新されていることを確認します。

クラウド ベースの保護機能を有効にした Microsoft Defender ウイルス対策の使用

既定では、次の高度な機能が有効になっています。 無効にした場合は、最適な保護のためにもう一度有効にする必要があります。

  • クラウドベースの保護

  • 自動サンプル送信

これらの機能をオンにするには:

  1. [スタート > [設定]  > [更新とセキュリティ > [Windows セキュリティ > [ウイルスと脅威の防止] の順に選択します。

  2. [ウイルスと脅威の防止の設定] で、[設定の管理] を選択します。

  3. [クラウドによる保護] と [自動サンプル送信] の設定が [オン] になっていることを確認します。

これらの設定により、これまでに見たことのないマルウェアを検出する可能性が大幅に高まり、Microsoft Defender Antivirus を実行している他のすべてのコンピューターを保護するのに役立つ新しい更新プログラムの自動作成が可能になります。

スキャンする前に Microsoft Defender ウイルス対策を更新する

既定により、Microsoft Defender ウイルス対策では、少なくとも 1 日に 1 回定義が自動的に更新されます。 更新プログラムの有無を手動でチェックすることもできます。

  1. [スタート > [設定]  > [更新とセキュリティ > [Windows セキュリティ > [ウイルスと脅威の防止] の順に選択します。

  2. [ウイルスと脅威の防止の更新] で、[更新プログラムのチェック] を選択します。

  3. [脅威の定義] で、[更新プログラムのチェック] を選択します。

Microsoft Defender ウイルス対策およびその他の Microsoft マルウェア対策の定義の更新の詳細

Microsoft Defender ウイルス対策で検出されない疑わしいファイルに継続的に遭遇する場合は、分析のためにファイルを Microsoft に送信してください

マルウェアの一部が削除された後でも、そのマルウェアをホストする Web サイトにアクセスしたり、メールでもう一度マルウェアを受信したりすると、マルウェアが発生する可能性があります。 違法なダウンロードを提供するサイトなど、マルウェアを含む可能性がある Web サイトを回避します。

悪意のある Web サイトから脅威をブロックするには、Microsoft Defender SmartScreen を使用して評判がよくないサイトを特定する Microsoft Edge など、最新のブラウザーを使用します。 さまざまな組み込みのセキュリティ機能強化のメリットを受けるために、最新バージョンの Windows のにアップグレードします。

同じマルウェアが再検出される場合、検出されたマルウェアが、未検出のマルウェアのコンポーネントによって、継続的に目立たない方法で再インストールされていることが原因である場合があります。 通常、マルウェアは再インストールされ、PC の再起動直後に再検出されます。 これを解決するには、Microsoft Defender オフラインを使ってスキャンを行い、隠れた脅威を検出します

Microsoft Defender オフラインを使用してスキャンする

同じマルウェアがお使いの PC を感染し続けている場合は、Microsoft Defender オフラインを使用して繰り返し発生するマルウェアを探して削除してください。 Microsoft Defender オフラインは、Windows の外部で機能するスキャン ツールで、Windows の実行時に自身を隠す感染を検出して削除することができます。

注: Microsoft Defender オフライン スキャンを開始する前に、作業内容を必ず保存してください。 スキャンを開始する前に PC が再起動されます。

Windows でオフラインのスキャンを開始するには:

  1. [スタート > [設定]  > [更新とセキュリティ > [Windows セキュリティ > [ウイルスと脅威の防止] の順に選択します。

  2. [現在の脅威] で、[スキャンのオプション] を選択します。

  3. [Windows Defender オフライン スキャン] を選択し、[今すぐスキャン] を選択します。

Windows 8.1 では、Microsoft Defender オフラインを個別のツールとしてダウンロードする必要があります。 詳細については、「Microsoft Defender オフラインを使って PC を保護する」を参照してください。

マルウェアが原因となって、PC に対する元に戻せない変更が行われた場合は、PC をリセットすることができます。 これには、バックアップからのデータの復元が必要になる場合があります。

PC のリセット、復元または再インストール

保持するファイルや設定がある場合、後で復元できるようにバックアップを行います。 Windows では、PC をリセットまたはリフレッシュするためのオプションがいくつかあります。 手動で再インストールする場合は、インストール ディスク、プロダクト キー、およびセットアップ ファイルを準備する必要があります。

注: 可能な限り、感染する前に生成され、バージョン履歴を伴った定期的なクラウドベースのバックアップを提供する OneDrive などの外部の場所に保存されているバックアップからファイルを復元します。 感染時に PC 上にあるバックアップは、既にマルウェアによって変更されている可能性があります。

Windows の再インストールまたは復元について詳しくは、次の記事をご覧ください。

ソフトウェアの更新

PC を復元したらすぐに、最新のソフトウェアが実行されていることを確認します。 ソフトウェアの最新バージョンには、既知のセキュリティの問題に対する利用可能な修正プログラムが含まれています。 これにより、お使いの PC がセキュリティ上の脆弱性を悪用するマルウェアに感染しないようにできます。

Microsoft ソフトウェアおよびサード パーティのアプリケーションの更新について詳しくは、次の記事をご覧ください。

Microsoft へのフィードバックの提供

Microsoft では、Microsoft Defender オフライン スキャン Defender ウイルス対策を含む、現在のすべての製品でのユーザー エクスペリエンスの向上に継続的に取り組んでいます。 Microsoft では、Windows に含まれる次のフィードバック チャネルを、すべてのお客様にご利用いただきたいと考えています。

  • 自動的にフィードバックを求めるように Windows を設定する。 既定で、Windows は自動的にフィードバックを求めるように既に構成されています。 この機能がオンになっていることを確認するには、[スタート > [設定 > [プライバシー > [診断 & フィードバック] の順に選択します。 [フィードバックの間隔] で、Windows がフィードバックを自動的に求めるように設定されていることを確認します。

  • フィードバック Hub アプリを使用して随時手動でフィードバックを送信する。 フィードバックを送信するには、タスク バーの検索ボックスに「フィードバック Hub」と入力し、結果の一覧からこのアプリを選択して開きます。 アプリで、[フィードバック] > [新しいフィードバックの追加] の順に選択します。 カテゴリとして [セキュリティ、プライバシー、アカウント] > [Windows Defender ウイルス対策] を選択します。

プライバシーとフィードバックの設定に関しては、「Windows 10 の診断、フィードバック、プライバシー」をご覧ください。

ファイルが誤って分類されたと思う場合...

ファイルに実際に安全なマルウェア ("誤検知" と呼ばれる) のフラグを誤って付けた、または停止すべき危険なファイルを見逃した ("誤検知") と思われる場合は、そのファイルを、次の場所でのフィードバックしてください: マルウェア分析用のファイルを送信する。

関連項目

マルウェアが PC に感染するしくみ

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×