望ましくないソフトウェアから PC を保護する

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

ソフトウェアのスペクトラムにおいては、一方の端にはクリーンなアプリが、もう一方の端にはマルウェアが存在し、その中間にはあまり信用できなかったり、迷惑な動作をしたりする場合があるものの、マルウェアのレベルには達していないアプリが存在する灰色の領域があります。 

"クリーンなアプリ" (左端)、"マルウェア" (右端)、"望ましくない可能性のあるアプリ" (中間) を示す、3 つの交差するバブル。

マルウェアとは、悪意のあるソフトウェアを指します。 それは自己複製ウイルスや、それ自体をインストールさせるために何か別のソフトウェアのふりをする "トロイの木馬"、またはその他の種類の攻撃かもしれません。 その目的は、データを盗んだり、ID を盗んだり、お客様のシステムを踏み台にして他のユーザーに攻撃を仕掛けたり、その他のサイバー犯罪を実行したりすることかもしれません。 Microsoft Defender ウイルス対策は、デバイスがマルウェアに感染する前に、マルウェアをブロックします。 

望ましくない可能性のあるアプリ (PUA) はマルウェアではありませんが、広告を表示したり、お客様の PC を使用してクリプトマイニングを行ったり、自由な操作を行えないようにする可能性があります。

望ましくない可能性のあるアプリについては、Windows 10 では懸念があることをユーザーに通知することで、インストールを続行するかどうかをユーザーが判断することができます。 望ましくない可能性のあるアプリからの保護をオンにする方法の詳細については、「望ましくない可能性のあるアプリケーションから PC を保護する」を参照してください。

詳細情報

Microsoft がマルウェア、不要なソフトウェア、望ましくないアプリを分類する方法の詳細については、「Microsoft がマルウェアと望ましくない可能性のあるアプリケーションを識別する方法」を参照してください。

望ましくないソフトウェアを取得する機会を減らす 

  • アプリは Microsoft Store などの信頼できる発行元からのものだけをダウンロードし、インストールするアプリについてはくれぐれもご注意ください。

  • Windows 10 に組み込まれている Microsoft Defender ウイルス対策など、定期的に更新されているウイルス対策製品が実行されていることをご確認ください。

  • 新しい Microsoft Edge などの最新のブラウザーをご利用ください。 Microsoft Edge は、望ましくない可能性のあるアプリのブロックに Microsoft Defender SmartScreen を使用します。

  • Windows、ブラウザー、アプリの最新の更新プログラムを使用し、デバイスを最新の状態に維持します。

ヒント: 少なくとも 1 週間に 1 回は PC を再起動します。 これにより、よりスムーズに動作するようになり、最新の更新プログラムを定期的にインストールできるようになります。 

望ましくないソフトウェアがすでにあると思われる場合

企業の場合は、「Microsoft セキュリティ インテリジェンス」の Web サイトで望ましくないソフトウェアに関する詳細情報を参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×