ナレーターを使うと、視覚障碍のある方や弱視の方が、PC でマウスを使わずに一般的なタスクを実行できます。 ナレーターは画面上のテキストやボタンなどの項目を読み上げて操作します。 ナレーターを使って、メールの読み書きや、インターネットの閲覧、ドキュメントの操作を行います。

Windows、Web、アプリのナビゲーションには、特定のコマンドを使用します。 見出し、リンク、ランドマークなどによってナビゲーションを行うことができます。 ページ、段落、行、文、単語、文字単位でテキスト (句読点を含む) を読み上げるだけでなく、フォントやテキストの色などの特性も判別できます。 表の行と列をナビゲートすることで表を効率的に確認できます。

ナレーターにはナビゲーションと閲覧モードもあります。これについては、「 第3章: スキャンモードの使用」を参照してください。 このモードでは、キーボードの上方向キーと下方向キーのみを使って Windows 10 を操作できます。 また、点字ディスプレイを使って PC 内を移動し、テキストを読み上げることができます。詳細については、「 第8章: ナレーターを点字と共に使用する」を参照してください。

ナレーターで使う音声の話す速さ、高さ、音量をカスタマイズしたり、他の TTS (音声合成) 音声をインストールしたりすることもできます。

ナレーター ホーム

ナレーターをオンにすると、そのたびにナレーター ホームに移動します。ここでは、ナレーターの設定の変更やクイック スタートによる基本事項の学習など、必要なすべての情報にアクセスできます。 ナレーター ホームに用意されているリンクには、クイック スタート、ナレーター ガイド (このオンライン ユーザー ガイドに移動します)、新機能、設定、フィードバックがあります。 ナレーターの設定でナレーターを起動したときにナレーター ホームを開くか、またはナレーター ホームのチェックボックスをオンにしたときに開くかどうかを制御することもできます。  

ナレーターを起動および停止する 2 つの方法

  • Windows ロゴキー + Ctrl + enterキーを同時に押して、ナレーターを起動します。  もう一度これらのキーを押すと、ナレーターが停止します。 (Windows の以前のバージョンでは、コマンドはwindows ロゴキー でした。+ Enter キーを押します。) 多くのキーボードでは、Windows ロゴキーは Alt キーの左または右にあるキーの下の行に配置されています。

  • Windows ロゴキー + Ctrl + Nキーを押して [ナレーターの設定] を開き、[ナレーターを使用する] の下のトグルをオンにします。

注: サインインしているとき、または一部のメニューにアクセスすると、画面の右下隅に [簡単操作] アイコン が表示されます。 [簡単操作] アイコンを選択する と、メニューが開き、ナレーターをオンまたはオフにするために使用できるトグルスイッチが表示されます。 ナレーターはサインインまたは画面を終了すると、オフになります。

ナレーターを PC へのサインイン前またはサインイン後に自動的に起動する

  1. [ナレーターの設定] を開くには、 Windows ロゴキーを押しながら Ctrlキーを押しながらNキーを押します。

  2. サインイン後にナレーターを自動的に起動するには、[自分用にサインイン後にナレーターを開始する] の横のチェック ボックスをオンにします。

  3. サインイン前にナレーターを自動的に起動してすべてのユーザーが使えるようにするには、[すべてのユーザーのサインイン前にナレーターを開始する] チェック ボックスをオンにします。

次: 第 2 章: ナレーターの基本

目次に戻る

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×