Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

この章では、ナレーターが最適に動作するようにナレーターをカスタマイズする方法について説明します。 これには、好みの音声と音声の特性の変更が含まれます。 ナレーターには、ナレーターで使用するためにインストールできる自然な音声も用意されています。 ナレーターが音声に対してサポートする言語の詳細については、「 付録 A: サポートされている言語と音声」を参照してください。 さらに、ナレーターの起動方法、入力時のフィードバックの量、ナレーターの実行中に他のアプリからのオーディオを減らすかどうか、ナレーター コマンドを任意のキーボード ショートカットに変更する方法を調整できます。 また、サード パーティの音声合成 (TTS) ソフトウェアを使用してナレーターに音声を追加する方法の詳細も示します。 

これらのオプションのほとんどは、Windows ロゴ キー + Ctrl + Nキーを押すことで、ナレーター設定で確認できます。  

ナレーター設定を使用する 

  • ナレーター: ナレーターをアクティブにするには、この [オン] をオンにします。 ナレーターの起動を制御する追加の設定を変更するには、ナ レーター のオン/オフ スイッチの横にある [すべての設定を表示] ボタン (ドロップダウン矢印) を展開します。 Tab キーを押してこのボタンに移動し、Space キーを押すか、マウスでボタンをクリックし、次のように変更します。

    • サインイン前にナレーターを起動します。 ユーザーがサインインする前に、PC でナレーターを起動します。

    • サインイン後にナレーターを起動します。 PC へのサインイン時にナレーターを自動的に起動します。

  • ナレーターのキーボード ショートカット: キーボードWindows ロゴ キー + Ctrl + Enter キーを押すか、タッチ デバイスの Windows ボタン + 音量を上げるボタンを使用してナレーターを起動および停止するには、オンにします。

  • ナレーター ホーム: ナレーター ホームはシステム トレイに存在し、ナレーター機能への便利なショートカットを提供します。 [すべての設定を表示] ボタンを展開して、次の追加設定を表示します。

    • ナレーター ホームを開く: ナレーター ホームはシステム トレイに存在し、ナレーター機能への便利なショートカットを提供します。

    • ナレーターの起動時にナレーター ホームを表示する:ナレーターの起動後にナレーター ホームを開始するかどうかを制御します。 これを選択しない場合、ナレーターの起動時にナレーター ホームは起動しません。 ナレーター ホームを開くには、設定の [ ナレーター ホームを開く ] ボタンを使用します。

  • ナレーターの完全なガイド: このガイドのオンライン バージョンへのリンク。

ナレーターの音声設定 

  • 音声を選択します。 お使いの言語で利用できるさまざまなナレーターの音声から選びます。 ナレーターの音声の平均速度は、1 分あたりに最大およそ 400 語です。 ただし、David、 MicrosoftZira、 MicrosoftMark Microsoft英語の声は、1 分あたり約 800 語のレートを提供します。

  • ナレーターを使用すると、選択した音声の多くの特性を制御できます。 音声を選択したら、[すべての設定を表示] ボタンを展開して、次の設定を変更します。

    • 速度: ナレーターが読み上げる速度を制御します。

    • ピッチ: ナレーターの音声の高さを調整します。

    • ボリューム:ナレーターが読み上げるときの音量を調整します。

  • 自然な音声を追加する: ナレーターは、3 つの米国英語の自然な音声を提供します。2 人の女性の声、Jenny と Aria、1 人の男性の声、ガイ。 自然音声をインストールするには、[ 追加 ] ボタンを選択し、インストールする音声を選択し、[ プレビュー ] をクリックして音声のプレビューを読み上げるか 、[インストール] をクリックしてダウンロードを開始します。

  • 従来の音声を追加します。 音声&言語>時間に移動して、異なる言語で音声をインストールできるようにします。 ナレーターは、SAPI 5 ベースのスピーチ シンセサイザーで使うことができます。 インストールすると、その音声が音声の一覧に選択肢として表示されます。 サーボパーティ プロバイダーには、Harpo Software、CereProc、NextUp、Eloquence、Vocalizer Expressive があります。 音声の追加の詳細については、「付録 A: サポートされている言語と音声」を参照してください。

    注: 上のオプションは、情報提供の目的で示されています。 Microsoftは、特定のサードパーティ製ソフトウェアを保証したり、インストールと使用のサポートを提供したりすることはありません。 これらの製品に関するヘルプについては、製品の製造元にお問い合わせください。 

  • ナレーターが話している場合は、他のアプリの音量を下げます。ナレーターを聞き取れるように他のアプリの音量を下げます。

  • ナレーター オーディオ出力デバイス: ナレーターでは、既定のオーディオ デバイスを選択できます。 複数のサウンド カードがある場合は、ナレーターの音声を転送するデバイスを選択できます。 これは、対象ユーザーに提示したい場合や、ナレーターの音声をコンピューターから聞きたくない場合に使用できます。

詳細度の設定 

  • 詳細レベル: ナレーターが読んでいる内容について説明する方法を選択します。 オプションには、1 - テキストのみ2 - 一部のコントロールの詳細3 - すべてのコントロールの詳細4 - 一部のテキストの詳細5 - すべてのテキストの詳細が含まれます。 [すべての設定を表示] ボタンを展開して、詳細オプションを表示します。

    • 書式設定されたテキストを強調する: 書式付きテキストで、ナレーターの音声を強調します。 この機能は、自然な音声を使用する場合は使用できません。

    • 文字による読み取り時に音素的に読み上げられます。 たとえば、ナレーターは文字 A を「アルファー」と読み上げます。

    • 句読点を読み取るときに少し一時停止します (この機能は、自然な音声を使用する場合は使用できません)。

    • ボタンやその他のコントロールで、ヘルプ テキストなどの詳細を読み上げます

    • 大文字のテキストの読み取り方法を変更します。 オプションには、アナウンスしないピッチを増やす上限を言うなどがあります。 自然な音声を使用する場合、[ ピッチの増加] オプションはサポートされていません。

  • ボタンとコントロールのコンテキスト レベル: オプションには、コンテキストなしイミディエイト コンテキストイミディエイト コンテキスト名と型新しいコントロールの完全なコンテキストおよび古いコントロールと新しいコントロールの完全なコンテキストが含まれます。 [すべての設定を表示] ボタンを展開して、追加のオプションを表示します。

    • ボタンやその他のコントロールを操作する方法に関するヒントを読む 

    • アクションを実行できない理由を教えてください 

    • 一般的なアクションのアナウンスの代わりにサウンドを再生します。一般的なアクションには、スキャン モードのオンとオフの切り替え、リンクへのランディングなどのアクションが含まれます。

    • ボタンやその他のコントロールの詳細を教えてください。 オプションには、After コントロールまたは Before コントロールがあります

  • 入力時にナレーターにアナウンスしてもらう: [すべての設定を表示] ボタンを展開して、ナレーターで読み上げる項目を選択します。

    • 文字、数字、句読点 

    • 言葉 

    • ファンクション キー

    • 矢印、タブ、およびその他のナビゲーション キー

    • Capslock や Num lock などのキーを切り替える

    • Shift キー、Alt キー、その他の修飾子キー

マウスとキーボードの設定 

  • ナレーター キー: ナレーター コマンドで CapsLockInsert、または両方のキーを使用するかどうかを選択できます。 CapsLock キーと Insert キーはどちらも、デフォルトでナレーター キーとして機能します。 ナレーター キーを使用するすべてのコマンドで、どちらのキーも使用できます。 [すべての設定を表示] ボタンを展開して、次の設定を行います。

    • ナレーター キーをロックして、コマンドごとに押す必要がないようにします。もう一度押して無効にするまで、いずれのキーを押しても、「押下された」状態のままにします。 ナレーター キーをロックするには、ナレーター + Z キーを押します。 この機能を使用していない場合は、この機能が混乱することがあります。このため、使用する場合は注意してください。

  • タッチ キーボードで、指を離したときにキーをアクティブにします。 タッチ キーボードから指を離した直後に文字が入力されます。

  • マウスを使用して画面を読み取り、操作します。このチェック ボックスをオンにすると、ナレーターはマウス カーソルの下にあるものを読み上げます。 マウスを移動するには、テンキーを使います。

  • キーボード レイアウト: ナレーターの標準レイアウトは、他のスクリーン リーダーで使われているキーボード レイアウトに似ています。 ナレーターの元のキーボード レイアウトを使用する場合は、レガシ キーボードを選択してください。 各キーボードのコマンドについては、「付録 B: ナレーター のキーボード レイアウトとタッチ ジェスチャ」を参照してください。 [すべての設定を表示] ボタンを展開して、その他のオプションを表示します。

    • ナレーター のキーボード レイアウトの詳細: ナレーター のキーボード コマンドの詳細について説明します。

    • カスタム キーボード レイアウトを作成する: ナレーター関数のカスタム コマンドを割り当てることができるダイアログを開きます。 これを使用する方法を次に示します。

      1. カスタマイズするコマンドを選びます。

      2. [コマンドのキーボード ショートカットの変更] を選択します。

      3. [キーボード ショートカットの入力] ウィンドウで、キーボードで使用するキーボード ショートカットを入力します。 修飾キー (Ctrl、Shift、Alt、CapsLock、または Windows ロゴ キー) の組み合わせと共に、修飾キー以外のキーを 1 つ使います。 ファンクション キーとテンキーは修飾キーなしで使うことができます。

      4. [すべて既定に戻す] を選択して、すべてのコマンドを既定の設定に戻します。 この設定を見つけるには、ナレーターの起動後に Alt + Tab キーを押し、[ナレーターの設定] ウィンドウを選択し、[コマンド] を選択します

ナレーター カーソルの設定 

  • ナレーター カーソルを表示します。 オンにすると、ナレーター カーソルが青色のフォーカス ボックスで強調表示されます。

  • ナレーターがテキストを読み取る場合は、ナレーター カーソルを使用してテキスト カーソルを移動します。 オンにすると、ナレーターは、文字や単語などのビューで移動するときに、テキストの挿入ポイントを移動します。

  • ナレーター カーソルとシステム フォーカスを同期します。 オンにすると、ナレーター カーソルとシステム カーソルが可能な限り同期されます。

  • ナビゲーション モード: 標準モードと詳細設定モードの 2 つのモードを使用できます。 標準モードをお勧めします。標準モードでは、ナレーターはリンク、表、その他の要素などのさまざまな項目間を移動できます。 詳細モードでは、プログラムで表現されたアプリケーションを通じて 4 つの方向キーを使ってナレーター カーソルを移動できます。 ​​​​

点字設定 

点字ディスプレイを使用するには、[ナレーターで点字ディスプレイを使用する] の横にある [その他] ボタンを選択し、[点字のダウンロードとインストール] ボタンを選択します。 詳細については、「第 8 章: 点字でナレーターを使用する」を参照し、サポートされているディスプレイの完全な一覧については、「付録 C: サポートされている点字ディスプレイ」を参照してください。 

試験的な機能

受信トレイ内のメッセージの読み取り Outlook処理方法を改善するには、[ Outlook の詳細度を下げる] 設定を選択します。 ナレーターは、電子メールの状態 (未読、転送など)、送信したユーザー、件名、重要または一意のメールのその他の特性を読み取ります (たとえば、ナレーターはメールにフラグが設定されている場合は読み取られますが、メールがフラグ付きでない場合は読み取られません)。 この設定を選択すると、 Outlook列ヘッダーは既定では読み取られません。 ナレーター + H キーを押すと、 Outlookで列ヘッダーの読み取りをオンまたはオフにすることができます。

データとサービスの設定を管理する 

  • このデバイスでナレーターの設定を同期します。PC を使用するすべてのユーザーがナレーター設定を使用する場合は、[同期設定] ボタンを選択します。 シリアル点字ディスプレイを使用する場合は、この設定をお勧めします。

  • [画像の説明、ページ タイトル、人気のリンクを取得する]。 このサービスの詳細については、第 2 章の「ナレーターが Web から情報を取得できるようにする」を参照してください。

  • 診断データとパフォーマンス データを自動的に送信します。ナレーターを使用するときに診断データとパフォーマンス データを送信するには、この [オン] をオンにします。 ナレーターに関するフィードバックを提供するには、ナレーター + Alt + F キーを押します。

  • プライバシーに関する声明: Microsoftがナレーター データをどのように使用し、どのような目的で使用するかを理解します。

次: 第 8 章: ナレーターを点字ディスプレイで使う

目次に戻る

この章では、ナレーターの起動方法の変更や、入力時に読み上げるフィードバックの数、ナレーターが実行されているときに他のアプリからの音声が小さくなるかどうか、選んだキーボード ショートカットへのナレーター コマンドの変更など、快適に使用できるようナレーターをカスタマイズする方法について説明します。 また、サード パーティの音声合成 (TTS) ソフトウェアを使用してナレーターに音声を追加する方法の詳細も示します。

これらのオプションのほとんどは、ナレーターの設定 (Windows ロゴ キー + Ctrl + N) に用意されています。 

全般設定 (ナレーター使用)

このセクションでは、ナレーターを有効または無効に切り替えるためのトグル スイッチとナレーター ホームとこのガイドを開くためのリンクに関する情報を説明します。

起動オプション

  • ショートカット キーでナレーターを起動できるようにします。 ナレーターを起動および停止するには、キーボードの Windows ロゴ キーと Ctrl を押しながら Enter キーを押し、タッチ デバイスの場合は Windows ボタンを押しながら音量を上げるボタンを押します。

  • サインイン後にナレーターを起動 します。 PC へのサインイン時にナレーターを自動的に起動します。

  • [すべてのユーザーのサインイン前にナレーターを開始する]。 ユーザーがサインインする前に、PC でナレーターを起動します。

  • ナレーターの起動時にナレーター ホームを表示します。 また、ナレーターのホームでこれを有効または無効にすることもできます。

  • ナレーター ホームをシステム トレイに最小化します。 これを有効にすると、ナレーターはタスクバーの代わりにシステム トレイに最小化されます。

ナレーターの声のパーソナル設定を行う

  • 音声を選択します。 お使いの言語で利用できるさまざまなナレーターの音声から選びます。 ナレーターの音声の平均速度は、1 分あたりに最大およそ 400 語です。 ただし、David、 MicrosoftZira、 MicrosoftMarkMicrosoft英語の声は、1 分あたり約 800 語のレートを提供します。

  • [音声の追加方法について]。 ナレーターは、SAPI 5 ベースのスピーチ シンセサイザーで使うことができます。 インストールすると、その音声が音声の一覧に選択肢として表示されます。 サーボパーティ プロバイダーには、Harpo Software、CereProc、NextUp、Eloquence、Vocalizer Expressive があります。 音声の追加の詳細については、「 付録 A: サポートされている言語と音声」を参照してください。

注: 上のオプションは、情報提供の目的で示されています。 Microsoft は、特定のサードパーティ製ソフトウェアを保証したり、インストールと使用のサポートを提供したりすることはありません。 これらの製品に関するヘルプについては、製品の製造元にお問い合わせください。

  • 速度。 ナレーターが読み上げる速度を制御します。

  • ピッチ。 ナレーターの音声の高さを調整します。

  • [音量]。 ナレーターが読み上げるときの音量を調整します。

  • 他のアプリのボリュームを減らします。 ナレーターを聞き取れるように他のアプリの音量を下げます。

  • ナレーターの音声を聞く場所を選択します。 ナレーターでは、既定のオーディオ デバイスを選択できます。

読み取るときや操作するときに聞こえるコンテンツの量を変更する

  • ナレーターがテキストに関して提供する詳細レベルを変更します。 オプションには、テキストのみ、一部のコントロールの詳細、すべてのコントロールの詳細、一部のテキストの詳細、およびすべてのテキストの詳細が含まれます。

  • [大文字のテキストを読み上げる方法を変更する]。 オプションには、アナウンスしない、ピッチを増やす、"上限" と言うなどがあります。

  • [ナレーターに書式付きテキストを強調させる]。 書式付きテキストで、ナレーターの音声を強調します。

  • [文字単位でフォネティック コードを読み上げる]。 たとえば、ナレーターは文字 A を「アルファー」と読み上げます。

  • [ナレーターに読み上げ時に句読点を使用して一時停止を判断させる]。

  • [ボタンその他のコントロールのヘルプ テキストなどの詳細を読み上げる]。

  • ナレーターがボタンやその他のコントロールに対して提供するコンテキストのレベルを変更します。 オプションには、コンテキストなし、サウンドのみ、イミディエイト コンテキスト、イミディエイト コンテキストの名前と種類、新しいコントロールの完全なコンテキスト、および古いコントロールと新しいコントロールの完全なコンテキストが含まれます。

  • ナレーターがボタンやその他のコントロールに関する詳細を提供するタイミングを調整します。 コントロールの前後のオプションは次の通りです。

    • 現在のコンテキストをいつでも読み上げるには、 ナレーター + スラッシュ (/) を押します。

    • 読み取られるコンテキストのレベルを変更するには、 ナレーター + Alt + スラッシュ (/) を押します。

    • 現在の項目の前後でコンテキストを読み取るかどうかを変更するには、 ナレーター + Ctrl + スラッシュ (/) を押します。

  • [ボタンやその他のコントロールを操作するためのヒントをみ上げる]。

  • [ナレーターは操作が実行できない理由を読み上げる]。

  • [一般的な操作に対する新しい通知音]。 一般的な操作は、スキャン モードのオンとオフの切り替え、リンクの表示などの操作です。

  • [ナレーターを Outlook で効率的にする (実験的)]。 これが選択されると、Outlook では、より自然な方法でメールをトリアージできます。

[入力時に読み上げる項目を変更する]

  • [入力時に文字、数字、句読点を読み上げる]。 文字を入力した直後にそれらの文字がアナウンスされます。 この設定は、 ナレーター + 2 キーを押してオンまたはオフに切り替えることもできます。

  • [入力時に単語を読み上げる]。 入力した単語が入力直後に読み上げられます。

  • [ファンクション キーを入力時に読み上げる]

  • [方向キー、Tab キーなどのナビゲーション キーを入力時に読み上げる]

  • [CapsLock、NumLock などのトグル キーを入力時に読み上げる]

  • [Shift、Alt などの修飾キーを入力時に読み上げる]

キーボードの設定を選択する

  • [キーボード レイアウトの選択]。 ナレーターの標準レイアウトは、他のスクリーン リーダーで使われているキーボード レイアウトに似ています。 ナレーターの元のキーボード レイアウトを使用する場合は、レガシ キーボードを選択してください。 各キーボードのコマンドについては、「付録 B: ナレーターのキーボード コマンドとタッチ ジェスチャ」をご覧ください。

  • [ナレーター キー] を選択します。 ナレーター コマンドで使用するキーとして、CapsLock、Insert、または両方のキーを選択できます。 CapsLock キーと Insert キーはどちらも、デフォルトでナレーター キーとして機能します。 ナレーター キーを使用するすべてのコマンドで、どちらのキーも使用できます。

注:106 日本語キーボードを使用する場合、既定のナレーター キーは Insert キーと無変換キーです。

  • ナレーター キーをロックして、コマンドごとに押す必要がないようにします。 いずれかのキーを押すと、もう一度押してオフにするまで、"押された" 状態のままになります。 また、ナレーター キーを押しながら Z キーを押すことでもナレーター キーをロックできます。 この機能を使用していない場合は、この機能が混乱することがあります。このため、使用する場合は注意してください。

  • タッチ キーボードで、指を離したときにキーをアクティブにします タッチ キーボードから指を離した直後に文字が入力されます。

  • [独自のキーボード コマンドを作成する]

  1. カスタマイズするコマンドを選びます。

  2. [コマンドのキーボード ショートカットの変更] を選びます。

  3. [キーボード ショートカットの入力] ウィンドウで、キーボードで使うキーボード ショートカットを入力します。 修飾キー (Ctrl、Shift、Alt、CapsLock、または Windows ロゴ キー) の組み合わせと共に、修飾キー以外のキーを 1 つ使います。 ファンクション キーとテンキーは修飾キーなしで使うことができます。

  4. すべてのコマンドを既定の設定に戻すには、[すべてを既定値に戻す] を選びます。 この設定を見つけるには、ナレーターの起動後に Alt + Tab キーを押し、[ナレーターの設定] ウィンドウを選択して、[コマンド] を選択します。

ナレーター カーソルを使用する

  • ナレーター カーソルを表示します。 ナレーター カーソルは、青色のフォーカス ボックスで強調表示されます。

  • ナレーターがテキストを読み取る場合は、ナレーター カーソルを使用してカーソルを移動します これをオンにすると、文字や単語などのビュー単位で移動する場合に、ナレーターはテキスト挿入位置を移動します。

  • ナレーター カーソルとシステム フォーカスを同期します この設定がオンの場合、ナレーター カーソルとシステムのカーソルは可能な限り同期されます。

  • 画面の読み上げと操作にマウスを使用する。 このチェック ボックスをオンにすると、ナレーターはマウス カーソルの下にあるものを読み上げます。 テンキーを使用してマウスを移動します。

  • ナレーター カーソル ナビゲーション モードを選択します標準と詳細の 2 つのモードがあります。 標準モードをお勧めします。標準モードでは、ナレーターはリンク、表、その他の要素などのさまざまな項目間を移動できます。 高度なモードでは、4 つの方向キーを使用して、アプリケーションのプログラム表現を介してナレーター カーソルを移動できます。

点字を使用する

点字ディスプレイでナレーターを使用するには、[点字のダウンロードとインストール] ボタンを選びます。 詳細については、「第 8 章: 点字でナレーターを使用する」を参照しサポートされているディスプレイの完全な一覧については、「付録 C: サポートされている点字ディスプレイ」を参照してください。

データとサービスを管理する

  • 設定を同期します 。 PC を使用するすべてのユーザーで同じナレーターの設定を使用するには、[サインイン前に現在の設定を使用する] ボタンを選択します。 シリアル点字ディスプレイを使用する場合は、この設定をお勧めします。

  • [画像の説明、ページ タイトル、人気のリンクを取得する]。 このサービスの詳細については、 第 2 章の「ナレーターが Web から情報を取得できるようにする」を参照してください。

ナレーターをより良くするために

ナレーターの使用に併せて診断データとパフォーマンス データを送信するには、スイッチをオンにします。 ナレーターに関するフィードバックを送信するには、ナレーター + Alt + F キーを押します。

次: 第 8 章: ナレーターを点字ディスプレイで使う

目次に戻る

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×