Windows RT 8.1、Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 用の 2014 年 11 月付け更新プログラムのロールアップ

適用対象: Windows Server 2012 R2 DatacenterWindows Server 2012 R2 StandardWindows Server 2012 R2 Essentials 詳細

重要: Windows Update からこの更新プログラム (3000850) をインストールすると、3016437、3003057、および 3014442 の更新プログラムがインストールに含まれます。

Windows RT 8.1、Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の 2014 年 11 月付けの更新プログラムの ロールアップは、問題を解決し、パフォーマンスおよび信頼性の向上を図ります。定期的なメンテナンス ルーチンの一部として、この更新プログラムのロールアップを適用することをお勧めします。この更新プログラムで修正される問題を確認します。前提条件および再起動の必要性この更新プログラムを適用するにも注目してください。

新機能と改良点


この更新プログラムのロールアップには、次の新機能と機能強化が含まれます。
  • 更新された言語パック
  • 多層防御セキュリティおよび Schannel の強化
  • 新しいハードウェアのサポート (ブート順序手当、SD カードの機能により、USB のデバッグ)
  • ネットワーク スイッチの中にデバイス (WSD) プリンターのサポートの Web サービスを向上
  • ミッション ・ クリティカルな環境のクラスター化された仮想マシンのパフォーマンスと信頼性の向上
  • 管理性の向上
  • 追加のハードウェア サポート (サード パーティのディスク暗号化ソフトウェアが有効なデバイスが、より容易に Windows 8.1 にアップグレードできるようになります)
この 11 月付更新プログラムのロールアップには、2014 年 4 月付の以前のイメージ更新プログラムより後のすべての更新プログラムも含まれていますこれは、Windows クライアントとサーバーを最新状態にする便利な一回のステップです。4 月の更新プログラムとは異なり、セキュリティまたはその他の更新の受信を続行できるようにするために、11 月の更新プログラムのロールアップは必要ありません。ただし、これらの新機能と改善点からメリットを得ると同時に 4 月以降に解決されている多くの既知の問題を回避するためにも、Windows クライアントおよびサーバーに展開すること強くお勧めします。この更新プログラムが、以前のサービス パックと同じ品質レベルを徹底的にテストします。ただし、サービス パックとは異なり、この更新プログラムはバージョン番号を変更しませんし、いわゆる再認定を必要とするような API を非推奨または変更しません。

この更新プログラムで解決される問題


この更新プログラム パッケージは、次のマイクロソフト サポート技術情報記事に記載されている問題を修正します。

この更新プログラムの既知の問題


  • この更新プログラムをインストールしようとすると、0x800f0922 または 0x80070005 のエラー メッセージが表示されます。

    現象
    次の構成のいずれかがあると仮定します。
    • UEFI がセキュリティで保護されたブートが有効になっていることが必要なハードウェアで実行されている Windows Server 2012 R2 のサーバーがあります。
    • ベースの Windows Server 2012 R2 の HYPER-V ホストを実行して使用して UEFI ファームウェアをサポートする第 2 世代の仮想マシンのゲストを実行しているし、セキュリティで保護されたブート オプションを有効にしたがあります。さらに、ゲスト バーチャル マシンは、Windows Server 2012 R2 を実行しています。
    これらの構成では 3000850 の更新プログラムがインストールされてない場合があり、0x800f0922 または 0x80070005 のエラー メッセージが表示されます。

    ソリューション
    この問題を解決するには、次の手順を実行します。
    1. 更新されたサービス スタック更新プログラム2975061をインストールし、コンピューターを再起動します。
    2. この更新プログラムを再びインストールしてみます。
  • 更新プログラムのロールアップ 3000850 をインストールする前に作成された復元ポイントにシステムを復元する場合、コンピューターがクラッシュする場合があります。

    注:
    • この問題は、Windows 8.1 のエディションにのみ適用されます。
    • Windows の更新プログラムのインストールが通常に復元ポイントを作成するシステムが展開する、インストールまたは更新プログラムの問題が発生する場合に戻る。この例では、コンピューター エラーが発生するスタートアップ 3000850 更新プログラムのロールアップをインストールする前に作成された復元ポイントにシステムをロールバックしようとする場合。
    • コンピューターに Windows 回復環境 (WRE) が構成されている場合は、システム自体を前回の正常な状態に自動的にリストアします。

    回避策
    この問題を回避するには、コントロール パネルの [システムの復元ではなくプログラムと機能の項目を使用します。これを行うには、プログラムと機能のナビゲーション パネルの [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックを選択し、ボックスの一覧でKB3000850を選択し、[アンインストール] をクリックします。
  • コンピューターにこの更新プログラムを適用した後に、高速起動を有効にした場合、シャットダウン中にコンピューターが応答しなくなります。

    ソリューション

    問題が発生しない高速起動を有効にしている場合は、11 月の 2014年の更新プログラムを適用する前に、 3042085 の修正プログラムをインストールします。
    この問題を回避するのには、問題が発生した場合は、コンピューターを再起動します。
  • セキュリティ更新プログラムの 2992611をインストールした後や、 3000850 を更新、Windows 8.1 のドメインに参加しているコンピューターにログオンするドメイン ユーザーには次の問題が発生します。
    • 2012 の Windows Live メールで新しいアカウントを追加することは、0x80090345 のエラーで失敗します。
    • RDP の保存パスワードは明白なエラーで失敗します。
    • 資格情報マネージャーを開くときは、エラー 0x80090345 で失敗します。
    • ファイルを暗号化するときに、エクスプ ローラーがハングします。WPA のトレースには、次のシグネチャが含まれています。
      Explorer taking ~664 seconds to Encrypt a file. TID #3376. This is being serviced by LSASS TID #1488 .
      LSASS TID#3848 is executing the sspCryptUnprotectData call which leads into GetMasterKey.
      GetMasterKey is taking ~664 seconds (TimesinceLast). LSASS TID 3848. We spend the whole time waiting on LSASS TID 576 which is performing DCLocator pings to find a DC.
      File Encryption delay/hang is also accounted by the same code change where the backup is required.
    回避策
    この問題を回避するには、次のレジストリ サブキーに、RWDC を必要とするのではなく、マスター_キーのバックアップを有効にするのには、 1 ProtectionPolicyレジストリ エントリの値を設定します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Cryptography\Protect\Providers\df9d8cd0-1501-11d1-8c7a-00c04fc297eb
  • DNS イベントのテキストは Windows Server 2012 R2 ベースの DNS サーバーで更新プログラムのロールアップ Windows RT 8.1、Windows 8.1 では、Windows Server 2012 R2 (2975719) の 2014年 8 月または毎月の更新プログラムの新しいバージョンをインストールした後、DNS マネージャーの mmc スナップインでは表示されません。

    回避策
    この問題を回避するには、イベント ビューアー] と [コンピューターの管理スナップインを使用して DNS イベントを表示します。

更新プログラムのロールアップの入手方法


方法 1: Windows Update

この更新プログラムが提供されているWindows Updateから重要更新プログラムとして。自動更新をオンにすると、この更新プログラムは自動的にインストールされます。


Windows の更新プログラムの詳細については、よく寄せられる質問 Windows 更新プログラムを参照してください。

方法 2: Microsoft ダウンロード センター

Microsoft ダウンロード センターから更新プログラムのスタンドアロン パッケージを取得することもできます。

Download X86 ベースの Windows 8.1 更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。
Download X64 ベースの Windows 8.1 更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。
Download X64 ベースの Windows Server 2012 R2 更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。

注:
  • Windows RT 8.1 用更新プログラムは Windows Update からのみ入手できます。
  • 更新プログラム KB3016437 は、Windows Server 2012 R2 Active Directory ドメイン サービス (AD DS) の役割が有効になっているコンピューターにのみ適用されます。Windows クライアントまたは Windows サーバー上に KB3016437 をインストールしようとする場合は、どの AD DS の役割になっていません、更新プログラムはインストールされません。他の悪影響はありません。


Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事をご参照ください。
119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

更新プログラムの詳細情報


必要条件

この更新プログラムを適用するには、まず Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 の更新2919355をインストールする必要があります。

再起動に関する情報

この更新プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要があります。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムにより、以前にリリースされた更新プログラムが置き換わることはありません。

ファイル情報

ファイルの詳細情報

この更新プログラム 3000850 に含まれるファイルの一覧については、更新プログラム 3000850 のファイル情報をダウンロードしてください。

ファイル ハッシュの情報

次の表は、更新プログラム (.msu) の署名に使用される証明書の拇印(サムプリント)をリストアップしたものです。ダウンロードする更新プログラムに示された証明書の拇印が、マイクロソフト サポート技術情報の記事にある証明書の拇印であることを確認してください。


ファイル名SHA1 および SHA2
Windows8.1-KB3000850-arm.msuSHA1: 18EE162CF68D6C3E0E127C4692BF8B2D7F57B890
SHA256: B08466D5F8380A092D72BEC80897F13E6F8FEA9943ECCF85D4746BC1886A3FF2
Windows8.1-KB3000850-x64.msuSHA1: 94A08E535C004B860E9434FBD1E2D293583620A2
SHA256: E0E292FF13179FB1F211DB3B2DAE11A1253C046036C7FFF981DC1B2134817539
Windows8.1-KB3000850-x86.msuSHA1: 28CB632E527E2E78FF59432779CD3B9539BC896F
SHA256: A1DB258F260296402BDA8DD55E7CF40CF4452871FD0EDC653E21B3725D659B38
Windows8.1-KB3016437-x64.msuSHA1: 4187471B733E02D40EA8EF1A0F742B6AF122491A
SHA256: 49B6315FB5C93E2F2A35DAC95115F1BBBDEB828373C18F0984625B391C6A94D8
Windows8.1-KB3003057-arm.msuSHA1: E4E73C142DB559889D4CEE4CCF7C5CE2EC7414FD
SHA256: 53A11146CC7FADECD2BC4B8D8BFE75308F605C7A5034844C23F3EAD60652672F
Windows8.1-KB3003057-x64.msuSHA1: D28A8EF73C4064431057DE9E40491F0237A53851
SHA256: A39D4330CB3310C71BA33A10CA5CD51087A0D13E32B18EC8FFDA9C6000424D06
Windows8.1-KB3003057-x86.msuSHA1: 2E7A2FE45D6387D05B7AA5C658F4FFB42D3691A3
SHA256: 47BF8C29997BF8B1790CCB63D35AEA1012080B19C33AC2B19D38DD60390559CF
Windows8.1-KB3014442-arm.msuSHA1: 1D02721C1A9DF57DE2DC4A1C33CD1BAF75898C52
SHA256: 2FE2E168AB3735EC33B4CA1CC10E832A39890C89CEC844E227C0CB8DB53364F9
Windows8.1-KB3014442-x64.msuSHA1: 7144F7A9E3431816253ADED98773797143D2E150
SHA256: BDE0A21A582DB4F0CEACA8EC2EEB6B14B9AA11E3F7A3619B9F4E849A540BD9F4
Windows8.1-KB3014442-x86.msuSHA1: B7A8DCC749C1E9D6C431857E52FF6EE1D03940D4
SHA256: E30146C78EBF3F606E45AE2FF1B7C7414831D86B4FD647AAAE44809EEF82EBA5

関連情報


マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される用語を参照してください。