Windows 更新プログラムが Windows 10 に一時的に再インストールされないようにする方法

適用対象: Windows 10

現象


Windows 10 では、最新の機能と修正プログラムがインストールされ、デバイスが常に最新の状態に保たれています。 Windows 更新プログラムは自動でインストールされるため、必要な更新を選択する必要がありません。 ただし、まれな状況では、特定の更新プログラムが、デバイスへの一時的な問題を引き起こすことがあります。このような場合は、次回の Windows 更新プログラムがインストール際に、問題を引き起こす更新プログラムが自動で再インストールされないように防止する必要があります。

解決方法


提供された更新プログラムでシステムのクラッシュや不安定になる問題が発生し、その変更前は Windows が正常に動作していた場合、次の手順に沿って、不要なドライバーがインストールされないようにすることができます。
  1. [検索] ボックスに、「View Installed Updates」と入力してから、検索結果から [インストールされている更新プログラムの表示 – コントロール パネル] をクリックします。
  2. 不要な更新プログラムをアンインストールするには、一覧から選択して、[アンインストール] をクリックします。

新しい更新プログラムの修正プログラムがリリースされるまで、一時的に更新プログラムが再インストールされないようにするには、Windows 10 用の Windows 更新プログラムとドライバーの非表示と表示を切り替えるユーザー インターフェイスを提供するトラブルシューティング ツールを利用できます。 「更新プログラムの表示または非表示」トラブルシューティング ツールは、次の Microsoft Download Center からダウンロードして実行できます。

ダウンロード 「更新プログラムの表示または非表示」トラブルシューティング ツール パッケージを今すぐダウンロードする

マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、 配布ファイルのウイルス チェックを行っています。 配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

ダウンロード リンクをクリックすると、wushowhide.diagcab を開くか保存するかを確認するメッセージが表示されます。

[開く]、[保存]、[キャンセル] のダウンロード

wushowhide.diagcab を開くと、トラブルシューティング ツールが起動します。 [次へ] をクリックし、トラブルシューティング ツールで提供される指示に沿って操作し、問題のあるドライバーまたは更新プログラムを表示します。

 

詳細情報


3073930 ドライバーの更新プログラムが Windows 10 に一時的に再インストールされないようにする方法