関連トピック
×
共有と共同編集
We couldn’t sign you in
Select the account you want to use.
共有と共同編集

文書を共有する

ドキュメントを他のユーザーと共有し、編集アクセス許可を付与すると、すべてのユーザーの変更が同じドキュメントで行われます。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。
  1. 右上隅のリボンの上の [共有] > [共有] をクリックします。

    [MS ドキュメントの共有] ボタン

  2. OneDrive に文書がまだない場合は、OneDrive に文書を保存します。

    注: ドキュメントがその時点で OneDrive に保存されていない場合は、[共有] ウィンドウが表示されます。 OneDrive オプションを選択し、ドキュメントに名前を付けて [OK] を選択します。

  3. 共有するユーザーのメール アドレスを入力し、許可するアクセス許可を選択します。

  4. 必要に応じてメッセージを入力し、[送信] を選択します。

    共有したユーザーは、ドキュメントへのリンクを含むメールを受け取ります。

  1. 右上隅のリボンの上の [共有] をクリックします。

  2. 共有するユーザーのメール アドレスを入力し、許可するアクセス許可を選択します。

  3. 必要に応じてメッセージを入力し、[送信] をクリックします。

    共有したユーザーは、ドキュメントへのリンクを含むメールを受け取ります。

[共有] ボタン

  1. 右上隅の [共有] を選択します。

  2.  [保存] を選択して、共有するドキュメントをクラウドに保存します。

  3. [コピーの送信] を選択します。

    注:  Word 文書PDF、または HTML としてコピーを送信することを選択できます。

  4. [添付ファイルとしてメールで送信する] を選択します。

    注: また、OutlookAirDropメールメッセージメモその他 (Mac にインストールした拡張機能) と共有するように選択することもできます。

  5. メール アカウント プロバイダーを選択します。

  6. 招待者を含むメール作成を完了し、省略可能なメモを追加して送信します。

注: メール プロバイダーにサインインしていない場合は、サインインする必要があります。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×