[マークダウン] の書式設定を使用Teams

Markdown を使用すると、入力時に作成ボックス内で書式設定されたテキストのライブ プレビューが表示され、Ctrl キーを押しながら Z キーを押すと、いつでも書式設定を 元に戻すことができます

また、作成ボックスを展開すると、これらの操作のほとんどを使用できます (ブロック引用符と取り消し線を除くすべてには、独自のボタンが残ります)。

Teams で使用可能なマークダウン アクション

名前

アクション

太字のテキスト

*太字*

太字のテキスト

斜体テキスト

_italic text_

italic text

取り消し線

~取り消し線~

マークダウン取り消し線テキスト

段落番号

<1>番号

1. 項目 1
2. 項目 2

順序なしリスト

* 項目 1
または
- 項目 1

· 項目 1
·項目 2

ハイパーリンク型

[テキスト](URL)

リンクを次 に示します。

複数行コード ブロック

'''[コード ブロック]

インライン コード ブロック

'[code text]'

ヘッダー

##Header テキスト

ヘッダー テキスト

Markdown を使用してコードを共有する

コードの書式設定と共有は、Teams。

  • インライン コード ブロックを追加するには、キーボードの 1 の横にあるバック ティック (' ) でテキストを開始および終了します。

  • 複数行のコード ブロックを追加するには、テキストの前に ''' を付け、作成ボックスに貼り付けます。

コードのライブ プレビューが表示され、Ctrl キーを押しながら Z キーを押すと、書式設定を元に戻すことができます。

現在のところ、モバイル デバイスで Markdown 形式のメッセージを表示できますが生成できないので、コードで共同作業を行う場合は、デスクトップまたは Web アプリに取り付ける必要があります。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×