Microsoft Teams でイマーシブ リーダーを使用する

Microsoft Teams for Education でイマーシブ リーダーを使用して、投稿、チャット メッセージ、課題を読み上げます。 イマーシブ リーダーには、品読み上げや図辞書の一部などの文法ツールも含まれています。

メッセージからイマーシブ リーダーを起動する

  1. メッセージにカーソルを合わせるか、タッチ スクリーン デバイスで指でタップします。

  2. [その 他のオプション][その他のオプション] アイコン イマーシブ リーダー の順に 選択 イマーシブ リーダーのアイコン

イマーシブ リーダーは、全画面のエクスペリエンスとして起動します。

[その他のオプション] メニューから [イマーシブ リーダー] を選択します。

課題からイマーシブ リーダーを起動する

学生の場合は、課題を開き、イマーシブ リーダーを選択 イマーシブ リーダーのアイコン

開いている課題の [有効にする] ボタンの横にあるイマーシブ リーダー アイコン。

教師の場合は、課題を開き、[学生ビュー ]、イマーシブ リーダーの順に選択 イマーシブ リーダーのアイコン

イマーシブ リーダーは、全画面のエクスペリエンスとして起動します。

イマーシブ リーダーの機能

イマーシブ リーダーでは、メッセージまたは割り当てテキストに焦点を当てる方法に応じて、次の 1 つ以上の操作を行います。

  • [ 再生] を選択すると、文書の読み上げが聞こえ、テキストが同時に強調表示されます。 既定では、ナレーターはページの上部から読み上がりを開始します。選択した単語を選択しない限り、選択した単語から読み上がり始まります。 ナレーション を停止するには 、[一時停止] を選択します。

    文書の右上にある [音声の設定] を選ぶと、ナレーションの速度を変更できます。

    代替テキスト
  • テキストのオプション   

    [テキスト オプション] を使用して、文書の外観 を変更できます。 テキスト オプションを使用すると、コンテンツに集中し、視覚的な注意が散漫になるのを取り除きます。

    学習のニーズに合わせて [文字のサイズ]、[間隔]、[フォント]、[テーマ] を設定します。 テキストのサイズおよび文字と単語間のスペースは、拡大縮小できます。 選んだテーマの色は、文書のテキストの背景になります。

    [元の書式の表示] を オンに切り替えて、太字や下線など、元のテキストの書式を保持します。

    代替テキスト
  • [文章校正オプション] の品話   

    次のうち 1 つ以上のオプションを選択します。

    • [音節]: 単語を音節に分割します。

    • [名詞]: 文書内の名詞を紫色で強調表示します。

    • [動詞]: 文書内の動詞を赤色で強調表示します。

    • 文書内の形 容詞を緑色で強調表示する形容詞。

    • 文書内の副 オブジェクトを黄色で強調表示する副オブジェクト。

      [ラベルの 表示] を オンに切り替えて、強調表示されている品の下にラベルが表示されます。

      イマーシブ リーダーの文章校正オプション
  • 閲覧の環境設定   

    代替テキスト
    • 行フォーカスを 使用すると、イマーシブ リーダーで選択した資料内の 1 行、3 行、または 5 行のセットを強調表示することで、閲覧エクスペリエンスの焦点を絞り込む機能を利用できます。 トグルを使用してオンとオフを切り替えます。

      代替テキスト
    • 画像辞書では、1 つの単語をクリックして読み上げ、その単語を定義するのに役立つ画像を表示することができます。

    • 翻訳を 使用すると、単語や文書でテキストを他の言語に翻訳できます。

[閉 じる] を選択 してイマー シブ リーダーを終了します

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×