Outlook でスクリーン リーダーを使用して拡大/縮小する

Outlook でスクリーン リーダーを使用して拡大/縮小する

[スクリーン リーダー コンテンツ] というラベルが表示された、読み上げの記号。 このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚に障碍のある方を対象としています。 一般的なヘルプについては、「Office サポート ホーム」または「最近の Office の問題の修正または回避策」を参照してください。

キーボードとスクリーンリーダーで Outlook を使用すると、メールのテキストを拡大または縮小して、読みやすくすることができます。 ナレーターと JAWS を使ってテストしましたが、一般的なアクセシビリティ標準と手法に従う限り、他のスクリーンリーダーと連携する可能性があります。 テキストを縮小して元のサイズに戻すこともできます。

OutlookExcelを拡大または縮小する方法についての指示 装飾アイコン 必要ですが、スクリーンリーダーを使用していません。 メールメッセージのテキストが通常より大きいか小さいかを確認したり、テキストやアプリを大きくしたりすることができます。

注: 

この記事の内容

専用のウィンドウでメールを拡大する

現在閲覧中または作成中のメールのみをズームできます。 別のメールに移動すると、本文のテキストは既定のフォント サイズに戻ります。

ヒント: 

  • 閲覧ウィンドウでメールをズームすることもできます。 詳細については、「閲覧ウィンドウでメールを拡大する」を参照してください。

  • 表示設定を変更して、画面上のテキストを大きくしたり、画面上のすべての内容を大きくしたりすることもできます。 詳細については、「 Windows 10 のテキストのサイズを変更する」を参照してください。

  1. [メッセージ] リストで、メールに移動して Enter キーを押します。 メールが専用のウィンドウで開きます。

  2. メールを拡大するには、Alt キーを押しながら H キーを押し、Q キーを押し、1キーを押します。 [閲覧中にズーム] ダイアログが開きます。

    注: メールを作成している場合は、Alt キーを押しながら O キーを押し、Q キーを押します。[作成中にズーム] ダイアログが開きます。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • メールのフォント サイズを 2 倍に拡大するには、上方向キーを押します。

    • 独自のズーム値を入力するには、"パーセント、編集" の後に現在のパーセンテージが聞こえるまで Tab キーを押します。 JAWS を使用すると、"パーセントスピンボックス" と読み上げられます。 目的のズーム値 (たとえば、250 や 400) を入力します。

  4. Outlook でズーム設定を記憶する必要がある場合は、"オフ、設定を記憶する" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Space キーを押してオプションを選択します。

  5. [ズーム] ダイアログを閉じるには、ズームされたメールを読んでから Enter キーを押します。

注: リボンのテキストサイズは変更されません。 リボンまたは Outlook ナビゲーション ウィンドウのテキスト サイズを変更するには、コンピューターの [表示] 設定を変更する必要があります。

専用のウィンドウでメールを縮小する

現在閲覧中または作成中のメールのみを縮小できます。 別のメールに移動すると、本文のテキストは既定のフォント サイズに戻ります。

  1. 拡大されたメールで、Alt キーを押しながら H キーを押し、Q キーを押し、1キーを押します。 [閲覧中にズーム] ダイアログが開きます。

    注: メールを作成している場合は、Alt キーを押しながら O キーを押し、Q キーを押します。[作成中にズーム] ダイアログが開きます。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • メールのフォントサイズを元のサイズに小さくするには、"Zoom、Selected、100 percent" と読み上げられるまで下方向キーを押します。

    • 独自のズーム値を入力するには、"パーセント、編集" の後に現在のパーセンテージが聞こえるまで Tab キーを押します。 JAWS を使用すると、"パーセントスピンボックス" と読み上げられます。 目的のズーム値 (たとえば、75) を入力します。

  3. Outlook でズーム設定を記憶する必要がある場合は、"オフ、設定を記憶する" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Space キーを押してオプションを選択します。

  4. [ズーム] ダイアログを閉じるには、Enter キーを押します。

閲覧ウィンドウでメールをズームする

  1. [メッセージ] リストで、メールに移動します。

  2. フォーカスをステータス バーに移動するには、“ステータス バー” の後にステータス バーで最近使用したオプションが読み上げられるまで F6 キーを押します。

  3. [ズーム] スライダーに移動するには、"ズーム、ボタン" と読み上げられるまで tab キーを押してから、目的のテキストサイズに到達するまで enter キーを繰り返し押します。

閲覧ウィンドウでメールを縮小する

  1. 拡大されたメールで、"ステータスバー" の後にステータスバーで最近使用したオプションが読み上げられるまで、F6 キーを押します。

  2. [ズーム] スライダーに移動するには、“縮小、ボタン” と読み上げられるまで Tab キーを押してから、目的のテキスト サイズに到達するまで Enter キーを繰り返し押します。

リボンのテキスト サイズを変更する

リボンまたは Outlook ナビゲーションウィンドウで、コンピューターの表示設定を変更することによって、テキストサイズを変更することができます。

  1. Windows ロゴ キーを押します。 "スタートウィンドウ、Cortana、検索ボックス、編集" と読み上げられます。

  2. [検索文字列] フィールドに「テキストサイズ」と入力し、enter キーを押します。 [表示] 設定のウィンドウが開きます。

  3. "すべてを大きくする、メイン画面のテキストとアプリのサイズを変更する" と読み上げられるまで Tab キーを押し、その後に現在の値を入力します。

  4. オプションの一覧を開くには、Alt キーを押しながら下方向キーを押します。

  5. 新しいサイズの値を選択するには、目的の値が読み上げられるまで上方向キーまたは下方向キーを押し、Enter キーを押します。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用してメールのテキストの書式設定を行う

Outlook でスクリーン リーダーを使用して図または画像を挿入する

Outlook のキーボード ショートカット

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Microsoft 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーンリーダーを使用して Outlook メールを検索および移動する

テキストやアプリを拡大する

Microsoft 365 の新機能

Outlook for Mac では、キーボードと、Mac OS の組み込みスクリーンリーダーである VoiceOver を使用して、メールのテキストを拡大または縮小して、読みやすくすることができます。 テキストを縮小して元のサイズに戻すこともできます。

OutlookExcelを拡大または縮小する方法についての指示 装飾アイコン 必要ですが、スクリーンリーダーを使用していません。 「 Outlook For Mac でフォントサイズを変更する」を参照してください。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、組み込みの macOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「VoiceOver スタートアップガイド」をご覧ください。

この記事の内容

専用のウィンドウでメールを拡大する

  1. メッセージ一覧で、メールに移動し、Return キーを押します。 メールが専用のウィンドウで開きます。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • メールのフォントサイズを大きくするには、Command + 正符号 (+) キーを押します。

    • メールのフォントサイズを小さくするには、Command + 負符号 (-) キーを押します。

メールの作成時に拡大または縮小する

送信メールメッセージを作成するときに、テキストのサイズを拡大または縮小できます。 これは一時的な設定であり、メッセージを送信すると、テキストサイズは既定値に戻ります。

  1. 作成中のメールメッセージの本文にカーソルを置きます。

  2. Control + Command + Z キーを押します。 "ズームダイアログ" と読み上げられます。

  3. [ズーム] ダイアログボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • 目的のズーム値が読み上げられるまで、下方向キーを押します。

    • ユーザー設定のズーム値を使用するには、"パーセント、テキストの編集" と読み上げられるまで、Tab キーを押します。 目的の値を入力します。

  4. 戻り値を確認して適用するには、Return キーを押します。 フォーカスがメールに戻ります。

ズーム機能を使用する

Mac のズーム機能を使用すると、キーボードショートカットを使用して Outlookの任意の領域のコンテンツを拡大できます。

  1. メニュー バーに移動するには、Ctrl + Option + M キーを押します。 "メニュー バー Apple" と読み上げられます。 次に、[システム環境設定] を開くには、"システム環境設定" と読み上げられるまで下方向キーを押し、次に Ctrl + Option + space キーを押します。

  2. [システム環境設定] で、"アクセシビリティ、ボタン" と読み上げられるまで tab キーを押し、聞こえたら Ctrl + Option + space キーを押します。 [アクセシビリティ] メニューが開きます。

  3. Tab キーを押します。 "アクセシビリティ機能テーブル、全般、選択されました。" と読み上げられます。 [ズーム機能] メニューを開くには、"ズーム" と読み上げられるまで下方向キーを押します。

  4. ショートカットキーを使用してコンテンツを拡大するには、"ショートカットキーを使用してズーム、オフ、チェックボックス" と読み上げられるまで Tab キーを押し、次に Control + Option + Space キーを押して選択します。 "チェック、キーボードショートカットを使用して拡大/縮小、チェックボックス" と読み上げられます。

  5. Outlookでは、次の操作を実行できるようになりました。

    • メールまたは予定表の表示を拡大するには ([拡大])、Option + Command + カンマ (,) キーを押します。 現在のズームレベルが読み上げられます。

    • ビューを縮小するには ([縮小])、Option + Command + ピリオド (.) キーを押します。 現在のズームレベルが読み上げられます。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用してメールのテキストの書式設定を行う

Outlook でスクリーン リーダーを使用して図または画像を挿入する

Outlook のキーボード ショートカット

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Microsoft 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーンリーダーを使用して Outlook メールを検索および移動する

Microsoft 365 の新機能

IOS の組み込みスクリーンリーダーである VoiceOver と共に、電話のズーム機能を Outlook 使用して、メールのテキストを拡大または縮小して、読みやすくすることができます。 テキストを縮小して元のサイズに戻すこともできます。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

この記事の内容

ズームをオンにする

スマートフォンのアクセシビリティ設定でズーム機能を有効にします。

  1. スマートフォンで、[設定] アイコンのあるホーム画面に移動するには、3 本の指で右または左にスワイプします。 "設定" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  2. [設定] で [アクセシビリティ] メニューを開くには、"全般ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 "[アクセシビリティ] ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  3. [ズーム] メニューを開くには、"ズーム機能、オフ ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  4. [ズーム] 機能を有効にするには、"ズーム機能、オフ" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

メールを拡大する

ズーム機能をオンにすると、 Outlookでジェスチャを使用してメールのコンテンツを拡大できます。 ズーム機能を有効にするには、「ズームをオンにする」を参照してください。

拡大する Outlook メールで、次のいずれかの操作を行います。

  • 画面を拡大して、メールの特定の部分を閉じるには、3本の指で画面をダブルタップします。

  • ズームを別のポイントに移動するには、3 本の指で画面をドラッグします。

  • 既定の拡大率に戻すには、3 本の指でダブルタップします。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用してメールのテキストの書式設定を行う

Outlook でスクリーン リーダーを使用して図または画像を挿入する

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Microsoft 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーンリーダーを使用して Outlook メールを検索および移動する

Microsoft 365 の新機能

Android の組み込みスクリーンリーダーである TalkBack と共に Android 版 Outlook 使用すると、スマートフォンの拡大機能を使用して、メールのテキストを拡大または縮小して、読みやすくすることができます。 テキストを縮小して元のサイズに戻すこともできます。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、Android の組み込みのスクリーン リーダーである、TalkBack を使用していることを前提としています。 TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

この記事の内容

拡大率を有効にする

スマートフォンの [ユーザー補助] 設定で拡大機能を有効にします。

  1. スマートフォンの [設定] で [ユーザー補助] メニューを開くには、"ユーザー補助" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  2. [拡大操作] メニューを開くには、"拡大操作、オフ" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  3. 拡大機能を有効にするには、"トリプルタップして拡大/縮小します" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 "オフ スイッチ" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 拡大が有効になり、"オン" と読み上げられます。

メールを拡大する

拡大機能をオンにすると、ジェスチャを使って Android 版 Outlookでメールのコンテンツを拡大できます。 拡大機能を有効にするには、「拡大率を有効にする」を参照してください。

拡大する Outlook メールで、次のいずれかの操作を行います。

  • 画面を拡大して、メールの特定の部分を閉じるには、画面をトリプルタップします。

  • ズームを別のポイントに移動するには、2 本の指で画面をドラッグします。

  • 既定の拡大率に戻すには、画面をトリプルタップします。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用してメールのテキストの書式設定を行う

Outlook でスクリーン リーダーを使用して図または画像を挿入する

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Microsoft 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーンリーダーを使用して Outlook メールを検索および移動する

Microsoft 365 の新機能

Web ブラウザーでキーボードとスクリーンリーダーを使用して Outlook on the web を使って、メールや予定表のテキストを拡大または縮小したり、読みやすくしたりすることができます。 また、縮小して元のテキストサイズに戻す方法についても説明します。 これはナレーターでテストしましたが、一般的なアクセシビリティ標準や手法に従う限り、他のスクリーンリーダーと連携する可能性があります。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

  • 現在、Outlook.office.com (Outlook on the Web) を更新中です。 一部のユーザーは既に新しい Outlook を使用していますが、それ以外のユーザーは更新が完了するまで従来のバージョンが既定の操作環境として表示されます。 詳細については、「新しい Outlook on the web に関するサポートを受ける」を参照してください。 このトピックの手順は新しい環境に適用されるため、従来の環境から新しい Outlook に切り替えることをお勧めします。 新しい Outlook に切り替えるには、「コマンド、新しい Outlook を試してみる」と読み上げられるまで Ctrl キーを押しながら F6 キーを押し、続けて Enter キーを押します。 「コマンド、新しい Outlook を試してみる」の代わりに「コマンド ツール バー」と読み上げられる場合は、新しい Outlook を既に使用しています。

  • このトピックでは、閲覧ウィンドウがオフであることを前提としています。

  • Outlook on the web を使う場合は、Web ブラウザーとして Microsoft Edge を使うことをお勧めします。 Outlook on the web は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットは、デスクトップ プログラムのキーボード ショートカットとは異なります。 たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを押します。 また、F1 (ヘルプ) キーや Ctrl + O キー (開く) などの Web ブラウザーに適用される一般的なショートカットは、Outlook on the web には適用されません。

拡大表示/縮小表示

メールを読むときに、ブラウザーのズーム機能を使用して、画面上のテキストを拡大または縮小できます。

  1. Microsoft Edgeで Outlook on the web を使用する場合は、次のいずれかの操作を行います。

    • 拡大表示するには、目的のズーム率が聞こえるまで、Ctrl キーを押しながら正符号 (+) キーを繰り返し押します。

    • 縮小表示するには、目的のズーム率が聞こえるまで、Ctrl キーを押しながら負符号 (-) を繰り返し押します。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用してメールのテキストの書式設定を行う

Outlook でスクリーン リーダーを使用して図または画像を挿入する

Outlook のキーボード ショートカット

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

スクリーンリーダーを使用して Outlook メールを検索および移動する

Microsoft 365 の新機能

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×