注: Surface で問題が発生している場合、 Surface 診断ツールを使用して修正Toolkit。

Surface ペンでペン入力できない、アプリを開くことができない、Bluetooth に接続できない場合は、ここに示す方法をまず試してみてください。 

更新プログラムを確認する
[更新プログラム>設定> Windowsし、[更新プログラムの確認] を選択します。 Surface を更新するその他の方法については、「Surface のドライバーとファームウェアをダウンロードする」を参照してください

Surface ペンが お使いの Surface と互換性があるかどうかを確認します。 詳細については、「Surface ペンと機能を特定する」をご覧ください。

ペンのバッテリー レベルを確認します

  • ペンのライトが赤で点滅している場合は、バッテリーの交換または充電が必要な場合があります。

  • ペンをペアリングしている場合は、設定で確認できます。 [スタート]>設定> Bluetooth &]  を選択し、ペンを見つけてバッテリー レベルを確認します。 バッテリー レベルが低下している場合や電力が残っていない場合は、バッテリーの変更や充電が必要になることがあります。 詳しくは、「Surface ペンの電池を交換する」をご覧ください。

前のセクションの手順を試してもペンにインクが入らない場合は、次の操作を行います。

OneNote、付箋、Fresh Paint でペンによる手描き入力、描画、消去を行えるかどうかをテストします。これらのアプリのいずれかでペンが動作する場合は、使用するアプリがペンで動作しない可能性があります。

アプリを開き、タッチ入力で Surface を使用します。Surface を指で操作できない場合は、「Surface タッチスクリーン: タッチの問題」をご覧ください。 タッチが動作してから、ペンの使用をもう一度お試しください。

注: Surface Pen ペンは Surface Laptop Go では使用できません。  

  1. ペンで、LED ライトが点滅するまでトップ ボタンを長押しして、Bluetooth ペアリング モードをオンにします。

  2. PC で、[スタート] を選択>設定> Bluetooth &します。

  3. [デバイスのBluetoothを確認し、[デバイスの追加]を選択します。 デバイスの一覧で、[Surface ペン] を選択します。 その他の指示が表示された場合は、その指示に従ってください。その後、[完了] を選びます。

デバイスの一覧にペンが表示されない場合は、LED ライトが問題を特定するのに役立ちます。 ペンのトップ ボタンを 5 ~ 7 秒間押し続けます。

トップ ボタンを長押ししたときの状態

必要となるアクション

LED ライトが継続的に点滅する。

ペンに電力が供給されていて、デバイスのペアリングが試行中です。 Surface を再起動し、もう一度ペアリングを試します。

LED ライトが 2 ~ 3 秒間点滅する。

ペンは、近くにある別の Surface に既にペアリング済みです。

これを解決するには、該当する Surface を見つけて、そこで Bluetooth デバイスの一覧からこのペンを削除します。 削除するには、[スタート] を選択 >設定> Bluetooth &します デバイスの一覧Bluetoothペンを選び、削除します。 

注: Microsoft Classroom ペン 1 および Microsoft Classroom ペン 2 は、Bluetooth またはペンのキャップ機能をサポートしていません。

ペンのライトが赤で点滅している場合は、バッテリーの交換が必要になる場合があります。 ペンのバッテリーを交換する方法については、「Surface ペンの電池を交換する」をご覧ください。 

ペンのライトが点灯せず、Surface に書き込むことができる場合は、LED ライトが破損している可能性があります。 

ペンのライトが点灯せず、バッテリーを交換している場合は、ペンを交換する必要がある場合があります。 ペンの交換方法については、「交換品のペンをリクエストする」セクションをご覧ください。 

トップ ボタンをクリックしても割り当てられたペンのショートカットが開かない場合、ペンが Surface とペアリングされていないか、バッテリーが不足している可能性があります。

ペンがペアリングされているのを確認し、バッテリー レベルを確認するには、[スタート]>設定> Bluetooth &します。 ペンがペアリングされている場合は、[スタート] > 設定> Bluetooth &デバイス> Pen & Windows Ink] に移動し、トップ ボタンのショートカット割り当てを確認します。 

バッテリーの残量が少ないか、リストにない場合は、バッテリーを交換する必要がある場合があります。 詳しくは、「Surface ペンの電池を交換する」をご覧ください。 ​

電池を交換した後、ペンと Surface とのペアリングが再度必要になる場合があります。 

注: Microsoft Classroom ペン 1 および Microsoft Classroom ペン 2 は、Bluetooth またはペンのキャップ機能をサポートしていません。

Bluetooth が有効になっており、ペンが Surface に接続されていることを確認してください。 詳しくは、「ペンを Surface とペアリングできない」セクションをご覧ください。 ボタンで目的の動作を行うことができるように、ペンのショートカットを変更することもできます。

  1. [スタート]>設定> Bluetooth & デバイス>]& Windows Ink。

  2. [ペンのショートカット] で、ショートカットを開くアプリを選択します。

ペンを Surface ともう一度ペアリングしてみます。 

詳しくは、「Surface ペン先を交換する」をご覧ください。

これらの手順で問題が解決しない場合は、交換用の Surface ペンを要求し、[デバイス サービス] に移動して 修復します。 Microsoft アカウントを使用してサインインし、Surface を選択するかまたは新しいデバイスを登録します。 

登録済みのデバイスを選択すると、お客様の保証状態と交換の利用資格に基づいて、交換サービスが表示されます。 Surface 保証の詳細については、「Surface の保証情報」を参照してください。

関連トピック

Surface ペンでペン入力できない、アプリを開くことができない、Bluetooth に接続できない場合は、ここに示す方法をまず試してみてください。

更新プログラムを確認する
[更新プログラム>設定>を&セキュリティ> Windowsを開始する]選択し、[更新プログラムの確認] を選択します。 Surface を更新するその他の方法については、「Surface のドライバーとファームウェアをダウンロードする」を参照してください

Surface ペンが お使いの Surface と互換性があるかどうかを確認します。 詳細については、「Surface ペンと機能を特定する」をご覧ください。

ペンのバッテリー レベルを確認します

  • ペンのライトが赤で点滅している場合は、バッテリーの交換または充電が必要な場合があります。

  • ペンをペアリングしている場合は、設定で確認できます。 [スタート]>設定>  デバイス> Bluetooth &選び、ペンを見つけてバッテリー 残量を確認します。 バッテリー レベルが低下している場合や電力が残っていない場合は、バッテリーの変更や充電が必要になることがあります。 詳しくは、「Surface ペンの電池を交換する」をご覧ください。

Surface ペンが お使いの Surface と互換性があるかどうかを確認します。 詳細については、「Surface ペンと機能を特定する」をご覧ください。

前のセクションの手順を試してもペンにインクが入らない場合は、次の操作を行います。

OneNote、付箋、Fresh Paint でペンによる手描き入力、描画、消去を行えるかどうかをテストします。これらのアプリのいずれかでペンが動作する場合は、使用するアプリがペンで動作しない可能性があります。

アプリを開き、タッチ入力で Surface を使用します。Surface を指で操作できない場合は、「Surface タッチスクリーン: タッチの問題」をご覧ください。 タッチが動作してから、ペンの使用をもう一度お試しください。

注: Surface Pen ペンは Surface Laptop Go では使用できません。  

  1. ペンで、LED ライトが点滅するまでトップ ボタンを長押しして、Bluetooth ペアリング モードをオンにします。

  2. PC で、[スタート][設定][デバイス][Bluetooth とその他のデバイス] の順に選択します。

  3. Bluetooth がオンになっていることを確認し、[Bluetooth またはその他のデバイスを追加する][Bluetooth] の順に選択します。 デバイスの一覧で、[Surface ペン] を選択します。 その他の指示が表示された場合は、その指示に従ってください。その後、[完了] を選びます。

デバイスの一覧にペンが表示されない場合は、LED ライトが問題を特定するのに役立ちます。 ペンのトップ ボタンを 5 ~ 7 秒間押し続けます。

トップ ボタンを長押ししたときの状態

必要となるアクション

LED ライトが継続的に点滅する。

ペンに電力が供給されていて、デバイスのペアリングが試行中です。 Surface を再起動し、もう一度ペアリングを試します。

LED ライトが 2 ~ 3 秒間点滅する。

ペンは、近くにある別の Surface に既にペアリング済みです。

これを解決するには、該当する Surface を見つけて、そこで Bluetooth デバイスの一覧からこのペンを削除します。 削除するには、[スタート] > [設定] > [デバイス] > [Bluetooth とその他のデバイス] の順に選択します。 デバイスの一覧Bluetoothペンを選び、削除します。 

注: Microsoft Classroom ペン 1 および Microsoft Classroom ペン 2 は、Bluetooth またはペンのキャップ機能をサポートしていません。

ペンのライトが赤で点滅している場合は、バッテリーの交換が必要になる場合があります。 ペンのバッテリーを交換する方法については、「Surface ペンの電池を交換する」をご覧ください。 

ペンのライトが点灯せず、Surface に書き込むことができる場合は、LED ライトが破損している可能性があります。 

ペンのライトが点灯せず、バッテリーを交換している場合は、ペンを交換する必要がある場合があります。 ペンの交換方法については、「交換品のペンをリクエストする」セクションをご覧ください。 

トップ ボタンをクリックしても割り当てられたペンのショートカットが開かない場合、ペンが Surface とペアリングされていないか、バッテリーが不足している可能性があります。

ペンのペアリング状態とバッテリーの残量を確認するには、[スタート] > [設定] > [デバイス] > [Bluetooth とその他のデバイス] の順に選択します。ペンがペアリングされている場合は、[スタート] > [設定] > [デバイス] > [ペンと Windows Ink] の順に移動し、トップ ボタンのショートカットの割り当てを確認してください。 

バッテリーの残量が少ないか、リストにない場合は、バッテリーを交換する必要がある場合があります。 詳しくは、「Surface ペンの電池を交換する」をご覧ください。 ​

電池を交換した後、ペンと Surface とのペアリングが再度必要になる場合があります。 

注: Microsoft Classroom ペン 1 および Microsoft Classroom ペン 2 は、Bluetooth またはペンのキャップ機能をサポートしていません。

Bluetooth が有効になっており、ペンが Surface に接続されていることを確認してください。 詳しくは、「ペンを Surface とペアリングできない」セクションをご覧ください。 ボタンで目的の動作を行うことができるように、ペンのショートカットを変更することもできます。

  1. [スタート] > [設定] > [デバイス] > [ペンと Windows Ink] の順に選択します。

  2. [ペンのショートカット] で、ショートカットを開くアプリを選択します。

ペンを Surface ともう一度ペアリングしてみます。 

詳しくは、「Surface ペン先を交換する」をご覧ください。

これらの手順で問題が解決しない場合は、交換用の Surface ペンを要求し、[デバイス サービス] に移動して 修復します。 Microsoft アカウントを使用してサインインし、Surface を選択するかまたは新しいデバイスを登録します。 

登録済みのデバイスを選択すると、お客様の保証状態と交換の利用資格に基づいて、交換サービスが表示されます。 Surface 保証の詳細については、「Surface の保証情報」を参照してください。

関連トピック

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×