スクリーン リーダーを使用して Excel の中を移動する
[スクリーン リーダー コンテンツ] というラベルが表示された、読み上げの記号。 このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚に障碍のある方を対象としています。 一般的なヘルプについては、「Microsoft サポート ホーム」または「最近の Office の問題の修正または回避策」を参照してください。

Excel では、キーボードとスクリーンリーダーを使用して、アプリのメインビューと要素を調べて移動し、ビューと関数の間を移動します。 ナレーター、JAWS および NVDA でテストしていますが、他のスクリーン リーダーでも、一般的なアクセシビリティの標準と技法に準拠していれば、機能する可能性があります。

Excelの使用を開始する方法については、スクリーンリーダーを使用していない場合の 装飾アイコン 手順をご覧ください。 「 Excel ヘルプセンター」を参照してください。

注: 

この記事の内容

主要な領域を順に切り替える

Excel内の主要な領域間を移動するには、F6 キー (次へ) と Shift + F6 キー (前へ) を押します。 主な領域は次のとおりです。

  • ワークシートのテーブルグリッド

  • シートのタブ

  • ステータス バー

  • リボンのタブ

リボンタブ内の移動

リボンタブは Excelのメインメニューバーです。 リボンタブに移動するには、"リボンタブ" の後に現在のタブの名前が読み上げられるまで、F6 キーを押します。 JAWS を使用すると、"上のリボン" と読み上げられます。 タブ間を移動するには、左右の方向キーを使用します。 タブに到達すると、その下にタブ固有のリボンが表示されます。 選択したリボンを参照する方法については、「 リボン内を移動する」を参照してください。

以下は、最も一般的なタブと、各タブで実行できる操作の例を示しています。

  • ホーム

    文字列と数値の書式設定および配置を行い、新しい行と列を追加します。

  • Insert キー

    表、画像、図形、グラフをワークシートに挿入します。

  • ページ レイアウト

    ワークシートページの余白、印刷の向き、サイズを設定します。

  • 数式

    ワークシートにさまざまな関数や数式を追加します。

  • データ

    さまざまなソースからデータをインポートして並べ替えとフィルター処理を行い、重複する行の削除などのデータツールを使用します。

  • 校閲

    ワークシートのスペルとアクセシビリティをチェックし、コメントやメモを使って他のユーザーと共同作業を行います。

  • ビュー

    標準表示ページレイアウト表示などのビューを選択し、ページのズームレベルを設定します。

  • ヘルプ

    Microsoft Excel のヘルプを開き、サポートに連絡して、フィードバックを送信します。

リボンタブのほかに、いくつかの重要なコマンドについては、[ ファイル ] メニューにアクセスする必要があります。 開くには、Alt キーを押しながら F キーを押します。 新しいウィンドウで [ ファイル ] メニューが開きます。 メインコマンド間を移動するには、上下の方向キーを使用し、Tab キーと上下の方向キーを使用してそのコマンドのオプションを移動します。

[ ファイル ] メニューでは、新しいブックを開始したり、既存のブックを開いたり、現在作業中のファイルを保存、共有、印刷したり、 Excel オプションにアクセスしたりできます。 [ ファイル ] メニューを閉じてワークシートに戻るには、Esc キーを押します。

リボン内を移動する

「リボンタブ内を 移動する」で説明されているように、右のリボンタブに移動したら、tab キーを押してリボンに移動し、そのコマンドとオプションを参照します。 Shift キーを押しながら Tab キーを押すと、戻ることができます。 Enter キーを押して選択を行うか、Esc キーを押してリボンから移動し、ワークシートに戻ります。

ヒント: 多くの場合、キーボードショートカットを使用して、各リボンのコマンドとオプションにアクセスする方が高速です。 詳細については、「 Excel For Windows のキーボードショートカット」を参照してください。

ワークシート内を移動する

Excel ブックを開くと、ワークシートのテーブルグリッドにフォーカスが移動します。 ワークシートのフォーカスを移動した場合は、スクリーンリーダーで表のグリッドセルの位置情報が読み上げられるまで、F6 キーを押します。 ここでは、ワークシート内、および他のシートやブック間を移動する方法について説明します。

  • 表のグリッドのセル間を移動するには、方向キーを使用します。 スクリーンリーダーでは、各セルの列と行、およびその内容が読み上げられます。

  • 現在のセルのコンテキストメニューを開くには、Shift + F10 キーを押します。 上下の方向キーを使用してメニュー内を移動し、enter キーを押して選択を行うか、Esc キーを押してワークシートに戻ります。

  • ブック内の次または前のワークシートに移動するには、F6 キーを押して、現在のシートタブの名前が読み上げられたら、左右の方向キーを使用して適切なシートを見つけ、Enter キーを押して選択します。

  • 複数のブックを開いているときに、次のブックに切り替えるには、Ctrl キーを押しながら F6 キーを押します。 スクリーンリーダーは、ブックの名前を読み上げます。

ヒント: テキスト ボックスや画像などの最初のフローティング シェイプにフォーカスをすばやく移動するには、Ctrl キーと Alt キーを押しながら 5 キーを押します。 次に、フローティング シェイプを切り替えるには、Tab キーを押します。 標準のナビゲーションに戻るには、Esc キーを押します。

検索機能を使用する

すばやくオプションを探したりアクションを実行したりするには、[検索] テキスト フィールドを使用します。 [検索] 機能の詳細については、「Office の Microsoft Search を使用して必要な情報を探す] を参照してください。

注: 使用している Office のバージョンによっては、アプリ ウィンドウの上部にある [検索] テキスト フィールドが代わりに [操作アシスト] と呼ばれる場合があります。 どちらもほぼ同じような体験ができますが、オプションや検索結果は異なる場合があります。

  1. アイテムを選択するか、ドキュメント、プレゼンテーション、スプレッドシートにアイテムを配置し、そこでアクションを実行します。 たとえば、Excel スプレッドシートでは、セルの範囲を選択します。

  2. [検索] テキスト フィールドに移動するには、Alt + Q キーを押します。

  3. 実行するアクションの検索語句を入力します。 たとえば、箇条書きリストを追加する場合は、[箇条書き] と入力します。

  4. 下方向キーを押して、検索結果を参照します。

  5. 該当する結果が見つかったら、Enter キーを押してそれを選択し、アクションを実行します。

関連項目

Excel でスクリーン リーダーを使ってテーブルの並べ替えまたはフィルター処理を実行する

Excel のキーボード ショートカット

Excel でスクリーン リーダーを使用する基本的な作業

Microsoft 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

障碍のある方のためにアクセシビリティの高い Excel 文書を作成する

Microsoft 365 の新機能

キーボードと、macOS 内蔵のスクリーンリーダーである VoiceOver を使用して Excel for Mac を使って、さまざまなビューを調べて移動し、その間を移動します。

Excelの使用を開始する方法については、スクリーンリーダーを使用していない場合の 装飾アイコン 手順をご覧ください。 「 Excel ヘルプセンター」を参照してください。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、組み込みの macOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「VoiceOver スタートアップガイド」をご覧ください。

この記事の内容

メインビュー内を移動する

Excelのメインビュー内を移動するには、F6 キー (次へ) と Shift + F6 キー (前へ) を押します。 フォーカスは、メインビューの次の領域間を移動します。

  • 画面の上部にあるクイックアクセスツールバー

  • リボンの現在のタブ

  • ツールバーの [名前] ボックス

  • ワークシートのテーブルグリッド

  • ステータス バー

リボンタブ内の移動

リボンタブは Excelのメインメニューバーです。 リボンタブに移動するには、"ホーム、選択、タブ" のように、リボンの現在選択されているタブが読み上げられるまで F6 キーを押します。 タブ間を移動するには、左右の方向キーを使用します。 タブを選択するには、Space キーを押します。 タブ固有のリボンがその下に表示されます。 選択したリボンを参照する方法については、「 リボン内を移動する」を参照してください。

以下は、最も一般的なタブと、各タブで実行できる操作の例を示しています。

  • ファイル

    [ ファイル ] メニューには、ブックの作成と保存のオプション、 Excel 設定へのアクセスなどが含まれます。

  • ホーム

    文字列と数値の書式設定および配置を行い、新しい行と列を追加します。

  • Insert キー

    表、画像、図形、グラフをワークシートに挿入します。

  • レイアウト

    ワークシートページの余白、印刷の向き、サイズを設定します。

  • 数式

    ワークシートにさまざまな関数や数式を追加します。

  • データ

    さまざまなソースからデータをインポートして並べ替えとフィルター処理を行い、重複する行の削除などのデータツールを使用します。

  • ビュー

    ワークシートの方向または余白を設定し、テーマを選択して学習ツールにアクセスします。

リボン内を移動する

「リボンタブ内を 移動する」で説明されているように、右のリボンタブに移動したら、tab キーを押してリボンに移動し、そのコマンドとオプションを参照します。 前に戻るには、Shift キーを押しながら Tab キーを押します。 Space キーを押して選択するか、F6 キーを押してリボンを終了します。

ヒント: 多くの場合、キーボードショートカットを使用して、各リボンのコマンドとオプションにアクセスする方が高速です。 詳細については、「 Excel For Mac のキーボードショートカット」を参照してください。

ビュー間を移動する

Excel には、メインビューに加えて、次の一般的に使用されるビューがあります。

  • Excel アプリを開くと、スタートページに着陸します。 [スタート] ページでは、新しいブックを作成し、テンプレートを参照し、既存のブックを開き、アカウント情報にアクセスすることができます。

    後で [スタート] メニューに戻るには、"ファイルボタン" と読み上げられるまで F6 キーを押し、読み上げられたら Space キーを押します。 "新規および最近使用したファイルを開く" と読み上げられます。 メニュー内を移動するには、Tab キーまたは左右の方向キーを押します。 選択するには、Space キーを押します。

  • [ ファイル ] メニューで、新しいブックの作成、保存、共有、印刷を行うことができます。また、現在作業中のファイルを印刷したり、 Excel オプションにアクセスしたりできます。

    [ ファイル ] メニューを開くには、Control + Option + M キーを押します。 りんごのメニューバーにフォーカスが移動します。 "ファイル" と読み上げられるまで Tab キーを押し、次に Space キーを押します。 [ ファイル ] メニュー内を移動するには、上下の方向キーを使用します。 サブメニューを開くには、右方向キーを押します。 選択するには、Space キーを押します。

    [ ファイル ] メニューを閉じてワークシートに戻るには、Esc キーを押します。

  • [ Excel 環境設定 ] ウィンドウでは、オートコレクトやリボンのオプションなどの Excel 設定にアクセスできます。

    Excel の [ 環境設定 ] ウィンドウを開くには、Command + コンマ (,) キーを押します。 Tab キーを押してウィンドウ内を移動します。 設定を選択するには、Space キーを押します。 [設定] ダイアログが開きます。 [設定] ダイアログボックス内を移動するには、Tab キーまたは方向キーを押します。 選択するには、Space キーを押します。

    Excel の [ 環境設定 ] ウィンドウを閉じてワークシートに戻るには、Esc キーを押します。

ブックを調べる

Excel ブックを開くと、フォーカスはコンテンツ領域にあります。 コンテンツ領域のフォーカスを移動している場合は、"テキストの編集" と読み上げられるまで F6 キーを押し、その後にワークシートの挿入ポイントを入力します。 コンテンツ領域内を移動するには、いくつかの方法があります。

ショートカット キーを使用する

ワークシートのテーブルグリッドにフォーカスが移動したら、ctrl + Option + Shift + 下方向キーを押して、コンテンツを操作します。

  • ワークシートの先頭に移動するには、ctrl + Home または Control + Fn + ←キーを押します。

  • 1つ上、下、左、または右のセルに移動するには、方向キーを押します。

  • シートで使用されている最後のセルに移動するには、Command + 下方向キーまたは上方向キーを押します。

  • ブック内の次のワークシートに移動するには、Option + 右方向キーまたは ctrl + Pagedown キーを押します。

  • ブック内の前のワークシートに移動するには、Option + 左方向キーまたは Ctrl + Pageup キーを押します。

VoiceOver ローター、クイックナビゲーション、または項目選択の使用

ローター、Quick Nav、または項目選択などの VoiceOver 機能を使用して、項目に直接移動することができます。 たとえば、グラフ、表、またはリンクに直接移動できます。

  • ローターを開くには、Control + Option + U キーを押します。

  • アイテム選択ウィンドウを開くには、Control + Option + I キーを押します。

  • クイックナビゲーションを有効にするには、左右の方向キーを同時に押します。

VoiceOver 機能の使用方法の詳細については、 VoiceOver のファーストステップガイド」を参照してください。

関連項目

Excel でスクリーン リーダーを使ってグラフを作成および選択する

Excel のキーボード ショートカット

Excel でスクリーン リーダーを使用する基本的な作業

Microsoft 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

障碍のある方のためにアクセシビリティの高い Excel 文書を作成する

Microsoft 365 の新機能

Excel for iOS では、iOS の組み込みスクリーンリーダーである VoiceOver を使用して、アプリのメインビューと要素の調査と移動、およびビューと関数の間の移動を行うことができます。

Excelの使用を開始する方法については、スクリーンリーダーを使用していない場合の 装飾アイコン 手順をご覧ください。 「 Excel ヘルプセンター」を参照してください。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

この記事の内容

ランディングビュー内を移動する

Excel for iOSを起動するときに、ランディングビューからブックを作成するか、開きます。 左または右にスワイプして、ランディングビューの要素間を移動し、ダブルタップして項目を選びます。 ランディングビューには、次の要素が含まれています。

  • メイン コンテンツ領域

  • タブ バー

    タブバーは画面の下部にあり、 新しい[ 最近]、[ 共有]、[ 開く]、[ 設定 ] の各タブがあります。

メイン画面の要素を切り替える

Excel for iOS内の主要な領域間を移動するには、右にスワイプして (前方)、左にスワイプします (前に戻る)。 主な領域は次のとおりです。

  • トップ メニュー

  • ワークシートのテーブルグリッド

  • ツールバーまたはリボン

上部のメニュー内を移動する

Excel for iOS のトップメニューバーでは、さまざまなコマンドにアクセスできます。

  • [ファイルを閉じる] ボタン

    ファイルを閉じて、ランディングビューに戻ります。

  • [元に戻す] ボタン

  • [リボンを表示] ボタン

  • [検索] ボタン

    ワークシートまたはブック内でテキストを検索します。

  • [共有] メニュー

    ブックを他のユーザーと共有したり、ドキュメントのコピーを送信したりします。

  • [ファイル] メニュー

    [ コピーの保存]、[ エクスポート]、[ 印刷] などの重要なコマンドにアクセスします。 [ ファイル ] メニューを終了するには、"完了" と読み上げられるまで左または右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

ワークシート内を移動する

ワークシートのテーブルグリッドは Excel for iOS 画面のメイン領域です。 ワークシートにフォーカスを移動するには、スクリーンリーダーが表のグリッドセルの位置情報を読み上げるまで右にスワイプします。

  • 表のグリッドのセル間を移動するには、左または右にスワイプします。 スクリーンリーダーでは、各セルの列と行、およびその内容が読み上げられます。

  • 現在のセルのコンテキストメニューを開くには、ダブルタップして押し続けます。 左または右にスワイプしてメニューを移動し、ダブルタップして選択します。

ツールバー内の移動

このツールバーでは、[ シート ] ボタンなど、よく使われる機能にアクセスして、同じブック内のワークシートの切り替え、[ フィルターの適用]、[ 塗りつぶしの色]、[実行したい作業を入力して ください]、および [ リボン] ボタンを表示することができます。

リボン内を移動する

リボンは Excel for iOSのコマンドとオプションにアクセスするための主な方法です。 さまざまなタブにグループ化されています。

  1. リボンタブにアクセスするには、"リボンを表示" と読み上げられるまで左または右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

    スクリーンリーダーは、現在のタブの名前を読み上げます。

  2. タブを切り替えるには、画面をダブルタップします。 目的のタブが読み上げられるまで左または右にスワイプし、読み上げられたらダブルタップして選択します。

  3. 右にスワイプしてリボンに移動し、そのコマンドとオプションを参照します。 選択するにはダブルタップしてください。

  4. リボンを非表示にするには、"リボンを非表示" と読み上げられるまで左または右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

以下は、最も一般的なタブと、各タブで実行できる操作の例を示しています。

  • ホーム

    文字列と数値の書式設定および配置を行い、新しい行と列を追加します。

  • Insert キー

    表、画像、図形、グラフをワークシートに挿入します。

  • 数式

    ワークシートにさまざまな関数や数式を追加します。

  • データ

    ワークシートのデータの並べ替えとフィルター処理を行います。

  • 校閲

    コメントを使用して他のユーザーと共同作業を行います。

  • ビュー

    枠線と見出しを表示するかどうかを選択し、ページのズームレベルを設定します。

操作アシストを使用する

コマンドをすばやく検索するには、[操作アシスト] を使用します。 [操作アシスト] を使用してコマンドを検索するには、次のように操作します。

  1. 処理を実行するセルまたはセル範囲を選択します。

  2. "実行したい作業を入力してください" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  3. 実行するコマンドを入力します。 たとえば、「並べ替え」と入力します。

  4. 検索結果にアクセスするには、2本の指で上にスワイプし、最初の結果が読み上げられるまで右にスワイプします。 右にスワイプして結果を参照し、ダブルタップして1つを選択します。

関連項目

Excel のキーボード ショートカット

Microsoft 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

障碍のある方のためにアクセシビリティの高い Excel 文書を作成する

Microsoft 365 の新機能

Excel for Android では、Android の組み込みスクリーンリーダーである TalkBack を使用して、アプリのメインビューと要素の調査と移動、およびビューと関数の間の移動を行うことができます。

Excelの使用を開始する方法については、スクリーンリーダーを使用していない場合の 装飾アイコン 手順をご覧ください。 「 Excel ヘルプセンター」を参照してください。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、Android の組み込みのスクリーン リーダーである、TalkBack を使用していることを前提としています。 TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

この記事の内容

ランディングビュー内を移動する

Excel for Androidを起動するときに、ランディングビューからブックを作成するか、開きます。 左または右にスワイプして、ランディングビューの要素間を移動し、ダブルタップして項目を選びます。 ランディングビューには、次の要素が含まれています。

  • トップ メニュー

    上部のメニューには、[ 検索 ] ボタンと [ 新規 ] ボタンが含まれています。

  • メイン コンテンツ領域

  • タブ バー

    タブバーは画面の下部にあり、[ 最近]、[ 共有]、[ 開く ] の各タブが含まれています。

メイン画面の要素を切り替える

Excel for Android内の主要な領域間を移動するには、右にスワイプして (前方)、左にスワイプします (前に戻る)。 主な領域は次のとおりです。

  • トップ メニュー

  • ワークシートのテーブルグリッド

  • ツールバーまたはリボン

上部のメニュー内を移動する

Excel for Android のトップメニューバーでは、さまざまなコマンドにアクセスできます。

  • [戻る] ボタン

    ファイルを閉じて、ランディングビューに戻ります。

  • [その他のオプション] ボタン

    Excelのコマンドにアクセスする主な方法であるリボンを表示します。

  • [検索] ボタン

    ワークシートまたはブック内でテキストを検索します。

  • [元に戻す] ボタン

  • 共有 スイッチ

    ブックを他のユーザーと共有したり、ドキュメントのコピーを送信したりします。

  • メニュー メニュー

    [ 保存]、[名前を付け て保存]、[ 印刷]、[ 設定] などの重要なコマンドにアクセスします。 メニューを終了するには、2本の指で画面をタップします。

ワークシート内を移動する

ワークシートのテーブルグリッドは Excel for Android 画面のメイン領域です。 ワークシートにフォーカスを移動するには、スクリーンリーダーが表のグリッドセルの位置情報を読み上げるまで右にスワイプします。

  • 表のグリッドのセル間を移動するには、左または右にスワイプします。 スクリーンリーダーでは、各セルの列と行、およびその内容が読み上げられます。

  • 現在のセルのコンテキストメニューを開くには、画面をダブルタップします。 左または右にスワイプしてメニューを移動し、ダブルタップして選択します。 項目を選択せずにコンテキストメニューを閉じるには、2本の指で画面をタップします。

ツールバー内の移動

ツールバーを使用すると、 シート の切り替えなど、よく使われる機能にアクセスできます。この機能を使うと、同じブック内のワークシートを切り替えることができます。また、[ フィルターの適用]、[ 塗りつぶしの色]、[操作 アシスト]、および その他のオプション ツールを使用できます。

リボン内を移動する

リボンは Excel for Androidのコマンドとオプションにアクセスするための主な方法です。 さまざまなタブにグループ化されています。

  1. リボンタブにアクセスするには、"その他のオプション" と読み上げられるまで左または右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

    スクリーンリーダーは、現在のタブの名前を読み上げます。

  2. タブを切り替えるには、画面をダブルタップします。 目的のタブが読み上げられるまで左または右にスワイプし、読み上げられたらダブルタップして選択します。

  3. 右にスワイプしてリボンに移動し、そのコマンドとオプションを参照します。 選択するにはダブルタップしてください。

  4. リボンを非表示にするには、"その他のオプション" と読み上げられるまで左または右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

以下は、最も一般的なタブと、各タブで実行できる操作の例を示しています。

  • ホーム

    文字列と数値の書式設定および配置を行い、新しい行と列を追加します。

  • Insert キー

    表、画像、図形、グラフをワークシートに挿入します。

  • 数式

    ワークシートにさまざまな関数や数式を追加します。

  • データ

    ワークシートのデータの並べ替えとフィルター処理を行います。

  • 校閲

    コメントを使用して他のユーザーと共同作業を行います。

  • ビュー

    枠線と見出しを表示するかどうかを選択し、ページのズームレベルを設定します。

操作アシストを使用する

コマンドをすばやく検索するには、[操作アシスト] を使用します。 [操作アシスト] を使用してコマンドを検索するには、次のように操作します。

  1. 処理を実行するセルまたはセル範囲を選択します。

  2. "操作アシスト" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  3. 実行するコマンドを入力します。 たとえば、「並べ替え」と入力します。

  4. 検索結果にアクセスするには、最初の結果が読み上げられるまで左にスワイプします。 左にスワイプして結果を参照し、ダブルタップしていずれかを選びます。

関連項目

Excel のキーボード ショートカット

Excel でスクリーン リーダーを使用する基本的な作業

Microsoft 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Microsoft 365 の新機能

Windows の組み込みスクリーンリーダーであるナレーターと共に Excel Mobile を使用して、アプリのメインビューと要素の調査と移動、およびビューと関数の間の移動を行います。

注: 

この記事の内容

ランディングビュー内を移動する

Excel Mobileを起動するときに、ランディングビューからブックを作成するか、開きます。 新しいブックを作成したり、既存のブックを参照したり、最近使用したブックを開いたりすることができます。 左または右にスワイプして、ランディングビューの要素間を移動し、ダブルタップして項目を選びます。

メイン画面の要素を切り替える

Excel Mobile 内の主要な領域間を移動するには、右にスワイプし (前方)、左 (後方) にスワイプします。 主な領域は次のとおりです。

  • ワークシートのテーブルグリッド

  • シートのタブ

  • クイックアクセスのコマンドバー

  • コマンドパレット

ワークシート内を移動する

ワークシートのテーブルグリッドは Excel Mobile 画面のメイン領域です。 ワークシートにフォーカスを移動するには、スクリーンリーダーが "テーブルグリッド" と表のセルの場所を読み上げるまで、左または右にスワイプします。

  • 表のグリッドのセル間を移動するには、左または右にスワイプします。 スクリーンリーダーでは、各セルの列と行、およびその内容が読み上げられます。

  • 現在のセルを選択するには、画面をダブルタップします。

  • 同じブック内のワークシートを切り替えるには、"シートタブ" と読み上げられるまで右にスワイプします。 目的のシートが読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 選択したシートのコンテキストメニューを開くには、2本の指でダブルタップします。 左または右にスワイプしてメニューを移動し、ダブルタップして選択します。

クイックアクセスコマンドバー内の移動

Excel Mobile クイックアクセスコマンドバーを使用すると、次のようなさまざまな機能にアクセスできます。

  • [ファイル] ボタン

    Backstageページを開き、[新規作成]、 [開く]、[保存]、[印刷]、[設定] などの重要なコマンドにアクセスします。 Backstageページを終了するには、"戻る" と読み上げられるまで左にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  • [検索] ボタン

    ワークシートまたはブック内でテキストを検索します。

  • [共有] ボタン

    他のユーザーとブックを共有します。

  • [元に戻す] ボタン

コマンドパレット内の移動

コマンドパレットは Excel Mobileのコマンドとオプションにアクセスする主な方法です。 コマンドとオプションは、さまざまなリボンタブにグループ化されています。

  1. コマンドパレットにアクセスするには、"コマンドパレット" と読み上げられるまで左または右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  2. タブを切り替えるには、"タブセレクター" と読み上げられるまで左にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 目的のタブが読み上げられるまで右にスワイプし、ダブルタップして選択します。

  3. 右にスワイプしてリボンに移動し、そのコマンドとオプションを参照します。 選択するにはダブルタップしてください。

  4. リボンを非表示にするには、"その他のオプション" と読み上げられるまで左または右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

以下は、最も一般的なタブと、各タブで実行できる操作の例を示しています。

  • ホーム

    文字列と数値の書式設定および配置を行い、新しい行と列を追加します。

  • Insert キー

    表、画像、図形、グラフをワークシートに挿入します。

  • 数式

    ワークシートにさまざまな関数や数式を追加します。

  • データ

    ワークシートのデータの並べ替えとフィルター処理を行います。

  • 校閲

    コメントを使用して他のユーザーと共同作業を行います。

  • ビュー

    枠線と見出しを表示するかどうかを選択し、ページのズームレベルを設定します。

関連項目

Excel のキーボード ショートカット

Excel でスクリーン リーダーを使用する基本的な作業

Web 用 Excel では、キーボードとスクリーンリーダーを使用して、アプリのメインビューと要素を調べて移動し、ビューと関数の間を移動します。 ナレーター、JAWS および NVDA でテストしていますが、他のスクリーン リーダーでも、一般的なアクセシビリティの標準と技法に準拠していれば、機能する可能性があります。

Excelの使用を開始する方法については、スクリーンリーダーを使用していない場合の 装飾アイコン 手順をご覧ください。 「 Excel ヘルプセンター」を参照してください。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

  • Web 用 Excel を使う場合は、Web ブラウザーとして Microsoft Edge を使うことをお勧めします。 Web 用 Excel は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットは、デスクトップ プログラムのキーボード ショートカットとは異なります。 たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを押します。 また、F1 キー (ヘルプ) や Ctrl + O キー (開く) などの Web ブラウザーに適用される一般的なショートカットは、Web 用 Excel には適用されません。

この記事の内容

主要な領域を順に切り替える

Web 用 Excel内の主要な領域間を移動するには、Ctrl キーを押しながら F6 キー (次へ)、Ctrl + Shift + F6 キー (前へ) を押します。 主な領域は次のとおりです。

  • タイトルバー

  • リボンのタブ

  • ワークシートのテーブルグリッド

  • シートのタブ

  • ステータス バー

リボンタブ内の移動

リボンタブは Web 用 Excelのメインメニューバーです。 リボンタブに移動するには、"リボンタブ" の後に現在のタブの名前が読み上げられるまで、Ctrl キーを押しながら F6 キーを押します。 JAWS では、現在のタブの名前だけが読み上げられます。 タブ間を移動するには、左右の方向キーを使用します。 タブに到達すると、その下にタブ固有のリボンが表示されます。 選択したリボンを参照する方法については、「 リボン内を移動する」を参照してください。

以下は、最も一般的なタブと、各タブで実行できる操作の例を示しています。

  • ホーム

    文字列と数値の書式設定および配置を行い、新しい行と列を追加します。

  • Insert キー

    さまざまな関数や数式、表、画像、図形、グラフをワークシートに挿入します。

  • データ

    データの並べ替えやフィルター処理を行い、データの入力規則などのツールを使用します。

  • 校閲

    ワークシートのアクセシビリティを確認し、コメントを使用して他のユーザーと共同作業を行います。

  • ビュー

    閲覧表示に切り替えて、枠線と見出しを表示するかどうかを選択します。

リボンタブのほかに、いくつかの重要なコマンドについては、[ ファイル ] メニューにアクセスする必要があります。 このファイルを開くには、Ctrl キーを押しながら F6 キーを押すか、Ctrl キーと Shift キーを押しながら F6 キーを押します。 "リボンタブ" と現在のタブの名前が読み上げられたら、F キーを押します。JAWS では、現在のタブの名前だけが読み上げられます。 新しいウィンドウで [ ファイル ] メニューが開きます。 メインコマンド間を移動するには、上下の方向キーを使用し、Enter キーを押していずれかを選択します。 上下の方向キーを使用して、そのコマンドのオプションを移動します。

[ ファイル ] メニューでは、新しいブックを開始したり、既存のブックを開いたり、現在作業中のファイルを保存、共有、印刷したり、 Web 用 Excel オプションにアクセスしたりできます。 [ ファイル ] メニューを閉じてワークシートに戻るには、Esc キーを押します。

リボン内を移動する

必要なリボンタブに移動したら、「 リボンタブ内を移動する」で説明しているように、tab キーを押してリボンに移動し、左右の方向キーを使用してそのコマンドとオプションを参照します。 Enter キーを押して選択を行うか、Esc キーを押してリボンから移動し、ワークシートに戻ります。

ヒント: 多くの場合、キーボードショートカットを使用して、各リボンのコマンドとオプションにアクセスする方が高速です。 詳細については、「 Excel Online のキーボードショートカット」を参照してください。

ワークシート内を移動する

Web 用 Excel ブックを開くと、ワークシートのテーブルグリッドにフォーカスが移動します。 ワークシートのフォーカスを移動している場合は、スクリーンリーダーで表のグリッドセルの位置情報が読み上げられるまで、Ctrl キーを押しながら F6 キーを押します。 ここでは、ワークシート内および他のシート間を移動する方法について説明します。

  • 表のグリッドのセル間を移動するには、方向キーを使用します。 スクリーンリーダーでは、各セルの列と行、およびその内容が読み上げられます。

  • 現在のセルのコンテキストメニューを開くには、Shift + F10 キーを押します。 上下の方向キーを使用してメニュー内を移動し、enter キーを押して選択を行うか、Esc キーを押してワークシートに戻ります。

  • ブックの次または前のワークシートに移動するには、現在のシートタブの名前が読み上げられるまで Ctrl キーを押しながら F6 キーを押し、左方向キーと右方向キーを使用して目的のシートを見つけ、enter キーを押して選択します。

操作アシストを使用する

すばやくオプションを探したりアクションを実行したりするには、[検索] テキスト フィールドを使用します。 [検索] 機能の詳細については、「Microsoft Search を使用して必要な情報を探す] を参照してください。

注: 使用している Office のバージョンによっては、アプリ ウィンドウの上部にある [検索] テキスト フィールドが代わりに [操作アシスト] と呼ばれる場合があります。 どちらもほぼ同じような体験ができますが、オプションや検索結果は異なる場合があります。

  1. アイテムを選択するか、ドキュメント、プレゼンテーション、スプレッドシートにアイテムを配置し、そこでアクションを実行します。 たとえば、Excel スプレッドシートでは、セルの範囲を選択します。

  2. [検索] テキスト フィールドに移動するには、Alt + Q キーを押します。

  3. 実行するアクションの検索語句を入力します。 たとえば、箇条書きリストを追加する場合は、[箇条書き] と入力します。

  4. 下方向キーを押して、検索結果を参照します。

  5. 該当する結果が見つかったら、Enter キーを押してそれを選択し、アクションを実行します。

関連項目

Excel のキーボード ショートカット

Excel でスクリーン リーダーを使用する基本的な作業

Microsoft 365 の新機能

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×