Windows RT 8.1、Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2 用の2014年 6 月の更新プログラムのロールアップ

重要: Windows Update からこの更新プログラム (2962409) をインストールすると、2959146、2973448、および 2980654 の更新プログラムがインストールに含まれます。

Windows RT 8.1、Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2 の2014年 6 月 の更新プログラムのロールアップ パッケージは、問題を解決し、パフォーマンスおよび信頼性の向上が含まれています。定期的なメンテナンス ルーチンの一部として、この更新プログラムのロールアップを適用することをお勧めします。問題を修正し、この更新プログラムの前提条件を確認してください。

この更新プログラムで修正される問題

この更新プログラム パッケージでは、次のマイクロソフト サポート技術情報 (KB) 資料に記載されている問題が修正されます。

  • されたら、BitLocker 回復キーの Windows には自動修復プロセスが入力した場合

  • 「HYPER-V レプリカ ・ クラスターのブローカーがインストールされていません」エラーを Microsoft Azure にプライベート クラウドをレプリケートする場合

  • の DNS サーバーは、Windows Server 2012 R2 の更新プログラム 2919355 をインストールした後にクラッシュします。

  • ノードは、Windows Server 2012 R2 ベースのクラスターに再接続するとき、2 つのノード間の接続が失われる

  • CPrepSrv.exe プロセスがクラッシュするか、フェールオーバー クラスター マネージャーは、Windows Server 2012 R2 の記憶域を検証するときにフリーズします。

  • が予期せず、Windows Server 2012 R2 の共有ディスク リソースが削除されたノードにアクセスできます。

  • Windows Server 2012 R2 ベースのフェールオーバー クラスターでクラスター サービスを停止することはできません。

  • ストレージ ・ スペースには Windows Server 2012 R2 のフェールオーバー クラスターのノードで障害が発生した後、別のノードに移動するのには時間がかかる

  • STS パッシブ サインインに失敗するとサインイン要求が STS のプロキシを経由して Windows Server 2012 R2 ベースの STS サーバーに送信されます。

  • AD FS デバイス認証速度が遅い、または Windows Server 2012 R2 の失敗

  • 認証エラーとイベント 422 AD FS の STS サーバーおよび AD FS プロキシ サーバーは、Windows Server 2012 R2 の場合

  • は、Windows RT 8.1 または Windows 8.1 のファイル エクスプ ローラーを開いたときに長時間待機します。

  • ベースの Windows Server 2012 R2 の HYPER-V サーバーで 2 番目の VM を起動すると、仮想マシンのネットワークが失敗しました。

  • Windows の更新プログラムは Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 の共有プリンター用のドライバーをダウンロードしていません。

  • Get VirtualDisk を実行するときにエラーが発生します。Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 のコマンドレットを get ClusterResource

  • Windows RT 8.1 および Windows 8.1 の OneDrive の改善の更新: 6 月の 2014年

  • Windows RT 8.1、Windows 8.1 では、Windows Server 2012 R2 の WMI プロバイダーの 「0x80041013」エラー

  • Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 の販売促進用の CSV トークンを利用すると「問題が発生しました」エラー

  • では選択できません中国語の候補の単語から画面に表示されるキーボード Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2

  • の設定が正しく移行されなかった Windows RT 8.1 または Windows 8.1 で PBR を使用してシステムを更新した後

  • Windows Server 2012 R2 のコア インストールを実行しているリモート サーバーに接続するとき、ログオン UI がクラッシュします。

  • Windows RT 8.1 Windows 8.1 の OneDrive の経験を向上させるためにを更新します。

  • Windows の日本語の文字に変換すると、Excel がフリーズします。

  • Windows Server 2012 R2 または Windows Server 2008 環境で無効な XML エラーの監査イベント ID 4661 トリガー

  • CA サーバーのホスト名が 52 文字を超える場合、 ダイアログ ボックスの [CA 証明書を取得できませんでした、要素が見つかりません」エラーが発生します。

  • WebClient サービスの送信しない cookie Windows

  • 共有プリンター名が正しく表示されない Windows で

  • ikev2 ベースの VPN 接続は失敗してエラー 13806 Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 の ECDSA の証明書を使用する場合

  • Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 の IP アドレスを更新するコンピューターが DNS に登録することはできません。

  • Windows で、[NoDCopy] オプションを使用して、Robocopy コマンドを実行すると、隠しファイルの属性をコピー、

  • SharePoint パス] の下のファイルをコピーできません別のコンピューターに Windows 8.1 または Windows 8 の Robocopy コマンドを使用して

  • Windows Server 2012 R2 または Windows Server 2012 を実行しているセカンダリの DNS サーバーに DNS クエリが失敗します。

  • とアクセス拒否の Windows Server 2012 R2 または Windows Server 2012 でメンテナンス モードで、ボリュームをロックしようとしています。

  • 拡張ウィンドウ スタイルを使用するアプリケーションを実行すると、コンピューターがクラッシュします。

  • パスワードを設定し、Windows 8.1 または Windows 7 の Bitlocker To Go [次へ] をクリックすると、「RPC サーバーを利用できません」エラー

  • Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 の Direct3D 9 を使用するゲームを起動すると、黒い画面が発生します。

  • Windows Server 2012 R2 ベースの DNS サーバー上のが正しくありませんの CNAME レコード

  • Windows 8.1 または Windows 8 を実行しているコンピューターで 1 時間後、サードパーティの VPN サーバーを経由の A の VPN 接続が切断しました。

  • ビデオのプレビューがぼやける Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 のカメラ アプリケーションを開くとき

  • Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 ベースのコンピューターでは、回転することは動作しません

  • Windows RT 8.1 または Windows 8.1 でスリープ モードからコンピューターを復帰すると、タッチ入力の不適切な方向を

  • 外字フォントを印刷できません正しく Windows では、XPS プリンター ドライバーを使用して


更新プログラムの入手方法

方法 1: Windows Updateこの更新プログラムが提供されているから重要更新プログラムとして。自動更新をオンにすると、この更新プログラムは自動的にインストールされます。

  1. 画面の右端からスワイプして Windows Update を表示 (または、マウスを使用している場合、画面の右下隅をポイントし、マウス ポインターを上方向に移動) し、[設定] をタップまたはクリックして、[PC 設定の変更] をタップまたはクリックし、[更新および回復] をタップまたはクリックします。

  2. [今すぐチェック] をタップまたはクリックし、Windows がコンピューター用の最新の更新プログラムを探す間待ちます。

  3. 更新プログラムが見つかった場合は、[更新プログラムのインストール] をタップまたはクリックします。

  4. オプションの下の更新 2962409を [選択] し、[インストール] をタップまたはクリックします。

注 一部の更新プログラムのインストール後、コンピューターの再起動が必要な場合があります。再起動する前に何も失わないように、ファイルやアプリケーションを保存して閉じます


Windows Update の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

方法 2: Microsoft ダウンロード センターMicrosoft ダウンロード センターから更新プログラムのスタンドアロン パッケージを取得することもできます。
Download
Download
Download

注 Windows RT 8.1 用更新プログラムは Windows Update からのみ入手できます。

Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事をご参照ください。

オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

詳細


必要条件この更新プログラムを適用するには、最初に、Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 に 2919355 の更新プログラムをインストールする必要があります。詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。

Windows RT 8.1、8.1 の Windows および Windows Server 2012 R2 の更新年 4 月、2014

再起動に関する情報この更新プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要があります。

更新プログラムの置き換えに関する情報この更新プログラムにより、以前にリリースされた更新プログラムが置き換わることはありません。

ファイル情報

ファイルの詳細情報この更新プログラム 2962409 に記載されているファイルのリストは、 をダウンロードします。

ファイル ハッシュの情報次の表は、更新プログラム (.msu) の署名に使用される証明書の拇印(サムプリント)をリストアップしたものです。ダウンロードする更新プログラムに示された証明書の拇印が、マイクロソフト サポート技術情報の記事にある証明書の拇印であることを確認してください。

ファイル名

SHA1 および SHA2

Windows8.1-KB2962409-arm.msu

SHA1: E412885822B9FFB9E98D8D2E2F83E94F8E010E2D
SHA256: 582A9C4A5CACAB45497EF8D3BB1ADBC38A60DA9C075D70C5D38E7B124963F2AC

Windows8.1-KB2962409-x64.msu

SHA1: 59C012EC26280B9AF501C80DD817DF6D940D15F2
SHA256: A229AB8162426C233D9041D89C8EB2F1C1F3098BB3F3A6FF7E66CCD5146BF158

Windows8.1-KB2962409-x86.msu

SHA1: 15A665E47987522B7702852D7FCAD3F07C3885E0
SHA256: AAE2F8A0141E50147CB249DE1B20BECFB6696F580E6FC1404F4CE5EA6DD3CE64

Windows8.1-KB2959146-v3-x64.msu

SHA1: B76518E25A41FAD1FC0531F2772A584BCEFB96DF
SHA256: 2A79CE96C8E51517AAAEC65C7439219F512A0A06DD63E1494F28AD8A8E758C6A

Windows8.1-KB2973448-x64.msu

SHA1: 54D1F31F8BD5C6536E152878ABCC6AE9D6130D9A
SHA256: 08A145680AEE5AE1E6FE153E366F07AC68505DC6A86FA327B95E600BD2368C46

Windows8.1-KB2980654-arm.msu

SHA1:A493DB1545499EA3846CD7CBE7CD974AE38C95EA
SHA256: 30DB094DB258FC74279FE2442AA9515FDE7BF6C68102E6802DCA5516FEE1F253

Windows8.1-KB2980654-x64.msu

SHA1: 654C734849387CE5E318EC97C6BB97D28389A6E1
SHA256: 2577994599BBBD7DBFA183959DAE37AC5C84D0DD0289E817673BBF1A8BA74F7B

Windows8.1-KB2980654-x86.msu

SHA1: 7557F5A649817427CA2C9ABDA9444750D424C1E2
SHA256: EF2E1DFC60C9CD5315E06963CAEB4DED3D0CCE277272C94F74C759606B68C040

関連情報

ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。

マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×