文書番号: 306525 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP306525
Microsoft Windows 2000 については、次の資料を参照してください。 327850.
Microsoft Windows Millennium Edition (Me) については、次の資料を参照してください。 268331.
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、使用中のコンピューターで利用できる重要な更新プログラムが提供されたときに通知するように Windows の自動更新機能を構成する方法について説明します。Windows で更新プログラムをコンピューターにインストールするスケジュールを指定することもできます。

注: 詳しい知識のあるユーザーや IT 専門家は、Active Directory 環境でグループ ポリシーを使用するか、Active Directory 環境でない場合はレジストリ設定を使用して、自動更新を構成できます。 これらの方法を使用して自動更新を構成する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
328010 グループ ポリシーまたはレジストリの設定を使用して自動更新を構成する方法

必要条件

最新バージョンの自動更新機能の使用

この資料では、最新の自動更新機能を使用していることを前提としています。 最新バージョンの自動更新機能は、Windows XP Service Pack 2 以降、Windows Vista、および Windows 7 に含まれています。

Windows XP Professional、Windows XP Home Edition、および Windows XP 64-Bit Edition を使用している場合は、Windows XP SP2 または Windows XP Service Pack 3 (SP3) をインストールして最新の自動更新機能を使用してください。 SP2 の入手方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322389 Windows XP の最新の Service Pack を入手する方法
注: Windows XP SP3 をインストールするには、Windows XP SP1a または Windows XP SP2 をインストールする必要があります。

コンピューターの管理者としてログオンする

Windows XP Home Edition では、コンポーネントをインストールしたり自動更新の設定を変更したりするには、コンピューターの管理者としてログオンする必要があります。 Windows XP Professional では、管理者または Administrators グループのメンバーとしてログオンする必要があります。
http://support.microsoft.com/gp/admin/ja
Windows Vista または Windows 7 では、管理者のパスワードまたは確認を要求するメッセージが表示されます。

注: コンピューターがネットワークに接続されている場合は、ネットワーク ポリシーの設定によって、この資料の手順を実行できないことがあります。これらの手順を実行するアクセス許可がない場合は、ネットワーク管理者に連絡してください。

自動更新を有効にする

自動更新を有効にします。このページで自動更新を有効にするには、「Fix it で解決する」セクションに進んでください。自分で自動更新を有効にするには、「自分で解決する」セクションに進んでください。

Fix it で解決する

この問題を自動的に解決するには、[この問題を解決する] リンクをクリックします。続いて [ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、このウィザードの手順に従います。
元に戻す全体を表示する
自動更新を有効にする自動更新を無効にする
Fix this problem
Microsoft Fix it 50362
Fix this problem
Microsoft Fix it 50363


注: このウィザードは英語版のみである場合がありますが、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。

注: 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、自動的な解決ツールをフラッシュ ドライブまたは CD に保存することで、問題のあるコンピューターで実行することができます。

自分で解決する

Windows Vista および Windows 7

自動更新を自分で有効にするには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、検索ボックスに「Windows update」と入力します。次に、[プログラム] の一覧で [Windows Update] をクリックします。
  2. 左側のウィンドウで [設定の変更] をクリックします。
  3. 必要なオプションを選択します。
  4. [推奨される更新プログラム] で、[推奨される更新プログラムについても重要な更新プログラムと同様に通知する] チェック ボックスまたは [推奨される更新プログラムについてもダウンロード、インストール、および通知する] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。

Windows XP

自動更新を自分で有効にするには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに「sysdm.cpl」と入力し、Enter キーを押します。
  2. [自動更新] タブをクリックして、次のオプションのいずれかをクリックして選択します。[自動 (推奨) 推奨される更新を自動的にダウンロードし、次の時刻にインストールする] オプションを選択することを推奨します。
    • 自動 (推奨) 推奨される更新を自動的にダウンロードし、次の時刻にインストールする

      このオプションを選択すると、Windows がユーザーのオンライン状態を認識し、インターネット接続を使用して Windows Update Web サイトまたは Microsoft Update Web サイトからコンピューターに適用する更新プログラムを検索します。更新プログラムはバックグラウンドで自動的にダウンロードされ、この処理中にメッセージが表示されたり中断されたりすることはありません。更新プログラムをダウンロード中は、タスク バーの通知領域にアイコンが表示されます。アイコンをポイントして、ダウンロードの状態を確認できます。ダウンロードが完了すると、通知領域に別のメッセージが表示され、インストールのスケジュールが設定されている更新プログラムを確認できます。
      • 更新プログラムのダウンロードとインストールをスケジュールする日時をクリックして選択します。自動更新は任意の時刻にスケジュールできます。 ただし、更新プログラムをインストールするには、指定した時刻にコンピューターが稼働している必要があります。
      • 更新プログラムのダウンロードが完了したらすぐにインストールすることを選択できます。これを行うには、ダウンロード メッセージ (または更新プログラム アイコン) をクリックし、[インストール] をクリックします。更新プログラムのダウンロードが完了したときにインストールしないことを選択した場合は、設定したスケジュールに従って Windows によってインストールが開始されます。
    • 更新を自動的にダウンロードするが、インストールは手動で実行する

      このオプションを選択すると、Windows がユーザーのオンライン状態を認識し、インターネット接続を使用して、Windows Update Web サイトまたは Microsoft Update Web サイトから自動的に更新プログラムをダウンロードします。更新プログラムをダウンロード中は、タスク バーの通知領域にアイコンが表示されます。アイコンをポイントして、ダウンロードの状態を確認できます。ダウンロードが完了すると、通知領域に別のメッセージが表示され、インストールのスケジュールが設定されている更新プログラムを確認できます。
      • ダウンロードされた更新プログラムをインストールする場合は、メッセージ (または更新プログラム アイコン) をクリックし、[インストール] をクリックして更新プログラムをインストールします。
      • ダウンロードされた更新プログラムをインストールしない場合は、[詳細] をクリックし、更新プログラムの横にあるチェック ボックスをオフにして拒否します。
    • 更新を通知するのみで、自動的なダウンロードまたはインストールを実行しない

      このオプションを選択すると、Windows がユーザーのオンライン状態を認識し、インターネット接続を使用して Windows Update Web サイトまたは Microsoft Update Web サイトからダウンロードを検索します。新しい更新プログラムのダウンロードやインストールが可能になると、タスク バーの通知領域に、自動更新アイコンとメッセージが表示されます。
      • 更新プログラムを表示するには、アイコンまたはメッセージをクリックします。選択された更新プログラムをダウンロードしない場合は、更新プログラムの横にあるチェック ボックスをオフにして拒否します。選択された更新プログラムをダウンロードするには、[ダウンロード開始] をクリックします。更新のダウンロード中は、タスク バーの通知領域に、自動更新アイコンが表示されます。アイコンをポイントして、ダウンロードの状態を確認できます。
      • ダウンロードが完了すると、更新のインストールの準備ができていることを通知する別のメッセージが通知領域に表示されます。 自動更新アイコンまたはメッセージをクリックし、[インストール] をクリックして更新プログラムをインストールします。
  3. [OK] をクリックします。
自動更新をスケジュールする方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
327838 Windows XP、Windows 2000、または Windows Server 2003 で自動更新をスケジュールする方法

保留中の更新が通知されるようにする

更新プログラムのダウンロードまたはインストールを行う前に通知を受け取るように自動更新機能を構成している場合、タスク バーの通知領域にアイコンとメッセージを表示することで通知が行われます。

更新プログラムのダウンロードまたはインストールを今すぐ行わない場合は、タスク バーの通知領域に表示されている自動更新アイコンまたはメッセージをクリックし、[自動更新] ダイアログ ボックスの [後で通知する] をクリックします。[自動更新] ダイアログ ボックスで、次の通知を受けるまでの時間を指定できます。

ダウンロードの通知は、インターネットに接続しているときにのみ行われます。 インストールの通知は、指定したスケジュールに従って行われます。

ダウンロードを一時停止または再開する

ダウンロード処理の開始後、いつでもダウンロードを一時停止したり再開したりすることができます。 ダウンロード処理の一時停止後にインターネット接続を閉じたり、コンピューターを再起動したりした場合、インターネットへの次回の接続時に、自動的にダウンロードが再開されます。

ダウンロードを一時停止または再開するには、以下の手順を実行します。
  1. ダウンロード処理中に、通知領域に表示されているアイコンをクリックし、[一時停止] をクリックします。
  2. 再びダウンロードを開始する準備ができたら、通知領域の [自動更新] アイコンをクリックし、[再開] をクリックします。

以前に拒否した更新プログラムを復元する

特定の更新プログラムをダウンロードしないように指定した場合、再度自動更新を使用してその更新プログラムをダウンロードできます。 拒否した更新プログラムを復元するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに「sysdm.cpl」と入力し、Enter キーを押します。
  2. [自動更新] タブをクリックし、[非表示にした更新を再表示する] をクリックします。
  3. [はい] をクリックして、拒否した更新プログラムを復元します。

自動更新を無効にする

自動更新を無効にする場合は、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに「sysdm.cpl」と入力し、Enter キーを押します。
  2. [自動更新] タブをクリックし、[自動更新を無効にする] をクリックします。
  3. [OK] をクリックします。

次の手順

上記の手順で問題が解決しなかった場合、Microsoft Customer Support Services の Web サイトを使用すると問題の他の解決策を検索できます。 Microsoft Customer Support Services Web サイトでは、以下のようなサービスを利用できます。
  • サポート技術情報検索: マイクロソフト製品に関するテクニカル サポート情報とセルフ サポート ツールを検索できます。
  • 製品別サポート ページ: 製品別のよく寄せられる質問や新着サポート技術情報を参照します。
  • その他のサポート オプション: Web を使用した質問、Microsoft Customer Support Services への問い合わせ、フィードバックの送信を行うことができます。

詳細

Windows Update または Microsoft Update を使用してファイルを更新する

自動更新を使用しないように選択した場合でも、Windows Update Web サイトまたは Microsoft Update Web サイトから特定の更新プログラムをインストールすることができます。 Windows Update および Microsoft Update は、ドライバー、セキュリティ更新プログラム、重要な更新プログラム、最新のヘルプ ファイル、インターネット製品などの項目のカタログであり、それらをダウンロードしてインストールすることにより、コンピューターを最新の状態にすることができます。

Windows Update Web サイトまたは Microsoft Update Web サイトを使用して、最新の重要な更新プログラムでシステム ファイルを更新するには、以下の手順を実行します。
  1. Microsoft Internet Explorer を起動します。
  2. [ツール] メニューの [Windows Update] をクリックします。
  3. 必要なソフトウェアをインストールするかどうかを確認するメッセージが表示された場合は、[はい] をクリックします。

    Windows Update ホーム ページまたは Microsoft Update ホーム ページが表示されます。
  4. [高速インストール (推奨): このコンピューター用の、優先度の高い更新プログラム] をクリックします。 Windows Update または Microsoft Update によって、コンピューターにインストールできる重要な更新プログラムが検索されます。
  5. [今すぐダウンロードしてインストールする] をクリックして、インストールできる重要な更新プログラムをすべてインストールします。
Windows Update カタログまたは Microsoft Update カタログで更新プログラムを検索してダウンロードすると、自宅または企業のネットワーク上にある Windows 98、Windows Millennium Edition、Windows 2000、Windows XP、または Windows Server 2003 を搭載している 1 台以上のコンピューターに更新プログラムをインストールできます。

注: Windows Update カタログまたは Microsoft Update カタログを使用した更新プログラムのダウンロードは、詳しい知識のあるユーザーまたは管理者のみが行うことをお勧めします。 Windows Update カタログの使用方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
323166 Windows Update カタログからドライバーや修正プログラムを含む更新プログラムをダウンロードする方法

プロパティ

文書番号: 306525 - 最終更新日: 2013年6月6日 - リビジョン: 6.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Update
キーワード:?
kbwindowsupdatev6 kbenv kbhowtomaster kbupdate kbmsifixme kbfixme KB306525
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com