お子様による使用時間の制限を設定する

適用対象: Microsoft アカウント

  • Xbox One デバイスと Windows 10 デバイスでお子様による使用時間の制限を設定するには、ファミリ グループに移動して、Microsoft アカウントでサインインします。次に、以下を行います。
    • お子様の名前を見つけ、[使用時間] を選択します。

    • すべてのデバイスで同じ使用時間のスケジュールを設定する場合には、[すべてのデバイスに 1 つのスケジュールを使用する] をオンにします。
    • スケジュールを個別に管理する場合は、下へスクロールして、Xbox One と Windows 10 を [オン] または [オフ] に切り替えます。使用時間の制限が不要であれば、同じオプションを [オフ] にします。 

    • スケジュールを設定したすべての時間を有効にするには、既定の設定である無制限のままにしておきます。たとえば、使用時間を午前 8 時から午後 8 時に設定した場合、お子様は、この時間内でずっとデバイスを使うことができます。   
    • 既定の無制限でスケジュールを設定しない場合は、各曜日の行を選択して、お子様にデバイスの使用を許可する時間帯と長さを設定します。
    • 希望のスケジュールを指定し、[追加] [保存] の順に選択します。
  • お子様が使用時間を最大限に活用できるようにする
  • お子様が本体をアクティブに使っていないときには、サインアウトしてもらいましょう。使用時間は、お子様がサインインしているときにのみカウントダウンされます。 
  • 使用時間の制限に近づいたら、Xbox でお子様にカウントダウンが表示されるように設定することをお勧めします。Xbox コントローラーで、Xbox  ボタンを押します。[システム] [設定] > [プレイ環境] > [通知] > [Xbox 通知] > [システム] の順に選択し、[システムの通知オン] を選択します。