Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

この記事では、リストまたはリスト アイテムを組織内のユーザーと共有して、他のユーザーが表示および編集する方法について説明します。 

リストとリスト アイテムに対するアクセス許可は、ファイルと同じ方法でいつでも 管理できます。 組織外のユーザーとの共有の詳細については、「OneDrive、SharePoint、およびリストの外部共有またはゲスト共有」を参照してください。 

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

注: 

  • 通常、SharePointサイトでは、リストとリストのアイテムは、サイトへのアクセス許可を持つすべてのユーザーが利用できます。 ただし、場合によっては、リストまたはリスト アイテムを、リストにアクセスできないユーザーと共有したい場合があります。

  • お使いの画面はここにある例とは異なりますか?管理者がリストでクラシック モードを設定している可能性があります。 サイトは、既定でクラシック エクスペリエンスを使用するために設定されている場合や、以前のバージョンのサービスを使用SharePoint。 リストの所有者、サイト所有者、または管理者の場合は、「リストまたはドキュメント ライブラリの既定のエクスペリエンスを新規またはクラシックから切り替える」を参照して、既定のエクスペリエンスを設定する手順を確認してください。

リストまたはリスト アイテムを特定のユーザーと共有する

  1. リストに移動するか、共有するリスト アイテムを選択し、[共有] を選択 アプリの [共有] Microsoft Listsします。

    1. リストの場合は、上部のリボン アプリの [共有] Microsoft Listsします。 共有] を見つける方法があります。

    2. リスト アイテムの場合は、[タイトル ] 列 アプリの [共有] Microsoft Listsします。 上部のリボンにある [共有] ページを見つける方法があります。

  2. [既存のアクセス権を持つユーザーはリンクを使用できます] を選択します

  3. [特定のユーザー] を選択し、[適用] を選択します

  4. リストまたはリスト アイテムを共有するユーザーの名前を入力します。

  5. 右側の鉛筆アイコンを選択して、レベルアクセスを設定します。

    1. リストを共有している場合は 次のアクセス許可オプションがあります。

      • リストを編集できるユーザーは、アイテム、列、ビューの編集、追加、削除など、リスト全体を編集できます。 

      • アイテムを編集できる ユーザーは、アイテムの編集、追加、または削除のみを行います。

      • [表示可能] では、ユーザーはリストのみを表示できます。 アイテムまたはリストを編集または共有できない。

    2. リスト アイテムを共有している場合 は、次のアクセス許可オプションがあります。

      • [編集可能] を選択すると、ユーザーはアイテムを変更できます。 他のアイテムやリストを編集することはできません。

      • [表示可能 ] では、ユーザーはアイテムのみを表示できます。 他のアイテムやリストを表示することはできません。

  6. 必要に応じて、メッセージを追加します。

  7. [送信] を選択します。

注: 

  • 共有リストには、 で "アクセス許可の管理" アクセス許可が SharePoint。 既定では、サイトまたはリストの所有者だけがリストを共有できます。

  • サイト メンバーまたはサイト訪問者 (または所有者以外) がリストを共有しようとすると、 SharePoint はサイトの所有者に承認要求を送信します (サイトがアクセス要求を許可している場合)。

  • サイトのアクセス 要求が無効になっている場合、所有者以外は、共有するアクセス許可を持たなことを知らせるメッセージを受け取ります。

  • 会社の管理者は、組織外のユーザーへの共有を制限する場合があります。

  • サイト管理者がサイト所有者への共有を制限していない場合、[編集] 権限を持つユーザーは、[共有] または [リンクのコピー] を選択して、そのリストまたはリスト アイテムを他のユーザーと共有できます。 編集権限を持つユーザーは、[リンクのコピー] を使用して、リストまたはリスト アイテムへのアクセス許可を既に持っているユーザーがアクセスできるリンクを取得できます。

[リンクのコピー] を使用してリストまたはリスト アイテムを共有する

  1. リストに移動するか、共有するリスト アイテムの上にマウス ポインターを置き、[ 共有] を選択 アプリの [共有] Microsoft Listsします。 リストを共有するためのアクセス許可オプションを含む共有ポップアップのスクリーンショット。

  2. 既定のアクセス許可を使用するか、[組織内のユーザー<]>を編集してリンクのアクセス許可を変更できます。
    リンクのアクセス許可を付与するユーザーのオプションを含む共有ポップアップのスクリーンショット。

  3. リンクのアクセス許可を変更するには、リンクを使用してアクセス権を付与するユーザーのオプションを選択します。

    注: 共有オプションが灰色表示の場合は、組織の管理者によってオプションが制限されている可能性があります。 たとえば、使用可能なリンクが組織外のユーザーに転送されないようにするために、組織の管理者が [すべてのユーザー] オプションを無効にすることを選択している場合があります。

    •   [すべてのユーザー] は、このリンクを受信するすべてのユーザーにアクセス権を付与します。ユーザーが所有者から直接受け取ったか他のユーザーから転送されたかは関係ありません。 これには、組織外のユーザーも含まれる場合があります。

      注: このオプションは、 SharePoint Server 2019 では使用できません。

    • 組織内の<ユーザーは >から直接受信するか、他のユーザーから転送するかに関係ない、組織内のリンク アクセス権を持つすべてのユーザーを提供します。

    • 既存のアクセス権を持つ ユーザーは、既にアクセス権を持っているユーザーが使用できます。 これは、既にアクセス権を持っているユーザーにリンクを送信する場合に使用します。

    • [特定のユーザー] は、指定したユーザーにのみアクセス権を付与します。ただし、他のユーザーが既にアクセス権を持っている場合もあります。 ユーザーが共有への招待を転送した場合、アイテムへのアクセス権を既に持っているユーザーのみがリンクを使用できます。 特定のユーザーと共有するには、前のセクション「特定のユーザーとリストまたはリスト アイテム を共有する」を参照してください。 

  4. [その他の設定] で、次のいずれかのオプションを選択します。

    1. リストを共有している場合は 次のアクセス許可オプションがあります。

      • リストを編集できるユーザーは、アイテム、列、ビューの編集、追加、削除など、リスト全体を編集できます。 

      • アイテムを編集できる ユーザーは、アイテムの編集、追加、または削除のみを行います。

      • [表示可能] では、ユーザーはリストのみを表示できます。 アイテムまたはリストを編集または共有できない。

    2. リスト アイテムを共有している場合 は、次のアクセス許可オプションがあります。

      • [編集可能] を選択すると、ユーザーはアイテムを変更できます。 他のアイテムやリストを編集することはできません。

      • [表示可能 ] では、ユーザーはアイテムのみを表示できます。 他のアイテムやリストを表示することはできません。

  5. 完了したら、[適用] を 選択します

  6. リンクを送信する準備ができたら、[コピー] を選択し、送信するリンクを貼り付けます。

    注: 

    • サイトに保存および保存されたリストSharePointリンクSharePointサイトの管理者アクセス許可に従います。 [マイ リスト] に保存されたリストは、プロファイルの共有OneDriveに従います。 これらの両方は、管理センター SharePoint構成できます

    • 共有リンクによって付与されたアクセス許可は、リンクが存在する限りのみ続く。 たとえば、リンクが無効になっている場合、アクセスは取り消されます (他の方法でリスト アイテムにアクセスできる場合があります)。

    • [編集を許可する] が選択されている場合 (およびユーザーがサインインした後)、組織内のユーザーはリスト アイテムの列値を編集できます。 [編集を許可する] が選択されていない場合、組織内のユーザーはアイテムとその列の値を表示できますが、編集することはできません。

    • サイト管理者は、所有者だけが共有できるよう共有を制限できます。

    • サイト管理者がサイト所有者への共有を制限していない場合、リスト アイテムに対する編集アクセス許可を持つユーザーは、[共有] または [リンクのコピー] を選択して、そのリスト アイテムを他のユーザーと共有できます。 編集権限を持つユーザーは、[リンクのコピー] を使用して、リスト アイテムへのアクセス許可を既に持っているユーザーがアクセスできるリンクを取得できます。

ご意見を寄せてください。

この記事は役に立ちましたか? 役に立った場合は、このページの一番下のリンクを使ってお知らせください。 役に立たなかった場合は、わかりにくかった点や情報が不足している点をお知らせください。 お客様からのご意見は、事実を確認し、情報を追加して、この記事を更新するために利用させていただきます。

アプリで開いているリストを共有する

  1. アプリ ウィンドウの 右下にある [詳細 (...)] を選択します。

  2. [共有 リスト] を選択します

  3. [ リンク] をタップし、共有するユーザーの名前を入力します。

  4. 鉛筆アイコンをタップし、受信者に与えるアクセスレベルを選択します。

    ペン アイコンは、受信者がファイルを編集できる状態を示します。

  5. 必要な場合は、受信者にメッセージを含める。

  6. [送信] をタップします。

リスト アプリのホーム ページからリストを共有する

  1. リスト アプリのホーム ページを開きます。

    (既にリストに表示されている場合は、アプリの左上隅にある戻る矢印をタップして [ホーム] に移動できます)。

  2. 共有するリストで、垂直の省略記号をタップします リストホーム ページで、リストの横にある垂直省略記号をタップして、リストの追加オプション (共有や名前変更など) を表示します。

  3. [共有] をタップします。

  4. [ リンク] をタップし、共有するユーザーの名前を入力します。

  5. 鉛筆アイコンをタップし、受信者に与えるアクセスレベルを選択します。

    ペン アイコンは、受信者がファイルを編集できる状態を示します。

  6. 必要な場合は、受信者にメッセージを含める。

アプリで開いているリストを共有する

  1. アプリ ウィンドウの 右下にある [詳細 (...)] を選択します。

  2. [共有 リスト] を選択します

  3. [ リンク] をタップし、共有するユーザーの名前を入力します。

  4. 鉛筆アイコンをタップし、受信者に与えるアクセスレベルを選択します。

    ペン アイコンは、受信者がファイルを編集できる状態を示します。

  5. 必要な場合は、受信者にメッセージを含める。

  6. [送信] をタップします。

リスト アプリのホーム ページからリストを共有する

  1. リスト アプリのホーム ページを開きます。

    (既にリストに表示されている場合は、アプリの左上隅にある戻る矢印をタップして [ホーム] に移動できます)。

  2. 共有するリストで、垂直の省略記号をタップします リストホーム ページで、リストの横にある垂直省略記号をタップして、リストの追加オプション (共有や名前変更など) を表示します。

  3. [共有] をタップします。

  4. [ リンク] をタップし、共有するユーザーの名前を入力します。

  5. 鉛筆アイコンをタップし、受信者に与えるアクセスレベルを選択します。

    ペン アイコンは、受信者がファイルを編集できる状態を示します。

  6. 必要な場合は、受信者にメッセージを含める。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×