目次
×
共有と共同編集
共有と共同編集

PowerPoint のプレゼンテーションを他のユーザーと共有する

プレゼンテーションをクラウドに保存し、他のユーザーに送信することによって、プレゼンテーションを共有する

ご利用のブラウザーではビデオがサポートされていません。
  1. [共有] を選択します。

  2. プレゼンテーションがまだクラウドに保存されていない場合は、プレゼンテーションを保存するクラウドの場所を選択します。

  3. アクセス許可レベルを選択する

  4. [適用] を選択します。

  5. 名前とメッセージを入力します。

  6. [送信] を選択します。

他のユーザーと文書の共同作業を行う方法の詳細については、「PowerPoint プレゼンテーションで共同作業する」を参照してください。

共有を停止するには、「OneDrive のファイルまたはフォルダーの共有を停止またはアクセス許可を変更する」を参照してください。

従来のメールの添付ファイルを使用して共有する

ドキュメントを共有して他のユーザーと共同作業を行わない場合は、単に従来のメールの添付ファイルを使用して、他のユーザーにプレゼンテーションを送信します。

この機能は、Microsoft 365 サブスクリプションをお持ちのユーザーに限り使用できます。 Microsoft 365 サブスクリプションをお持ちの場合は、最新バージョンの Office をインストールしているかどうか確認してください

  1. プレゼンテーションをコピーまたは PDF として送信するには、[共有] を選択します。

    PowerPoint 2016 のリボンの [共有] ボタン

  2. [共有] ダイアログ ボックスの [代わりにコピーを添付する] を選択します。

    [共有] ダイアログ ボックスの [代わりにコピーを添付する] ボタン

  3. PowerPoint プレゼンテーションまたは PDF を選択します。

    メールでプレゼンテーションを送信するための添付ファイルのオプションは、プレゼンテーションまたは PDF になります。

    PowerPoint からメール アプリケーションが開かれ、新しいメッセージにファイルが添付されます。 宛先の詳細と、短いメッセージを入力し、[送信] をクリックします。

この機能は、Microsoft 365 サブスクリプションをお持ちのユーザーに限り使用できます。 Microsoft 365 サブスクリプションをお持ちの場合は、最新バージョンの Office をインストールしているかどうか確認してください

  1. プレゼンテーションをコピーまたは PDF として送信するには、[共有] を選択します。

    PowerPoint のリボンの [共有] ボタン

  2. [共有] ウィンドウで、[添付ファイルとして送信] を選択します。

    [共有] ダイアログ ボックスの [代わりにコピーを添付する] ボタン

  3. [コピーの送信] または [PDF を送信] を選びます。

    PowerPoint 2016 で [PDF を送信] リンクを表示する

    PowerPoint からメール アプリケーションが開き、新しいメッセージにファイルが添付されます。 受信者の詳細や短いメッセージを入力し、[送信] をクリックします。

PowerPoint for macOS では、プレゼンテーションを共有または共同編集できます。 他のユーザーに編集を許可すると、行われた変更は元のプレゼンテーションに統合されます。 プレゼンテーションを共有する場合は、次の操作ができます。

  • 他のユーザーを招待して、OneDrive などのクラウド内にあるファイルの表示や編集ができるようにします。

  • クラウドに保存したファイルへのリンクを送信します。

  • ファイルのコピーをメールの添付ファイルとして送信します。

注: JPEG または PDF 形式でプレゼンテーションを保存する方法については、「PowerPoint でサポートされるファイル形式」を参照してください。

重要:  OneDrive、または Microsoft SharePoint Server 2010 がインストールされているサーバー上にある、.pptx または .ppsx ファイル形式のプレゼンテーションを同時に編集できます。 Office for Mac の SharePoint を使用するには、少なくとも Microsoft Office for Mac Home and Business 2011、Microsoft Office for Mac Academic 2011、または Microsoft Office for Mac Standard 2011 が必要です。

他のユーザーを招待して、プレゼンテーションの表示や編集ができるようにする

ファイルをクラウドに保存してから、他のユーザーを招待して、そのファイルの表示や編集ができるようにします。 この方法を使用すると、ファイルを更新するたびに、共有している全員に最新バージョンが提供されます。

  1. 右上隅の [共有] アイコンをクリックして、[ユーザーの招待] をクリックします。

    PPT for Mac の [共有]

    ファイルがデバイスにある場合、まずクラウドへのファイルのアップロードを求められます。

    PPT for Mac の [クラウドに保存]

  2. 招待フィールドにメール アドレスを追加して、ユーザーを招待します。 初めて名前を追加するときには、連絡先にアクセスするように要求されます。

  3. ユーザーがファイルを編集できるようにするには、[編集可能] チェック ボックスをオンにします。 コメント フィールドにコメントを追加 (コメントがある場合のみ) して [共有] をクリックします。

    PPT for Mac の共有への招待

    受信者が共有ファイルへのリンクを含んだメールを受信します。

プレゼンテーションへのリンクをコピーして、別の共有ファイルや受信者宛てのメールに貼り付けることができます。

  1. 右上隅の [共有] アイコンをクリックして、[リンクのコピー] をクリックします。

    PPT for Mac のコピーを共有するリンク

    ファイルがデバイスにある場合、まずクラウドへのファイルのアップロードを求められます。

    PPT for Mac の [クラウドに保存]

  2. 必要な場所にリンクを貼り付けます。

ファイルをクラウドに保存したくない場合は、メールの添付ファイルとして共有できます。

  1. 右上隅の [共有] アイコンをクリックして、[添付ファイルの送信] をクリックします。

    PPT for Mac の [添付ファイルとして送信]

  2. [プレゼンテーション] または [PDF] をクリックします。

    PPT for Mac のメールを共有するオプション

  3. メール アプリケーションが開き、新しいメッセージにファイルが添付されます。 メール アドレスや短いメッセージなどの詳細を入力し、[送信] をクリックします。

関連項目

PowerPoint for Mac でプレゼンテーションを共有または共同編集する

PowerPoint でサポートされるファイル形式

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×