現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows XP、Windows Server 2003、または Windows 2000 で Windows Update が起動しない

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2497281
解決方法
[スタート] メニューから Windows Update を起動しようとすると、Windows Update ウィンドウが空白になるか表示されません。

アクセスすることができます、 Windows Update 。場合はこのサイトにアクセスできない場合は、使用しようと、 Windows 更新プログラムに関するトラブルシューティング 問題を解決してください。まだ Windows の更新プログラムが起動しない場合は、次のことを試してください。
その他の方法
引き続きお使いのコンピューターで Windows Update が起動できない場合は、次の方法を試します。

方法 1: Windows Update ファイルを登録する

Windows Update に関連するファイルを登録するには、次の手順に従います。
  1. [スタート] ボタン、[実行] をクリック、種類 メモ帳と入力し、[OK] をクリックします。
  2. 次のコマンドをコピーし、メモ帳のウィンドウに貼り付けます。

    REGSVR32 WUPS2.DLL /SREGSVR32 WUPS.DLL /S REGSVR32 WUAUENG.DLL /S REGSVR32 WUAPI.DLL /S REGSVR32 MUCLTUI.DLL /S REGSVR32 WUCLTUI.DLL /S REGSVR32 WUWEB.DLL /S REGSVR32 MUWEB.DLL /S REGSVR32 QMGR.DLL /S REGSVR32 QMGRPRXY.DLL /S
  3. メモ帳の [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。
  4. [ファイルの種類] の一覧で、[すべてのファイル (*.*)] をクリックします。
  5. [ファイル名] ボックスで、次のように入力します。 register.bat.
  6. デスクトップに register.bat ファイルを保存します。
  7. register.bat ファイルをダブルクリックして Windows Update ファイルを登録します。

方法 2: Windows Update の SoftwareDistribution フォルダーを置き換える

重要 この方法を実行すると、次の変更が行われます。
  • Windows Update からダウンロード済みで、まだインストールしていない更新ファイルはインストールできなくなります。そのため、更新プログラムは再度ダウンロードする必要があります。
  • ダウンロードの履歴は削除されます。
SoftwareDistribution フォルダーを使用して、自動更新ファイルを格納します。トラブルシューティングの方法として、このフォルダーを置き換えるには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、[実行] をクリック、種類 メモ帳と入力し、[OK] をクリックします。
  2. 次のコマンドをコピーし、メモ帳のウィンドウに貼り付けます。

    net stop wuauservcd %systemroot%ren SoftwareDistribution SoftwareDistribution.oldnet start wuauserv
  3. メモ帳の [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。
  4. [ファイルの種類] の一覧で、[すべてのファイル (*.*)] をクリックします。
  5. [ファイル名] ボックスで、次のように入力します。 Rename.bat.
  6. ファイルをデスクトップに保存します。
  7. デスクトップ上の Rename.bat ファイルをダブルクリックして、SoftwareDistribution フォルダーの名前を SoftwareDistribution.old に変更します。
  8. 更新プログラムのダウンロードを再実行します。

    <b>SoftwareDistribution フォルダーは、再作成されます。
詳細
自動更新を手動で有効にする方法
自動更新を手動で有効にするには、次の手順を実行します。
  1. 実行中のプログラムをすべて終了します。
  2. [スタート] ボタン、[実行] をクリック、種類 sysdm.cplと入力し、[OK] をクリックします。
  3. [自動更新] タブで、[自動 (推奨)] をクリックし、[OK] をクリックします。
  4. [スタート] をクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックして、 cmd と入力し、[OK] をクリックします。
  5. タイプ wuauclt/detectnow、し、Enter キーを押します。
自動更新を有効にした後、1 時間待機してから、更新プログラムを再度スキャンします。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2497281 - 最終更新日: 07/22/2016 07:53:00 - リビジョン: 42.0

Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows XP Starter Edition, Microsoft Windows XP Tablet PC Edition, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition, Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Enterprise Edition, Microsoft Windows 2000 Professional, Microsoft Windows 2000 Server, Microsoft Windows 2000 Standard Edition, Microsoft Windows Update

  • kbquadranttechsupp kbcip consumertargetwinfy13 kbconsumer kbmt KB2497281 KbMtja
フィードバック
: !noChrome -->