検索/行列関数 (リファレンス)

関数の詳細については、最初の列に表示されている関数名をクリックしてください。

注: バージョン マーカーは、関数が導入された Excel のバージョンを示します。 これらの関数は以前のバージョンでは使用できません。 たとえば、2013 というバージョン マーカーは、その関数が Excel 2013 とそれ以降のすべてのバージョンで使用できることを示します。

関数

説明

ADDRESS 関数

ワークシート上のセル参照を文字列として返します。

AREAS 関数

指定された範囲に含まれる領域の個数を返します。

CHOOSE 関数

引数リストの値の中から特定の値を 1 つ選択します。

COLUMN 関数

セル参照の列番号を返します。

COLUMNS 関数

セル参照の列数を返します。

フィルター関数

Office 365 ボタン

フィルターは定義した条件に基づいたデータ範囲です。

FORMULATEXT 関数
 Excel 2013

指定された参照の位置にある数式をテキストとして返します。

GETPIVOTDATA 関数
Excel 2010

ピボットテーブル レポートに格納されているデータを返します。

HLOOKUP 関数

配列の上端行で特定の値を検索し、対応するセルの値を返します。

HYPERLINK 関数

ネットワーク サーバー、イントラネット、またはインターネット上に格納されているドキュメントを開くために、ショートカットまたはジャンプを作成します。

INDEX 関数

セル参照または配列から、指定された位置の値を返します。

INDIRECT 関数

参照文字列によって指定されるセルに入力されている文字列を介して、間接的にセルを指定します。

LOOKUP 関数

ベクトル (1 行または 1 列で構成されるセル範囲) または配列を検索し、対応する値を返します。

MATCH 関数

照合の型に従って参照または配列に含まれる値を検索し、検査値と一致する要素の相対的な位置を数値で返します。

OFFSET 関数

指定された行数と列数だけシフトした位置にあるセルまたはセル範囲への参照 (オフセット参照) を返します。

ROW 関数

セル参照の行番号を返します。

ROWS 関数

セル参照の行数を返します。

RTD 関数

COM オートメーションに対応するプログラムからリアルタイムのデータを取得します。

SORT 関数

Office 365 ボタン

SORT 関数では、範囲または配列の内容を並べ替えます。

SORTBY 関数

Office 365 ボタン

範囲または配列の内容を、対応する範囲または配列の値に基づいて並べ替えます。

TRANSPOSE 関数

配列で指定された範囲のデータの行列変換を行います。

UNIQUE 関数

Office 365 ボタン

 一覧または範囲内の一意の値の一覧を返します。 

VLOOKUP 関数

配列の左端列で特定の値を検索し、対応するセルの値を返します。

XLOOKUP 関数

Office 365 ボタン

範囲または配列を検索し、最初に見つかった一致に対応する項目を返します。 一致するものがない場合、XLOOKUP は最も近い (近似) 一致を返します。 

XMATCH 関数

Office 365 ボタン

セルの配列またはセルの範囲内で指定された項目の相対的な位置を返します。 

重要: x86 または x86-64 アーキテクチャの Windows PC と、ARM アーキテクチャの Windows RT PC との間で、Excel の数式やワークシート関数の計算結果が異なる場合があります。 この相違の詳細については、こちらを参照してください

関連項目

Excel の関数 (カテゴリ別)

Excel の関数 (アルファベット順)

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×