OneNote のキーボードショートカット

OneNote のキーボードショートカット

[スクリーン リーダー コンテンツ] というラベルが表示された、読み上げの記号。 このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚に障碍のある方を対象としています。 一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

多くのユーザーは、 OneNote のキーボードショートカットで外付けキーボードを使うと、作業効率が向上します。 運動機能障碍または視覚障碍を伴うユーザーの場合、キーボード ショートカットはタッチスクリーンを使用するよりも簡単であり、マウスの基本的な代替手段です。

注: 

  • このトピックで示すショートカット キーは、米国のキーボードのレイアウトを参照しています。 他のレイアウトのキーは、米国のキーボードのキーと正確に対応しない場合があります。

  • ショートカットのプラス記号 (+) は、一度に複数のキーを押す必要があることを意味します。

  • ショートカットのコンマ記号 (,) は、複数のキーを順番に押す必要があることを意味します。

この記事では Windows デスクトップ用の OneNote のキーボードショートカットを示します。

注: 

  • この記事のショートカットをすばやく見つけるには、[検索] を使用します。 Ctrl キーを押しながら F キーを押して、検索する単語を入力します。

この記事の内容

よく使われるショートカット キー

目的

キー

新しい OneNote ウィンドウを開きます。

Ctrl + M

クイックノートを作成します。

Ctrl + Shift + M

Windows ロゴキー + Alt + N

OneNote ウィンドウをドッキングします。

Ctrl + Alt + D

直前の操作を元に戻す。

Ctrl + Z

可能であれば、直前の操作をやり直します。

Ctrl + Y

現在のページのすべてのアイテムを選びます。

Ctrl + A

選択範囲を拡大するには、Ctrl キーを押しながら A キーをもう一度押します。

選択されているテキストまたはアイテムを切り取ります。

Ctrl + X

選択したテキストまたはアイテムをクリップボードにコピーします。

Ctrl + C

クリップボードの内容を貼り付ける。

Ctrl + V

行の先頭に移動します。

Home

行の末尾に移動します。

End

左へ 1 単語分移動する。

Ctrl + ←

右へ 1 単語分移動する。

Ctrl + →

左に 1 文字削除する。

BackSpace

右に 1 文字削除する。

Delete

左側の 1 語を削除します。

Ctrl + BackSpace

右に 1 単語削除する。

Ctrl + Delete

新しい段落を開始せずに改行を挿入します。

Shift + Enter

スペルをチェックします。

F7

現在選択されている単語の類義語辞典を開きます。

Shift + F7

現在フォーカスがあるオブジェクトのコンテキストメニューを表示します。

Shift + F10

ページの一番上に表示されているときに、情報バーに提示されたアクションを実行します。

Ctrl + Shift + W

選択されているオーディオ録音を再生します。

Ctrl + Alt + P

オーディオ録音の再生を停止します。

Ctrl + Alt + S

現在のオーディオ録音を10秒後にスキップします。

Ctrl + Alt + Y

現在のオーディオ録音を10秒後に進みます。

Ctrl + Alt + U

ページの先頭へ

ノートの書式を設定する

操作内容

キー

選択したテキストを強調表示します。

Ctrl + Alt + H

ハイパーリンクを挿入する。

Ctrl + K

選択したテキストの書式をコピーします (書式のコピー/貼り付け)。

Ctrl + Shift + C

選択したテキストに書式を貼り付けます ([書式のコピー/貼り付け])。

Ctrl + Shift + V

ハイパーリンクを開きます。

ハイパーリンクテキストに入力する場合

太字の書式を適用または削除します。

Ctrl + B

斜体の書式を適用または削除します。

Ctrl + I

下線の書式を適用または削除します。

Ctrl + U

取り消し線の書式を適用する、または解除する。

Ctrl + ハイフン (-)

上付き文字の書式を適用または削除します。

Ctrl + Shift + 等号 (=)

下付き文字を適用または削除します。

Ctrl + 等号 (=)

箇条書きの書式を適用または削除します。

Ctrl + ピリオド (.)

番号付きリストの書式を適用または削除します。

Ctrl + スラッシュ (/)

現在のノートに見出し 1スタイルを適用する。

Ctrl + Alt + 1

現在のノートに見出し 2スタイルを適用します。

Ctrl + Alt + 2

現在のノートに見出し 3スタイルを適用します。

Ctrl + Alt + 3

現在のノートに見出し 4スタイルを適用します。

Ctrl + Alt + 4

現在のノートに見出し 5スタイルを適用します。

Ctrl + Alt + 5

現在のノートに見出し 6スタイルを適用する。

Ctrl + Alt + 6

選択したテキストに適用されているすべての書式をクリアします。 (標準スタイルを適用します。)

Ctrl + Shift + N

段落のインデントを増やす。

Alt + Shift + →

Tab キー (行の先頭にある場合)

段落のインデントを減らす。

Alt + Shift + ←

Shift + Tab (行の先頭にある場合)

段落を左揃えにします。

Ctrl + L

段落を右揃えにします。

Ctrl + R

選択したテキストのフォント サイズを拡大する。

Ctrl + Shift + 右山かっこ (>)

選択したテキストのフォント サイズを縮小する。

Ctrl + Shift + 左山かっこ (<)

現在のページの罫線の表示と非表示を切り替えます。

Ctrl + Shift + R

ページの先頭へ

ページにアイテムを挿入する

操作内容

キー

現在のページにドキュメントまたはファイルを挿入します。

Alt + N、F

現在のページにドキュメントまたはファイルの印刷イメージを挿入します。

Alt + N、O

現在のページ上のドキュメントの印刷イメージを表示または非表示にします ( OneNote をハイコントラストモードで実行している場合)。

Alt + Shift + P

ファイルから画像を挿入します。

Alt + N、P

スキャナーまたはカメラから画像を挿入します。

Alt + N、S

画面の領域を挿入します。

注: Windows タスクバーの通知領域で OneNote アイコンがアクティブになっている必要があります。

Windows ロゴ キー + Shift + S

OneNote 2007 および2010では、Windows ロゴキー + S

現在の日付を挿入します。

Alt + Shift + D

現在の日付と時刻を挿入します。

Alt + Shift + F

現在の時刻を挿入します。

Alt + Shift + T

改行を挿入します。

Shift + Enter

方程式を開始します。または、選択したテキストを方程式に変換します。

Alt + 等号 (=)

ページの先頭へ

表を操作する

操作内容

キー

表を作成します。

新しいテキスト行を入力した後の Tab キー

1 行のテーブルに 1 列作成します。

Tab

テーブルの末尾のセルに位置しているときに 1 列作成します。

Enter

注: もう一度 Enter キーを押して、表の作成を終了します。

現在の行の下に行を挿入します。

表のセル内で Ctrl + Enter

テーブルの同じセル内に別の段落を作成します。

Alt + Enter

テーブルの現在の列の右側に 1 列作成します。

Ctrl + Alt + R

表の現在の列の左側に 1 列作成します。

OneNote 2010の場合は、Ctrl + Alt + E

テーブルの現在の行の上に行を作成します。

カーソルがいずれかの行の先頭にある場合 (最初の行を除く)、Enter キーを押す

新しいセルを作成します。

Tab キーで、表の最後のセルに移動します。

テーブルの現在の空の行を削除します。

カーソルが行の先頭にある場合は、もう一度削除してから、もう一度削除します。

ページの先頭へ

テキストおよびオブジェクトを選択する

操作内容

キー

現在のページのすべてのアイテムを選びます。

Ctrl + A

選択範囲を拡大するには、Ctrl キーを押しながら A キーをもう一度押します。

行の末尾まで選択します。

Shift + End

行全体を選択します。

カーソルが行の先頭にある場合は、shift キーを押しながら下方向キーを押します。

ページのタイトルにジャンプし、タイトルを選びます。

Ctrl + Shift + T

アウトラインまたはページの選択を取り消します。

Esc

選択した段落を上に移動します。

Alt + Shift + ↑ キー

選択した段落を下に移動します。

Alt + Shift + ↓

段落のインデントを増やす。

Alt + Shift + ←

段落のインデントを減らす。

Alt + Shift + →

現在の段落とその下位レベルの段落を選びます。

Ctrl + Shift + ハイフン (-)

選択したノートまたはオブジェクトを削除します。

Delete

行の先頭に移動します。

Home

行の末尾に移動します。

End

直前に開いたページに戻ります。

Alt + ← キー

次に開いたページに進みます。

Alt + → キー

ページの先頭へ

ノートにノート シールを適用する

操作内容

キー

[タスク] ノートシール適用、マーク、またはクリアします。

Ctrl + 1

重要なノートシールを適用またはクリアします。

Ctrl + 2

質問のノートシールを適用またはクリアします。

Ctrl + 3

[後で確認するには、メモを付ける (注意) タグを付けます。

Ctrl + 4

定義タグを適用またはクリアします。

Ctrl + 5

ユーザー設定のノート シールを適用またはクリアします。

Ctrl + 6

ユーザー設定のノート シールを適用またはクリアします。

Ctrl + 7

ユーザー設定のノート シールを適用またはクリアします。

Ctrl + 8

ユーザー設定のノート シールを適用またはクリアします。

Ctrl + 9

選択したノートからすべてのノート シールを削除します。

Ctrl + 0

ページの先頭へ

アウトラインを使う

操作内容

キー

レベル 1まで表示します。

Alt + Shift + 1

レベル 2まで表示します。

Alt + Shift + 2

レベル 3まで表示します。

Alt + Shift + 3

レベル 4まで表示します。

Alt + Shift + 4

レベル 5まで表示します。

Alt + Shift + 5

レベル 6まで表示します。

Alt + Shift + 6

レベル 7まで表示します。

Alt + Shift + 7

レベル 8まで表示します。

Alt + Shift + 8

レベル 9まで表示します。

Alt + Shift + 9

すべてのレベルを表示します。

Alt + Shift + 0

選択した見出しを展開する。

Alt + Shift + 等号 (=)

選択した見出しを折りたたむ。

Alt + Shift + ハイフン (-)

インデントを1レベル大きくする。

Tab

インデントを1レベル下げます。

Shift + Tab

折りたたまれているアウトラインを展開します。

Alt + Shift + 正符号 (+)

展開されているアウトラインを折りたたみます。

Alt + Shift + 負符号 (-)

ページの先頭へ

言語を設定する

注: ノートの記述方向を変更するには、まずMicrosoft Office 言語設定ツールで1つまたは複数の右から左に記述する言語を有効にする必要があります。

操作内容

キー

記述方向を左から右に設定します。

Ctrl + 左 shift

記述方向を右から左に設定します。

Ctrl + 右 shift

右から左に記述するテキストのインデントを 1 レベルずつ上げます。

Tab

右から左に記述するテキストのインデントを 1 レベルずつ下げます。

Shift + Tab

ページの先頭へ

ページを操作する

操作内容

キー

全体表示を有効または無効にします。

F11

新しい OneNote ウィンドウを開きます。

Ctrl + M

クイックノートを作成します。

Ctrl + Shift + M

ページ グループのタブを展開するかまたは折りたたみます。

Ctrl + Shift + アスタリスク (*)

現在のページを印刷します。

Ctrl + P

選択したセクションの最後に新しいページを追加します。

Ctrl + N

ページ タブ バーの幅を拡げます。

Ctrl + Shift + 左角かっこ ([)

ページ タブ バーの幅を縮めます。

Ctrl + Shift + 右角かっこ (])

現在のページ タブの下に同じレベルの新しいページを作成します。

Ctrl + Alt + N

現在のページ タブ ラベルのインデント レベルを下げます。

Ctrl + Alt + 左角かっこ ([)

現在のページ タブ ラベルのインデント レベルを上げます。

Ctrl + Alt + 右角かっこ ([)

現在のページの下に新しいサブページを作成します。

Ctrl + Shift + Alt + N

すべてのアイテムを選びます。

Ctrl + A

選択範囲を拡大するには、Ctrl キーを押しながら A キーをもう一度押します。

現在のページを選びます。

Ctrl + Shift + A

選択したページがグループの一部である場合は、Ctrl キーを押しながら A キーを押すと、グループ内のすべてのページが選択されます。

選択したページ タブを上に移動します。

Alt + Shift + ↑ キー

選択したページ タブを下に移動します。

Alt + Shift + ↓

ページタイトルに移動します。

Ctrl + Shift + T

表示されているページ タブ セットの最初のページに移動します。

Alt + PageUp

現在表示されているページ タブのセットの最後のページに移動します。

Alt + PageDown

現在のページの上へスクロールします。

PageUp キー

現在のページの下へスクロールします。

PageDown キー

現在のページの最初までスクロールします。

Ctrl + Home

現在のページの最後までスクロールします。

Ctrl + End

次の段落に移動します。

Ctrl + ↓

1 つ前の段落に移動します。

Ctrl + ↑

カーソルを現在のページの上に移動するか、ページを上方向に拡張します。

Ctrl + Alt + 上方向

カーソルを現在のページの下へ移動するか、ページを下方向に拡張します。

Ctrl + Alt + 下方向

カーソルを現在のページの左方向に移動するか、ページを左方向に拡張します。

Ctrl + Alt + 左方向

カーソルを現在のページの右方向に移動するか、ページを右方向に拡張します。

Ctrl + Alt + 右方向

次のノート コンテナーに移動します。

Alt + ↓ キー

行の最初に移動します。

Home

行の最後に移動します。

End

直前に開いたページに移動する。

Alt + ← キー

可能であれば、[次へ] ページに移動します。

Alt + → キー

拡大表示します。

Alt + Ctrl + テンキーの正符号 (+) キー

Alt + Ctrl + Shift + 正符号 (+)

縮小表示します。

Alt + Ctrl + テンキーの負符号 (-)

Alt + Ctrl + Shift + ハイフン (-)

ノートブックを同期します。

注: OneNote の実行中は、ノートを変更するたびに、自動的に保存されます。 ノートを手動で保存する必要はありません。

Ctrl + S

ページの先頭へ

ノートブックとセクションを操作する

操作内容

キー

OneNoteを開きます。

Windows ロゴキー + Shift + N

ノートブックを開きます。

Ctrl + O

セクションを開きます。

Ctrl + Alt + Shift + O

OneNote ツールに送信します。

Windows ロゴキー + N

新しいセクションを作成します。

Ctrl + T

次のセクションに移動します。

Ctrl + Tab

1 つ前のセクションに移動します。

Ctrl + Shift + Tab

セクション内の次のページに移動します。

Ctrl + PageDown

セクション内の前のページに移動します。

Ctrl + PageUp

セクション内の最初のページに移動します。

Alt + Home

セクション内の最後のページに移動します。

Alt + End

表示されているページ タブ セットの最初のページに移動します。

Alt + PageUp

表示されているページ タブ セットの最後のページに移動します。

Alt + PageDown

現在のページを移動またはコピーします。

Ctrl + Alt + M

現在のページ タブにフォーカスを置きます。

Ctrl + Alt + G

現在のページ タブを選びます。

Ctrl + Shift + A

現在のセクション タブにフォーカスを置きます。

Ctrl + Shift + G

現在のセクションを移動します。

Ctrl + Shift + G、次に Shift + F10、M

ナビゲーション バー上の異なるノートブックに切り替えます。

Ctrl + G キーを押して、下方向キーまたは上方向キーを使用してノートブックを選択し、Enter キーを押します。

ページの先頭へ

メモを検索する

操作内容

キー

[検索] ボックスに移動して、すべてのノートブックを検索します。

Ctrl + E

すべてのノートブックを対象とする検索で、次の結果をプレビューで表示します。

下方向キー

すべてのノートブックを対象として検索を実行しているときに、選択した結果に移動し、検索を閉じます。

Enter

検索範囲を変更します。

Ctrl + E、Tab キー、Space

検索結果ウィンドウを開きます。

(検索後に) Alt + O

現在のページを検索します。

Ctrl + F

現在のページを対象とする検索で、次の結果に移動します。

Enter

F3

現在のページを対象とする検索で、前の結果に移動します。

Shift + F3

検索を無視してページに戻ります。

Esc

ページの先頭へ

ノートを共有する

操作内容

キー

選択したページをメール メッセージで送信します。

Ctrl + Shift + E

選択したノートから今日Outlook タスクを作成します。

Ctrl + Shift + 1

選択したノートから明日のOutlook タスクを作成します。

Ctrl + Shift + 2

選択したノートから今週Outlook タスクを作成します。

Ctrl + Shift + 3

選択したノートから来週Outlook のタスクを作成します。

Ctrl + Shift + 4

選択したノートから [日付なし]Outlook タスクを作成します。

Ctrl + Shift + 5

選択した Outlook タスクを開きます。

Ctrl + Shift + K

選択した Outlook タスクを完了としてマークします。

Ctrl + Shift + 9

選択した Outlook タスクを削除します。

Ctrl + Shift + 0

現在の共有ノートブックの変更を同期します。

Shift + F9

すべての共有ノートブックの変更を同期します。

F9

現在のページを未読としてマークします。

Ctrl + Q

ページの先頭へ

ノートを保護する

操作内容

キー

パスワードで保護されたセクションをすべてロックします。

Ctrl + Alt + L

ページの先頭へ

関連項目

スクリーンリーダーを使用して OneNote を検索して移動する

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

この記事では、 OneNote for Windows 10のキーボードショートカットの一覧を示します。

注: 

  • Windows コンピューターのキーボードショートカットについて理解している場合は、同じキーの組み合わせのほとんどが OneNote for Windows 10でも動作します。 この記事に記載されているショートカットは OneNote for Windows 10 アプリにのみ適用されます。

  • この記事のショートカットをすばやく見つけるには、[検索] を使用します。 Ctrl キーを押しながら F キーを押して、検索する単語を入力します。

この記事の内容

よく使われるショートカット キー

次の表は、OneNote for Windows 10 で最もよく使用するショートカットの一覧です。

操作内容

キー

現在のセクションにフォーカスを移動します。

Ctrl + Shift + G

コンテキストメニューを開きます。

Shift + F10

選択したセクションの最後に新しいページを追加します。

Ctrl + N

ノートブックを開きます。

Ctrl + O

ナビゲーションバーで別のノートブックに切り替える。

Ctrl + G を押します。次に、↑キーまたは↓キーを押して異なるノートブックを選び、Enter キーを押します。

新しいセクションを作成します。

Ctrl + T

現在のページタブの下に同じレベルの新しいページを作成します。

Ctrl + Alt + N

現在のページの下に新しいサブページを作成します。

Ctrl + Alt + Shift + N

全体表示を有効または無効にします。

F11

現在のページタブにフォーカスを移動します。

Ctrl + Alt + G

現在のページを移動またはコピーします。

Ctrl + Alt + M

現在のページを選びます。

Ctrl + Shift + A

ページタイトルに移動して選択します。

Ctrl + Shift + T

検索ボックスを開いて、現在開いているすべてのノートブックを検索します。

Ctrl + E

ページの先頭へ

キーボードだけで Windows 10 の OneNote を操作する

次の表は、OneNote for Windows 10 で操作に使用できるキーボード ショートカットの一覧です。

操作内容

キー

タブバー、ナビゲーションウィンドウ、ページキャンバスの間を移動します。

F6

タブからリボンに移動します。

下方向キー

リボン上のタブ間、またはリボン上のオプション間を移動する。

←キーまたは→キー

現在選択されているリボンコマンドを実行します。

Enter

メインメニューバーの項目間を移動する。

Tab または Shift + Tab

リボンを開きます。

Alt

[ホーム] リボンタブを開きます。

Alt + H

[リボンの挿入] タブを開きます。

Alt + N

[リボンの描画] タブを開きます。

Alt + D

[ビュー ] リボンタブを開きます。

Alt + W

ページの先頭へ

ノートの入力と編集

操作内容

キー

新しい OneNote ウィンドウを開きます。

Ctrl + M

直前の操作を元に戻します。

Ctrl + Z

直前の操作を繰り返します。

Ctrl + Y

現在のページのすべてのアイテムを選びます。

Ctrl + A

選択範囲を拡大するには、Ctrl キーを押しながら A キーをもう一度押します。

選択したテキストまたはアイテムをクリップボードに切り取る。

Ctrl + X

選択したテキストまたはアイテムをクリップボードにコピーします。

Ctrl + C

クリップボードの内容を貼り付ける。

Ctrl + V

行の先頭に移動します。

Home

行の末尾に移動します。

End

左へ 1 単語分移動する。

Ctrl + ←

右へ 1 単語分移動する。

Ctrl + →

左に 1 文字削除する。

BackSpace

右に 1 文字削除する。

Delete

左側の 1 語を削除します。

Ctrl + BackSpace

右に 1 単語削除する。

Ctrl + Delete

新しい段落を開始せずに改行を挿入します。

Shift + Enter

フォーカスされているオブジェクトのコンテキストメニューを開きます。

Shift + F10

メニューキー

ページの上部に表示される場合は、情報バーに提示されたアクションを実行します。

Ctrl + Shift + W

作成者名と最終更新日時のタイムスタンプを挿入します。

Ctrl + Shift + M

ページの先頭へ

ノートの書式を設定する

操作内容

キー

選択したテキストを強調表示します。

Ctrl + Shift + H

Ctrl + Alt + H

ハイパーリンクを挿入する。

Ctrl + K

選択したテキストの書式をコピーします (書式のコピー/貼り付け)。

Ctrl + Shift + C

選択したテキストに書式を貼り付けます ([書式のコピー/貼り付け])。

Ctrl + Shift + V

ハイパーリンクを開きます。

ハイパーリンクテキストに入力する場合

太字の書式を適用または削除します。

Ctrl + B

斜体の書式を適用または削除します。

Ctrl + I

下線の書式を適用または削除します。

Ctrl + U

取り消し線の書式を適用する、または解除する。

Ctrl + ハイフン (-)

上付き文字の書式を適用または削除します。

Ctrl + Shift + 等号 (=)

下付き文字を適用または削除します。

Ctrl + 等号 (=)

箇条書きの書式を適用または削除します。

Ctrl + ピリオド (.)

番号付きリストの書式を適用または削除します。

Ctrl + スラッシュ (/)

現在のノートに見出し 1スタイルを適用する。

Ctrl + Alt + 1

現在のノートに見出し 2スタイルを適用します。

Ctrl + Alt + 2

現在のノートに見出し 3スタイルを適用します。

Ctrl + Alt + 3

現在のノートに見出し 4スタイルを適用します。

Ctrl + Alt + 4

現在のノートに見出し 5スタイルを適用します。

Ctrl + Alt + 5

現在のノートに見出し 6スタイルを適用する。

Ctrl + Alt + 6

選択したテキストに適用されているすべての書式をクリアします。 (標準スタイルを適用します。)

Ctrl + Shift + N

段落のインデントを増やす。

Alt + Shift + →

Tab キー (行の先頭にある場合)

段落のインデントを減らす。

Alt + Shift + ←

Shift + Tab (行の先頭にある場合)

選択した段落を右揃えで配置します。

Ctrl + R

選択した段落を左揃えで配置します。

Ctrl + L

選択したテキストのフォント サイズを拡大する。

Ctrl + Shift + 右山かっこ (>)

選択したテキストのフォント サイズを縮小する。

Ctrl + Shift + 左山かっこ (<)

現在のページの罫線の表示と非表示を切り替えます。

Ctrl + Shift + R

ページの先頭へ

ページにアイテムを追加する

操作内容

キー

画面の領域をクリップボードにコピーします (Windows 10 の作成者による更新が必要です)。

Windows ロゴ キー + Shift + S

現在の日付を挿入します。

Alt + Shift + D

現在の日付と時刻を挿入します。

Alt + Shift + F

現在の時刻を挿入します。

Alt + Shift + T

改行を挿入します。

Shift + Enter

数式を開始するか、選択したテキストを数式に変換します。

Alt + 等号 (=)

ページの先頭へ

表を操作する

操作内容

キー

表を作成します。

新しいテキスト行を入力した後の Tab キー

1 行のテーブルに 1 列作成します。

Tab

テーブルの末尾のセルに位置しているときに 1 列作成します。

Enter

注: もう一度 Enter キーを押して、表の作成を終了します。

現在の行の下に行を挿入します。

表のセル内で Ctrl + Enter

テーブルの同じセル内に別の段落を作成します。

Alt + Enter

テーブルの現在の列の右側に 1 列作成します。

Ctrl + Alt + R

テーブルの現在の行の上に行を作成します。

カーソルがいずれかの行の先頭にある場合 (最初の行を除く)、Enter キーを押す

新しいセルを作成します。

Tab キーで、表の最後のセルに移動します。

テーブルの現在の空の行を削除します。

カーソルが行の先頭にある場合は、もう一度削除してから、もう一度削除します。

ページの先頭へ

ノートとオブジェクトを選ぶ

操作内容

キー

現在のページのすべてのアイテムを選びます。

Ctrl + A

選択範囲を拡大するには、Ctrl キーを押しながら A キーをもう一度押します。

行の末尾まで選択します。

Shift + End

ページタイトルに移動して選択します。

Ctrl + Shift + T

アウトラインまたはページの選択を取り消します。

Esc

現在の段落または選択されている段落を上に移動します。

Alt + Shift + ↑ キー

現在の段落または選択されている段落を下に移動します。

Alt + Shift + ↓

段落のインデントを増やす。

Alt + Shift + →

段落のインデントを減らす。

Alt + Shift + ←

現在の段落とその下位レベルの段落を選びます。

Ctrl + Shift + ハイフン (-)

選択したノートまたはオブジェクトを削除します。

Delete

行の先頭に移動します。

Home

行の末尾に移動します。

End

直前に開いたページに移動する。

Alt + ← キー

可能であれば、表示された次のページに移動します。

Alt + → キー

新しいオーディオ録音を作成します。

Ctrl + Alt + A

選択されているオーディオ録音を再生します。

Ctrl + Alt + P

オーディオ録音の再生を停止します。

Ctrl + Alt + S

現在のオーディオ録音を10秒後にスキップします。

Ctrl + Alt + Y

現在のオーディオ録音を5分前にスキップします。

Ctrl + Alt + T

現在のオーディオ録音を10秒後に進みます。

Ctrl + Alt + U

現在のオーディオ録音を5分前にスキップします。

Ctrl + Alt + I

ページの先頭へ

ノートにノート シールを適用する

操作内容

キー

[タスク] ノートシール適用、マーク、またはクリアします。

Ctrl + 1

重要なノートシールを適用またはクリアします。

Ctrl + 2

質問のノートシールを適用またはクリアします。

Ctrl + 3

[後で確認するには、メモを付ける (注意) タグを付けます。

Ctrl + 4

定義タグを適用またはクリアします。

Ctrl + 5

強調表示タグを適用またはクリアします。

Ctrl + 6

連絡先タグを適用またはクリアします。

Ctrl + 7

アドレスタグを適用またはクリアします。

Ctrl + 8

電話番号タグを適用またはクリアします。

Ctrl + 9

選択したノートからすべてのノート シールを削除します。

Ctrl + 0

ページの先頭へ

アウトラインを使う

操作内容

キー

レベル 1まで表示します。

Alt + Shift + 1

レベル 2まで表示します。

Alt + Shift + 2

レベル 3まで表示します。

Alt + Shift + 3

レベル 4まで表示します。

Alt + Shift + 4

レベル 5まで表示します。

Alt + Shift + 5

レベル 6まで表示します。

Alt + Shift + 6

レベル 7まで表示します。

Alt + Shift + 7

レベル 8まで表示します。

Alt + Shift + 8

レベル 9まで表示します。

Alt + Shift + 9

すべてのレベルを表示します。

Alt + Shift + 0

インデントを1レベル大きくする。

Tab

インデントを1レベル下げます。

Shift + Tab

折りたたまれているアウトラインを展開します。

Alt + Shift + 正符号 (+)

展開されているアウトラインを折りたたみます。

Alt + Shift + 負符号 (-)

ページの先頭へ

言語を設定する

注: ノートの記述方向を変更するには、まずMicrosoft Office 言語設定ツールで1つまたは複数の右から左に記述する言語を有効にする必要があります。

操作内容

キー

記述方向を左から右に設定します。

Ctrl + 左 shift

記述方向を右から左に設定します。

Ctrl + 右 shift

右から左に記述するテキストのインデントを 1 レベルずつ上げます。

Tab

右から左に記述するテキストのインデントを 1 レベルずつ下げます。

Shift + Tab

ページの先頭へ

ページを操作する

操作内容

キー

全体表示を有効または無効にします。

F11

新しい OneNote ウィンドウを開きます。

Ctrl + M

ページ グループのタブを展開するかまたは折りたたみます。

Ctrl + Shift + アスタリスク (*)

アクセシビリティチェックの表示を切り替えます。

Ctrl + Shift + F

現在のページを印刷します。

Ctrl + P

選択したセクションの最後に新しいページを追加します。

Ctrl + N

ページ タブ バーの幅を拡げます。

Ctrl + Shift + 左角かっこ ([)

ページ タブ バーの幅を縮めます。

Ctrl + Shift + 右角かっこ (])

現在のページタブの下にある、同じレベルで新しいページを作成します。

Ctrl + Alt + N

現在のページの下に新しいサブページを作成します。

Ctrl + Alt + Shift + N

すべてのアイテムを選ぶ。

Ctrl + A

選択範囲を拡大するには、Ctrl キーを押しながら A キーをもう一度押します。

現在のページを選びます。

Ctrl + Alt + G

選択したページ タブを上に移動します。

Alt + Shift + ↑ キー

選択したページ タブを下に移動します。

Alt + Shift + ↓

カーソルをページタイトルに移動します。

Ctrl + Shift + T

現在のページを上にスクロールします。

PageUp

現在のページを下にスクロールします。

PageDown

現在のページの最初までスクロールします。

Ctrl + Home

現在のページの最後までスクロールします。

Ctrl + End

次の段落に移動します。

Ctrl + ↓

1 つ前の段落に移動します。

Ctrl + ↑

次のノート コンテナーに移動します。

Alt + ↓ キー

行の最初に移動します。

Home

行の最後に移動します。

End

直前に開いたページに戻ります。

Alt + ← キー

次に開いたページに進みます。

Alt + → キー

拡大表示します。

Ctrl + Alt + テンキーの正符号 (+) キー

Ctrl + Alt + Shift + 正符号 (+)

縮小表示します。

Ctrl + Alt + テンキーの負符号 (-) キー

Ctrl + Alt + Shift + ハイフン (-)

ノートブックを同期します。

注: OneNote の実行中は、ノートを変更するたびに、自動的に保存されます。 ノートを手動で保存する必要はありません。

Ctrl + S

ページの先頭へ

ノートブックとセクションを操作する

操作内容

キー

ノートブックを開きます。

Ctrl + O

新しいセクションを作成します。

Ctrl + T

次のセクションに移動します。

Ctrl + Tab

1 つ前のセクションに移動します。

Ctrl + Shift + Tab

セクション内の次のページに移動します。

Ctrl + PageDown

セクション内の前のページに移動します。

Ctrl + PageUp

セクション内の最初のページに移動します。

Alt + Home

セクション内の最後のページに移動します。

Alt + End

現在のページを移動またはコピーします。

Ctrl + Alt + M

現在のページ タブにフォーカスを置きます。

Ctrl + Alt + G

現在のセクション タブにフォーカスを置きます。

Ctrl + Shift + G

ナビゲーションバーで別のノートブックに切り替える。

Ctrl + G を押します。次に、↑キーまたは↓キーを押して異なるノートブックを選び、Enter キーを押します。

現在のセクションのコンテキストメニューを開きます。

Ctrl + Shift + G、Shift + F10

ページの先頭へ

ノートを検索する

操作内容

キー

検索ボックスを開いて、現在開いているすべてのノートブックを検索します。

Ctrl + E または Ctrl + F

すべてのノートブックを対象とする検索で、次の結果をプレビューします。

下方向キー

すべてのノートブックを対象として検索する場合は、選択した結果に移動します。

Enter

検索範囲を変更します。

Ctrl + E、Tab キー、Tab キー、↓

検索を無視してページに戻ります。

Esc

ページの先頭へ

ノートを共有する

操作内容

キー

[共有] ウィンドウを開きます。

Ctrl + Shift + E

現在のノートブックを同期します。

Ctrl + S キー

Shift + F9

すべてのノートブックを同期します。

F9

現在のページを既読または未読としてマークします。

Ctrl + Q

ページの先頭へ

ノートを保護する

操作内容

キー

パスワードで保護されたセクションをすべてロックします。

Ctrl + Alt + L

ページの先頭へ

関連項目

スクリーンリーダーを使用して OneNote を検索して移動する

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

この記事では、 OneNote for Macのキーボードショートカットの一覧を示します。

注: 

  • MacOS や一部のユーティリティアプリケーションの設定は、 Office for Macでのキーボードショートカットとファンクションキーの操作と競合することがあります。 キーボードショートカットのキー割り当てを変更する方法について詳しくは、macOS のバージョン、ユーティリティアプリケーション、またはショートカットの競合については、Mac のヘルプをご覧ください。

  • 目的に合ったキーボードショートカットがここに見つからない場合は、カスタムショートカットキーを作成できます。 手順については、「 Office For Mac のカスタムショートカットキーを作成する」を参照してください。

  • Windows キーボードの Ctrl キーを使用するショートカットの多くは、 OneNote for Macの Control キーでも動作します。 ただし、すべてが当てはまるわけではありません。

  • この記事のショートカットをすばやく見つけるには、[検索] を使用します。 Command + F キーを押してから、検索語句を入力します。

キーボードでリボンを使用するための最適なエクスペリエンスを実現するには、キーボードですべてのコントロールにアクセスできるようにします。

  1. [システム環境設定] を開くには、 コマンド キーを押しながら space キーを押し、「システム環境設定」と入力して Return キーを押します。

  2. [キーボードの設定] に移動するには、「キーボード」と入力し、Return キーを押します。

  3. [ショートカット] タブで、Control + F7 キーを押して、テキストボックスとリストからすべてのコントロールにのみキーボードアクセスのフル設定を変更します。

この記事の内容

よく使われるショートカット キー

次の表は、 OneNote for Macで最もよく使用するショートカットを示しています。

操作内容

キー

新しいページの作成

コマンド + N

直前の操作を元に戻す。

コマンド + Z

可能であれば、直前の操作をやり直します。

コマンド + Y

選択した内容をクリップボードに切り取ります。

コマンド + X

選択した内容をクリップボードにコピーします。

コマンド + C

クリップボードの内容を貼り付ける。

コマンド + V

ノートブックを開きます。

コマンド + O

全画面表示モードを選択します。

コマンド + Control + F

現在のノートブックを閉じます。

コマンド + Shift + W

このノートブックを同期します。

コマンド + S

すべてのノートブックを同期します。

コマンド + Shift + S

現在のページのすべてのアイテムを選びます。

コマンド + A

選択範囲を展開するには、 コマンド キーを押しながら A キーをもう一度押します。

ページ タイトルを選びます。

コマンド + Shift + T

段落のインデントを増やす。

Tab キー (行の末尾にある場合)

コマンド + 右角かっこ (])

段落のインデントを減らす。

Shift キーを押しながら Tab キーを押します (行の末尾にある場合)。

コマンド + 左大かっこ ([)

拡大表示します。

コマンド + 正符号 (+)

縮小表示します。

コマンド + 負符号 (-)

ズーム倍率をリセットします。

コマンド + 0

展開されているアウトラインを折りたたみます。

Control + Shift + 正符号 (+)

折りたたまれているアウトラインを展開します。

Control + Shift + 負符号 (-)

選択したリンクを開く。

Shift + Return

選択した書式をコピーします。

コマンド + Option + C

コピーした書式を貼り付けます。

コマンド + Option + V

ページ上のテキストを検索します。

コマンド + F

開いているすべてのノートブック内でテキストを検索します。

コマンド + Option + F

音声入力を開始します。

Fn、Fn

ページの先頭へ

ページ内を移動する

操作内容

キー

左へ 1 単語分移動する。

Option + ← キー

右へ 1 単語分移動する。

Option + → キー

行の先頭に移動します。

コマンド + 左方向キー

行の末尾に移動します。

コマンド + 右方向キー

1 段落上に移動する。

コマンド + 上方向キー

Option + ↑ キー

1 段落下に移動する。

コマンド + ↓キー

Option + ↓ キー

現在のページの上へスクロールします。

PageUp キー

現在のページの下へスクロールします。

PageDown キー

現在のページの先頭に移動します。

Command + ↑キー

現在のページの一番下に移動します。

Command + 下方向キー

カーソルを現在のページの上に移動するか、ページを上方向に拡張します。

コマンド + Option + 上方向キー

カーソルを現在のページの下へ移動するか、ページを下方向に拡張します。

コマンド + Option + 下方向キー

カーソルを現在のページの左方向に移動するか、ページを左方向に拡張します。

コマンド + Option + 左方向キー

カーソルを現在のページの右方向に移動するか、ページを右方向に拡張します。

コマンド + Option + 右方向キー

ページの先頭へ

テキストやグラフィックスを編集する

操作内容

キー

選択した内容をクリップボードに切り取ります。

コマンド + X

選択した内容をクリップボードにコピーします。

コマンド + C

クリップボードの内容を貼り付ける。

コマンド + V

選択した書式をコピーします。

コマンド + Option + C

コピーした書式を貼り付けます。

コマンド + Option + V

行頭文字を使った箇条書きの作成を開始します。

アスタリスク (*)、Space キー

注: テキストに1つの箇条書きを挿入するには、Option + 8 キーを押します。

番号付きリストの作成を開始します。

1.を入力 Space キーを押します。

コマンド + スラッシュ (/)

選択したリストアイテムを上昇(インデント)させます。

コマンド + 右角かっこ (])

選択したリストアイテムを下降(アウトデント)させます。

コマンド + 左大かっこ ([)

上付き文字の書式を適用する。

コマンド + Shift + Option + 等号 (=)

下付き文字の書式を適用する。

コマンド + Option + 等号 (=)

改行を挿入します。

Shift + Return

現在の日付を挿入します。

コマンド + D

現在の日付と時刻を挿入します。

コマンド + Shift + D

数式を挿入します (または、選択したテキストを数式に変換します)。

Control + 等号 (=)

[スマート検索] 作業ウィンドウを使用して、選択したテキストを検索します。

コマンド + Control + Option + L

絵文字を挿入します。

コマンド + Control + Space

カーソルの左側の文字を削除します。

削除

カーソルの右側の文字を削除します。

Fn + Del

カーソルの左側の単語を削除します。

Option + Del

カーソルの右側の単語を削除します。

Fn + Option + Del

Option + Del

選択した段落を上に移動します。

コマンド + Shift + 上方向キー

選択した段落を下に移動します。

コマンド + Shift + 下方向キー

段落のインデントを減らす。

コマンド + Shift + 左方向キー

選択した画像またはオブジェクトを上に移動します。

コマンド + Option + 上方向キー

選択した画像またはオブジェクトを下に移動します。

コマンド + Option + 下方向キー

ページの先頭へ

表を操作する

操作内容

キー

表を作成します。

新しいテキスト行を入力した後の Tab キー

1 行のテーブルに 1 列作成します。

Tab

別のテーブル行を作成します。

テーブルの最後のセルに戻ります。

注: もう一度 Return キーを押して、テーブルを完成させることができます。

現在の列の右側にテーブルの列を作成します。

コマンド + Option + R

現在の列の左側にテーブルの列を作成します。

コマンド + Option + E

現在の行の下にテーブルの行を作成します。

コマンド + Return

同じセル内に別の段落を作成します。

Option + Return

ページの先頭へ

ノートブックとセクションを操作する

操作内容

キー

ノートブック内のセクションを移動します。

コマンド + Shift + 左中かっこ ({) または右中かっこ (})

セクション内のページを切り替えます。

  1. 最初にページ内にカーソルを置きます。

  2. ページリストにフォーカスを移動するには、 コマンド + Control + G キーを押します。

  3. セクション内の直前または直後のページを選択するには、上方向キーまたは下方向キーを押します。または コマンド + pageup または pagedown キーを押します。

他のノートブックを開くか、新しく作成します。

コマンド + O

開いているノートブックのリストを表示します。

Control + G キー

新しいノートブック ページを作成します。

コマンド + N

OneNote アプリの環境設定を開きます。

コマンド + コンマ (,)

ページを別の場所に移動します。

コマンド + Shift + M

ページを別の場所にコピーします。

コマンド + Shift + C

ページを最後に選択したセクションにもう一度移動またはコピーします。

コマンド + Option + T

全画面モードを開始します。

コマンド + Control + F

このノートブックを同期します。

コマンド + S

すべてのノートブックを同期します。

コマンド + Shift + S

キーボードのフォーカスをページリストに移動します。

コマンド + Control + G

キーボードのフォーカスをセクションリストに移動します。

Control + Shift + G キー

ページの先頭へ

関連項目

スクリーンリーダーを使用して OneNote を検索して移動する

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

この記事では、 Web 用 OneNoteのキーボードショートカットの一覧を示します。

注: 

  • この記事のショートカットをすばやく見つけるには、[検索] を使用します。 Ctrl キーを押しながら F キーを押して、検索する単語を入力します。

  • Web 用 OneNoteを使用する場合は、web ブラウザーとして Microsoft Edge を使用することをお勧めします。 Web 用 OneNote は web ブラウザーで実行されるため、キーボードショートカットはデスクトッププログラムとは異なります。 たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを押します。 また、F1 (ヘルプ) や Ctrl + O (開く) などの一般的なショートカットは、web ブラウザーにも適用されます。 Web 用 OneNoteはありません。

  • Windows 10 Fall Creators Update でナレーターを使用する場合、Web 用 Office でドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションを編集するには、スキャン モードをオフにする必要があります。 詳細については、「Turn off virtual or browse mode in screen readers in Windows 10 Fall Creators Update」 (Windows 10 Fall Creators Update のスクリーン リーダーで仮想モードまたはブラウズ モードをオフにする) を参照してください。

この記事の内容

閲覧表示でリボンとウィンドウ内を移動する

操作内容

キー

ノートブックのナビゲーションからブラウザーフィールドにジャンプします。

Shift + F6

リボンコマンド間を移動する。

Tab

現在選択されているリボンコマンドを実行します。

Enter

ページで上または下にスクロールする。

PageUp または PageDown

ノートブックの前にページを移動する (Internet Explorer の場合)。

Ctrl + PageDown

(Internet Explorer で) ノートブックの前にページを移動します。

Ctrl + PageUp

セクション内の最初のページに移動します。

Alt + PageUp

セクション内の最後のページに移動します。

Alt + PageDown

選択したセクションを展開します。

セクションに入力する

ページの先頭へ

編集表示のリボンとウィンドウ内の移動

操作内容

キー

特定のページを開きます。

Ctrl キーを押しながら F6 キーを押してページ一覧に移動し、Tab キーを押して別のページにフォーカスを置きます。 Enter キーを押してページを選択。

別のリボンタブをアクティブにする。

Ctrl + F6 キーを押してリボンに移動し、Tab キーを押してリボンのタブ間を移動し、Enter キーを押して選択します。

リボンコマンド間を移動する。

Tab キー (リボン上の場合)

選択されているリボンコマンドをアクティブにします。

Enter

Internet Explorer で、ノートブックを順に移動します。

Ctrl + PageDown

Internet Explorer で、ノートブックの前のページに移動します。

Ctrl + PageUp

セクション内の最初のページに移動します。

Alt + PageUp

セクション内の最後のページに移動します。

Alt + PageDown

現在のページを上下に移動します。

Alt + Shift + ↑

下方向キー

ページの先頭へ

ページ内を移動する

操作内容

キー

カーソルをタイトル領域からページ本文に移動します。

Tab

Enter

カーソルを1単語分右に移動します。

Ctrl + →

カーソルを1単語分左に移動します。

Ctrl + ←

カーソルを1段落ずつ上に移動する。

Ctrl + ↑

カーソルを1段落下に移動します。

Ctrl + ↓

カーソルを行の先頭に移動します。

ホーム

カーソルを行の末尾に移動します。

End

カーソルをページ本文の先頭に移動します。

Ctrl + Home

カーソルをページの末尾に移動します。

Ctrl + End

カーソルをタイトル領域に移動します。

ページを上に移動するか、Ctrl + A、Ctrl + A、Tab キーを押してタイトルが選択されるまで

ページの先頭へ

テキストやグラフィックを選択する

操作内容

キー

[テキスト] を選びます。

Shift + 方向キー

右にある単語を選択します。

Ctrl + Shift + 右方向キー

左側の単語を選択します。

Ctrl + Shift + ←キー

現在の位置から段落の先頭までを選択します。

Shift + Home

現在の位置から段落の末尾までを選択します。

Shift + End

アウトラインの最初の位置から先頭までを選択します。

Shift + Ctrl + Home

アウトラインの現在の位置から末尾までを選択します。

Shift + Ctrl + End

選択範囲を拡張する。

Ctrl キーを押しながら A キーを押すと、選択範囲が段落、アウトライン、ページ全体に拡張されます。

ページの先頭へ

コンテンツを編集

操作内容

キー

選択した内容をクリップボードに切り取ります。

Ctrl + X

選択した内容をクリップボードにコピーします。

Ctrl + C

クリップボードの内容を貼り付ける。

Ctrl + V

ハイパーリンクを挿入する。

Ctrl + K

直前の操作を元に戻す。

Ctrl + Z

可能であれば、直前の操作をやり直します。

Ctrl + Y

次のスペルミスの単語に移動します。

Alt + F7

新しいアウトラインを作成する。

Ctrl + Shift + F

あるアウトラインから別のアウトラインに移動します。

Ctrl + A、Ctrl + A、Tab キー

ノートブックを同期します。

注: Web 用 OneNote の実行中は、ノートに変更を加えるたびに、変更が自動保存されます。 ノートを手動で保存する必要はありません。

Ctrl + S

ページの先頭へ

表を操作する

操作内容

キー

新しいセルを作成します。

Tab キーで、表の最後のセルに移動します。

現在の行の下に行を挿入します。

表のセル内で Ctrl + Enter

注: セル、列、行のいずれかが選択されているとき、位置調整は選択したセルの内容に適用されます。 表が選択されているとき、位置調整は表に適用され、セルの位置調整は影響されません。

ページの先頭へ

テキストの書式を設定する

目的

キー

太字の設定を適用する。

Ctrl + B

斜体の書式を適用する。

Ctrl + I

下線の書式を適用する。

Ctrl + U

行頭文字を使った箇条書きを作成します。

Ctrl + ピリオド (.)

番号付きリストを作成します。

Ctrl + スラッシュ (/)

Ctrl + Shift + O

段落を左揃えにします。

Ctrl + L

段落を右揃えにします。

Ctrl + R

段落を中央揃えにします。

Ctrl + E

段落のインデントを増やす。

Alt + Shift + →

段落のインデントを減らす。

Alt + Shift + ←

ページの先頭へ

ノートにノート シールを適用する

操作内容

キー

[タスク] ノートシール適用、マーク、またはクリアします。

Ctrl + 1

重要なノートシールを適用またはクリアします。

Ctrl + 2

質問のノートシールを適用またはクリアします。

Ctrl + 3

[後で確認するには、メモを付ける (注意) タグを付けます。

Ctrl + 4

定義タグを適用またはクリアします。

Ctrl + 5

強調表示タグを適用またはクリアします。

Ctrl + 6

連絡先タグを適用またはクリアします。

Ctrl + 7

アドレスタグを適用またはクリアします。

Ctrl + 8

電話番号タグを適用またはクリアします。

Ctrl + 9

選択したノートからすべてのノート シールを削除します。

Ctrl + 0

ページの先頭へ

関連項目

スクリーンリーダーを使用して OneNote を検索して移動する

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×