Microsoft アカウントで 2 段階認証を使用する方法

適用対象: Microsoft アカウント

Microsoft アカウントにサインインできない場合は、「Microsoft アカウントにサインインできない場合」をご覧ください。Microsoft アカウントにサインインしようとしたときに "指定した Microsoft アカウントは登録されていません" というメッセージが表示された場合の対処方法をご確認ください。

2 段階認証について


2 段階認証とは

2 段階認証を使うことで、使用している Microsoft アカウントに他のユーザーがサインインしにくくなり、セキュリティを強化できます。2 段階認証では、パスワードと任意の連絡方法 (セキュリティ情報とも呼ばれます) の 2 種類の認証方法が使用されます。第三者にパスワードが漏れた場合でも、第三者がお客様のセキュリティ情報にアクセスできない場合、お客様の情報を侵害することはできません。これは、アカウントごとに異なるパスワードを使用することが重要な理由でもあります。

2 段階認証を有効にした場合の動作

2 段階認証を有効にすると、信頼されていないデバイスからサインインするたびに、ご登録のメール、電話、または認証アプリにセキュリティ コードが送信されます。2 段階認証が無効になっている場合は、アカウントのセキュリティに対するリスクが予想されるときにだけ、セキュリティ コードを使用して定期的に本人確認を実行していただく必要があります。
 

セットアップの準備

2 段階認証には、メール アドレス (メール アドレスは、通常用およびバックアップ用として 2 つ用意することをお勧めします)、電話番号、認証アプリのいずれが必要になります。新しいデバイスや、これまで使用したことのない場所からサインインすると、セキュリティ コードが送信されます。このコードをサインイン ページに入力する必要があります。認証アプリについて詳しくは、「Microsoft Authenticator アプリの使い方」をご覧ください。

2 段階認証を有効または無効にする


  1. [セキュリティの基本] のページに移動し、Microsoft アカウントでログインします。
  1. [その他のセキュリティ オプション] を選びます。
  2. [2 段階認証] の下にある [2 段階認証をセットアップして有効化] を選択するか、[2 段階認証の無効化] を選択します。
  3. 画面の指示に従います。

2 段階認証が有効な場合にパスワードをリセットする


アカウントで 2 段階認証が有効になっているときにパスワードを忘れた場合、2 種類の ID を使うことができればパスワードをリセットできます。アカウントに追加したセキュリティ情報に応じて、認証アプリからセキュリティ コードを入力したり、バックアップ メール アカウントに送信されたセキュリティ コードを入力したりする必要があります。 

パスワードをリセットするには、「Microsoft アカウントのパスワードをリセットする方法」の手順を実行します。ただし、本人確認のためのセキュリティ コードは、1 つではなく 2 つ届きます。

セキュリティ コードを受け取るための連絡用メール アドレスや電話番号を変更、削除、または更新するには、「セキュリティ情報とセキュリティ コード」または「Microsoft アカウントのセキュリティ情報を置き換える」の手順を実行してください。

セキュリティ コードを使うことができない場合は、アプリ パスワードを使う


一部のアプリ (スマートフォン用メール アプリなど) やデバイス (Xbox 360 など) では、通常のセキュリティ コードを使うことはできません。2 段階認証を有効にした後に、パスワードが正しいにもかかわらず、アプリやデバイスで "無効なパスワード" のエラーが表示される場合は、そのアプリまたはデバイスのアプリ パスワードが必要です。

アプリのパスワードが使用可能になるのは、2 段階認証を使用している場合のみです。2 段階認証を有効にしていない場合、[追加のセキュリティ オプション] ページに [アプリ パスワード] セクションが表示されません。

アプリ パスワードを作成および使用する方法については、「アプリ パスワードと 2 段階認証」をご覧ください。 

さらにサポートが必要な場合