関連トピック
×
Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

セキュリティ情報で ID を確認する

セキュリティ情報は、お使いのアカウントに追加していただく、連絡用メール アドレスまたは電話番号です。 パスワードを忘れた場合や、だれかがアカウントを乗っ取ろうとした場合に、その連絡用メール アドレスまたは電話番号に確認コードをお送りいたします。 確認コードを入力すると、ご本人であることが確認され、Microsoft アカウントに再びアクセスできるようになります。

ユーザーのセキュリティ情報は、ユーザーが個人情報にアクセスする場合やアカウントに問題が検出された場合に本人確認の目的でのみ使用されます。 

注: この記事では、セキュリティ情報について説明します。 パスワードを紛失したり忘れたりした場合、またはその他のパスワードに関する問題が発生した場合は、「Windows パスワードを変更またはリセットする」をご覧ください。

セキュリティ情報の管理方法の説明を開始する前に、確認コードが正常に送信されていることを確認してください。

セキュリティ情報の管理

[高度なセキュリティ オプション] ページでは、既存のサインイン方法を確認したり、新しいサインイン方法や検証方法を追加したりできます。 

セキュリティ情報の変更

セキュリティ情報を管理する

セクションを展開して、サインイン方法を追加または削除する方法について説明します。

  1. Microsoft アカウントを使用して、高度なセキュリティ オプション ページにサインインします。

  2. [ 新しいサインイン方法の追加] または [確認 ] を選択し、セキュリティ コードを受け取る方法を選択します。

    ヒント: メールまたは電話番号は自分の番号である必要はありません。アカウントを確認するために使用する場合は、アクセス権を持っている必要があります。

  3. 確認のためにセキュリティ コードを送信します。 メッセージが表示されたら、そのコードを入力し、[ 次へ] を選択します。 

  4. それです。 次回サインイン確認コードが必要になると、新しいオプションが一覧表示されます。

アカウントへのサイン インに使用する電話番号またはメールのリストが最新であることを確認してください。 [サインイン オプション] を開いて、頻繁に使用しない電話番号やメールのサインイン設定をオフにします

重要: 

  • 他のユーザーが使用されてないメールボックスにアクセスできる場合のようなアカウントへのセキュリティ リスクがない限り、以前のセキュリティ情報を削除する必要はありません。

  • セキュリティ情報を置き換える必要がある場合は、必ず最初に新しい情報を追加するようにします。

  • アカウント内の すべて のセキュリティ情報の削除を要求した場合、情報は実際には 30 日間変更されません。 この期間中は、セキュリティ設定や請求情報に加えられた変更や追加を受け付けることはできません。 お使いのアカウントはまだ有効でアクティブであり、引き続きメール、Skype、OneDrive、およびデバイスを通常どおりに使用することができます。 新しいセキュリティ情報を入力していただくときに、改めてお知らせします。 詳細情報

  1. [セキュリティの基本] ページで、[更新情報] ボタンを選択します。 Microsoft アカウントにまだサインインしていない場合は、サインインするように求められます。

  2. 続行するために確認コードの入力を求められることがあります。 連絡用のメールまたは電話番号にアクセスできない場合は、[すべての情報が不明] を選択し、画面に表示される指示に従ってセキュリティ情報を置き換えます。

  3. [セキュリティの設定] の下に、セキュリティ情報が表示されます。 削除する情報について、[削除] を選択します。 以前の情報を削除する前に、新しいセキュリティ情報を追加するように求められることがあります。

詳細を表示

確認コードの問題のトラブルシューティング

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×