[最近のアクティビティ] ページとは

適用対象: Microsoft アカウント

[最近のアクティビティ] ページには、過去 30 日以内に Microsoft アカウントを使用した日時と場所が表示されます。アカウントにサインインした日時と、アカウントにアクセスした方法 (Web ブラウザー、電話、メール アプリ、サードパーティのアプリ、その他の方法のいずれを使用したか) が表示されます。

不審なアクティビティが表示される場合があります。その場合は、以下を行うことが重要です。 

  • 他のユーザーが自分のアカウントを使用したかどうかを確認する 
  • そのアクティビティが自分が行ったものかどうかを Microsoft に知らせる
  • アカウントを保護する

ユーザーのご協力により、Microsoft では誤った脅威を除外し、不正なアクセスをより迅速にブロックできます。

最近のアクティビティを表示する

他のユーザーが自分のアカウントにアクセスしている可能性があるという懸念がある場合は、パスワードを変更してセキュリティ設定を更新することを強くお勧めします。セキュリティの設定ページで信頼済みデバイスをすべて削除することもできます。アカウントの管理とセキュリティについて詳しくは、アカウントを 1 か所で管理する方法についてのページをご覧ください。

自分のアカウントを保護するために必要なその他の情報

不審なアクティビティを管理する方法

お使いのアカウントで不審なアクティビティが検出された場合は、メールでお知らせします。その後、[最近のアクティビティ] ページを使用して不審なアクティビティを確認するか、またはその他のアカウントのアクティビティを表示できます。アクティビティごとに、アクティビティの日時、場所、および種類が表示されます。

アクティビティをクリックすると、次のようなその他の詳細情報を確認できます。

  • アクティビティが発生したデバイスの IP アドレス
  • アクティビティで使用されたデバイスやオペレーティング システムの種類
  • アクティビティで使用されたインターネット ブラウザー、またはアプリの種類 (それがある場合)
アクティビティが安全なものであったかどうかを Microsoft に知らせるには、任意の不審なアクティビティについて、[自分の操作です] または [自分ではありません] を選択できます。携帯電話サービスでは複数の場所を経由してアクティビティがルーティングされるため、ユーザーの実際の場所ではない別の場所からサインインしたように見えることがあります。
 
  • [自分ではありません] を選択すると、不正なアクセスからアカウントを保護するために役立つ情報をご案内します。このプロセスの一環として、パスワードを変更して、セキュリティ情報を更新することを求められます。
  • [自分の操作です] を選択すると、自身のアクティビティが不審なものとして表示されていることを意味します。このオプションを選択すると、アカウントをブロックする必要がないことが Microsoft に通知されます。Microsoft では、ユーザーが休暇中にアカウントを使用したり、新しいデバイスを入手したり、アプリに自分のアカウントを使用してサインインを許可した場合に、アクティビティを不審なものとしてマークすることがあります。
 
アクティビティについて Microsoft がユーザーに送信する通知の数を減らすには、アカウントにサインインしたときに [サインアウトしない] ボックスを選択できます。これをオンにすると、お使いのアクティビティが変化したと思われる場合にのみお知らせします。
 
 

最近のアクティビティを管理する方法

不審なアクティビティが見られる場合 (何度もサインインが試みられている、実行した覚えはないがプロファイルが変更されているなど) は、[アカウントの保護] を選択します。
 
アカウントのすべてのアクティビティが表示されるわけではありません。通常、アカウントのセキュリティに影響を及ぼす可能性のある重要なイベントのみが表示されます。同じデバイスと場所から続けて何度もサインインした場合は、最初のサインインしか表示されない可能性があります。

 

[最近のアクティビティ]ページに表示されるアクティビティの種類を次に示します。

 

 セッションの種類  詳しい説明
アカウントが作成されました   Microsoft アカウントが作成されました。
アカウント名が変更されました Microsoft 製品とサービスで、お客様を識別する名前が変更されました。
追加の確認が要求されました 追加の認証ステップとして、SMS メッセージ、メール、または認証アプリによりセキュリティ コードがお客様に送信されました。
エイリアスが追加されました
エイリアスが削除されました
プライマリ エイリアスが変更されました
エイリアスとは追加のメール アドレスのことです。Microsoft アカウントのプライマリ エイリアス (メール アドレス) と同じ受信トレイ、連絡先リスト、アカウント設定を使用します。エイリアスの詳細についてはこちらをご覧ください
すべてのセキュリティ情報が削除対象としてマークされました アカウントのすべてのセキュリティ情報 (連絡用メール アドレス、電話番号、認証アプリなど) が、削除される予定になっています。セキュリティ情報の置き換えについてはこちらを参照してください
連絡用メール アドレスが追加されました
連絡用メール アドレスが削除されました
本人確認アプリが追加されました
本人確認アプリが削除されました
電話番号が追加されました
電話番号が削除されました
回復用コードが追加されました
セキュリティ情報が 1 つアカウントに追加または削除されました。セキュリティ情報についてはこちらを参照してください
アプリ パスワードが作成されました
アプリ パスワードが削除されました
アプリ パスワードは、2 段階認証をサポートしていないアプリやデバイスに使用されます。アプリ パスワードについてはこちらを参照してください
自動同期

メールを管理するアプリやサービスに Microsoft アカウントを接続すると、アカウントが自動的にサインインします。同じ自動同期アクティビティが定期的に行われます。これらのプロトコルは、お使いのメール アプリや Web メール サービスがそれらを使用する場合に表示されることもあります。

  • Exchange ActiveSyncデバイスと Outlook.com アカウント間で、メール、カレンダー、および連絡先を同期します。
  • Post Office Protocol 3 (POP3) – アプリまたはサービスから、受信トレイのメール メッセージにアクセスできるようにします。
  • 簡易メール転送プロトコル (SMTP) – アプリやサービスによるメールの送信を可能にします。
  • インターネット メッセージ アクセス プロトコル (IMAP) – アプリやサービスによる (すべてのフォルダー内の) すべてのメールへのアクセスと、デバイス間でのメール同期を可能にします。
入力したパスワードは正しくありません 正しくないパスワードを使用して Microsoft アカウントへのサインインが試みられました。このサインインは許可されませんでした。(アクセスしたのは、パスワードを忘れた場合など、お客様自身であることも、お客様のアカウントへのアクセスを試みた第三者であることも考えられます)。
パスワードが変更されました お客様の Microsoft アカウントのパスワードが変更されました。変更したのがお客様でない場合、パスワードをリセットしてください。
パスワードのリセット Microsoft アカウントのパスワードが正常にリセットされました。
アプリケーションにアクセスが許可されました Microsoft アカウントへのアクセスを別のアプリケーションに許可しました。
プロファイル情報が変更されました 名前、生年月日、性別、国/地域、郵便番号などのプロファイル情報が変更されました。プロファイル情報を更新します。
サインインがブロックされました (アカウントの侵害) 第三者がお使いの Microsoft アカウントにアクセスしたと思われます。アカウントのブロックを解除するために追加の確認を行っていただく必要があります。
サインインがブロックされました (アカウントの一時停止) 一部の不審なアクティビティが検出されたため、お使いのアカウントをブロックしました。アカウントのブロックを解除するために追加の確認を行っていただく必要があります。
正常にサインインしました 正しいパスワードを使用して Microsoft アカウントにサインインしました (これは、おそらくお客様自身によるアクセスです。)
2 段階認証が有効になっています
2 段階認証が無効になっています
2 段階認証では、サインインするたびに、本人確認の 2 つの異なる方法を使用する必要があります。この機能はいつでも有効にできます。2 段階認証の詳細についてはこちらを参照してください
不審なアクティビティが検出されました パスワードは正しいものが使用されていますが、過去に確認されていない場所やデバイスから Microsoft アカウントへのサインインがありました。それがお客様であったことを確認するために、通知をお送りし、お客様ご本人であることの確認をお願いしました (お客様ご自身の操作である可能性はありますが、念のため確認させていただきました)。

さらにサポートが必要な場合:

メールで Microsoft のサポートを受ける

Microsoft サポートとチャットする

別の言語でヘルプ コンテンツを読み込む