目次
×

Surface をオンにすると、次のメッセージが表示されます。

起動可能なオペレーティング システムが見つからなかった。 この問題を解決するには、ブート構成を確認します。 

Surface が起動可能なオペレーティングシステムを見つけられないときのエラー画面。

古いデバイスでは、Surface がオンにされ、右上隅に X が表示されたドライブ アイコンが表示されます。 

Surface UEFI ブート エラー画面

Surface をオンにした場合は、UEFI (Unified Extensible Firmware Interface) が起動します。 これが表示される場合は、考えられる解決策について次の手順を試してください。

  1. 表示されている場合は、[ OK] を選択 してダイアログを閉じます。

  2. 左側 のメニューから [ ブート構成] を選択します。

  3. 有効なブート デバイスが選択されている必要があります。 既定では、Windows Boot Manager、Internal Storage、USB Storage、1. Network など、すべてのオプションが選択されている必要があります。

起動Windows場合は、ソリューション 2 に移動します

Surface が再起動するまで電源ボタンを長押しし、Windows ロゴ画面が表示されたら (これには約 20 秒かかります) 電源ボタンを離します。 詳細については、「Surface を強制的にシャットダウンし、再起動する」をご覧ください。 

起動Windows場合は、ソリューション 3 に移動します

USB 回復ドライブを使用して Surface をリセットする方法を次に示します。

  1. USB 回復ドライブを Surface の USB ポートに挿入します。

  2. 音量を下げるボタンを長押ししたまま、電源ボタンを押して離します。

  3. Surface のロゴが表示されたら、音量を下げるボタンを離します。 詳しくは、「Surface の USB 回復ドライブの作成と使用」をご覧ください。

起動Windows場合は、ソリューション 4 に移動します

これらの手順で問題が解決しない場合は、Microsoft にサービス注文を送信して、利用可能な修理または交換オプションにアクセスできます。 [デバイスのサービスと修理] に移動し、登録してから、Surface を選択してサービス注文を開始します。

[デバイス サービスと修理] ボタン

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×