Surface タッチスクリーン: タッチの問題

適用対象: Surface Devices

タッチスクリーンがタッチに正しく反応しない場合は、次の解決策を試してみてください。

開始する前に

Surface がタッチに正しく反応しない場合は、ここで説明する一連の手順を試すと解決できることがあります。これらの手順をすべて試しても解決しない場合は、Surface を修理に出す必要があります。

以降の解決策を試す前に、次の点について確認してください。

解決策 1: 画面をきれいにする

糸くずの出ない柔らかい布を、水または眼鏡クリーナーで湿らせて使います (画面に直接液体を塗布しないでください)。詳しくは、「Surface のクリーニングとケア」をご覧ください。

解決策 2: Surface を再起動する

場合によっては、再起動するだけでタッチスクリーンが再び機能するようになることがあります。

  1. Windows ロゴ キー を押します。
    (マウスを使っている場合は、[スタート] を選択します。)
  2. Tab キーを押して [電源] を選択し、Enter キーを押します。
    (マウスを使っている場合は、[電源] を選択します。)
  3. 方向キーを使って [再起動] を強調表示し、Enter キーを押します。
    (マウスを使っている場合は、[再起動] を選択します。)

解決策 3: 最新の更新プログラムをインストールする

最新の更新プログラムが適用されていないために、タッチスクリーンが機能しない場合もあります。Windows の更新プログラムのインストールについて詳しくは、「Surface および Windows の更新プログラムのインストール」をご覧ください。更新プログラムをインストールした後、Surface が自動的に再起動しない場合は、手動で再起動します。Surface を再起動するには、スタート に移動し、[電源][再起動] の順に選択します。

解決策 4: 強制的にシャットダウンする

方法については、「Surface を強制的にシャットダウンし、再起動する」をご覧ください。

解決策 5: タッチスクリーン ドライバーを無効にして有効にする

ツー ボタンによるシャットダウンで問題が解決しない場合は、次の手順を試してください。

  1. タスク バーの検索ボックスを選択し、「デバイス マネージャー」と入力して、検索結果で [デバイス マネージャー] を選択します。
  2. [ヒューマン インターフェイス デバイス] の左側にある矢印を選択します。
  3. [HID 準拠タッチ スクリーン] を右クリックし、[無効] を選択します。
  4. [HID 準拠タッチ スクリーン] を右クリックし、[有効] を選択します。

解決策 6: タッチスクリーン ドライバーを再インストールする

タッチスクリーンを無効にしてから再び有効にしても解決しない場合は、次の手順を試してください。

  1. タスク バーの検索ボックスを選択し、「デバイス マネージャー」と入力して、検索結果で [デバイス マネージャー] を選択します。
  2. [ヒューマン インターフェイス デバイス] の左側にある矢印を選択します。
  3. [HID 準拠タッチ スクリーン] を右クリックし、[削除] を選択します。
  4. Surface を再起動します。
    次回インターネットに接続したときに、タッチスクリーン ドライバーが Surface に自動的にダウンロードされ、インストールされます。

解決策 7: タッチスクリーンの調整をリセットする

解決策 1 ~ 6 を試しても問題が解決しない場合は、タッチスクリーンを再調整します。

  1. Windows ロゴ キー を押します。
    (マウスを使っている場合は、[スタート] を選択します。)
  2. 調整」と入力し、方向キーを使って [ペン入力またはタッチ入力に合わせた画面の調整] を強調表示して、Enter キーを押します。
    (マウスを使っている場合は、[ペン入力またはタッチ入力に合わせた画面の調整] をクリックします。)

  3. Tab キーを押して [リセット] ボタンを選択し、Enter キーを押します。
    (マウスを使っている場合は、[リセット] をクリックします。)
    [リセット] ボタンが淡色表示になっている場合、Surface のタッチ機能の調整は出荷時の設定のままです。解決策 8 に進んでください。
  4. Tab キーを押して [はい] ボタンを選択し、Enter キーを押して、画面の指示に従います。
    (マウスを使っている場合は、[はい] をクリックし、画面の指示に従います。)
  5. Surface の再調整データが破棄された後、タッチスクリーンが正しく反応するかどうかをテストします。

解決策 8: 電磁干渉がないかどうかを確認する

場合によっては、付近にある他の電子デバイスがタッチスクリーンに干渉しているか、Surface のカーソルが予想外の動きをする原因になっていることがあります。近くにある電源コードや机上のランプも、大型の機器や数台のコンピューターも問題になり得ます。

  1. 干渉の問題かどうかを確認するには、Surface を別の部屋や別の建物、または屋外に持ち出します。タッチスクリーンの問題が特定の場所だけで発生する場合は、電子的な干渉が起きていると考えられます。
  2. 付近にある他のデバイスの電源をすべてオフにし、1 台ずつ電源をオンにして、どのデバイスが問題を引き起こしているかを特定します。
  3. 問題の発生源が見つからない場合は、近くの他の部屋を調べて、電子干渉の発生源となる強力な機器がないかどうかを確認してください。

解決策 9: Surface を復元またはリセットする

まだタッチスクリーンの問題が解決しない場合は、Surface の復元またはリセットを (この順に) 試します。方法については、「Surface を復元またはリセットする」をご覧ください。

解決策 10: Surface を修理に出す

これらの手順を実行してもタッチスクリーンが機能しない場合は、Surface を修理する必要があります。「Surface を修理する」をご覧ください。