PC 上のWindows 11に問題がある場合や、古いファイルやアプリが雑然とせずに新しいWindows 11のコピーが必要な場合は、Windows 11を再インストールして問題を解決し、PC をよりクリーンな状態に戻すことができます。

ディスク領域を確認する

PC が期待どおりに動作しない場合、またはWindows 11に問題がある場合は、ディスク領域が不足している可能性があります。 Windows 11を再インストールする前に、ディスク領域を解放して、それが役に立つかどうかを確認してください。 詳細については、「Windowsのドライブ領域を解放する」を参照してください。

開始する前に

保存する個人データとファイルがある場合は、Windows 11の再インストールを開始する前に、外部ハード ドライブ、USB サム ドライブ、SD カード、クラウドの場所 (OneDriveなど) にバックアップします。

Windows 11は、再インストール後にアクティブ化する必要があります。 通常、オンライン状態になると自動的にライセンス認証が実行されます。 詳細については、「Windowsのアクティブ化」の「Windowsの再インストール後のアクティブ化」を参照してください。

Windows 11では、Windowsを再アクティブ化する前に、PC 上のWindows 11デジタル ライセンスに Microsoft アカウントをリンクする必要があります。 詳細については、ハードウェアの変更後のWindowsの再アクティブ化に関するページの「Windows ライセンスを Microsoft アカウントに関連付ける」を参照してください。

PC に重大なハードウェア変更 (マザーボードの交換など) を行った後にWindows 11を再インストールすると、ライセンス認証が解除される可能性があります。 アクティブ化のトラブルシューティング ツールを使用して、Windowsを再アクティブ化できます。 詳しくは、「ライセンス認証のトラブルシューティング ツールを使用する」をご覧ください。

Windows 11を再インストールする場合は、デジタル ライセンスに一致するWindowsのエディションを選択する必要があります。 たとえば、Windows 11 Homeを実行している場合は、Windows 11 Homeをもう一度インストールする必要があります。

実行しているWindowsのエディションを確認するには、システム >バージョン> 設定開始>に移動します。 エディションは、Windows仕様の下に一覧表示されます。

Windows 11の再インストールの種類

次のグラフは、アプリ、ファイル、個人データに対する処理、再インストールに必要なディスク領域の量など、再インストールの種類ごとに選択できるさまざまなオプションに関する情報を示しています。 このグラフは、Windows 11の再インストールに使用するオプションを決定するのに役立ちます。

最初に "Windows 11のリセット" を試み、必要に応じて "インストール メディアを使用Windows 11再インストール " してから、必要に応じて "インストール メディア使用してWindows 11のクリーン インストール" を試してみることをお勧めします。

注: 

  • インストール メディアを使用してWindows 11を再インストールし、[何も保持しない] (クリーン インストール) を選択すると、Windows再インストールするパーティションが 20 GB 以上の場合、予約ストレージが自動的に有効になります。 予約済みストレージでは、更新プログラム、アプリ、一時ファイル、システム キャッシュ用にディスク領域が確保されています。これにより、重要な OS 機能が常にディスク領域にアクセスできる状態になるため、PC の日常的な性能が向上します。

  • 予約済み記憶域のあるデバイスの場合、リセットまたは再インストールでは、まず予約済み記憶域の領域を使用してから、他のディスク領域が使用されます。 詳しくは、「Windows での予約済み記憶域のしくみ」をご覧ください。

再インストールの種類

選択できる再インストール オプション

アプリに対する処理

\Users下に保存されている個人データ対する処理

他のフォルダーまたはドライブに保存されているデータに対する処理

必要なディスク領域

Windows 11をリセットする

個人用ファイルを保持する

PC に付属していたものではないアプリは削除されます。

保持

保持

Medium

Windows 11をリセットする

すべて削除する

PC に付属していたものではないアプリは削除されます。

削除

削除

Low

インストール メディアを使用してWindows 11を再インストールする

すべて保持する (既定)

アプリと設定がすべて保持されます。

保持

保持

大きい

インストール メディアを使用してWindows 11を再インストールする

個人データを保持する

アプリはすべて削除されます。

保持

保持

Medium

インストール メディアを使用してWindows 11を再インストールする

何も引き継がない

アプリはすべて削除されます。

削除

削除

Low

インストール メディアを使用したWindows 11のクリーン インストール

該当なし

(この再インストール オプションでは、すべてのディスク パーティションが削除および再作成されます。)

削除

削除

削除

非常に小さい

Windows 11をリセットする

このオプションでは、選択したオプションに応じて、初めてデバイスをオンにしたときと同様の状態に戻り、インストールしたプログラムを削除し、個人用ファイルを削除します。 すべて Windows によって自動的に処理され、外部記憶装置の使用は必要ありません。 デバイスのリセットはクリーン インストール オプションよりも影響を受けませんが、十分なディスク領域が必要になります。

サインイン画面からアクセスできる設定またはWindows回復環境 (WinRE) から PC をリセットできます。 Windows 11をリセットする手順については、「Windowsのリセットまたは再インストール」を参照してください。

PC にWindows 11をリセットするための十分な空き領域がない場合は、通知が表示されます。 このシナリオでは、追加の領域を解放するか、次のセクションの手順を使用してWindows 11を再インストールします。

インストール メディアを使用してWindows 11を再インストールする

このオプションは、ディスクを完全にワイプし、Windows 11の新しいコピーをインストールするために使用できるインストール メディアを作成するためのツールを使用します。 このオプションでは、USB ドライブなどの外部記憶装置を使用する必要があります。また、インストール後に残す対象を選択できます。  

開始する前に、以下の準備ができていることを確認します。

  • インターネット接続

  • USB ドライブ、SD カード、または少なくとも 8 GB の空き領域を備えた外付けハード ドライブなどの外部ストレージ デバイス。

インストール メディアを作成する

最初に、Windows 11の再インストールに使用するインストール メディアを作成します。 

  1. デバイス上にある保存しておきたいファイルを USB ドライブ、SD カード、外部ハード ドライブなどの外部記憶装置にバックアップするか、OneDrive にアップロードしておきます。

    注: ファイルのバックアップに外部記憶装置を使用する場合は、Windows 10 のインストール メディアのダウンロード先として使用するものではなく、別の記憶装置を使用してください。

  2. Windows 11インストール メディアを、少なくとも 8 GB の空き領域がある別の外部ストレージ デバイスにダウンロードします。 このドライブの内容は、ダウンロードを完了するためにすべて削除されるため、先へ進む前にドライブが空であることを確認してください。 以下にその方法を示します。

    1. 動作している PC で、 Microsoft ソフトウェアのダウンロード Web サイト に移動し、[ 今すぐダウンロード ツール] を選択します。

    2. ダウンロードが完了したら、デスクトップからツールを開き、アプリがデバイスに変更を加えることを許可するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[ はい ] を選択します。

    3. Windows 11セットアップ ガイドが表示されたら、ライセンス条項と契約に同意します。

    4. 別の PC のインストール メディア (USB フラッシュ ドライブ、DVD、または ISO ファイル) の作成を選択し、[次へ] を選択します。

    5. 言語、エディション、アーキテクチャ (64 ビットまたは 32 ビット) を選択し、[次へ] を選択します。

    6. USB フラッシュ ドライブを選択し、[次へ] を選択します。

    7. 手順に従ってインストール メディアを作成し、[完了] を選択します。

インストール メディアを使用してWindows 11を再インストールする

作成したインストール メディアを PC にConnectし、Windows 11を再インストールします。 

  1. エクスプローラー を開き、インストール メディアを含むドライブを選択します。

  2. ドライブのルート ディレクトリでsetup.exeをダブルクリックし、アプリがデバイスに変更を加えることを許可するかどうかを確認されたら 、[はい ] を選択します。

  3. [ 変更 ] を選択して保持する内容を決定します。次のいずれかのオプションを選択し、[ 次へ] を選択します。

    • 個人用ファイルとアプリを引き継ぐ – 個人のデータ、アプリ、設定が保持されます。

    • 個人用ファイルのみを引き継ぐ – 個人のデータと設定は保持されますが、アプリはすべて削除されます。

    • 何も引き継がない – 個人データ、設定、アプリがすべて削除されます。

    警告: Windows 10 の再インストールを元に戻すことはできません。 [ 何も保持しない ] オプションを選択した場合は、まずファイルをバックアップしてください。 

  4. 完了するには、[インストール] を選択して PC へのWindows 11の再インストールを開始します。

再インストール中に、PC は何回か再起動されます。

インストール メディアを使用したWindows 11のクリーン インストール

警告: 

  • クリーン インストールは、デバイスで新しい作業を開始するのに役立つ高度なオプションです。 以下の手順は、このような変更を行う確信がある場合にのみ使用することをお勧めします。 詳細については、サポートにお問い合わせください

  • この操作で、すべての個人用ファイル、インストールされたアプリとドライバー、PC の製造元によるアプリとカスタマイズ、[設定] で行った変更は、すべて削除されます。

このオプションは、ディスクを完全にワイプし、Windows 11の新しいコピーをインストールするために使用できるインストール メディアを作成するためのツールを使用します。 このオプションでは、USB ドライブなどの外部記憶装置を使用する必要があります。また、最大限にクリーンなインストールを行うために、すべての情報を削除する手順が必要になります。 この種のクリーン インストールでは、システム パーティションが削除され、再作成されます。 デバイス上のすべての個人用ファイルと、回復ドライブとして現在使用されているハード ドライブのパーティションが削除されます。

開始する前に、以下の準備ができていることを確認します。

  • インターネット接続

  • 8 GB 以上の空き容量がある USB ドライブ、SD カード、外部ハード ドライブなどの外部記憶装置

インストール メディアを作成する

まず、Windows 11のクリーン インストールを実行するために使用するインストール メディアを作成します。 

  1. デバイス上にある保存しておきたいファイルを USB ドライブ、SD カード、外部ハード ドライブなどの外部記憶装置にバックアップするか、OneDrive にアップロードしておきます。

    注: 外部ストレージ デバイスを使用してファイルをバックアップする場合は、インストール メディアWindows 11ダウンロードするために使用するストレージ デバイスとは異なっていることを確認します。

  2. Windows 11インストール メディアを別の 8 GB サイズの外部ストレージ デバイスにダウンロードします。 このドライブの内容は、ダウンロードを完了するためにすべて削除されるため、先へ進む前にドライブが空であることを確認してください。 以下にその方法を示します。

    1. 動作している PC で、 Microsoft ソフトウェアのダウンロード Web サイト に移動し、[ 今すぐダウンロード ツール] を選択します。

    2. ダウンロードが完了したら、デスクトップからツールを開き、ツールによるデバイスへの変更を許可するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[ はい ] を選択します。

    3. Windows 11セットアップ ガイドが表示されたら、ライセンス条項と契約に同意します。

    4. 別の PC からインストール メディア (USB フラッシュ ドライブ、DVD、または ISO ファイル) を作成するを選択し、[次へ] を選択します。

    5. 言語、エディション、およびアーキテクチャ (64 ビットまたは 32 ビット) を選択します。

    6. 手順に従ってインストール メディアを作成し、[完了] を選択します。

インストール メディアを使ってクリーン インストールを実行する

作成したインストール メディアを PC にConnectし、Windows 11のクリーン インストールを実行します。 

  1. [システム>回復の開始>設定 >] を選択します

    回復設定を開く

  2. [高度なスタートアップ] の横にある [今すぐ再起動] を選択します。

  3. [デバイスの使用] を選択し、お使いの外部記憶装置に対応するデバイスを選択します。

    注:  [デバイスの使用] オプションが表示されない場合は、デバイスの製造元の Web サイトで、USB フラッシュ ドライブから起動する方法をご確認ください。

  4. 最初のWindows画面が表示されたら、ニーズに最適なオプションを選択し、[次へ] を選択します。

  5. [今すぐインストール] を選択し、[同意する] チェック ボックスをオンにします。 [次へ] を選択し、[カスタム: インストールWindowsのみ (詳細) を選択します。 これで、デバイスにドライブとパーティションの一覧が表示されます。 複数のディスクが表示されている場合は、Windowsをインストールするディスクからすべてのパーティションを削除するだけで済みます。

  6. 一覧の各ドライブ/パーティションを選択し、[削除] を選択します。 Windows セットアップ通知が表示されたら、[OK] を選択します。

  7. [未割り当て領域] と示されているドライブを除き、一覧のすべてのドライブに対して手順 5. を実行します。 完了したら、ドライブ 0 の未割り当て領域のみが残ります。

  8. [次へ] を選択します。

  9. Windowsセットアップ画面に[インストール中のWindows]と表示されます。 インストールが完了すると、デバイスが再起動します。 このとき、デバイスでは外部記憶装置からの再起動が試行されます。 Windows セットアップの最初の画面で言語/キーボード レイアウトを選択するように求められた場合は、外部ストレージ ドライブをデバイスから取り外して、[OK] を選択します。 これにより、デバイスが再起動されます。

  10. インストールが完了してデバイスが再起動したら、基本設定とデバイスの設定を選択します。

PC で Windows 10 に問題が発生している場合や、古くなったファイルやアプリを排除して Windows 10 を新しい状態にしたい場合は、Windows 10 を再インストールすることにより、問題点を解決して PC をクリーンな状態に戻すことができます。

ディスク領域を確認する

PC のパフォーマンスが思わしくない場合や Windows 10 で問題が発生している場合は、ディスク領域の不足が原因になっていることがあります。 Windows 10 を再インストールする前に、ディスク領域の解放で問題が解決しないか確認してください。 詳細については、「Windowsのドライブ領域を解放する」を参照してください。

開始する前に

保存しておきたい個人データやファイルがある場合は、Windows 10 を再インストールする前に、これらのデータやファイルを外部ハード ドライブ、USB サム ドライブ、SD カード、またはクラウド上の場所 (OneDrive など) にバックアップしてください。

Windows 10 は再インストール後に、もう一度ライセンス認証する必要があります。 通常、オンライン状態になると自動的にライセンス認証が実行されます。 詳細については、「Windowsのアクティブ化」の「Windows 10の再インストール後のアクティブ化」を参照してください。

注: お使いのデバイスで Windows 7 または Windows 8.1 からアップグレードした後に、Windows 10 がライセンス認証されている場合は、Windows 10 のデジタル ライセンスをお持ちです。このライセンスでは、Windows 10 の再インストール後に自動的にライセンス認証できます。 詳細については、「Windowsのアクティブ化」の「Windows 10の再インストール後のアクティブ化」を参照してください。

Windows 10 (バージョン 1607 以降) では、Windowsを再アクティブ化する前に、お使いの PC 上のWindows 10デジタル ライセンスに Microsoft アカウントをリンクする必要があります。 詳細については、ハードウェアの変更後のWindowsの再アクティブ化に関するページの「Windows 10 ライセンスを Microsoft アカウントに関連付ける」を参照してください。

PC に大きなハードウェア変更 (マザーボードの交換など) を行った後にWindows 10を再インストールすると、ライセンス認証が解除される可能性があります。 ハードウェアの変更前に Windows 10 (Version 1607) を実行していた場合は、ライセンス認証のトラブルシューティング ツールを使用して Windows のライセンス認証を再実行できます。 詳しくは、「ライセンス認証のトラブルシューティング ツールを使用する」をご覧ください。

注: ハードウェアを変更する前にWindows 10を実行していなかった場合、またはトラブルシューティングツールでWindowsを再アクティブ化できない場合は、サポートにお問い合わせください

Windows 10を再インストールする場合は、デジタル ライセンスに一致するWindowsのエディションを選択する必要があります。 たとえば、Windows 10 Homeを実行している場合は、Windows 10 Homeを再度インストールする必要があります。

Windows 10 の再インストールの種類

次のグラフは、アプリ、ファイル、個人データに対する処理、再インストールに必要なディスク領域の量など、再インストールの種類ごとに選択できるさまざまなオプションに関する情報を示しています。 このグラフは、Windows 10の再インストールに使用するオプションを決定するのに役立ちます。

最初に "Windows 10のリセット" を試み、必要に応じて "インストール メディアを使用Windows 10再インストール " してから、必要に応じて "インストール メディアを使用してWindows 10のクリーン インストール" を試してみることをお勧めします。

注: 

  • Windows 10 May 2019 Update (バージョン 1903) 以降では、インストール メディアを使用してWindows 10を再インストールし、[何も保持しない] (クリーン インストール) を選択すると、Windowsを再インストールするパーティションが 20 GB 以上の場合、予約ストレージが自動的に有効になります。 予約済みストレージでは、更新プログラム、アプリ、一時ファイル、システム キャッシュ用にディスク領域が確保されています。これにより、重要な OS 機能が常にディスク領域にアクセスできる状態になるため、PC の日常的な性能が向上します。

  • 予約済み記憶域のあるデバイスの場合、リセットまたは再インストールでは、まず予約済み記憶域の領域を使用してから、他のディスク領域が使用されます。 詳しくは、「Windows 10 での予約済み記憶域のしくみ」をご覧ください。

再インストールの種類

選択できる再インストール オプション

アプリに対する処理

\Users下に保存されている個人データ対する処理

他のフォルダーまたはドライブに保存されているデータに対する処理

必要なディスク領域

Windows 10のリセット

個人用ファイルを保持する

PC に付属していたものではないアプリは削除されます。

保持

保持

Medium

Windows 10のリセット

すべて削除する

PC に付属していたものではないアプリは削除されます。

削除

削除

Low

インストール メディアを使って Windows 10 を再インストールする

すべて保持する (既定)

アプリと設定がすべて保持されます。

保持

保持

大きい

インストール メディアを使って Windows 10 を再インストールする

個人データを保持する

アプリはすべて削除されます。

保持

保持

Medium

インストール メディアを使って Windows 10 を再インストールする

何も引き継がない

アプリはすべて削除されます。

削除

削除

Low

インストール メディアを使って Windows 10 のクリーン インストールを実行する

該当なし

(この再インストール オプションでは、すべてのディスク パーティションが削除および再作成されます。)

削除

削除

削除

非常に小さい

Windows 10のリセット

このオプションでは、選択したオプションに応じて、初めてデバイスをオンにしたときと同様の状態に戻り、インストールしたプログラムを削除し、個人用ファイルを削除します。 すべて Windows によって自動的に処理され、外部記憶装置の使用は必要ありません。 デバイスのリセットはクリーン インストール オプションよりも影響を受けませんが、十分なディスク領域が必要になります。

サインイン画面からアクセスできる設定またはWindows回復環境 (WinRE) から PC をリセットできます。 Windows 10をリセットする手順については、「Windowsのリセットまたは再インストール」を参照してください。

PC にWindows 10をリセットするための十分な空き領域がない場合は、通知が表示されます。 このシナリオでは、追加の領域を解放するか、次のセクションの手順を使用してWindows 10を再インストールします。

インストール メディアを使って Windows 10 を再インストールする

このオプションでは、ツールを使ってインストール メディアを作成します。このメディアを使用すると、ディスクを完全にワイプして、Windows 10 の新しいコピーをインストールできます。 このオプションでは、USB ドライブなどの外部記憶装置を使用する必要があります。また、インストール後に残す対象を選択できます。  

開始する前に、以下の準備ができていることを確認します。

  • インターネット接続

  • USB ドライブ、SD カード、または少なくとも 8 GB の空き領域を備えた外付けハード ドライブなどの外部ストレージ デバイス。

インストール メディアを作成する

まず、Windows 10 の再インストールに使用するインストール メディアを作成します。 

  1. デバイス上にある保存しておきたいファイルを USB ドライブ、SD カード、外部ハード ドライブなどの外部記憶装置にバックアップするか、OneDrive にアップロードしておきます。

    注: ファイルのバックアップに外部記憶装置を使用する場合は、Windows 10 のインストール メディアのダウンロード先として使用するものではなく、別の記憶装置を使用してください。

  2. Windows 10 のインストール メディアを別の外部記憶装置 (8 GB 以上の空き領域が必要) にダウンロードします。 このドライブの内容は、ダウンロードを完了するためにすべて削除されるため、先へ進む前にドライブが空であることを確認してください。 以下にその方法を示します。

    1. 動作している PC で、 Microsoft ソフトウェアのダウンロード Web サイト に移動し、[ 今すぐダウンロード ツール] を選択します。

    2. ダウンロードが完了したら、デスクトップからツールを開き、アプリがデバイスに変更を加えることを許可するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[ はい ] を選択します。

    3. Windows 10 セットアップ ガイドが表示されたら、使用許諾契約に同意します。

    4. 別の PC のインストール メディア (USB フラッシュ ドライブ、DVD、または ISO ファイル) の作成を選択し、[次へ] を選択します。

    5. 言語、エディション、アーキテクチャ (64 ビットまたは 32 ビット) を選択し、[次へ] を選択します。

    6. USB フラッシュ ドライブを選択し、[次へ] を選択します。

    7. 手順に従ってインストール メディアを作成し、[完了] を選択します。

インストール メディアを使って Windows 10 を再インストールする

作成したインストール メディアを PC に接続し、Windows 10 を再インストールします。 

  1. エクスプローラー を開き、インストール メディアを含むドライブを選択します。

  2. ドライブのルート ディレクトリでsetup.exeをダブルクリックし、アプリがデバイスに変更を加えることを許可するかどうかを確認されたら 、[はい ] を選択します。

  3. [ 変更] を選択して保持する内容を決定します。次のいずれかのオプションを選択し、[ 次へ] を選択します。

    • 個人用ファイルとアプリを引き継ぐ – 個人のデータ、アプリ、設定が保持されます。

    • 個人用ファイルのみを引き継ぐ – 個人のデータと設定は保持されますが、アプリはすべて削除されます。

    • 何も引き継がない – 個人データ、設定、アプリがすべて削除されます。

    警告: Windows 10 の再インストールを元に戻すことはできません。 [ 何も保持しない ] オプションを選択した場合は、まずファイルをバックアップしてください。

  4. 完了するには、[インストール] を選択して、PC への Windows 10 の再インストールを開始します。

再インストール中に、PC は何回か再起動されます。

インストール メディアを使って Windows 10 のクリーン インストールを実行する

警告: 

  • クリーン インストールは、デバイスで新しい作業を開始するのに役立つ高度なオプションです。 以下の手順は、このような変更を行う確信がある場合にのみ使用することをお勧めします。 詳細については、サポートにお問い合わせください

  • この操作で、すべての個人用ファイル、インストールされたアプリとドライバー、PC の製造元によるアプリとカスタマイズ、[設定] で行った変更は、すべて削除されます。

このオプションでは、ツールを使ってインストール メディアを作成します。このメディアを使用すると、ディスクを完全にワイプして、Windows 10 の新しいコピーをインストールできます。 このオプションでは、USB ドライブなどの外部記憶装置を使用する必要があります。また、最大限にクリーンなインストールを行うために、すべての情報を削除する手順が必要になります。 この種のクリーン インストールでは、システム パーティションが削除され、再作成されます。 デバイス上のすべての個人用ファイルと、回復ドライブとして現在使用されているハード ドライブのパーティションが削除されます。

開始する前に、以下の準備ができていることを確認します。

  • インターネット接続

  • 8 GB 以上の空き容量がある USB ドライブ、SD カード、外部ハード ドライブなどの外部記憶装置

インストール メディアを作成する

まず、Windows 10 のクリーン インストールに使用するインストール メディアを作成します。 

  1. デバイス上にある保存しておきたいファイルを USB ドライブ、SD カード、外部ハード ドライブなどの外部記憶装置にバックアップするか、OneDrive にアップロードしておきます。

    注: ファイルのバックアップに外部記憶装置を使用する場合は、Windows 10 のインストール メディアのダウンロード先として使用するものではなく、別の記憶装置を使用してください。

  2. Windows 10インストール メディアを別の 8 GB サイズの外部ストレージ デバイスにダウンロードします。 このドライブの内容は、ダウンロードを完了するためにすべて削除されるため、先へ進む前にドライブが空であることを確認してください。 以下にその方法を示します。

    1. 動作している PC で、 Microsoft ソフトウェアのダウンロード Web サイト に移動し、[ 今すぐダウンロード ツール] を選択します。

    2. ダウンロードが完了したら、デスクトップからツールを開き、ツールによるデバイスへの変更を許可するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[ はい ] を選択します。

    3. Windows 10 セットアップ ガイドが表示されたら、使用許諾契約に同意します。

    4. 別の PC からインストール メディア (USB フラッシュ ドライブ、DVD、または ISO ファイル) を作成するを選択し、[次へ] を選択します。

    5. 言語、エディション、およびアーキテクチャ (64 ビットまたは 32 ビット) を選択します。

    6. 手順に従ってインストール メディアを作成し、[完了] を選択します。

インストール メディアを使ってクリーン インストールを実行する

作成したインストール メディアを PC に接続し、Windows 10 のクリーン インストールを実行します。 

  1. [スタート] ボタンを選択し、> [セキュリティ>回復更新&設定] を選択します。

    回復設定を開く

  2. [PC の起動をカスタマイズする] で、[今すぐ再起動する] を選択します。

  3. [デバイスの使用] を選択し、お使いの外部記憶装置に対応するデバイスを選択します。

    注:  [デバイスの使用] オプションが表示されない場合は、デバイスの製造元の Web サイトで、USB フラッシュ ドライブから起動する方法をご確認ください。

  4. 最初のWindows画面が表示されたら、ニーズに最適なオプションを選択し、[次へ] を選択します。

  5. [今すぐインストール] を選択し、[同意する] チェック ボックスをオンにします。 [次へ] を選択し、[カスタム: インストールWindowsのみ (詳細) を選択します。 これで、デバイスにドライブとパーティションの一覧が表示されます。 複数のディスクが表示されている場合は、Windowsをインストールするディスクからすべてのパーティションを削除するだけで済みます。

  6. 一覧の各ドライブ/パーティションを選択し、[削除] を選択します。 Windows セットアップ通知が表示されたら、[OK] を選択します。

  7. [未割り当て領域] と示されているドライブを除き、一覧のすべてのドライブに対して手順 5. を実行します。 完了したら、ドライブ 0 の未割り当て領域のみが残ります。

  8. [次へ] を選択します。

  9. Windowsセットアップ画面に[インストール中のWindows]と表示されます。 インストールが完了すると、デバイスが再起動します。 このとき、デバイスでは外部記憶装置からの再起動が試行されます。 Windows セットアップの最初の画面で言語/キーボード レイアウトを選択するように求められた場合は、外部ストレージ ドライブをデバイスから取り外して、[OK] を選択します。 これにより、デバイスが再起動されます。

  10. インストールが完了してデバイスが再起動したら、基本設定とデバイスの設定を選択します。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×