Windows 10 と Windows 11には、最新のウイルス対策の保護を提供する Windows セキュリティが含まれています。 お使いのデバイスは、Windows を起動した瞬間からアクティブに保護されます。 Windows セキュリティは、マルウェア (悪意のあるソフトウェア )、ウイルス、セキュリティの脅威を継続的にスキャンします。 このリアルタイム保護に加え、デバイスの安全を確保し脅威から保護するために、更新プログラムが自動的にダウンロードされます。

Windows 11 の Windows セキュリティ アプリ

S モードの Windows 10 または Windows 11

Windows 10 または Windows 11 を S モードで実行している場合、一部の機能が少し異なることがあります。 このモードはセキュリティを強化するために簡略化されているため、[ ウイルスと脅威の防止 ] 領域のオプションが少なくなります。 ただし、このモードの組み込みのセキュリティによって、ウイルスやその他の脅威がデバイスで実行されないように自動的に防止され、セキュリティ更新プログラムが自動的に配信されるので、心配することはありません。 詳しくは、「Windows 10 または Windows 11 (S モード) に関してのよくあるご質問」をご覧ください。

重要なセキュリティ情報

  • Windows セキュリティは Windows に組み込まれており、Windows Defender ウイルス対策というウイルス対策プログラムが含まれています。 (以前のバージョンの Windows 10 で、Windows セキュリティは Windows Defender セキュリティ センターと呼ばれていました)。

  • 別のウイルス対策アプリがインストールされている場合、Windows Defender ウイルス対策は自動的にオフになります。 他のアプリをアンインストールすると、Microsoft Defender ウイルス対策が自動的に有効になります。

  • Windows セキュリティの更新プログラムの受信で問題が発生している場合は、「Windows Update のエラーを解決する」と「Windows Update に関する FAQ」を参照してください。

  • アプリをアンインストールする方法について詳しくは、「Windows でアプリを修復または削除する」をご覧ください。

  • 自分のユーザー アカウントを管理者アカウントに変更する方法については、「Windows でローカルのユーザー アカウントまたは管理者アカウントを作成する」をご覧ください。

Windows セキュリティの機能の理解とカスタマイズ

Windows のセキュリティは、お客様のデバイスとデータを保護するツールを管理するためのホームです。

  • ウイルスと脅威の防止 - デバイスへの脅威を監視して、スキャンを実行し、最新の脅威を検出するための更新プログラムを入手します (Windows 10 を S モードで実行している場合、いくつかのオプションは使用できません)。

  • アカウントの保護 - サインイン オプションとアカウント設定にアクセスします。Windows Hello や動的ロックなどが含まれます。

  • ファイアウォールとネットワーク保護 - ファイアウォールの設定を管理し、ネットワークとインターネット接続の状態を監視します。

  • アプリとブラウザーの制御 - 危険性のあるアプリ、ファイル、サイト、ダウンロードからデバイスを保護できるように、Microsoft Defender SmartScreen の設定を更新します。 Exploit Protection が提供され、デバイスの保護設定をカスタマイズできます。

  • デバイス のセキュリティ - 組み込みのセキュリティ オプションを確認して、悪意のあるソフトウェアによる攻撃からデバイスを保護します。

  • デバイスのパフォーマンスと正常性 - デバイスのパフォーマンスの正常性に関するステータス情報を確認し、デバイスをクリーンで Windows の最新バージョンの状態に保ちます。

  • ファミリー オプション - お子様のオンライン アクティビティと家庭内のデバイスを追跡します。

これらの Windows セキュリティ機能を使用してデバイスの保護方法をカスタマイズするには、[スタート] > [設定] > [更新とセキュリティ] > [Windows セキュリティ] を選択するか、下のボタンを選択します。
Windows セキュリティの設定を開く

状態アイコンは、次のように安全性のレベルを示します:

  • 緑色は、現時点で特に推奨されるアクションがないことを示します。

  • 黄色は、推奨される安全上の操作があることを示します。

  • は、直ちに対応を取る必要があることを示す警告です。

手動でマルウェア スキャンを実行する

特定のファイルまたはフォルダーに対するリスクについて心配な場合は、エクスプローラーでファイルまたはフォルダーを右クリックして、[Microsoft Defender でスキャンする] を選択することができます。

デバイスがマルウェアやウイルスに感染している疑いがある場合は、直ちにクイック スキャンを実行する必要があります。 これは、すべてのファイルとフォルダーのフル スキャンを実行するよりもはるかに高速です。

Windows セキュリティでクイック スキャンを実行する

  1. [スタート] > [設定] > [更新とセキュリティ]  > [Windows セキュリティ] > [ウイルスと脅威の防止] の順に選択します。
    Windows セキュリティの設定を開く

  2. [現在の脅威] の下で [クイック スキャン] を選択します (または以前のバージョンの Windows 10 では、[脅威の履歴] の下で [今すぐスキャン] を選択します)。

スキャンで問題が検出されないが、それでも心配な場合は、デバイスを詳細に確認してください。

Windows セキュリティで高度なスキャンを実行する

  1. [スタート]  > [設定] > [更新とセキュリティ]  > [Windows セキュリティ] >[ウイルスと脅威の防止] の順に選択します。

  2. [現在の脅威] の下で [スキャンのオプション] を選択します (または以前のバージョンの Windows 10 では、[脅威の履歴] の下で [新しい高度なスキャンを実行] を選択します)。

  3. いずれかのスキャン オプションを選択します:

    • フル スキャン (デバイスで現在実行されているファイルとプログラムを調べます)

    • カスタム スキャン (特定のファイルやフォルダーをスキャンします)

    • Microsoft Defender オフライン スキャン (デバイスがウイルスやマルウェアに感染している場合やその可能性がある場合、このスキャンを実行します)。 Microsoft Defender オフラインの詳細

  4. [今すぐスキャン] を選択します。

高度なスキャンの実行について

注: Windows 10 または Windows 11 を S モードで実行している場合には、セキュリティが合理化されているため、このプロセスを使用できません。

独自のスキャンをスケジュールする

Windows セキュリティはデバイスを安全に保つために定期的なスキャンを実行しますが、スキャンのタイミングと頻度を設定することもできます。

スキャンのスケジュール

  1. [スタート] ボタンを選択し、[検索] ボックスで「タスク スケジューラ」と入力し、結果のリストから [タスク スケジューラ]を選択します。

  2. 左側のウィンドウで、[タスク スケジューラ ライブラリ] の横にある矢印 (>) を選択して展開します。[Microsoft] > [Windows] も同じように展開し、下へスクロールして、[Windows Defender] フォルダーを選択します。

  3. 中央上部のウィンドウで、[Windows Defender スケジュールされたスキャン] を選択します。(名前の全体を確認するには、選択肢をポイントします。)

  4. 右側の [操作] ウィンドウで、下へスクロールして [ プロパティ] を選択します。

  5. 表示されるウィンドウで、[トリガー] タブを選択し、[ 新規] を選択します。

  6. 適切な時間と頻度を設定し、[OK] を選択します。

  7. スケジュールを確認し、[OK] を選択します。

注: Windows 10 または Windows 11 を S モードで実行している場合には、セキュリティが合理化されているため、このプロセスを使用できません。

Microsoft Defender ウイルス対策のリアルタイム保護をオンまたはオフにする

リアルタイム保護を短時間停止する必要が生じることがあります。 リアルタイム保護がオフの場合、開いたファイルやダウンロードしたファイルに対して脅威のスキャンは実行されません。 ただし、リアルタイム保護は、デバイスの保護を再開するために、すぐに自動的にオンになります。

リアルタイム保護を一時的に無効にする

  1. [スタート] > [設定] > [更新とセキュリティ] > [Windows セキュリティ] > [ウイルスと脅威の防止] > 設定の管理 の順に選択します。 (以前のバージョンの Windows 10 では、[ウイルスと脅威の防止] > [ウイルスと脅威の防止の設定]。) >
    >Windows セキュリティ設定を開く] の順に選択します。

  2. [リアルタイム保護] の設定を [オフ] に切り替えて、[はい] を選択して確認します。

注: Windows 10 または Windows 11 を S モードで実行している場合には、セキュリティが合理化されているため、このプロセスを使用できません。

関連項目

マルウェアが PC に感染するしくみ

Microsoft セキュリティのヘルプと学習

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×