Microsoft Edge の閲覧履歴を表示または削除する

適用対象: Microsoft EdgeWindows 10

Microsoft Edge には、お気に入りのサイトに戻ったり、フォームに記入しやすくしたりするための情報が保存されます。InPrivate ウィンドウを使う場合を除き、パスワード、フォームに入力した情報、アクセスしたサイトなどの情報が閲覧の履歴に保存されます。

これらの情報のほとんどは PC にのみ保存されますが、Cortana を使っている場合は、Cortana がよりタイムリーでユーザーに合った提案と支援を提供できるように、一部の情報がクラウドにも保存されます。

ブラウザーの履歴は、[お気に入り] > [履歴]  を選択するだけで簡単に表示できます。また、いつでも履歴を消去することができます。

PC に保存されている閲覧の履歴をクリアする

  1. 閲覧の履歴を表示するには、Microsoft Edge ブラウザーで [お気に入り] > [履歴]  を選択します。
  2. [履歴のクリア] を選択します。
  3. PC から削除するデータの種類を選択します (説明についてはをご覧ください)。たとえば、閲覧の履歴と Cookie を削除し、オートフィルとパスワードの履歴を残すことができます。
  4. [クリア] を選びます。

クラウドに保存された閲覧の履歴をクリアする (Cortana を使っている場合)

  1. 閲覧の履歴を表示するには、Microsoft Edge ブラウザーで [お気に入り] > [履歴]  を選択します。
  2. [クラウドで Microsoft Edge に登録されている個人情報を変更する] を選択し、[アクティビティの消去] を選択します。

閲覧の履歴から削除される内容

情報の種類 削除されるもの 保存されている場所
閲覧履歴 アクセスしたサイトの URL とアクセスした日時。 クラウドと PC
クッキーと保存済みの Web サイト データ サインイン情報や位置情報などのユーザー設定を記憶するために、サイトによって PC に保存された情報。 PC
キャッシュされたデータとファイル PC に保存されたページ、画像、その他のメディア コンテンツのコピー。ブラウザーは、これらのコピーを使うことで、次回これらのサイトにアクセスしたときにコンテンツをすばやく読み込みます。 PC の場合

保存して閉じたタブや最近閉じたタブ

保存して閉じたタブや最近閉じたタブ。 PC の場合
ダウンロードの履歴 Web からダウンロードしたファイルの一覧。ここでは、ダウンロードした実際のファイルではなく、一覧だけが削除されます。 PC の場合
オートフィル データ (フォームやカードを含む)  メール、クレジット カード、配送先住所など、フォームに入力した情報。  PC の場合
パスワード サイト用に保存したパスワード。  PC
メディア ライセンス PlayReady/デジタル著作権管理コンテンツのライセンス。  PC の場合
Web サイトのアクセス許可 [アクセス許可の管理] を選択して、位置情報、全画面表示、ポップアップ、メディアの自動再生を含む各 Web サイトの一覧を確認します。  PC の場合

 

関連トピック

Microsoft Edge でポップアップをブロックする

Microsoft アカウントにサインインできない場合

Microsoft アカウントを復元する