ナレーターの詳細なガイド

適用対象: Windows 10

ナレーターは、Windows 10 に組み込まれている画面読み上げアプリです。このガイドでは、デスクトップ PC の Windows でナレーターを使用する方法について説明します。ナレーターを使って、アプリを使用したり、Web を閲覧したりすることができます。この記事は、通常スクリーン リーダーを使用する方を対象にしています。
 
このガイドを読むには、以下の目次からリンクを選びます。1 つの章または付録を読み終えたら、章の最後にある目次へのリンクを選択してこのページに戻るか、次の章のリンクを選択することができます。
 
目次の下には、ナレーターの新機能についてのセクションがあります。
 

目次


内容
第 1 章: ナレーターの概要 ナレーターを起動および停止する方法など、ナレーターの概要。
第 2 章: ナレーターの基本 画面の操作方法、アプリを検索して開く方法、ナレーターが読み上げる内容を変更する方法、音声の速度や音量を調整する方法。
第 3 章: スキャン モードを使う スキャン モードを使ってアプリ、メール、Web を移動する方法。
第 4 章: テキストを読み上げる フォント、テキストの色、句読点など、テキストに関する情報を読み上げる方法や取得する方法。
第 5 章: ナレーターのビュー ナレーターのビューを使用して、参照しているアプリやページの詳細を取得する方法。
第 6 章: ナレーターをタッチ操作で使う 基本的なジェスチャなど、ナレーターをタッチ操作で使う方法。
第 7 章: ナレーターをカスタマイズする ナレーターの起動方法を変更する方法、入力時に読み上げるフィードバックの数を指定する方法、ナレーターのコマンドを変更する方法、サード パーティの音声合成 (TTS) ソフトウェアを使う方法。
第 8 章: ナレーターを点字ディスプレイで使う 更新可能な点字ディスプレイでナレーターを使用する方法。
次: 付録 A: サポートされている言語と音声 ナレーターでサポートされている言語と利用可能な TTS 音声の一覧。
付録 B: ナレーターのキーボード コマンドとタッチ ジェスチャ ナレーターのキーボード コマンドとタッチ ジェスチャの一覧。
付録 C: サポートされている点字ディスプレイ ナレーターでサポートされている点字ディスプレイの一覧。

新機能


ナレーターの最新バージョンでの新機能は次のとおりです。

標準キーボード レイアウト

ナレーターの習得と使用が容易になるように、新しい標準のキーボード レイアウトを導入しました。更新されたレイアウトは、他のスクリーン リーダーで使われているキーボード レイアウトに類似したものです。

新しいコマンドには、ナレーターのページ、段落、行、単語、文字の各コマンドの更新などがあります。また、ナレーターの検索、リンクのリスト、見出しのリスト、ランドマークのリストなどの、新しいコマンドがあります。いくつかのコマンドでは、テンキーを使用できるようになりました。

新しいコマンドや更新されたコマンドのすべてについては、「付録 B: ナレーターのキーボード コマンドとタッチ ジェスチャ」をご覧ください。スキャン モードのコマンドは、「第 3 章: スキャン モードを使う」をご覧ください。

ナレーター キー

ナレーターのコマンドで使用する修飾キーを選択できるようになりました。CapsLock キーと Insert キーはどちらも、デフォルトでナレーター キーとして機能します。ナレーター キーを使用するすべてのコマンドでは、いずれかのキーを使用できます。このガイドでは、ナレーター キーのことをコマンド内でそのまま "ナレーター" と呼びます。ナレーター キーは、ナレーターの設定で変更できます。

ビューの変更コマンドの更新

ビューの変更コマンドは、ナレーター+ PageUp および PageDown キーにマッピングされるようになりました。また、ナレーター + Ctrl + 上方向キーおよび下方向キーを押してビューを変更することもできます。

スキャン モードの機能強化

スキャン モードのプライマリ動作およびセカンダリ動作のコマンドが変更されました。Enter または Space キーを押すと、プライマリ動作を実行できます。プライマリ動作のキーにシフト キーを追加すると、セカンダリ動作を実行できます (Shift + Enter または Shift + Space キー)。この変更は、どのキーボード レイアウトを選択した場合でも同じです。

さらに、スキャン モードの新しいキーボード コマンドがいくつか追加されています。これを使ってテキストを選択できます。これらの詳細については、「第 3 章: スキャン モードを使う」をご覧ください。

ダイアログの読み上げ

ナレーターは、表示された上部のダイアログ ウィンドウのほとんどのテキストを自動的に読み上げるようになりました。たとえば、コンテンツを保存せずにアプリケーションを終了すると、ナレーターはコンテンツを保存するかどうかをたずねるダイアログを読み上げます。

クイックスタートでナレーターを学ぶ

クイックスタートは、ナレーターの基本的な使用方法を習得できる、Windows のラーニング エクスペリエンスです。ナレーターを起動すると、クイックスタートは自動的に起動します。クイックスタートが自動的に起動しないようにするには、[今後、このガイドを表示しない] の横にあるチェックボックスをオンにします。ナレーターの設定の [クイックスタートでナレーターの基本を学ぶ] のリンクを選択すると、いつでもクイックスタート ガイドにアクセスできます。

ご意見ご感想をお寄せください


皆さんのフィードバックは、ナレーターを改善するのに役立ちます。ナレーターがオンになっているときに、ナレーター + Alt + F を押して、フィードバック Hub を開き、ナレーターに関するフィードバックをご提供ください。Microsoft Accessibility User Voice Web サイトにコメントを残していただくこともできます。さらに、ナレーターや Microsoft の他の支援技術に関するテクニカル サポートについては、Microsoft Disability Answer Desk にお問い合わせください。
 
マイクロソフトに追加の診断データとパフォーマンス データを提供する場合には、Windows ロゴ キー + Ctrl + N を押して、ナレーターの設定を開き、[ナレーターをより良くするために] の下のトグルを選択して、ナレーターを再起動します。