最終更新:2020 年 8月3日 午前 3: 30 PST

要約

この記事は、すでに Windows 10 バージョン 2004 または Windows Server、バージョン 2004 へと更新したデバイスで、KB4568129 に記載されているパリティ記憶域を使用する問題の影響を受けているデバイスを対象としています。

シンプルな記憶域とミラーの記憶域は、この問題の影響を受けません。

トラブルシューティング ツールを使用した回避策

重要

Windows 10 バージョン 2004 に既に更新していて、この問題の影響を受けている場合:

  • トラブルシューティング ツールが実行されていることを確認するか、以下の手順を適用し、この問題に対処するための完全な軽減策または更新プログラムを待つことをお勧めします。この記事で説明されていない方法で問題を軽減しようとすると、特にボリュームが [ディスク マネージャー] で“RAW” として表示される場合、ファイルが損傷する可能性があります。

  • 以前のバージョンの Windows に戻しても、影響を受けるデバイスではこの問題は解決しません。

  • この問題の影響を受けるデバイスで chkdsk コマンドを実行しないことをお勧めします。

現在、この問題のすべてのシナリオに対する完全な軽減策はありません。 

いくつかのトラブルシューティング ツールが、影響を受ける Windows 10 バージョン 2004 のデバイスのいくつかの問題へと対処するためにリリースされており、いくつかのシナリオで問題を軽減することができます。 次の手順を使用して、トラブルシューティング ツールが実行されたことを確認できます。

  1. [スタート] を選択して、「トラブルシューティング」 と入力します。

  2. [トラブルシューティングの設定] を選択します

  3. [設定] ダイアログの [トラブルシューティング] セクションで、[履歴の表示] を選択します。

  4. トラブルシューティング ツールの実行が試みられた場合、以下の表のタイトルと説明が記載された重要なトラブルシューティング ツールまたはおすすめのトラブルシューティング ツールが表示されます。  メモ列では、トラブルシューティング ツールが何をするのかを説明しています。

タイトル

説明

注意

ハードウェアとデバイスのトラブルシューティング ツール

お使いのデバイスの問題を修正するために、システム設定を自動的に変更します

このトラブルシューティング ツールは、記憶領域上のデータに関する問題を防止します。トラブルシューティング ツールが実行されると、記憶領域への書き込みができなくなります。

記憶領域のトラブルシューティング ツール

パリティ記憶域でデータの破損が検出されました。このトラブルシューティング ツールは、これ以上の破損を防ぐためのアクションを実行します。また、スペースが以前に読み取り専用としてマークされていた場合には、書き込みアクセスも復元されます。詳細情報と推奨されるアクションについては、以下のリンクを参照してください

このトラブルシューティング ツールは、一部のユーザーの問題を軽減し、パリティ記憶域への読み取りと書き込みアクセスを復元します。 

すでに問題が発生しているファイルは、回復が必要な場合があります。  詳細については、以下の「ファイルを回復する」セクションを参照してください。

記憶域スペース クリーンアップのトラブルシューティング ツールについて

記憶域スペースの以前の設定と環境を自動的に復元します。

KB4568831がデバイスに適用された後、このトラブルシューティングは以前の記憶域スペース設定を復元します。

注: シンプルな記憶域またはミラーの記憶域を使用しているデバイスで上記の手順を実行すると、トラブルシューティング ツールの 「実行できませんでした」 というメッセージが表示される場合があります。  これは、シンプルな記憶域とミラーの記憶域はこの問題の影響を受けないため想定されることです。  これらの記憶域の種類については、以下のトラブルシューティング ツールと手順を実行する必要はありません。  パリティ記憶域を使用していて “実行できませんでした” というメッセージを受信した場合は、次の手順を使用する必要がある場合があります。

手動の手順を使用した回避策

重要

以下の手順は、2020 年 7 月 31 日リリースのKB4568831をまだインストールしていない場合にのみお勧めします。

Windows Server バージョン 2004 を使用している場合、またはトラブルシューティング ツールがまだ実行されていない場合は、次の手順を使用して、それらを読み取り専用としてマークすることができます。

  1. [スタート] を選択して、「powershell」と入力します。

  2. [Windows PowerShell] を右クリックするか長押しして、[管理者として実行] を選択します。

  3. Windows Powershell[ユーザー アクセス制御] ダイアログでプロンプトが表示されたら、[はい]を選択します。

  4. PowerShell ダイアログ内で、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。 「Get-VirtualDisk | ?ResiliencySettingName -eq Parity | Get-Disk | Set-Disk -IsReadOnly $true」

  5. 記憶域は読み取り専用に設定する必要があります。設定することで、記憶域に書き込むことはできなくなります。  デバイスは引き続き使用可能で、“RAW” として表示されないボリュームは読み取り可能です。

上記の手順は、「ハードウェアとデバイスのトラブルシューティング ツール」というタイトルが付けられた上記のトラブルシューティング ツールと同等のものです。  現在、「記憶領域のトラブルシューティング ツール」というタイトルが付けられたトラブルシューティング ツールと同等のマニュアルはありません。

手動の手順を使用した記憶域スペースのクリーンアップ

上記の「手動の手順を使用した回避策」の回避策を以前に適用した場合、または記憶域スペースのクリーンアップのトラブルシューティングをまだ信していない場合は、以下の手動の手順を実行して、記憶域を以前の設定に戻す必要があります。  記憶域スペースのクリーンアップのトラブルシューティングという名前のトラブルシューティングを既に受信している場合は、手動で手順を実行する必要はありません。

重要

以下の手順を実行する前に、KB4568831がデバイスに適用されていることを確認する必要があります。

修正を完了するには、次の手動手順を実行します。

  1. [開始]を選択して、次のように入力します: powershell

  2. [Windows PowerShell]を右クリックまたは長押しして、[ 管理者として実行]を選択します。

  3. Windows Powershell [ユーザーアクセス制御] ダイアログでプロンプトが表示されたら、[はい] を選択します。

  4. トラブルシューティングを受信していない場合(検証については上記のセクションを参照)、この手順をスキップして手順 5 に進みます。Windows 10を実行していて、トラブルシューティングを受け取った場合は、手順 5 の前に次の手順を実行してください。

    1. PowerShell ダイアログ内で、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。Unregister-ScheduledTask -TaskName "Storage Spaces Troubleshooter"

    2. PowerShell ダイアログ内で、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。「Get-VirtualDisk | ?ResiliencySettingName -eq Parity | Set-VirtualDisk -IsManualAttach $false

  5. PowerShell ダイアログ内で、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。Get-VirtualDisk | ?ResiliencySettingName -eq Parity | Get-Disk | Set-Disk -IsReadOnly $false

  6. PowerShellダイアログ内で、次のコマンドを入力して Enter キーを押します。Start-ScheduledTask -TaskPath "\Microsoft\Windows\Defrag" -TaskName ScheduledDefrag

  7. PowerShellダイアログ内で、次のコマンドを入力して Enter キーを押します。Start-ScheduledTask -TaskPath "\Microsoft\Windows\Data Integrity Scan" -TaskName "Data Integrity Scan"

  8. 記憶域スペースを読み書きできるように戻す必要があります

ファイルを回復する

パリティ記憶域にアクセスでき、それがディスク マネージャーRAW として表示されない場合は、WinFR と以下の手順を使用して回復を試みることができます。  WinFR の使用方法の詳細については、「Recover lost files on Windows 10 (Windows 10 で失われたファイルを回復する)」を参照してください。

  1. https://www.microsoft.com/store/apps/9N26S50LN705 からツールをダウンロードして実行します。

  2. セグメント モード (/r)削除されていないファイル フラグ (/u) を使用して実行し、NTFS ボリュームからファイルを回復します。既定では、これは可能なすべてのファイルを回復します。  特定のファイル形式 (/n *.docx など) にのみ関心がある場合や、システム ファイルの回復を減らすことを目的としてフィルター フラグを追加することができます。 C: ドライブに存在するすべての docx ファイルを D:\SpacesRecovery フォルダーに回復するためのコマンド例:winfr.exe C:D:\SpacesRecovery /r /u /n*.docx

  3. コマンドが完了すると、回復したファイルを表示することができるようになります。上記の例では、D:SpacesRecovery にアクセスする必要があります。  WinFR を使用して問題が発生した場合は、winfr@microsoft.com へとお問い合わせください。

 

[ディスク マネージャー]“RAW” として表示される ReFS ボリュームがある場合は、refsutil salvage コマンドを使用して、データを同等のサイズのボリュームに回復することができます。salvage コマンドには、クイックとフルの 2 つのオプションがあります。クイック 回復では、完全なリカバリほど多くのデータを回復できない場合があります。

クイック 回復を実行するには、次の手順を実行します。

管理者特権でのコマンド プロンプト: refsutil salvage -QA <source volume> <working directory> <target directory>

例: refsutil salvage -QA E:F:\SalvagedFiles

完全な回復を実行するには:

管理者特権でのコマンド プロンプト: refsutil salvage -FA <source volume> <working directory> <target directory>

例: refsutil salvage -FA E:F:\SalvagedFiles

次の手順

この問題は KB4568831 で解決されています。上記のセクションを参照して、このアップデートを適用した後、手動で追加の手順を実行する必要がないことを確認してください。

問題のステータスとこの問題のセーフガード ホールドについては、KB4568129も参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×