Windows Defender を使ってコンピューターを保護する

Windows 10 をお持ちの場合は、Windows Defender で最新のウイルス対策を実施することができます。Windows 10 を初めて起動すると、Windows Defender が有効になり、マルウェア (悪意のあるソフトウェア) やウイルスなどのセキュリティ脅威をスキャンして PC を積極的に保護します。Windows Defender は、リアルタイム保護を使って、ダウンロードしたデータやプログラムおよび PC で使用されているデータやプログラムをスキャンします。

PC の安全を確保し脅威から保護するために、Windows Defender の更新プログラムが Windows Update によって自動的にダウンロードされます。

以前のバージョンの Windows をお持ちで、Microsoft Security Essentials を使用している場合は、Windows Defender に移行することをお勧めします。

Windows Defender でスキャンをスケジュールする

Windows Defender は、PC を安全に保つために定期的に PC をスキャンします。スキャンのスケジュールを設定するには:

  1. [タスクのスケジュール] を検索して開きます。
  2. 左側のウィンドウで、[タスク スケジューラ ライブラリ][Microsoft][Windows] の順に展開して、下にスクロールし、[Windows Defender] フォルダーをダブルクリックします。
  3. 中央上部のウィンドウで、[Windows Defender Scheduled Scan] をダブルクリックします。
  4. [トリガー] タブを選び、[新規] を選びます。
  5. 時間と間隔を設定し、[OK] を選択します。


Windows Defender のリアルタイム保護をオンまたはオフにする

  1. [スタート] ボタンを選択し、[設定] [更新とセキュリティ] の順に選択します。
  2. [Windows Defender] を選択して、[リアルタイム保護] をオンまたはオフにします。

プロパティ

文書番号:17464 - 最終更新日: 2016/09/14 - リビジョン: 4

フィードバック