Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

注: このトピックでは、クラシック モデルの機能について Yammer。 新しいアプリケーションでこの機能を使用する方法については、「 Yammerでコミュニティに参加して作成する」をYammer

グループは Yammer 、会話、ファイル、更新の中心的な場所を提供することで、プロジェクトやイベントで簡単に作業できます。 グループを作成すると、自動的にグループの所有者になります。 グループを管理する方法については、「グループの管理」を参照Yammer

グループを作成 Yammer

  1. の [ Yammer ] タイルを Microsoft 365。

  2. 画面の左下隅にある [新しいグループの作成] を選択します。

    Yammer.com で [新しいグループの作成] ボタンを示すスクリーンショット

  3. 次のいずれかのオプションを選びます。

    注: 管理者がこの機能をオフにしている、または Yammer Enterprise ネットワークが EU geo にあるため、外部グループを作成できない場合は、[内部グループ] オプションだけが表示されます。

    内部グループを選択した、Yammer の [グループの作成] 画面を示すスクリーンショット。

    [内部グループ] を選択して、社内ユーザーと共同作業を行います。

    外部グループを選択した、Yammer の [グループの作成] 画面を示すスクリーンショット。

    [外部グループ] を選択して、他社のユーザーと共同作業を行います。

  4. [グループ名] に、グループの名前を入力します。

    ヒント: 

    • ユーザーがグループの一覧を簡単にスキャンするには、短い名前を使用します。 会社には、従うグループの名前付け規則がある場合があります。 組織内の他のグループ名を見て、他のユーザーが使用した名前を確認し、作成するグループが存在しなかからなかっている必要があります。

    • 組織で接続されているグループ Microsoft 365使用し、グループ名前付けポリシーがある場合は、プレフィックスとサフィックスが自動的に追加されます。 必要に応じて、管理者Yammerグループ名前付けポリシーをオーバーライドできます。 詳細については、 Microsoft 365 グループの名前付けポリシーに関するページを参照してください

  5. [グループ メンバー] に、グループに追加するユーザーの名前またはメール アドレスを入力します。

  6. [Whoを表示してメッセージを投稿するには、次のいずれかを選択します。

    • パブリック アクセス: ネットワーク上の誰でも、このグループに投稿されたコンテンツを表示し、このグループに参加できます。

    • プライベート アクセス: このグループの承認されたメンバーだけがコンテンツを表示できます。グループ管理者は、このグループへの参加を要求するユーザーを承認する必要があります。 このプライベート グループを検出可能にしたい場合は、[ネットワークのグループ ディレクトリと検索結果でこのグループを一覧表示 する] を選択します

  7. グループが接続されているMicrosoft 365 場合は、[分類] セクション も表示 されます。 既定の分類が表示されます。 変更するには、[編集] クリックし、ドロップダウン リストから分類を選択します。

  8. [グループの作成] を選択します。

FAQ

Q. 新しいグループを作成する必要が生じ

A. グループを作成する場合の提案を次に示します。

  • コミュニティに参加したい人を知っています。

  • 投稿するコンテンツがある場合は、コミュニティの管理に時間を使います。

  • 作成した場合は、所有しているのを理解しています。

Q: 通常のグループグループを作成するか、接続YammerグループMicrosoft 365 選択できますか。

A: いいえ。 組織Yammer使用するグループの種類は、IT スタッフによって決まります。Yammer で作成される新しいグループはすべて、通常の Yammer グループまたは接続されているグループ Microsoft 365 グループYammerされます。 組織で使用するYammerグループの種類を確認するには、グループを作成し、グループ ページの右側のウィンドウに [Office 365 リソース] セクションが表示されていないか確認します。 詳細については、「グループ内の自分のグループはYammerに接続Microsoft 365?

Q: 接続されているグループに接続されているグループを使用している場合、どのようなMicrosoft 365 されますか。

A: Yammer の Microsoft 365 接続グループには、SharePoint サイト、SharePoint ドキュメント ライブラリ、OneNote ノートブック、Microsoft Planner のプラン、Outlook およびグローバル アドレス帳でアクセスできるグループも取得されます。

Q: 既存のグループ リソースMicrosoft 365 使用Yammer接続されているグループを Microsoft 365 できますか。

A: いいえ。 新しい Microsoft 365 接続された Yammer グループが作成されると、新しい SharePoint サイト、SharePoint ドキュメント ライブラリ、OneNote ノートブック、Microsoft Planner で計画が取得され、グローバル アドレス帳に表示されます。

Q: コミュニティを作成するオプションを選択できない理由

A:管理者がグループ作成ポリシーを適用すると、許可されたユーザーにのみコミュニティを作成するオプションが表示されます。

Q: "名前は既存のグループ、ユーザー、または招待されたユーザーによって使用されています" というエラー メッセージが表示される理由。

A: Yammer グループの場合、別のグループが現在存在する場合、またはユーザーまたは Yammer ネットワークに招待されたユーザーが、提案されたグループ名と同じ名前を持っている場合、その名前を使用することはできません。

接続 Microsoft 365 グループの場合、最近削除されたグループの名前が提案されたグループ名と同じ場合、グループが完全に削除されるまで、その名前を再利用することはできません。 詳細については、「グループを完全に削除する」Microsoft 365してください

Q: 非公開の非公開グループを作成したり、プライベート グループでメンバーの承認を許可したり、パブリック グループに参加する承認を要求したりできない理由は何ですか。

A: 2017 年 1 月から、グループの種類にYammer変更されました。 これらの変更は、新しいグループにのみ影響します。閉じたメンバーシップまたはチームの承認設定を持つ既存のグループは変更されません。

  • パブリック グループ - クローズド メンバーシップ用のオプションが利用できなくなりました。

  • プライベート グループ (一覧表示) - グループ管理者だけが新しいメンバーに承認を付与できます

  • プライベート グループ (非公開) - グループ管理者だけが新しいメンバーに承認を付与できます

グループの種類

2017 年 1 月より前

2017 年 1 月以降

パブリック グループ

クローズド メンバーシップ (参加するには管理者またはメンバーの承認が必要) 用のオプションが利用可能でした。

クローズド メンバーシップ (参加するには管理者またはメンバーの承認が必要) 用のオプションは利用できなくなりました。パブリック グループでは承認の必要がなくなりました。

プライベート グループ

承認が必要 - Yammer グループの管理者またはメンバーが承認できます。

承認を付与できるのは、Yammer管理者のみです。

プライベート グループ (一覧に含め))

承認が必要 - Yammer グループの管理者またはメンバーが承認できます。

承認を付与できるのは、Yammer管理者のみです。

関連項目

自分の Yammer グループが Microsoft 365 に接続されているかを確認する

Yammer でグループを管理する

Microsoft 365 グループについて

グループ内に動的グループを作成Yammer

Yammer の外部グループを作成して管理する

グループ メンバーをファイルに.csvする

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×