SharePoint ライブラリのカスタム テンプレートを設定する

SharePoint ドキュメント ライブラリを作成すると、新しいファイルを作成するときに開く既定のファイル形式を設定することができます (たとえば、開く既定のファイルの種類として PowerPoint ファイルを設定できます)。 そのライブラリの既定のファイルのテンプレートをカスタマイズすることもできます。 たとえば、カスタマイズされたヘッダーとフッター、その他のカスタム機能を含む Word テンプレートを作成し、そのライブラリの既定のテンプレートにできます。 以降は、自分やユーザーが新しいファイルを作成するときに、カスタマイズした機能を使って該当するプログラムでそのファイルが開きます。

注: テンプレートを設定するには、ライブラリへのフル コントロールのアクセス許可が必要です。

ライブラリを作成する際の既定のファイルの種類を設定する

適切なプログラムで空のファイルを開くファイルの種類を設定するには、次の手順に従います。

  1. ライブラリを作成するサイトに移動します。

  2. [アプリ設定 歯車形の設定ボタン選択し、[アプリの追加] を選択します。

  3. [ドキュメントライブラリ] を選択します

  4. [詳細オプション] を選択します

  5. ライブラリでメールを受信するかどうかに応じて、名前、オプションの説明、バージョン管理、該当する場合は追加します。

  6. [ドキュメント テンプレート] ドロップダウンから、既定のアプリケーション ファイル形式と バージョンを選択 します。

    テンプレートを選ぶ

  7. [作成] をクリックします。

ドキュメント ライブラリの既定のテンプレートをカスタマイズする

既定のテンプレートをカスタマイズするには、次の手順に従います。 既定のテンプレートを変更するには、次の 2 つの方法があります。

  • ドキュメント ライブラリまたはフォーム ライブラリに SharePoint と互換性のあるプログラムの既定のファイル テンプレートがある場合は、既定のテンプレートを編集できます。

  • その他のプログラムの場合、既定のテンプレートを直接編集することはできませんが、ライブラリの [フォーム] に新しいテンプレート ファイルをコピーし、カスタム テンプレートを指定できます。

既定のファイル テンプレートの編集

  1. ライブラリがあるサイトに移動します。

  2. [ SharePoint サーバー] のリボンで、[ライブラリ]タブを選択し、[ライブラリ] を選択設定。

    [ Microsoft 365 の SharePoint] で、[設定 歯車形の設定ボタン]を選択し、[ライブラリの設定]を選択します

  3. [全般設定] 設定、[詳細設定]を選択します

    [設定] ウィンドウから [詳細設定] をクリックする
  4. [ドキュメント テンプレート ] セクションの [テンプレート URL] フィールドで 、[テンプレートの編集]を選択します。 次のいずれかの処理が実行されます。

    サイトが Microsoft 365 サブスクリプションの一部である場合、この時点で、サブスクリプションのユーザー名とパスワード Microsoft 365 入力するように求めるメッセージが表示される場合があります。

    • ドキュメント ライブラリ    テンプレートは、テンプレートと互換性があり、 SharePoint テンプレートのファイルの種類に関連付けられているアプリで開きます。 たとえば、既定のテンプレートが Word テンプレートである場合は Word で、既定のテンプレートが Excel スプレッドシートである場合は Office Excel で表示されます。

    • フォーム ライブラリ    テンプレートは、 SharePointと互換性のあるプログラムで開きます。InfoPath などの XML ベースのフォーム デザイン プログラム、または XML エディターです。

      テンプレートを編集する

    注: 元のテンプレートに基づくフォームが既に入力されているサイトのユーザーは、テンプレートに対する変更がそれらのフォームに与える影響を考慮してください。 たとえば、ユーザーによる入力が必要なフィールドを追加すると、そのフィールドを追加する前に入力が完了している元のフォームでエラーが表示される可能性があります。

  5. 必要な変更を行い、テンプレートを保存します。 を Microsoft 365 の SharePoint新しいファイル名でテンプレートを保存します。 サイトに切り替えるか、プログラムを開いておく必要がない場合はプログラムを終了します。

    注: この Microsoft 365 の SharePoint、カスタム テンプレートのファイル名が既定とは異なる必要があります。 クライアントの [名前を付けて保存 ] 機能を使用して、ファイルを新しいファイル名で Forms フォルダーに保存します。 たとえば、Word の場合、既定のファイル名 template.dotx を使用しない

  6. フォーム デザイン プログラムによっては、プログラムからサイトのライブラリに対してテンプレートの再発行が必要になる場合があります。

  7. サイトの [ドキュメント] または [フォーム ライブラリの詳細設定] ページの下部設定、[OK]選択します。

カスタム ファイル テンプレートを指定する

  1. SharePoint 互換のプログラムでカスタム テンプレートを作成し、保存します。 保存場所をメモしておき、SharePoint に切り替えます。

    注: 既定のドキュメント テンプレートの名前が template.dotx以外の場合、リストまたはライブラリに既定のテンプレートは表示されません。

  2. カスタム テンプレートを指定するライブラリのあるサイトに移動します。

    オプション 1: (ライブラリの最新の UX から)
    新しい>テンプレートの追加

    テンプレートの追加

    オプション 2:

  3. この手順では、 を使用する必要Internet Explorer。 [ Microsoft 365 の SharePointで、[すべてのドキュメント] を選択し、[エクスプローラーで表示]を選択します

    [SharePoint サーバー] では、リボンの [ライブラリ] タブを選択し、[エクスポート] グループでConnect & エクスプローラーで開く] を選択します

    重要: エクスプローラーが開かない場合、またはエラー メッセージが表示される場合は、ブラウザーの設定でサイトを信頼済みサイトとして追加する必要がある場合があります。 詳細については、「エクスプローラーで開く」または「エクスプローラーで表示する」を参照SharePoint。

  4. エクスプローラーで、作成したカスタム テンプレートがある場所に移動します。

  5. ファイルを右クリックし、ショートカット メニューの [コピー] を選択します

  6. ライブラリに 戻るまで [戻る] ボタンを選択し、[ フォーム ] フォルダーを選択して開きます。

  7. フォルダー ウィンドウの空白の領域を右クリックし、ショートカット メニューの [貼り付け] を選択します

  8. エクスプローラーを閉じ、サイトに戻ります。

  9. 左側の [サイト コンテンツ]を選択します

  10. [コンテンツ] でドキュメントライブラリを探し、名前の上にマウス ポインターを置き、省略記号 (...) を選択し、[次へ]設定。

    これらのコマンドが表示しない場合は、クラシック コマンドに含 SharePoint。 その場合は、ドキュメント ライブラリに移動し、リボンで [ライブラリ]タブを選択し、[ライブラリ] タブを選択設定。

  11. [全般設定] 設定、[詳細設定]を選択します

  12. [ドキュメント テンプレート] セクションで、次のいずれかの操作を行います。

    ドキュメント ライブラリ    [テンプレート URL] フィールドにカスタム テンプレートの アドレスを入力します。 場所は、サイトの名前を基準に、サイト上のテンプレートの Web アドレスです。 たとえば、テンプレートを Watermark.dotx と呼び、共有ドキュメント ドキュメント ライブラリのFormsフォルダーに追加する場合は、次を入力します。

    Shared Documents/Forms/Watermark.dotx

    フォーム ライブラリ    [テンプレート URL] フィールドに、使用するカスタム テンプレートのアドレス を入力します。 場所は、サイトの名前を基準に、サイト上のテンプレートの Web アドレスです。 たとえば、テンプレートが Orders.xml という名前で、[購入] フォーム ライブラリの[フォーム] フォルダーに追加する場合は、次を入力します。

    Purchases/Forms/Orders.xsn

    注: [ドキュメント テンプレート] ボックスの設定が利用できない場合、管理者によって複数のコンテンツ タイプが設定されている可能性があります。 複数のコンテンツ タイプが有効になっているかどうかを確認するには、[ドキュメントのテンプレート] セクションのすぐ上にある [コンテンツ タイプ] 内の [コンテンツ タイプの管理を許可する] で [はい] が選ばれていることを確認します。 この場合は、テンプレートのコンテンツ タイプを編集してください。

ドキュメント ライブラリまたはフォーム ライブラリのファイル テンプレートの詳細

以下は、テンプレートの作成と使用に関するヒントとガイドラインです。

SharePoint ライブラリに格納できるファイルの種類とできないファイルの種類

ライブラリ内にあるファイルに応じて、次のいずれかの状況が発生することがあります。

SharePoint テクノロジと互換性のあるファイル    ユーザーがドキュメント ライブラリの [新規]コマンドを使用してファイルを作成するには、 SharePointと互換性のあるプログラム (Microsoft Office Word など) からファイル テンプレートを作成する必要があります。 フォーム ライブラリで新しいファイルを作成する場合、既定のプログラムは、Microsoft InfoPath などの SharePointと互換性のある XML ベースのフォーム デザイン プログラムになります。

その他のプログラム ファイル    他のほとんどのプログラムでは、ライブラリにファイルを保存して管理できます。 ただし、ドキュメント ライブラリからファイルを直接作成する代わりに、プログラムでファイルを作成し、後でライブラリにアップロードできます。

ブロックされたプログラム ファイル    セキュリティ上の理由から、.exeなどの一部のプログラム ファイルの種類はライブラリに格納されません。 詳しくは、「リストまたはライブラリに追加できないファイルの種類」をご覧ください。

ファイル テンプレートを使う 2 種類のライブラリ

テンプレートを使うライブラリには、ドキュメント ライブラリとフォーム ライブラリの 2 種類があります。

ドキュメント ライブラリ    ドキュメント ライブラリを使用して、ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーション、テキスト ファイル、その他の種類のファイルなど、さまざまな種類のファイルを保存および管理します。 ドキュメント ライブラリは、多くの場合、チーム メンバーとファイルを作成、収集、更新、管理し、ビジネスや企業全体で他の同僚と共有できる、サイト上の最も一般的な場所です。 汎用ファイル リポジトリとしてドキュメント ライブラリを使用するか、特定の目的に使用できます。 たとえば、マーケティング チームは、資料、ニュース リリース、および出版物を計画する独自のドキュメント ライブラリを持っている場合があります。

フォーム ライブラリ    フォーム ライブラリを使用すると、情報の収集に使用される XML ベースのフォームを簡単に共有および追跡できます。 たとえば、部署の経費報告書フォームのフォーム ライブラリを作成できます。 経費報告書フォーム テンプレートは、フォーム ライブラリの既定のファイル テンプレートとして保存されます。 誰かが経費報告書を作成するごとに、テンプレートを空白のフォームとして開きます。このフォームには、経費報告書のレイアウト、フィールド、計算が含まれます。 他のユーザーがフォームに入力すると、経費報告書のデータ (およびデータのみ) がフォーム ライブラリに XML ファイルとして保存されます。 フォームからデータを分離することで、各経費報告書を他のシステムで個別に処理したり、データをマージしたり、データをエクスポートしてさらに処理および分析したりする方がはるかに簡単です。

ライブラリ内のファイル テンプレートの格納場所

ドキュメント ライブラリまたはフォーム ライブラリに既定のファイル テンプレートを作成すると、そのテンプレートは、ライブラリの [フォーム] に格納されます。

エクスプローラーでライブラリを開くと、ライブラリのファイル テンプレートが含まれている [フォーム] フォルダーを確認できます。

テンプレートを保存するための [フォーム] フォルダー

既定では、ドキュメント ライブラリには template.dotx という名前のファイル テンプレートが格納されていますが、このファイルは必要に応じて変更できます。 独自のテンプレートを指定するには、最初に、SharePoint 互換のプログラム (Office Word など) でテンプレートを作成し、それをライブラリの [フォーム] に保存しておく必要があります。 その後、ライブラリから、カスタム テンプレートのアドレスを指定します。

既定では、フォーム ライブラリには template.xml という名前のプレースホルダー ファイルが付属していますが、作成するフォーム テンプレートでこのファイルを置き換える必要があります。

フォーム ライブラリのファイル テンプレートを作成する

フォーム ライブラリのテンプレートを作成またはカスタマイズするには、SharePoint と互換性のある、InfoPath などの XML ベースのフォーム デザイン プログラムを使用します。 フォーム デザイン プログラムを使う方法には多くの利点があります。 たとえば、InfoPath を使うと、次の操作を行うことができます。

  • InfoPath でフォーム ライブラリおよびテンプレートを直接作成する。

  • 簡単にフォーム テンプレートを編集してフォーム ライブラリに再発行する。

  • いくつかのフォーム テンプレートで作成した個々の XML データ ファイルをさらに処理するために結合する。

  • XML データのフィールドをフォーム ライブラリのライブラリ列のレベルに上げる。

ユーザーがフォームを作成すると、既定では、ユーザーのクライアント コンピューター上の、SharePoint と互換性のあるフォーム編集プログラムでそのフォームが開きます。 互換性のあるプログラムがインストールされていない場合、ブラウザーで開くようにデザインされているフォームは、ブラウザーで開くことができます。 必要に応じて、特定のブラウザーで開くようにデザインされたフォームを常にそのブラウザーで開くように指定できます。 ライブラリの詳細設定で、[ブラウザーで開くドキュメント] の既定の動作を変更できます。

[設定]、[ライブラリの設定] に移動します。

オンラインSharePointで、[設定] を選択  、[ライブラリ] を選択設定。

リボン上の [リストの設定]

SharePoint Server では、リボンの [ライブラリ] タブで [ライブラリの設定] をクリックします。

[設定] ウィンドウから [詳細設定] をクリックする

設定 ライブラリの場合。

SharePoint ドキュメント ライブラリの [高度な設定] ページの画面ショット

ブラウザー設定でドキュメントを開きます。

コンテンツ タイプを使ったドキュメント ライブラリまたはフォーム ライブラリのテンプレートの設定

複数のコンテンツ タイプが有効になっていて、これらのコンテンツ タイプに対してテンプレートが指定されていた場合、ライブラリはコンテンツ タイプで指定されたテンプレートを使用し、既定のファイル テンプレートは使用しません。 その場合、ライブラリのテンプレートをカスタマイズするには、コンテンツ タイプを変更する必要があります。 コンテンツ タイプの詳細については、「コンテンツ タイプとコンテンツ タイプ発行の概要」をご覧ください。

ドキュメントまたはフォーム ライブラリを作成するときに既定のファイル テンプレートを設定する

  1. ライブラリを作成するサイトに移動します。

  2. [サイトの操作] を選択し、[すべてのサイト コンテンツの表示] を選択し、[作成] を選択します

    注: サイトの外観とナビゲーションは大幅に変更されている場合があります。 コマンド、ボタン、リンクなどのオプションの場所がわからない場合は、管理者にお問い合わせください。

  3. [ ライブラリ] で、[ドキュメント ライブラリ] または [フォーム ライブラリ ] を選択します

  4. [名前 ] フィールドに、ライブラリの名前を入力します。 ライブラリの名前は省略できません。

    この名前はライブラリ ページの上部に表示され、ライブラリ ページのアドレスの一部として使われるほか、ユーザーがライブラリを簡単に探して開くことができるように、ナビゲーション要素にも表示されます。

  5. [説明 ]フィールドに、ライブラリの目的の説明を入力します。 説明の入力は省略できます。

    この説明は、ライブラリ ページの上部 (ライブラリの名前の下) に表示されます。 ライブラリがメールでコンテンツを受信する場合は、ライブラリのメール アドレスを説明に追加して、ユーザーが簡単に見つけ出しを行うことができます。

  6. サイド リンク バーにライブラリへのリンクを追加するには、[ナビゲーション] セクションで [はい] が選択されていることを確認します。

  7. ファイルがライブラリにチェックインされるごとに作成するファイルのバージョンまたはバックアップ コピーが必要な場合は、[ドキュメントのバージョン履歴] セクションで [はい] を選択します。

  8. [ドキュメント テンプレート] セクションで、次のいずれかの操作を行います。

    ドキュメント ライブラリ    ドキュメント ライブラリ内の新しいファイルのテンプレートとして使用するファイルの種類を指定します。 既定では、次のファイルの種類を使用できます。

    • なし

    • Microsoft Word 97-2003 ドキュメント

    • Microsoft Excel 97-2003 スプレッドシート

    • Microsoft PowerPoint 97-2003 プレゼンテーション

    • Microsoft Wordドキュメント

    • Microsoft Excel スプレッドシート

    • Microsoft PowerPoint プレゼンテーション

    • Microsoft OneNote 2010Notebook

    • Microsoft SharePoint Designer Web ページ

    • [基本] ページ

    • Web パーツ ページ

      フォーム ライブラリ    ライブラリ内のすべてのフォームのフォームの種類として指定するフォーム テンプレートを選択します。

  9. [作成] を選びます。

ドキュメント ライブラリまたはフォーム ライブラリの既定のファイル テンプレートを変更する

既定のテンプレートを変更するには、次の 2 つの方法があります。

  • 文書またはフォーム ライブラリに SharePoint 2010 と互換性のあるプログラム用の既定のファイル テンプレートがある場合は、既定のテンプレートを編集できます。

  • その他のプログラムの場合、既定のテンプレートを直接編集することはできませんが、ライブラリの [フォーム] に新しいテンプレート ファイルをコピーし、カスタム テンプレートを指定できます。

既定のファイル テンプレートの編集

  1. 既定のテンプレートを編集するライブラリを含むサイトに移動します。

  2. クイック起動でライブラリの名前を選択するか、[サイトの操作] を選択し、[すべてのサイト コンテンツの表示] を選択し、適切なライブラリ セクションでライブラリの名前を選択します。

    注: サイトの外観とナビゲーションは大幅に変更されている場合があります。 コマンド、ボタン、リンクなどのオプションの場所がわからない場合は、管理者にお問い合わせください。

  3. リボンの [ライブラリ ツール]セクションで、[ライブラリ] タブを選択し、[ライブラリ] グループで[ライブラリ] 設定 を選択設定。

  4. [全般設定] 設定、[詳細設定]を選択します

  5. [ドキュメント テンプレート ] セクションの [テンプレート URL] ボックスで、[ テンプレートの編集]を選択します。 次のいずれかの処理が実行されます。

    ドキュメント ライブラリ    テンプレートは、SharePoint 2010 と互換性があり、現在のテンプレートのファイルの種類に関連付けられているアプリで開きます。 たとえば、既定のテンプレートが Word テンプレートの場合は Word 2010 が開き、既定のテンプレートが Excel の場合は Excel 2010 が開きます。

    フォーム ライブラリ    テンプレートは、SharePoint 2010 と互換性のあるプログラム、InfoPath 2010 などの XML ベースのフォーム デザイン プログラム、または XML エディターで開きます。

    注: 元のテンプレートに基づくフォームが既に入力されているサイトのユーザーは、テンプレートに対する変更がそれらのフォームに与える影響を考慮してください。 たとえば、ユーザーによる入力が必要なフィールドを追加すると、そのフィールドを追加する前に入力が完了している元のフォームでエラーが表示される可能性があります。

  6. 必要な変更を行い、テンプレートを保存します。 サイトに切り替えるか、プログラムを開いておく必要がない場合はプログラムを終了します。

  7. フォーム デザイン プログラムによっては、プログラムからサイトのライブラリに対してテンプレートの再発行が必要になる場合があります。

  8. サイトの [ドキュメント] または[フォーム ライブラリの詳細設定] ページの下部設定[OK]選択します。

カスタム ファイル テンプレートを指定する

  1. SharePoint 2010 と互換性のあるプログラムでカスタム テンプレートを作成して保存します。 その場所をメモし、2010 年SharePointします。

  2. カスタム テンプレートを指定するライブラリのあるサイトに移動します。

  3. クイック起動でライブラリの名前を選択するか、[サイトの操作] を選択し、[すべてのサイト コンテンツの表示] を選択し、適切なライブラリ セクションでライブラリの名前を選択します。

    注: サイトの外観とナビゲーションは大幅に変更されている場合があります。 コマンド、ボタン、リンクなどのオプションの場所がわからない場合は、管理者にお問い合わせください。

  4. リボンで [ライブラリ] タブを選択し、[エクスポート] グループの [Connect & エクスプローラーで開く]を選択します

  5. エクスプローラーで、作成したカスタム テンプレートがある場所に移動します。

  6. ファイルを右クリックし、ショートカット メニューの [コピー] を選択します

  7. ライブラリに 戻るまで [戻る] ボタンを選択し、[ フォーム ] フォルダーを選択して開きます。

  8. フォルダー ウィンドウの空白の領域を右クリックし、ショートカット メニューの [貼り付け] を選択します

  9. Windows エクスプローラーを閉じ、サイトのライブラリに戻ります。

  10. [ライブラリ]メニュー設定、[ライブラリ] を選択設定。

  11. [全般設定] 設定、[詳細設定]を選択します

  12. [ドキュメント テンプレート] セクションで、次のいずれかの操作を行います。

    ドキュメント ライブラリ    [テンプレート URL] フィールドにカスタム テンプレートの アドレスを入力します。 場所は、サイトの名前を基準に、サイト上のテンプレートの Web アドレスです。 たとえば、テンプレートを Watermark.dotx と呼び、共有ドキュメント、ドキュメントライブラリのFormsフォルダーに追加する場合は、次を入力します。

    Shared Documents/Forms/Watermark.dotx

    フォーム ライブラリ    [テンプレート URL] フィールドに、使用するカスタム テンプレートのアドレス を入力します。 場所は、サイトの名前を基準に、サイト上のテンプレートの Web アドレスです。 たとえば、テンプレートが Orders.xml という名前で、[購入] フォーム ライブラリの[フォーム] フォルダーに追加する場合は、次を入力します。

    Purchases/Forms/Orders.xsn

    注: [ドキュメント テンプレート] ボックスの設定が利用できない場合、管理者によって複数のコンテンツ タイプが設定されている可能性があります。 複数のコンテンツ タイプが有効になっているかどうかを確認するには、[ドキュメントのテンプレート] セクションのすぐ上にある [コンテンツ タイプ] 内の [コンテンツ タイプの管理を許可する] で [はい] が選ばれていることを確認します。 この場合は、テンプレートのコンテンツ タイプを編集してください。

ドキュメント ライブラリまたはフォーム ライブラリのファイル テンプレートについて説明します

ドキュメント ライブラリまたはフォーム ライブラリを作成するときに、そのライブラリの既定のファイル テンプレートを設定できます。 他のユーザーがライブラリに新しいファイルを作成すると、既定のテンプレートが適切なプログラムで開きます。 たとえば、ドキュメント ライブラリでは、Word 2010 テンプレートを設定できます。 他のユーザーが文書ライブラリに新しいファイルを作成すると、テンプレートが Word で開きます。

マーケティング キャンペーンの提案の推奨アウトラインやページ フッターの公式の免責事項など、すべての新しいファイルに表示される既定のコンテンツを追加設定を指定する場合は、この情報をテンプレートに追加することもできます。

SharePoint ライブラリに格納できるファイルの種類とできないファイルの種類

ライブラリ内にあるファイルに応じて、次のいずれかの状況が発生することがあります。

他のテクノロジとSharePointファイル    ユーザーがドキュメント ライブラリの [新規]コマンドを使用してファイルを作成するには、word 2010 などの SharePoint 2010 と互換性のあるプログラムからファイル テンプレートを作成する必要があります。 フォーム ライブラリで新しいファイルを作成する場合、既定のプログラムは、SharePoint 2010 と互換性のある XML ベースのフォーム デザイン プログラム ( Microsoft InfoPath 2010など) になります。

その他のプログラム ファイル    他のほとんどのプログラムでは、ライブラリにファイルを保存して管理できます。 ただし、ドキュメント ライブラリからファイルを直接作成する代わりに、プログラムでファイルを作成し、後でライブラリに追加できます。

ブロックされたプログラム ファイル    セキュリティ上の理由から、.exeなどの一部のプログラム ファイルの種類はライブラリに格納されません。

ブロックされるファイルの種類の詳細については、「関連情報」を参照してください

ファイル テンプレートを使う 2 種類のライブラリ

テンプレートを使うライブラリには、ドキュメント ライブラリとフォーム ライブラリの 2 種類があります。

ドキュメント ライブラリ    ドキュメント ライブラリを使用して、ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーション、テキスト ファイル、その他の種類のファイルなど、さまざまな種類のファイルを保存および管理します。 ドキュメント ライブラリは、多くの場合、チーム メンバーとファイルを作成、収集、更新、管理し、エンタープライズ全体で他の同僚と共有できる、サイト上の最も一般的な場所です。 汎用ファイル リポジトリとしてドキュメント ライブラリを使用できます。 または、特定の目的にドキュメント ライブラリを使用することもできます。たとえば、マーケティング チームは、資料、ニュース リリース、および出版物を計画するために独自のドキュメント ライブラリを持っている場合があります。

フォーム ライブラリ    フォーム ライブラリを使用すると、情報の収集に使用される XML ベースのフォームを簡単に共有および追跡できます。 たとえば、部署の経費報告書フォームのフォーム ライブラリを作成できます。 経費報告書フォーム テンプレートは、フォーム ライブラリの既定のファイル テンプレートとして保存されます。 誰かが経費報告書を作成するごとに、テンプレートを空白のフォームとして開きます。このフォームには、経費報告書のレイアウト、フィールド、計算が含まれます。 他のユーザーがフォームに入力すると、経費報告書のデータ (およびデータのみ) がフォーム ライブラリに XML ファイルとして保存されます。 フォームからデータを分離することで、各経費報告書を他のシステムで個別に処理したり、データをマージしたり、データをエクスポートしてさらに処理および分析したりする方がはるかに簡単です。

ライブラリ内のファイル テンプレートの格納場所

ドキュメント ライブラリまたはフォーム ライブラリに既定のファイル テンプレートを作成すると、そのテンプレートは、ライブラリの [フォーム] に格納されます。

エクスプローラーでライブラリWindows開き、ライブラリのファイル テンプレートを含むFormsフォルダーを表示します。

ドキュメント ライブラリの [フォーム] フォルダーの内容

既定では、ドキュメント ライブラリには template.dotx という名前のファイル テンプレートが格納されていますが、このファイルは必要に応じて変更できます。 別のテンプレートを指定するには、まず word 2010 などの SharePoint 2010 と互換性のあるプログラムでテンプレートを作成し、ライブラリの Forms フォルダーに保存する必要があります。 その後、ライブラリから、カスタム テンプレートのアドレスを指定します。

既定では、フォーム ライブラリには template.xml というプレースホルダー ファイルが付属しています。このファイルは、作成するフォーム テンプレートに置き換える必要があります。

フォーム ライブラリのファイル テンプレートを作成する

フォーム ライブラリでテンプレートを作成またはカスタマイズするには、InfoPath 2010 などの SharePoint 2010 と互換性のある XML ベースのフォーム デザイン プログラムを使用できます。 フォーム デザイン プログラムを使う方法には多くの利点があります。 たとえば、InfoPath 2010 を使用する場合は、次の操作を行います。

  • InfoPath でフォーム ライブラリおよびテンプレートを直接作成する。

  • 簡単にフォーム テンプレートを編集してフォーム ライブラリに再発行する。

  • いくつかのフォーム テンプレートで作成した個々の XML データ ファイルをさらに処理するために結合する。

  • XML データのフィールドをフォーム ライブラリのライブラリ列のレベルに上げる。

ユーザーがフォームを作成すると、ユーザーのクライアント コンピューターで SharePoint 2010 と互換性のあるフォーム編集プログラムで既定で開きます。 互換性のあるプログラムがインストールされていない場合、ブラウザーで開くようにデザインされているフォームは、ブラウザーで開くことができます。 必要に応じて、特定のブラウザーで開くようにデザインされたフォームを常にそのブラウザーで開くように指定できます。 ライブラリの詳細設定で、[ブラウザーで開くドキュメント] の既定の動作を変更できます。

コンテンツ タイプを使ったドキュメント ライブラリまたはフォーム ライブラリのテンプレートの設定

複数のコンテンツ タイプが有効になっていて、これらのコンテンツ タイプに対してテンプレートが指定されていた場合、ライブラリはコンテンツ タイプで指定されたテンプレートを使用し、既定のファイル テンプレートは使用しません。 その場合、ライブラリのテンプレートをカスタマイズするには、コンテンツ タイプを変更する必要があります。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×