2 段階認証をサポートしていないアプリでのアプリ パスワードの使用

適用対象: Microsoft アカウント

2 段階認証がサポートされないアプリや旧式のデバイス (Windows Phone 8 や Xbox 360 など) を使用している場合は、2 段階認証を有効にした後に問題が生じることがあります。

2 段階認証を有効にしていても、サインイン時にアプリからセキュリティ コードの入力が求められない場合は、代わりにアプリ パスワードを使用することもできます。アプリ パスワードとは、2 段階認証がサポートされていないアプリやデバイスへのサインイン時に通常のパスワードの代わりに 1 回だけ入力する、ランダムに生成された長いパスワードです。

2 段階認証を有効にしていて、2 段階認証がサポートされていないアプリを使用している場合は、アプリ パスワードを作成するだけで済みます。

新しいアプリ パスワードの作成方法


アプリまたはデバイス用に新しいアプリ パスワードを作成するには、次の手順を実行します。この手順を必要に応じて繰り返すことで、アプリまたはデバイスの数に合わせてアプリ パスワードを作成できます。

  1. [セキュリティの基本] のページに移動し、Microsoft アカウントにログインします。

  2. [その他のセキュリティ オプション] を選びます。 

  3. [アプリ パスワード][新しいアプリ パスワードの作成] を選びます。新しいアプリ パスワードが生成され、画面に表示されます。

  4. 通常のパスワードを入力する場所にこのアプリのパスワードを入力します。

アプリとデバイスへのサインイン方法


サインイン方法は、アプリやデバイスによって方法が少し異なります。最も一般的なものを以下に示します。

さらにサポートが必要な場合