アプリ パスワードと 2 段階認証

2 段階認証を有効にすると、一部のアプリ (一部の携帯電話のメール アプリなど) やデバイス (Xbox 360 や Windows Phone など) ではサインインする際にセキュリティ コードの入力を求められないため、無効なパスワードのエラーが表示されます。

2 段階認証を有効にしていて、アプリやデバイスで "無効なパスワード" のエラーが表示される場合、サインインするには、一意のアプリ パスワードを取得して入力する必要があります。アプリ パスワードでサインインすると、そのアプリやデバイスを使う準備が整います。セキュリティ コードを入力できないアプリやデバイスごとに、別のアプリ パスワードを作ってサインインする必要があります。

新しいアプリ パスワードを作るためのステップは常に同じです。アプリ パスワードが必要なアプリやデバイスごとにこの手順を繰り返して、異なるパスワードを取得します。

  1. セキュリティ設定ページに移動し、Microsoft アカウントを使ってサインインします。

  2. [アプリ パスワード][新しいアプリ パスワードの作成] をタップまたはクリックします。

    新しいアプリ パスワードが生成され、画面に表示されます。

  3. 通常のパスワードを入力する場所にこのアプリのパスワードを入力します。

サインインするアプリやデバイスによって、アプリ パスワードを入力する方法は少し異なります。最も代表的なケースのいくつかを次に示します。

Xbox 360 本体の場合
Outlook.com のメールを Outlook デスクトップ アプリと同期している場合
Windows Phone の場合
iPhone で Outlook.com のメールを同期している場合
Android 携帯電話で Outlook.com のメールを同期している場合
BlackBerry 携帯電話で Outlook.com のメールを同期している場合
Microsoft Office 2010 を使っている場合
Microsoft Office for Mac 2011 を使っている場合
Zune デスクトップ アプリを使っている場合
Windows Essentials アプリを使っている場合

さらにサポートが必要な場合

 


プロパティ

文書番号:12409 - 最終更新日: 2016/06/22 - リビジョン: 3

フィードバック