2 段階認証について

2 段階認証を使うことで、使用している Microsoft アカウントに他のユーザーがサインインしにくくなり、セキュリティを強化できます。2 段階認証では、パスワードと任意の連絡方法 (セキュリティ情報とも呼ばれます) の 2 種類の認証方法が使用されます。第三者にパスワードが漏れた場合でも、第三者がお客様のセキュリティ情報にアクセスできない場合、お客様の情報を侵害することはできません。これは、アカウントごとに異なるパスワードを使用することが重要な理由でもあります。

2 段階認証は、メール アドレス、電話番号、または認証アプリを使って設定します。新しいデバイスや、これまで使用したことのない場所からサインインすると、セキュリティ コードが送信されます。このコードをサインイン ページで入力する必要があります。

2 段階認証を有効にすると、信頼されていないデバイスからサインインするたびに、ご登録のメール、電話、または認証アプリにセキュリティ コードが送信されます。無効にされている場合は、アカウントのセキュリティ リスクが検出された場合にのみ、セキュリティ コードを使用して本人確認を実行していただく必要があります。


2 段階認証を有効または無効にするには

  1. セキュリティ設定ページに移動し、Microsoft アカウントを使ってサインインします。

  2. [2 段階認証] の下にある [2 段階認証をセットアップして有効化] を選択するか、[2 段階認証の無効化] を選択します。

  3. 指示に従います。


 
セキュリティ コードを使うことができない場合は、アプリ パスワードを使う

さらにサポートが必要な場合

 



プロパティ

文書番号:12408 - 最終更新日: 2016/06/22 - リビジョン: 2

フィードバック