ラボ操作を効率化しながらコンプライアンスに準拠する

ラボ操作を効率化しながらコンプライアンスに準拠する

毎日、ラボは数千の生体サンプルを処理および分析します。 データ、デバイス、および機器への安全なアクセスを可能にするためにラボの運用を合理化する一方で、HIPAA、OSHA、RCR、およびその他のコンプライアンス要件に準拠する必要があります。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

詳細  

Microsoft Azure でホストされる一元管理の安全なデータベースにラボ データと機器レコードを保存します。 中央のソースを使用して情報にアクセスできるようにすることで効率が上がり、コンプライアンス追跡要件を満たします。 

HIPAA およびその他の要件に準拠するように Windows 10 を構成すれば、セキュリティとコンプライアンスを高く維持しながらユーザーとその同僚がデータにアクセスできるようになります。 

データを安全に保存してアクセスを可能とすることに加えて、ラボは常に機器が使用可能で、規制上の要件を満たすよう検査されていることを確認するために絶えずテストする必要があります。 すべてのスケジュール済みの機器アクティビティをデバイスから追跡し、必要なタスクが完了するまで一連のアラートで通知を受信できます。 Microsoft Azure でホストされる一元管理のデータベースに機器データを保存し、機器の状態を記録および確認し、記録にアクセスし、監査レポートを実行する。これらをすべてリアルタイムで実行します。

ハイライト

  • 効率性と追跡されたコンプライアンスのために、ラボの結果にデジタルでアクセスします。

  • 大量のデータを安全に整理して保存します。

  • すべてのスケジュール済みの機器アクティビティを追跡し、タスクが完了するまで通知を受信します。

詳細情報

Microsoft and HIPAA and the HITECH Act (Microsoft と HIPAA および HITECH 法)

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×