患者の治療データとプライバシーを保護する

患者の治療データとプライバシーを保護する

医療データおよび電子医療記録 (EHR) は保護され安全な状態でなければなりません。同時に、さまざまなデバイスや場所からユーザーやスタッフがアクセスできるようになっている必要があります。 患者を診察室に通して、SharePoint や Microsoft Teams を含む安全なアプリやサービスを使用して、すばやく他のプロバイダーの最新の診察結果やメモにアクセスできます。 

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

詳細  

安心して電子医療記録 (EHR) を作成、共有、提出できます。 Windows Defender アプリケーション制御など、業界をリードするセキュリティ機能があれば、マルウェアや信頼されていないアプリがデバイスで動作できなくすることができます。 

また、Windows 情報保護でのデータの使用方法を制御するルールを適用して、偶発的なデータの漏洩を防ぐことができます。 Windows Hello および Windows Defender Credential Guard を使用して、不正なサインインやデータの損失からデバイスを保護します。

ハイライト

  • 患者、プロバイダー、および医療機関の外部との安全な通信やフィードバックが可能です。

  • プロバイダーや患者のために、継続的で安全なフィードバック ループを形成します。

  • 患者に安全にアクセスできます。

詳細情報

Windows 10 でセキュリティとデータ保護を強化する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×