個人用 Microsoft アカウントのメール アドレスの変更

適用対象: Microsoft アカウント

サインインしたときに "どのアカウントを使用しますか?" と尋ねる画面が表示される場合、同じメール アドレスを使う 2 つの Microsoft アカウントがあることを意味します。

  • "職場または学校" アカウント。おそらく、勤務先の IT 部門によって作成されたアカウントです。
  • "個人用" アカウント。おそらく、ユーザー自身によって作成されたアカウントです。 



?????????????????????????
 

このメッセージを回避するには、個人アカウントへのサインインに使用するメール アドレスを変更することができます。これを行うと、アカウントへのサインイン方法は変わりますが、アカウントに関連付けられているデータに影響が及ぶことはありません。

個人アカウントのメール アドレスを変更すると、仕事の活動と個人の活動を分離することで、Microsoft アプリケーション、製品、サービスとのやり取りを簡素化できます。ただし、この処理は元に戻すことができません。シナリオによっては、メール アドレスを変更しない方がよい場合もあります。


個人用 Microsoft アカウントのメール アドレスを変更するには、次の手順を実行します。

  1. お客様の Microsoft アカウントの [あなたの情報] ページにサインインします。
  2. [Microsoft にサインインする方法を管理] を選択します。
  3. [アカウント エイリアス] セクションの下を参照します。
    • 既に個人用メール アドレスがそこに表示されている場合は、この手順を省略できます。
    • 会社や学校のメール アドレスしか表示されていない場合は、個人用メール アドレスを入力するか、Microsoft のメール アドレスを新規作成して、[メールの追加] または [電話番号の追加] を選択します。
  4. 個人用メール アドレスの横に "(プライマリ エイリアス)" という表示がない場合は、[プライマリにする] を選択してプライマリ エイリアスに設定します。
  5. アカウントから職場のメール アドレスを削除するには、そのエイリアスの横にある [削除] を選びます。

今後は、個人用メール アドレスを使って個人用の Microsoft アカウントにサインインします。一部のアプリや Windows デバイスについては、場合によっては、それらのアプリやデバイスにもう一度サインインする必要があります。

 

Microsoft アカウントとは

Outlook.com、Hotmail、Office 365、OneDrive、Skype、Xbox、または Windows を使ったことがある場合、これらのサービスで使うメール アドレスとパスワードが、Microsoft アカウントです。このアカウントを使うことで、複数の Windows 10 デバイスから、これらのサービスや、その他のアプリやツールにアクセスできます。この記事の冒頭に記載されているように、ユーザーは Microsoft の個人アカウントと職場または学校アカウントの両方を所有することができます。

個人用アカウントは、ユーザー個人による Microsoft の長期的なご利用の基盤です。これは、勤務先が変わっても、ずっとご利用いただくアカウントです。Windows 10 のログイン画面にメール アドレスが表示されている場合や、Outlook.com のメール アドレスをお持ちの場合は、個人用 Microsoft アカウントでログインしている可能性があります。 

Microsoft の職場アカウントまたは学校アカウントは、所属する会社や学校に関連付けられています。勤務先や学校が変わると、このアカウントも変わります。職場アカウントまたは学校アカウントには、Office 365 ビジネス メールボックス、Azure クラウド サービス、SharePoint などが含まれています。Office 365 のビジネス用メール アドレスをお持ちの場合は、職場または学校アカウントに含まれます。

Microsoft アカウントについて詳しくは、以下をご覧ください。