不審なサインイン

Microsoft では、お客様以外の第三者がサインインすることがないよう、お客様のアカウントを監視しています。通常とは異なる場所やデバイスからのサインインがあった場合、追加の保護対策として、電子メールと SMS でアラートをお送りします。これは、旅行中にアカウントにサインインした場合や、サインインにお客様のアカウントを使用する新しいアプリをインストールしたことが原因である場合があります。ただし、お客様の許可なく、第三者がお客様のアカウントにサインインを試みた場合も発生します。

不審なサインインについては、次の 2 とおりの方法でお知らせします。

  • サインインをするときに、"お客様のアカウント保護にご協力ください。今回のサインインには、通常と異なる点があるようです" というメッセージを表示します。お客様は、セキュリティ コードを受け取ることでサインインできますが、お客様のアカウントを利用しようとしている第三者はサインインできません。
  • "不審なサインイン" についての電子メール。このメールが迷惑メールではないかと心配される場合は、差出人を確認してください。正規のメールの差出人は、Microsoft アカウント チーム (account-security-noreply@account.microsoft.com) です。


初めての場所からサインインしたか、新しいアプリをインストールした場合

アカウントのロックを解除するには、サインイン画面の指示に従い、セキュリティ コードの送信先を選択します。コードを受け取ったら、入力画面でコードを入力すると、アカウントを回復できます。

セキュリティ コードを取得できない場合

旅行中で、アカウントに関連付けているメールや電話を利用できない場合は、以下の操作をお試しください。

  • 通常サインインに使っているデバイスがお手元にあり、そのデバイスを信頼済みデバイスに設定している場合は、そのデバイスからサインインして、アカウントを回復できます。
  • ご自宅に電話を置いてきている場合は、その電話を操作できる方に連絡を取り、そのデバイスに送信されたセキュリティ コードを伝えてもらうようにします。
上記のヒントで解決できなくても、信頼できるデバイスまたは通常の場所からサインインすることで、アカウントを回復できます。

このメッセージに心当たりがない場合

最近のサインインを参照して、不審なサインインが発生した状況を確認します。お客様が実行していないことが確かなアカウント アクティビティが見つかったら、最近のアクティビティのページで自分の操作ではないことを指定できます。Microsoft からアカウントの保護に役立つ情報をご案内します。

さらにサポートが必要な場合

 

プロパティ

文書番号:13967 - 最終更新日: 2016/06/22 - リビジョン: 3

フィードバック