患者にインフォームド セカンド オピニオンをすばやく伝える

患者にインフォームド セカンド オピニオンをすばやく伝える

有益なセカンド オピニオンの提供は、複雑で機密性の高いプロセスです。 患者の記録、初期診断、最新の検査結果にアクセスし、同僚と共同で作業して、時間が重要となる貴重な情報を取得する必要があります。 

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

詳細  

プライベートの Yammer ネットワークで関連する専門家に連絡し、過去の経験と情報を活用して、セカンド オピニオンを作成します。 

患者の診療記録や症状の詳細を OneDrive から安全に共有することで、同僚に全体像を伝えます。 同僚のアクセス許可レベルと共有するドキュメントは、いつでも制御および変更できます。 

Microsoft Teams の通話とビデオ機能を使用して、共同作業を行い、診断を確定します。 情報の追跡や評価履歴の確認に加えて、すべての関係者間でドキュメントの共同編集を行うために、Teams でプライベート メモを取ったり、共有メモを OneDrive ノートブックに追加したりできます。

ハイライト

  • 患者の病歴や来歴の確認のために、選択したファイルをアクセス許可を持つ同僚と安全に共有できます。

  • さまざまな部門の専門家と相談し、最終的な提案を共有できます。

  • リアルタイムで共同作業し、公式な診断を確定できます。

詳細情報

Microsoft 365 と医療

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×