Microsoft アカウントが侵害された場合にアカウントを回復する

Microsoft アカウントが侵害された (ハッキングされた) 場合、だれかがそのアカウントを使ってあなたの個人情報にアクセスしたり、スパムを送信したりしているおそれがあります。そのような情報には、Outlook.com や OneDrive の、メール、連絡先、写真などが含まれます。HealthVault などのサービスに接続している場合には、健康に関するデータが含まれる場合もあります。このガイドを使用して、アカウントを回復し、個人情報と設定を確認してください。また、再発防止にもお役立てください。

アカウントがブロックされたのはなぜですか。

お使いのアカウントに通常と異なるアクティビティが見られたため、一時的にブロックされています。アカウントのブロックによりご不便をおかけしますが、お客様の保護および迷惑メールやオンラインの不正防止のために、ご理解とご協力をお願いします。

パスワードを変更またはリセットする

お使いの Microsoft アカウントが侵害されたと思われる場合は、そのアカウントにオンラインでサインインしてみてください。(デバイスで既にサインインしている場合は、まずサインアウトしてください)。

  • 正常にサインインできたら、すぐにパスワードを変更する必要があります。パスワードを変更すると、パスワードを知っている他のユーザーはサインインできなくなります。セキュリティとプライバシーのページにアクセスし、[パスワードの変更] を選択し、指示に従ってください。
  • アカウントにサインインできない場合は、他の人によってパスワードが変更されている可能性があります。サインイン ページで [パスワードを忘れた場合] を選択し、[他のユーザーが自分の Microsoft アカウントを使っている可能性がある] を選択します。画面の指示に従って、アカウントを回復します。

アカウント情報を確認する

だれかに自分のアカウントがアクセスされた場合、データが使用されたり、設定が変更されていないことを確認することをお勧めします。攻撃者は、パスワードがリセットされても情報を参照できるように、アカウントにバック ドアを仕込むことがあります。次の手順を使って、重要な設定を確認してください。
 

以前にアプリ、サブスクリプション、またはメディアを購入している場合
OneDrive をご利用の場合
Outlook または Hotmail をご利用の場合

今後のためにアカウントを保護する

Microsoft アカウントを保護する」のヒントをご覧ください。強力なパスワードの作成について "行う必要があること" と "行ってはいけないこと" を確認し、アカウントにセキュリティ情報を追加することを特にお勧めします。セキュリティ情報を追加すると、だれかにアカウントを乗っ取られた場合、またはパスワードを忘れた場合に、簡単にアカウントを回復できるようになります。セキュリティ情報は安全のために使用されるので、できるだけ多くの情報を追加することをお勧めします。これは本人確認にのみ使用し、Microsoft は、お客様のセキュリティ情報をマーケティングの目的には決して使用いたしません。

さらにサポートが必要な場合

 

プロパティ

文書番号:10494 - 最終更新日: 2016/08/23 - リビジョン: 4

フィードバック