リスト設定の編集

リストでは、データを表示するための非常に柔軟な方法が用意されています。 さまざまな設定を有効にし、ある範囲の書式でデータを表示したり、ユーザーを指定したり、ワークフローを作成したり、バージョン管理を追加したり、状況の変化に合わせて RSS 更新を送信したりできます。

Microsoft SharePoint、Microsoft 365 のリストアプリ、または Teams でリストを作成できます。 Microsoft Teams のリストの使用を開始する方法について説明します。 

リスト設定の編集

次の手順でリスト設定を開きます。

  1. 編集するリストで、[ 設定 設定アイコン をクリックし、[リストの設定] を選択します。

    設定メニュー、リスト設定が強調表示されています

    注: 

    • 画面の外観は例とは異なりますか? 管理者がドキュメントライブラリにクラシックな環境を設定しているか、以前のバージョンの SharePointを使用している可能性があります。 リストまたはサイトの所有者または管理者の場合は、「 新規またはクラシックからリストまたはドキュメントライブラリの既定の環境を切り替える」を参照してください。

    • 現時点では、一部の機能はクラシック環境でのみ利用できます。 [クラシック環境] に切り替えるには、ページの左下隅にある [ クラシック SharePoint に戻る ] をクリックします。 クラシック操作を終了するには、すべての SharePoint ウィンドウを閉じて、もう一度開きます。

  2. [ リストの設定 ] ページで、必要に応じて設定とプロパティを編集します。たとえば、名前、説明、バージョン管理の追加、検証、列の並べ替え、列の追加などです。

  3. 設定ごとに、変更や追加を設定したり、取り消したりできます。 詳細については以下を参照してください。

  4. 完了したら、リストに戻り、変更を確認します。

リストの設定

[リストの設定] ページで実行できる操作の概要を次に示します。 設定ごとに、設定を有効にしたり、保存したり、取り消したりできます。

ナビゲーションを編集して制御し、バージョン管理、検証、対象ユーザーを設定し、高度な設定を管理します。

リストの全般設定リンク

リスト名、説明、ナビゲーション

リストのタイトル、説明を編集または変更し、クイック起動バーにリストを表示するかどうかを設定します。

バージョン管理の設定

提出したアイテムで承認が必要かどうかを設定し、編集ごとに新しいバージョンを作成し、提出または承認されたバージョンの数を設定し、下書きアイテムを表示、編集、承認できるユーザーを決定します。

詳細設定

次を設定します

  • コンテンツ タイプの管理。

  • アイテムを閲覧できるユーザー。

  • アイテムを作成し、編集できるユーザー。

  • 添付ファイルを有効にする。

  • フォルダーを有効にする。

  • 検索結果にアイテムを表示するかどうか。

  • 検索結果に既定以外のビューを表示するかどうか。

  • リストのインデックスを再作成する。

  • アイテムのダウンロードを許可する。

  • アイテムのクイック編集の使用を許可する。

  • ダイアログでフォームを開始する。

  • インデックスを自動的に管理する。

  • 新しい環境またはクラシック環境でリストを表示する。

検証設定

検証に使用する数式を指定します。

有効なデータを見分ける際に役立つメッセージを作成します。

対象ユーザーの設定

対象ユーザーを設定する列を有効にし、ユーザー コンテキストに基づいてコンテンツを絞り込みます。

評価の設定

評価を有効にすると、このリストで利用可能なコンテンツタイプに2つのフィールドが追加され、評価コントロールがリストまたはライブラリの既定のビューに追加されます。 コンテンツの評価方法として、"いいね!" または "星評価" のいずれかを選ぶことができます。

フォームの設定

Microsoft PowerApps を使用して、このリストのフォームをカスタマイズします。 フォームレイアウトの変更、画像や書式設定されたテキストの追加、カスタムデータの入力規則の追加、追加のビューの作成、およびルールの追加を行うことができます。 Microsoft InfoPath も、下位互換性のためのオプションとして提供されています。 InfoPath を使用する場合は、PowerApps を使用することをお勧めします。

リストの IRM、キーワード、ワークフローを管理し、リストを投稿または閲覧できるユーザーにアクセス許可を設定します。

リストの権限と管理の設定のリンク

このリストを削除する

リストを完全に削除し、ホーム ページに戻ります。

このリストに対する権限

サイトのさまざまなユーザー グループにリストのアクセス許可レベルを設定します。

Information Rights Management (IRM)

アクセス許可ポリシーのタイトルと説明を有効にして作成し、ドキュメントのアクセス権を構成し、資格情報を確認する必要がある場合は、グループ保護と時間枠を設定します。

ワークフロー設定

リスト、アイテム、フォルダーのワークフロー関連付けの種類を設定します。 ワークフローを追加、削除、ブロック、復元します。

エンタープライズ メタデータとキーワードの設定

エンタープライズ キーワードの列を追加し、キーワードの同期を有効にします。

リストをテンプレートとして保存する

コンテンツの有無にかかわらず、リストをテンプレートとして保存します。 SharePoint Server 2019 のみ。

リスト アイテムの変更に合わせ、RSS フィードの配信を設定します。

リストの通信 (RSS) 設定

RSS 設定

次のように設定します。

  • リストの RSS を有効にする。

  • 複数行のテキスト フィールドを 256 文字に切り詰める。

  • RSS フィードのタイトル、説明、画像 URL を設定する。

  • RSS の説明を表示するリストの列を選択する。

  • 追加するアイテムの最大数と RSS フィードの最大日数を設定します。

列の設定では、列の表示/非表示を切り替えたり、列を作成したり、既存の列を追加したり、列を並べ替えたり、列のインデックスを作成したりできます。

リスト設定のリスト列セクション

列の編集

編集する列をクリックし、必須データ、一意の値、テキスト フィールドの最大文字数など、プロパティを編集できます。

列の作成

数多くある種類の 1 つを利用し、列を作成します。 追加した列の種類に基づき、名前、説明、特定のパラメーターを設定します。

サイト内の既存の列から追加

サイトの他のリストで使用された列をリストに追加します。 既定のビューに表示するように (または表示しないように) 設定します。

列の順序

リストで列が左から右に表示されるように順序を変更します。

インデックス付きの列

最大 20 の列インデックスを作成または削除します。

ビューの表示と作成

リスト設定のリスト ビュー セクション

ビュー

リスト データのビューが表示されます。 クリックし、アイテムを編集します。

ビューの作成

データの標準、データシート、カレンダー、ガント、Access ビューを作成します。 ビューの種類ごとに独自の設定があります。 既存のビューから始めることもできます。

お時間を最大限に活用するためのサブスクリプション

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×