Teams 会議での役割

複数の出席者がいる会議を開催する場合、各参加者に役割を割り当て、会議内でそれぞれの参加者に許可する操作を決めることをお勧めします。 

役割は、発表者出席者の 2 つから選択できます。 発表者は、会議で必要な操作のほぼすべてを行うことができます。一方、参加者の役割に許可される操作は限定されます。 

各役割の具体的な能力を以下に示します。

能力

開催者

発表者

出席者

ビデオでの発言とビデオの共有

チェックマーク

チェックマーク

チェックマーク

会議のチャットに参加する

チェックマーク

チェックマーク

チェックマーク

コンテンツを共有する

チェックマーク

チェックマーク

別のユーザーによって共有される PowerPoint ファイルをプライベートで表示する

チェックマーク

チェックマーク

チェックマーク

別のユーザーの PowerPoint プレゼンテーションを制御する

チェックマーク

チェックマーク

他の参加者をミュートする

チェックマーク

チェックマーク

参加者を削除する

チェックマーク

チェックマーク

ユーザーをロビーから入室させる

チェックマーク

チェックマーク

他の参加者の役割を変更する

チェックマーク

チェックマーク

記録の開始と停止

チェックマーク

チェックマーク

会議での役割を変更する

会議前

ロールを割り当てるには、その前に会議出席依頼を送信する必要があります。

これを行ったら、[予定表] [会議の予約] ボタン に移動し、先ほど作成した会議をクリックし、[会議のオプション] を選択します。

この操作を行うと Web ページが開き、[発表者となるユーザー] にいくつかの選択肢が表示されます。

発表者となるユーザー

選択した場合

全員

会議リンクにアクセスできるユーザーは全員、発表者として会議に参加します。 

自分の組織内のユーザー

自分の組織内のユーザーのみが発表者となります。 外部からの参加者は、出席者として参加します。

特定のユーザー

招待者の一覧から選択するユーザーのみが発表者となります。 その他のユーザーは、出席者として参加します。

自分のみ

主催者のみが発表者となります。 その他のすべての参加者は、出席者として参加します。

注意する点がいつくかあります。

  • 発表者として選択するすべてのユーザーに会議出席依頼を直接送信する必要があります。

  • 別の組織のユーザーを発表者として選択することはできません。

注: 特定の発表者を選択する機能は、チャネル会議ではまだ利用できません。 

会議中

会議中にユーザーの役割を変更するには、次の 2 つの方法があります。

1.   [予定表] [会議] ボタン に移動し、,会議をクリックし、[会議のオプション] を選択します。 [発表者となるユーザー] ドロップダウン メニューを使用して、新しい発表者を選択します。

注: 定期的な会議の場合、[会議オプション] で行った変更は、すべての会議に適用されます。

2.   会議に参加中のユーザーの一覧を表示するには、会議コントロールで [参加者を表示] をクリックします。 

        役割を変更するユーザー名の上にマウスをポイントし、[その他のオプション] その他のオプション ボタン をクリックします。         ここで、[発表者にする] または [出席者にする] を選択します。 

注: 

  • 定期的な会議の場合、この方法で行った役割の割り当ては、進行中の会議のみに適用されます。 将来の会議での参加者の役割は、[会議のオプション] ページで割り当てられたものが維持されます。

  • ユーザーが会議を退出し、その後再度参加する場合、再度参加する際のそのユーザーの役割は、ユーザーに最後に割り当てられたものになります。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×